すそ洗い 

R50 恥垢の上塗

粘膜探偵

2019年01月09日 | BOOK

粘膜探偵
飴村 行

2019年最初の読書
1月6日 中野ブロードウエーに行った際
車を停めたビルのBook1stにて購入


3日目
初日はぶっ飛ばし気味に読む進め
2日目は最初っから丁寧に再度読み直す
相変わらずオモロくてためになる良書


粘膜探偵 (角川ホラー文庫)
クリエーター情報なし
KADOKAWA

ホラー&ミステリ界アンダーグラウンドの帝王が、6年ぶりに復活!

戦時下の帝都。14歳の鉄児は憧れの特別少年警邏隊に入隊した矢先、
先輩のとばっちりを受け謹慎処分となってしまう。
汚名返上に燃える彼は、巷で噂の保険金殺人事件を解決するため独自調査に乗り出すが……。
軍部の思惑、昏々と眠る老女、温室で栽培される謎の植物、行方不明の少女――。
すべてが交錯する時、忌まわしい企みが浮かび上がる。
暴力と狂気が渦巻き、読む者の理性を抉り取る最凶の粘膜ワールド! 解説・朝宮運河
『小説(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« セヴン・カム・イレヴン | トップ | BEST STYLE FITNESS 新浦安 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

BOOK」カテゴリの最新記事