隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 Film24 『小さな村の小さなダンサー』

2014年01月06日 | 映画

隊長が観た「映画」を紹介するシリーズの第24回は、『小さな村の小さなダンサー』をお送りします。

 

1055656_l_6

 

この映画の原題は “Mao's Last Dancer” で、2009年にオーストラリアで製作された、中国文革(文化大革命)時代のバレリーナーの成功と苦悩を描いた物語です。

 

クラシックバレエを題材とした映画は『ブラック・スワン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d0fad1e26c186aa25fa9adfcf13b4a11 を紹介していますが、「ブラック・スワン」とは全く毛色の違う映画です。

 

ストーリーは、1961年、中国山東省の小さな村で生まれた主人公のリー・ツンシン。

 

バレエなど見たこともないリーが、北京の舞踏学校に入学し、優しいチェン先生の励ましで、バレエがめきめき上達していきます。

 

成績優秀のバレリーナーに成長したリーは、米国のバレエ団の研修に参加します。その後のリーの挫折と栄光が描かれていきます。

 

当初、『小さな村の小さなダンサー』と言うタイトルや、DVDパッケージの少年の写真から、同じバレエを題材にした『リトル・ダンサー』の様な映画かと思いレンタルしました。

 

しかし、内容は原題の“Mao's Last Dancer”が示しているように、毛沢東(MaoZeDong)のダンサーになる道を拒否し、故郷を捨てて自由なダンサーになろうとしたリーの苦悩を映画にしています。

 

リー・ツンシンを演じるのは、現役のバレリーナー「ツァオ・チー」です。バレエシーンは本当に見事でした。

 

映画の中の中国の農村の風景は、まさに中国そのものでしたが、内容から中国での撮影など出来るはずがないと思っていましたが、エンドクレジットに中国撮影クルーの名前が出てきてびっくりしました

 

派手さは全くないけれど、いろいろと考えさせられる映画でした。

 

 

 

 

コメント