魔法の言霊here&now
エネルギー注入! 自由自在に進化する催眠心理療法士&言霊師 ゆらいずみの最先端実験室
 



なぜだか異様な反響を呼んだのですが、
1月17日のハッスル・ハウス32(後楽園ホール)で、
キンターマンの復活が決まりました。

 なので、最後のまとめとして、
「ハッスル祭り」のミルコ・クロコップ失神KO事件に関し、
問題の映像をまだチェックしていない方のために、
私なりの解説をつけ加えておきます。

 試合途中、臨時助っ人としてリングに入ってきた
ミルコがまずクロダーマン(黒田哲広)を
フロントスープレックスで投げ捨て、
背後から右ローキック一発。
大げさにクロダーマンが倒れ込んで一丁あがり。
返す刀で、
キンターマン(金村キンタロー)の頭に右ハイキック一発。
キンちゃんが蹴られた直後、
エリカちゃん(アジャ・コング)が
大慌てでうつ伏せのキンちゃんを裏返しにして、
天井を向かせて3カウント奪取。

 この際、格闘技経験者は分かると思いますが、
完全失神している人間を裏返すのは結構大変で、
怪力のエリカちゃんもかなり焦っているのが
映像から分かります。
ぴくりともキンちゃんが動いてくれないから。。。
あの後、リング回りは大騒ぎになったそうですが、
TV映像では完全カット。事態の深刻さを裏付けます。

 ミルコが手を抜いたとの見方もありますが、
コマ送りにすると、、。ミルコの目はしっかり輝き、
軸足も完全に返っています。フォームもほぼ完璧。
仮に力を半分抜いたとしても、
その分、技のキレがましてしまい、
逆に、本人の意図に反して破壊力が増すことが結構あります。
だいたい、テンプルにピンポイントでしっかり当ててる時点で、
そりゃマズイでしょって話ではあるのですが。

 ちなみに、
キンちゃんは最初からしっかり両腕を下ろしており、
ガードの意識はまるでなし。
過去にあたり負けした経験があまりなかった
せいでもあるのでしょう。
そう、あのノーガードこそが、キンちゃんのプロレスラー魂、
だったのではないでしょうか。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 格闘日記『日... 格闘日記『雪... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。