広く浅く

秋田市を中心に青森県津軽・動植物・旅行記などをご紹介します。

富田大通りの流雪溝

2017-01-15 21:01:57 | 津軽のいろいろ
この冬一番の寒波襲来の中、大学入試センター試験が行われた。
東北地方北部の平地では、降雪・積雪量はそれなりに増え、寒さも厳しいが、心配された暴風はそれほどでなく、列車の遅延や試験トラブルも目立ったものはなさそう。月曜以降は気温が上がるので、積雪が融けて道路がぐしゃぐしゃになりそうなのと、落雪や屋根の雪下ろし中の事故には注意。
一方で、福島・新潟県の内陸では豪雪のようだし、太平洋側や瀬戸内海側でも積雪し、事故や試験への影響が出ている。


唐突ですが、「流雪溝」というのがある。道路端の側溝に水を多く流し、その上の路面にあるフタを開いて、積もった雪を投入する仕組み。豪雪地帯で、ある程度家が密集したところ(農村部ではなく)に設置されているところがある。
青森市では「流雪溝」と「融雪溝」が存在したり、青森県弘前市では「消流雪溝」が公式な呼称のようだが、一般的には「流雪溝」だろう。
秋田市はさほど積雪がないこともあって一般的ではないが、中央部の八橋地区の旧国道沿いには設置されている。近くの秋田市上下水道局「八橋下水道終末処理場」の下水処理水を流雪溝に流し、同じく近くの草生津川へ放流するもの。
投入は手作業だし、放流時間が決められるそうだし、水があふれたり転落事故が起きたりすることがある。でも、せっかく作ったのだから、あるのに使わないのはもったいない。

前にも書いたけれど、初めて弘前へ行って驚いたのが、積雪時の道路の歩きにくさ。
秋田市より降雪が多いから当然なのだけど、20年前は路肩や歩道は雪が積もり放題で閉口した。一部流雪溝らしきものもあるにはあったが、使われていないようにも見受けられた。

そんな場所の1つであった市立大成小学校前の道路を2013年に通ると、流雪溝を使って地域のみなさんが除雪作業をしており、昔より格段に歩きやすくなっていた。ここは昔から流雪溝があったのかは不明。

もう1つが、富田大通り(青森県道127号線)の弘前大学文京町地区前。
ここは20年前の時点で、歩道部分に流雪溝らしきものが設置されていた。
しかし、当時は使われた形跡がないどころか、除雪作業が一切されていないようだった。格子状の「グレーチング」でできた流雪溝のフタ部分では、雪が下(流雪溝の中)に落ちて雪が積もらないから、そうでない部分とは高低差が生じる。
弘前最初の冬は、積雪が50センチを越えていた上、県道の車道部分で除雪された雪も歩道に降り注ぐので、古いバスに乗り降りするみたいな段差ができていた。
だから、歩行者は、本来はある程度の広さがある平坦な歩道なのに、狭くなって、しょっちゅう登り下り(しかも滑りやすい)して歩かねばならなかった。特に正門側よりも農学部(当時)側のほうがひどかった。高齢者や中学生など地元の人もたくさん歩く道なのに。

弘前大学当局の手が(気が)回らないのか、道路管理者である青森県も何かできないのか、と思っていたら、数年後には歩道部分をロータリー式の除雪車が除雪するようになった。大学か県か誰がやったのかは不明。
ということは、富田大通りのあれは流雪溝っぽいけど、単なる暗渠(フタ付き水路)なの? と思っていた。
今年元日の農学生命科学部前。バス停のポールについては後日また
上の写真のように、富田大通りの歩道には、グレーチングが点々と続いているのだが…


さて、ローカル報道向けに大学入試センター試験を取材させる場合、県単位で特定の会場の特定の教室を公開する。
秋田では例によって秋田大学(のいつもの部屋?)だったが、青森では弘大ではなく青森市の青森公立大学だった。
でも、前日13日の準備風景は弘前大学を取材したところが複数あった。室内の準備作業は恒例の旧・教養部201講義室か301講義室だったようだが、なじみがない教壇側からのアングルが多かったため、ピンとこなかった。

NHKでは、弘前大学試験会場の屋外の準備風景が、全国向けにも放送された。
NHK青森放送局サイトより
上の画像、奥は富田大通りを走る弘南バス。
手前は大学前の道路の歩道を除雪する大学職員たち。この人たちは寄せた雪を、開いたグレーチングの中へ落としていた。字幕で隠れているが、この後、穴の中がアップで映った。
やっぱり富田大通りのあれは流雪溝だったのか!!

この時点で40センチほど積もっていたから、除雪作業は必要だろうけど、20年前とは雲泥の差。今は日頃からこんなに丁寧にやってくれてるの? それこそロータリーでざっと道を作ってくれる程度でいいのでは?
映像では正門に「排雪作業中」の看板が立ち、トラックが中に入っていくシーンがあった。構内の雪はよそへ運んで捨てているようだ。

この調子で、文京町3番地の農学生命科学部側まで除雪したとすれば、けっこう大変な作業。
センター試験は正門側の1番地だけで実施されるはずだから、除雪も1番地側だけで、3番地は相変わらず段差になってたりはしないでしょうね。数は少なくとも受験生が通るであろう、裏手の寒沢スキー場入口、バカヤローカーブ側もどうなっているやら。
歩きやすくしてくれること自体は、受験生以外にもありがたい。職員だけじゃなく、学生の手を借りて、日頃からやるとかしてもいいのでは。それこそ地域と共生する大学。
【15日追記】「雪かたづけ隊」という学生ボランティア団体が市内各所で除雪をしているようだ。だったらセンター試験前の大学前でもやればいいのに。

それにしても、毎年思って・書いてしまうけど、1年でいちばん気候が厳しいこの時期に、全国共通の大事な試験を実施するのはなんとかならないのだろうか。他の時期ならば、道路や鉄道の遅延、除雪の手間と費用、暖房費、インフルエンザ流行の危険など、あらゆる点で軽減できるのに…
センター試験に代わる試験が検討されているが、時期は変わらなそう。
悪天候の地域が多い中、東京は晴れていたようだ。そんな土地からでは、やっぱり地方の厳しさは感じてもらえないのかもしれない。
こんな時こそ、弘前大学なり秋田大学なり、あるいは県知事、県選出国会議員などが国へ提言するくらいしてくれてもいいのではないだろうか。



その他、センター試験雑感。
・昨年、秋田大学会場において、使用が禁止された格言入り鉛筆を机上に置く受験者の姿がローカルニュースで放送された。大学入試センター側の周知も分かりにくいように思われたので、その旨、余った年賀はがきを使って意見を送った。
返信はなかったばかりか、募集要項の記述も変わらなかったようだ。試験会場での注意などは分からない。今年の秋田のテレビでは机上がアップになるシーンはなかった。
ちなみに、NHKニュースでは「大学入試センターによりますと、この2日間で、禁止された電卓や定規などを使った不正行為をした受験生が12人」いて「すべての試験結果を無効とする措置」となったと伝えた。※格言鉛筆は使用禁止であって、使っても直ちに不正行為と見なされるわけではないらしい。

・秋田市では、秋大、県立大秋田キャンパスのほか、ノースアジア大学も試験会場。
路線バスが廃止されたノースアジア大へのアクセスが不安になるが、大学ホームページによれば、秋田駅東口からの無料送迎バスをセンター試験用ダイヤを設定して運行していた。試験時刻に合わせていると思われる。
センター試験時にバス会社が有料の路線バスを特発するのは、全国的にあるようだが、自前のバスを出すのは、どうなんだろう。親切ともいえるが、当然ともいえる。
ノースアジア大の立地からすれば、この対応がなければ地獄だけど、これだけの対応があれば、駅から秋田大学まで歩くのと比べても…どうかは人それぞれでしょうけど。※センター試験の受験会場は、受験者は選択できないはず。

・試験会場の構内(屋外)で、高校や予備校の先生が、受験者を励ます姿がよく報道される。最近では、先生がお菓子や使い捨てカイロを、教え子に配ることが流行っているようだ。メーカー側が験担ぎのお菓子を売っている影響もあるのだろう。
20年ちょっと前、僕の高校からは多くの生徒が秋田大学でセンター試験を受験した(当時は秋田県内で秋田大学だけが会場)。だけど、そこで高校の先生との接触はなかった。先生が会場にに来ていたかすら分からないが、来ていたのなら事前に「会場に行くからあいさつに来なさい」ぐらいの指導はあってもよさそうだが記憶にない。寒いなか、待っていてくれなくてもいいけどね。

・14日のTBS「新・情報7daysニュースキャスター」の最後で、コメンテーターの明治大学教授・齋藤孝氏が、「センター試験は評価が高い試験制度で、(近い将来の新試験導入によって)廃止されるのは残念」といった趣旨の発言をされていた。そうなんだ…

【17日追記】
新聞には、前日実施分のセンター試験の問題と解答が掲載されるものだが、2017年の秋田魁新報にはなかった。2016年がどうだったかは記憶にないが、昔は魁にも掲載されていたのに。
今年も、科目ごとの出題傾向などの分析は掲載され、ホームページでは、問題・解答がアップされた共同通信社の「47news」サイトへのリンクはある。
全国紙にも、大学入試センターのサイトにも掲載されるわけだし、あえて紙面を割く必要もないという判断なんだろうか。理解はできる。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 濃いシチュー×青森 | トップ | 寒波の後 新屋など »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (秋田の4227ファン)
2017-01-15 22:27:50
こんばんは!
今日、仕事中に秋田大学周辺を走行しましたが警備員さんが立って居て、いつもと違う雰囲気が漂っていました。
自分は広面の方からファミリーマートの交差点を右折、秋田大学正面の交差点をグランマートの方に左折して一つ目の十字路を右折して東中学の方に向かうルートで走行しましたが、右折してすぐの所にバスが停車していまして、仙建のバスは大曲の高校の名前を、秋田観光のバスは能代の高校名を表示していました。
高校で受験生の送迎バスを手配していたと思いますがドライバーさんの待ち時間を考えると受験生並みに大変だな~と思いながら踏切を通過して千秋へ入りました。
貸切バス (taic02)
2017-01-15 23:06:29
こんばんは。
僕も受験生を乗せた能代観光のバスが2台、千秋トンネルを走るのを見かけました。
待ち時間もですが、万一、車両故障やひどい渋滞に巻き込まれた時のことも考えると、ドライバーやバス会社はヒヤヒヤするでしょうね。

秋田市のほか横手と大館には市内に試験会場がありますが、能代、大曲、本荘、鹿角などは、バスや宿を手配することになるでしょうから、不公平な気もします。
Unknown (Unknown)
2017-01-16 02:43:58
由利本荘方面の高校名を出した羽後交通が4~5台連ねて秋大方向へ走ってゆくのを中央警察署前で見ました。
羽後交通だと一旦秋田営業所に引き上げるんでしょうね。

私の時は、生協の食堂に先生方が待機していて、空き時間に顔を出しに行きました。
本荘 (taic02)
2017-01-17 21:39:52
本荘からわずか40キロちょっとでも、JRだと強風時が心配だし、貸切バスで来るのが確実なんでしょうね。
羽後交通では横手会場の特発バスも出しているようです。

自分のセンター試験の時は…まったく記憶がない。
高校入試では先生が控室で待機してくれて最初と最後に会ったし、運転免許センターにも教習所の指導員が1人来てくれていたのは覚えているのですが…
先生の激励 (りお)
2017-01-19 01:06:34
私が10年前にセンター試験を受けたときには、秋田大学に高校の先生が来て、激励してくれた記憶があります。
建物の入り口付近に、各校の先生ごとに塊を作っていたような。
正門では予備校がチラシを配っていて、縁起が悪いと思ったものです。
ローカルニュース定番 (taic02)
2017-01-19 20:47:08
そんなシーンがローカルニュースの定番ですね。
今年はアパートのチラシを配っているのが映りましたが、予備校にせよ不動産にせよ、せめてもう1段階後で配ったほうが効果はありそう。

我々の時は、初日はすごい吹雪でした。開始が遅れるようなことはなかったですが、それが原因で屋外での活動ができなったのかもしれません。

コメントを投稿