隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

テレビ Vol.305 『大河ドラマ 「太平記」』

2020年05月23日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第305回は、『大河ドラマ 「太平記」』をお送りします。

 

 


「大河ドラマ」は、NHKで、1963年から始まった、日曜夜に1年間かけて放送されている、ドラマシリーズです。第1作の『花の生涯』から、今年の最新作『麒麟がくる』まで、59作品が放送されています。


1991年1月から12月まで放送された第29作が、『太平記』。今年の4月5日より、NHK-BSプレミアムで「大河ドラマアンコール」として、毎週日曜の6:00~6:45に再放送 されています。早朝なので、録画して観ています。


尚、「隊長のブログ」では、大河ドラマを、これで6作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc501e7ad7805ca5760ca7ed0bbb7c12


原作は、吉川英治の『私本太平記』。


脚本は、池端俊策(いけはた しゅんさく)。池端俊策さんは、明智光秀を主人公とした2020年度大河ドラマ 『麒麟がくる』 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8d6053059f1e5eb3c6d041f416c47880  でも、脚本を担当しています。

 

主演:真田広之。

 

尚、「隊長のブログ」で紹介した、真田広之さんが出演する作品の一覧は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3b85b97815d472b420dd383191177e83

 


共演者は、片岡鶴太郎、フランキー堺、緒形拳、榎木孝明、樋口可南子、宮沢りえ、陣内孝則、武田鉄矢、柳葉敏郎、本木雅弘、その他多数。(順不同)

 

 


あらすじ:14世紀初頭、鎌倉幕府は北条一族が専制の色を強め、執権・北条高時(片岡鶴太郎)を、裏で操る実力者・長崎円喜(フランキー堺)は、御家人の最大勢力である足利氏をすきあらば滅ぼそうと考えていました。


そんな折、足利氏の棟梁(りょう)である足利貞氏(緒形拳)のもとに嫡男誕生のしらせが届きます。その子こそが幼名を又太郎、のちの足利高氏(尊氏・真田広之)でした。


高氏は、長崎円喜の従者の僧侶たちへの残忍な仕打ちを目撃します。助けようとした高氏は、あわやというところで山伏に変装した日野俊基(榎木孝明)に助けられます。


この一件で父・貞氏が円喜に謝罪に行ったと知り、高氏は円喜の非を主張します。貞氏は北条の非難を避けるため、伊勢神宮参拝を口実に高氏を京に遣わします。旅の途中、高氏は花夜叉(樋口可南子)率いる田楽一座と出会いました。。。

 


5月17日放送・第七話までの感想:吉川英治さんの原作を読んでいないのですが、ストーリー展開が、『麒麟がくる』に似ている気がしました。例えば、史実には存在しない架空の人物が重要な役割を演じています。『太平記』では、花夜叉一座が、『麒麟がくる』でも、伊呂波太夫(尾野真千子)率いる旅芸人一座が、登場します。


改めて調べてみると、両作品とも、池端俊策さんの脚本なのですね。


その花夜叉一座の白拍子(舞女)の藤夜叉を演じる宮沢りえさんの初々しい演技が良いです。


同じ脚本家でも、台詞回し(せりふまわし)は、『麒麟がくる』が現代語に近い台詞なのに、『太平記』は、大和言葉に近い台詞です。


最後になりますが、『太平記』初回放送から29年。出演していた多くの方が、鬼籍に入られています; 


フランキー堺、緒形拳、児玉清、小松方正、根津甚八、萩原健一、山内明、ほか。(敬称略)


亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。


尚、次回、『太平記』第八話「妖霊星」は、NHK-BSプレミアムで、明日・5月24日(日)午前6時からの放送予定です。

 

 

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~290 省略

Vol.290 2020/4/9   『ドラマ「スローな武士にしてくれ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1055fb3a322d2f23b98e4ae1642077d9

Vol.291 2020/4/11  『出没!アド街ック天国~本郷~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93c60e01462f26eb68fcec9a72815330

Vol.292 2020/4/17  『大河ドラマ「葵 徳川三代」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62f02837a9903fe9794b2449953b228a

Vol.293 2020/4/20  『朝ドラ「エール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a56bb493c2a4a3a0322bc8359200e0fb

Vol.294 2020/4/23  『パン旅。「本郷 古きよきパンを愛で、新しきパンを愉しむ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b22773c5e4595e6aaa5f86c92a67a9d2

Vol.295 2020/4/26  『朝ドラ「はね駒(こんま)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd64ef17b538bbebdd9da3cc5c5d5ab2

Vol.296 2020/4/29  『今夜の旅はドラマチック「水の都は 悠久の楽園~中国・杭州~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f7c8f1d3f999a77fcd055230c3b15203

Vol.297 2020/5/2   『ファミリーヒストリー「志村けん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9e02452af6fa12a7f2b86737562498f

Vol.298 2020/5/6   『ドラマ「SUITS/スーツ2」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f5eb6fd88dbd59e54a92ba2d4dd78827

Vol.299 2020/5/9   『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cdf98200857abfcdcb6ca7f0d7b031d6

Vol.300 2020/5/11  『ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdbe6e1935a056047054d0fffae87364

Vol.301 2020/5/14  『ぴったんこカン☆カン スペシャル~長澤まさみ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fbaf067645484bb605aa66dd3d5eb6b

Vol.302 2020/5/16  『絶対行きたくなる!ニッポン不滅の名城~大坂城~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1791d25b036da683cab0126b52c9cee7

Vol.303 2020/5/19  『ドラマ「アシガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df8a20fe19ab06c973dba3089ee657b5

Vol.304 2020/5/22  『ファミリーヒストリー「神田伯山」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d616e598a052c701eb466e804377399


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« English blog No.5 『Bunkyo ... | トップ | 映画 Film170 『藍色夏恋』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事