狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

玉城知事、復帰50年の「政治利用」に政権困惑

2022-05-16 04:38:54 | 政治

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

ブラックアウト アメリカ黒人による、“民主党の新たな奴隷農場"からの独立宣言  単行本¥2,530

キャンディス・オーウェンズ (著)

これは、米国政治のキャスティング・ヴォートを握る黒人たちに突きつけられた「保守」からの革命の書だ!
間違いなく今後の米国史を動かし、やがて21世紀の革命家と称されるであろう
黒人女性の記念碑的処女作
日本の若き女性国士にして、最も勇気あるジャーナリスト・我那覇真子(がなはまさこ)を翻訳者に迎え、ついに運命の邂逅(かいこう)。
本書を読まずして、今後の日米関係は一切語れない。

きょうの沖縄タイムスは、合計八面を使って沖縄返還をめぐる「政府の裏切り」に関し恨みつらみの大合唱の大見出しで埋め尽くされている。一々紹介するのは面倒なので省略する。

これは沖縄タイムスの恨み節を「県民の声」にすり変えているに過ぎないから。

ちなみに沖縄タイムス・朝日新聞で行った世論調査によると県民の85%は、「沖縄返還は良かった」と答えている。

玉城知事、復帰50年の「政治利用」に政権困惑

10日に玉城氏が訪問してくるのを前に、首相官邸スタッフは頭を悩ませた。玉城氏が首相に手渡す予定の「平和で豊かな沖縄の実現に向けた新たな建議書」が異例の内容を含んでいたからだ。敵基地攻撃能力の保有などを挙げて「県民の平和を希求する思いとは全く相いれるものではありません」と書き込まれていた。

一般的な安全保障政策への見解を沖縄県民の総意として表明するのは事実に反する。官邸内では「北朝鮮の弾道ミサイルから国民を守る手段を否定するのか」と反発の声が上がり、建議書受け取りを拒否することも検討されたが、首相は玉城氏と会うことを決めた。

               ★

全国民が祝賀する沖縄返還の記念祝典の場で、ウクライナ戦争に何も学んでいないデニー知事が旧態依然のイデオロギーで政府を批判。

この非常識な対応には、大多数の県民も呆れかえっている。

岸田首相が「キャンプ瑞慶覧」の一部を返還前に日米で共同使用する、とコメントした。

これでデニー知事は「米軍専用施設の70%が沖縄に集中」という「売物」の一角が崩れ去ることに気が付いているのだろうか。

口も軽いがオツムも軽いオミコシ男のデニー知事には理解できないだろう。

その一方、デニー知事は「補助金寄越せ」の要求書だけはしっかり突き付けている。

もはやデニー知事をまともな人間と思う県民は一部のジジ・ババ活動家だけだろう。

 

【おまけ】

地理的優位性生かし新時代へ

 
 

沖縄が祖国日本に復帰して50年という喜ばしい節目を迎えた。だが、玉城デニー沖縄県知事の行動が祝賀ムードに水を差している。復帰50年に際し、政府に対して意見を申し立てる「建議書」を作成し、首相官邸を訪ねて岸田文雄首相に手渡したからだ。

その内容は、革新イデオロギーが色濃く現れている。早期移設が願われている米軍普天間飛行場(宜野湾市)については「現在政府が進めている辺野古新基地建設は、県民に新たな基地負担を強いるもの」と明記した。日米両政府が合意した沖縄本島の嘉手納基地以南の米軍施設の整理縮小に伴う基地負担軽減計画を理解しない乱暴な解釈と言えよう。

沖縄では復帰前年の1971年11月、当時の琉球政府の屋良朝苗主席(県知事に相当)が支持母体の革新系諸団体からの強い要請で「復帰措置に関する建議書」を作成。この中では、米軍基地の撤去や自衛隊の配備反対を掲げた。

玉城知事の建議書の内容は、力で現状変更を試みる大国に囲まれた現在の安全保障環境にはそぐわず、国民・県民の理解を得るのは困難であろう。

沖縄県民の最大の関心事は、安心で豊かな生活を送ることだ。県が昨年実施した調査によると、沖縄が重点的に取り組むべき施策で、前回5年前の調査で2位だった「米軍基地問題の解決促進」は4位に後退した。

1位は前回に続いて「子供の貧困対策の推進」だ。50年にわたる沖縄振興策のおかげで社会資本整備が整い、暮らしやすくなった。圧倒的多数の県民が「復帰して良かった」と感じる理由の一つだ。ただ、県民一人ひとりの暮らしに目を向けると、県民所得は依然として全国の7割程度で、子供の貧困率の高さが際立つ。貧困の負の連鎖を断ち切るための一層の努力が求められる。

離島県という不利性もあって50年の間に産業が育たなかったこともある。その一方で、アジア諸国と近い「アジアのゲートウェイ」としての地理的優位性を生かしたインバウンド観光や物流産業を伸ばしてきた。日中米などの多様な文化を受け入れ融合した「チャンプルー文化」、世界との懸け橋となる「万国津梁(しんりょう)」に見られるようなソフトパワーを生かしていくことが肝要だ。

⇒最初にクリックお願いします

コメント (4)    この記事についてブログを書く
« 沖縄返還、県民の85%は「... | トップ | 首里城再建で、琉球王国独立... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2022-05-16 12:24:17
.
オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「反撃能力検討 国民への背任」の那覇市・大見昭子さん(87)は、1月24日、2月3、28日、3月11、19日、4月7、13日、5月5日に続き今年9回目の掲載。
「憲法改正への動き注意して」の那覇市・大城良司さん(55)は、1月3、9日、2月5、12日、3月2日、4月9、21日に続き今年8回目の掲載。
「復元した鐘の響き 今も脳裏」の今帰仁村・伊波栄信さん(73)は、1月9日、2月13、28日、4月17日に続き今年5回目の掲載。
「コロナと侵攻 早期収束願う」の西原町・恵英則さん(73)は、1月1、16日、2月26日、3月11、22日、4月6日に続き今年7回目の掲載。
「励ましたい失明した高校生」の宜野湾市・又吉弘子さん(79)は、2013年4月29日以来の掲載。
「復帰50年の決議 基地の整理縮小 今度こそ」の那覇市・前田孝信さん(86)は、1月4日、2月18日に続き今年3回目の掲載。
「八重瀬町に図書館」の南風原町・金城淳保さん(62)は、2019年5月14日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。



.
Unknown (amai yookan)
2022-05-16 13:24:39
● 県民一人ひとりの暮らしに目を向けると、県民所得は依然として全国の7割程度で、子供の貧困率の高さが際立つ。

???????????????????????????????

● 毎年3千億円もの振興資金を頂いてる筈なのにのに・こちとらには、ちっとも回ってこないのが実感

・そのくせ戸建ての新築は、どんどん売れて・建築ラッシュ、、、ずいぶんヘンテコだわ?

● この、ヘンテコな根本原因を正せないのか?

・ 三次産業に偏り過ぎの産業構造の性ではないのか?
・ ホテルなど資本は外資に買い取られて「ザルに水」状態?

● この辺の究明・研究に取り組まないで・「基地基地って、騒いでいても」、沖縄の明日は開けそーにない
Unknown (amai yookan)
2022-05-16 21:25:01
>・・敵基地攻撃能力の保有などを挙げて「県民の平和を希求する思いとは全く相いれるものではありません」と書き込まれていた。

一般的な安全保障政策への見解を沖縄県民の総意として表明するのは事実に反する。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

● サヨクがデッチあげた「建議書」なるイデオロギー的産物を政府に送り付け・「全国民が祝賀する沖縄返還の記念祝典の場で因縁をつけ、まくし立てる」現状に眼をつぶった無知的行為

● 中共による「尖閣侵攻と・ウクライナ戦争」と云う劇的状況の変化の下にあるのに

・「翁長さん以前と同じ頭と・対応(「米軍基地反対・辺野古反対・平和平和の平和読経」)で、イチャモンを付けるもんだから「どーなってんだーオキナワー!」って事に

● それほどズッコッケた我が沖縄ー  ??×10000だ!(涙)
Unknown (amai yookan)
2022-05-16 22:06:55
● 「ウク・露」戦争は、どーやら「米・ロの代理戦争」のよーですネ。ウクライナが善戦しているのは、米の「民間衛星・民間技術」を、利用したシステムの活用・確立による「AI技術を使った最新型サイバー戦争」のよーです。

● 米では、優秀な人材を有する防衛関連の中小企業に多くの予算をあげて育成しているそーです。日本も、そーしないと優秀な人材も他所に流れてしまい・優れた中小企業も成立しなくなりそーだ。

コメントを投稿