狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

一連の媚中発言、橋下徹氏は一体どうしちゃったのか?、」橋下徹氏「高市さんは『靖国参拝行くのよ!』と言って心配」発言を捏

2021-10-16 06:10:36 | 政治

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

橋下徹氏は一体どうしちゃったのか?

北村弁護士の回答がコチラ【カッパえんちょー】

北村弁護士「橋下徹氏は中国が涙を流す程有難い存在!」

靖国参拝に関する橋下徹氏がちょっと変だ。

特に親中発言が多い。

一体どうしちゃったのだろう。

橋下徹氏が中国寄りの発言をする場合、想像できる可能性は

➀ハニトラ、

➁テレビコメンテーターとしてテレビ業界寄りの発言をせざるを得ない。

北村晴夫vs橋下徹 大論争に発展か?

 

橋下徹氏「高市さんは『靖国参拝行くのよ!』と言って心配」発言を捏造か?『日曜討論』のコメントが波紋

 3日放送の『日曜報道 THE PRIME』(フジテレビ系)で、元大阪府知事、元大阪市長で弁護士の橋下徹氏が、自民党総裁選立候補者の高市早苗氏の発言を歪曲して伝える場面があり、ネット上で波紋を広げている。

 事の発端となったのは、先月26日放送の同番組。番組には総裁選立候補者が揃って出演していた。その中で橋下氏は高市氏に対し、靖国問題について「総理が靖国参拝するとなると、中国が貿易や商取引に対して、まあ、ああでもない、こうでもないと言ってくる。その時に現実に中小企業の利益が害されるという時にあえて政治信条を貫いて行くのか?」と質問をする場面があった。

 ​>>橋下徹氏のツイートに三原じゅん子議員が「お恥ずかしい限りです」 消極的なHPVワクチン推進を指摘<<​​​

 これに高市氏は「世界のそういう風潮を変えたいです」と言い、「私だってアーリントン墓地に参拝してますよ」と告白。「大阪だって大空襲受けたし、(広島・長崎に)原子力爆弾だって落とされたし。そういう思いとは別に国家のために命を捧げた方にも敬意を表してますから。お互いがそうし合うべきなんですね」とコメントした。

 そして、橋下氏が「アメリカへの理解を得る前に行くんですね!?」重ねて質問すると、高市氏は「もちろん説明を致します。『お互いそうじゃないですか? だって大統領も(アーリントン墓地に)行かれるでしょ?』と」と回答。さらに、「(他国の戦没者への参拝を)世界の常識という形の発信を私がさせていただきたいです。外交問題にすべきじゃないです」と述べていた
 
【おまけ】

橋下徹氏が百田尚樹氏との”靖国論争”を振り返る 猪瀬直樹氏「公とは何かを考え、妥協点を見出さないと」

NewsBAR橋下
橋下徹氏が百田尚樹氏との”靖国論争”を振り返る 猪瀬直樹氏「公とは何かを考え、妥協点を見出さないと」

 靖国神社の参拝やいわゆるA級戦犯の合祀をめぐり、Twitter上で作家の百田尚樹氏と激しい論争を繰り広げた橋下徹氏。議論にはジャーナリストの有本香氏や国会議員の長島昭久氏・足立康史氏も加わる、大規模なものとなった。一連の論争について、橋下氏が4日放送のAbemaTV『NewsBAR橋下』で、作家の猪瀬直樹氏と議論した。

 橋下氏は「ここには百田さんがいないし、一方的になってもいけない。ただ、僕は百田さんの番組に行かなかったから、たぶん彼を呼んでも来ないとは思う。それにこのツイート以外にも、40回も50回もやりあってるから、全体としては違うところもあるんだけど」とした上で、議論を始めた。

橋下徹氏が百田尚樹氏との”靖国論争”を振り返る 猪瀬直樹氏「公とは何かを考え、妥協点を見出さないと」

橋下:猪瀬さんは著作で近代日本を論じられて来られましたけど、靖国神社に行かれますか?

猪瀬:行きますよ。特段、"行くぞ"っていうような感じじゃなくて、桜の季節とか、ちょっとお参りもして、という。

橋下:こないだ僕も子どもを連れて行って、靖国神社と千鳥ヶ淵戦没者墓苑の違いだとか、その歴史について話もしたけれど、それは政治家じゃなくなった今だから自由にいけるということ。国会議員も集団で行ったりしているけれど、それは内閣に入っていないから行けるのであって、あれだけ靖国のことを言っていた稲田朋美さんでさえ、防衛大臣になったら海外出張を組んで行かなかった。日本のリーダーが靖国に参拝に行けない状況はちょっとおかしいと考えたのが、今回の論争のきっかけ。

これまで色んな人達が"行け行け"と言ってきたけれど、実際には行くことはできていない。。結局、最近では小泉さんが任期中に8月15日に行って、安倍さんが一回だけ行って以来、行っていないわけだから。だから行けるようにするためにはどんな環境づくりをするのがいいか考えよう、というのが僕の主張で、そのための解決策として分祀を提案した。中韓なんか気にせず行けばいいというのも一つの主張だけれど、首相に将来なるような国会議員に「首相になったら靖国参拝しますか?」って聞いたとして、誰もうんとは言わないと思う。それが政治の現実。でも、"そんなのあかん、そんなん行ったらいいやん"と言うのが百田さんの主張。そこの違い。

百田さんは分祀したところで中韓は文句を言ってくると言うけれど、政治というのは可能性の話。どっちが首相が参拝できるようになる可能性が高いかといえば、分祀をした場合の方だと思う。百田さんや産経新聞は中国の主張に乗っかるのは腹が立つと言うかもしれないが、日中国交正常化のとき、中国側は「二分論」として、戦争指導者と国民を分けた。あれだけ被害が出たんだから、当然そういうロジックが必要だった。そうでなければ、中国国民は「あの日本と、なんで平和条約を結ぶんだ」と怒っただろう。でも、中国側が「日本国民は別でしょ」と主張したんだから。こっちもそれに乗っかって、戦争指導者と兵士たちを分けて、靖国神社は兵士を祀ってる施設なんだとやればいいと思う。令和の時代になって、世代が変わって、それが実現できれば、陛下も首相も国民も、戦争で命を落とした人にきちっと手を合わせることができると思う。やっぱり国家の柱だから。

猪瀬:周恩来さんが「あの戦争は軍国主義者が起こしたもので、日本の人民が起こしたんじゃない」と言った。それに合わせた、普遍性のあるロジックがこちらにもあればいい。要は靖国神社が宗教法人で、東條さんたち勝手に入れちゃって、昭和天皇が行かなくなったというところから靖国の問題は始まっている。百田さんの「現状は朝日が火を付け、中韓がそれに乗り非難し、泥沼となりました。」という主張はそうだなとは思うけれど、その上で、じゃあどうするかという問題だから。「中韓の非難をかわすために、靖國の代わりに国立追悼施設などを作れば、諸外国から「信念も誇りもない国」と軽蔑されるでしょう。しかも中韓からの非難はやまない。最悪です!」というのは違うと思う。

橋下:後から作った法で裁いた東京裁判の判決は無効だ、という理屈もわかるが、ある意味でそれは終戦のための"政治"。裁判官の選び方も合議の仕方も、マッカーサーが介入してくることも含めて政治。

橋下徹氏が百田尚樹氏との”靖国論争”を振り返る 猪瀬直樹氏「公とは何かを考え、妥協点を見出さないと」

猪瀬:アメリカなどが極東軍事裁判をやってA級戦犯7人を処刑したわけだけれど、問題はそれがなぜ12月23日だったかということ。7人が処刑されたのは昭和23年12月23日、つまり、当時は皇太子だった上皇さまの15歳の誕生日だ。将来にわたって思い起こさせるために、天皇になるだろう人の誕生日にぶつけてきたんだよ。上皇さまはそれを背負ってるからこそ慰霊の旅も続けてこられたけれど、国民はそういう歴史のことなんか忘れているし、百田さん的な、どちらかというと右翼的だと言われる一部の人たちが固まった言い方で主張し続けているだけになってしまった。あの戦争はなんだったのか、なぜあの戦争をしたかという意思決定のプロセス、国民全体があの戦争にどう関わったかみたいなことを普通の人が検証していないことが問題だ。

橋下:僕は"A級戦犯の分祀"と書いたけれど、その後、長島昭久衆議院議員からご意見をいただいて、"戦争指導者の分祀"と表現を変えた。日本に欠けていると思うのは、その戦争指導者の確定と、責任について自らの手できちっと検証するということ。僕らの前の世代の人たちにやっておいってもらいたかった。それこそ猪瀬さんの『昭和16年夏の敗戦』のように、負けるということが明らかにわかっていながら戦争に突入したわけだし、半藤一利さんの『なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議』という本を読むと、本当に軍がいい加減だったことがわかる。

猪瀬:軍隊だって見るから良くない。結局は日本の官僚機構の、縦割りで意思決定ができないことが問題だった。そしてその体制は現在もつながっていて、統一した意思決定とか戦略的な意思決定、大きなことを決められないのは今も同じ。それをもう一度見つめないといけないといけない。

橋下:"国のために"という大きな目標があったにせよ、それでおびただしい命が失われたわけで、百田さんや有本香さんが分祀は先人に対して敬意がないと言うが、やっぱり戦争指導者は本当にひどかったと思う。確かにA級戦犯というのは外国に言われたことだから問題があるかもしれないけど、祀り方は考えないと。他国は国立でやっている。でも靖国神社は神道として、一つの魂を分けることはできないと言う。

猪瀬:その通りで、国家としてどうするかは別なんだよ。日本の首相がアメリカに行くとアーリントン墓地にお参りするが、そういうことができるような決着、総括をしなかった。憲法9条の問題もそうだけれど、占領が終わって、時代の状況に応じて変化させずに、何もせずにずるずると来ちゃったから。でも逆に言うと、百田さんみたいな人たちがいっぱいいるからできないんだよ。"平行線"の論争が好きな人がいるんだよ。櫻井よしこさんとか、産経新聞みたいなところだよね。産経新聞がいけないわけじゃないんだけれど、固定の支持層がいるから。でも、同じ主張を繰り返していても発展はしないし、妥協点を見出してくとか、解決策を出さないと。

橋下徹氏が百田尚樹氏との”靖国論争”を振り返る 猪瀬直樹氏「公とは何かを考え、妥協点を見出さないと」

橋下:僕も弁護士やテレビコメンテーターのときは言うだけで良かったんだけれど、行政の現場に立つ人は実行しないといけないから。

猪瀬:政策って解決策だから。それを作らず言い続けるだけなら楽なんだよ。

結局、国家のために死ぬということは、実は今もあるんだよ。だからそのための準備というか、心あり方みたいなものを押さえておかないと。公と私、という言葉で言えば、みんな私だけの世界を主張し合っていて、公ってものが無くなっているんだよね。本来、"みんなのために"という公の部分があるはずで、そのためには自分の命を捨てもやる、というあり方もあっていいわけ。今は国家という形はあるけれど、公の概念は官僚機構が代替してるい。でも、本来それがなくても公は実現されないといけない。そこがNPOであったり、僕が大阪都構想に対して提案した「公益庁」。税金を国税庁が集めて、財務省が予算を決めて配っているけれど、そこにクラウドファンディングとか、"第二の動脈"を作り、東京に対してもう一つの公として大阪に作ったら、と橋下さんに話をしたこともある。

橋下:国のために命を落とした人に対して、日本はあまりにも軽く扱いすぎだと思う。海外で亡くなられた方が棺で日本に戻ってきた時、首相は出迎えなかった。やっぱりそれは違うと思う。アメリカなんかだったら最敬礼で迎えるはず。

猪瀬:特攻隊が良い悪いという問題ではなく、公のため、ある程度はやんなきゃいけない時代だったということは確かで、現代のハリウッド映画でも、宇宙船なんかに突撃して死んでいくシーンが出てくる。日本では戦後、そういう公に対する自己犠牲はいけないものだとされちゃったから。でも、悪い形で実現しなければ、必要な考え方ではあると思う。公の意識がほとんどない、私しかない人たちが多いからこそ靖国だ!って言う百田さんたちの気持ちもわかる。ただ、公をどう捉えていくかという議論に基づいた上で靖国問題の話が出てくれば良いんだけれどね。(AbemaTV/『NewsBAR橋下』より)

▶放送済み『NewsBAR橋下』は期間限定で無料配信中

⇒最後にクリックお願いします


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 国を亡ぼす財務次官の異例の... | トップ | 貴方の隣のサイコパス、【甲... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
靖国神社参拝 戦死者を擁する遺族なら必ず行きますよ、我が家の英雄ですもの。その是非を誰かが論評すること自体が間違っている、大きなお世話なんだ。非なら無視してくれよんしんちゃん。 (坂田)
2021-10-16 09:56:56
靖国神社は広い、静寂な都会の森みたいな感じだ。

“森”の一角に重量1トン戦艦大和口径46cm砲弾が大きな台座に据えられている。圧巻な様です。

直径46cm1トン砲弾の風貌は凄く大きいに尽きるが、威力が魚雷並みだ。魚雷が高空を飛んで行く光景を想像した。

戦艦大和口径46cm砲弾 射程距離43kmで、どこの国の戦艦主砲の射程距離圏外から撃てる。

射程43kmって当たるのか? 当たるんです、宝くじよりもはるかに精度が高く当たるんです。

主砲の精密着弾を可能にしたのが艦橋上部の左右全長15mの測距儀(照準器)で、左右両端に「ニコン社の光学レンズ」カメラが装着して在る、世界最強のニコンの光学レンズ技術が可能にした。

左右の光学レンズカメラ照準器の映像を寄せて行き重なった瞬間が「撃てっ!」です。


なお、最新式長距離砲弾の射程距離が70kmで今年春に米国陸軍が試射に成功した。

射程距離30kmが限界の155mm榴弾砲車両に新型砲弾を換装したら、地対地ロケット弾の着地点より40km先まで飛んで行った。

新型砲弾は射出高度頂点に達したら左右に翼が出て目的地までGPS衛星利用で滑空する構造に在る。

・・・想ったら、1か月後に同陸軍が射程距離90kmの高機動ロケット砲車両から新型ロケット弾の試射に成功した。こちらも、滑空式だった。

新型155mm砲弾車両を叩き潰すために、射程が更に20km長い新型ロケット弾を開発していた。正に、盾とほこの常備鉄則を叶えていた。


なお、世界最強の地上戦支援戦闘型ヘリは日米両軍の「ヴァイパー」ですが、この「ヴァイパー」さえも撃墜する専用の迎撃システム車両群を、西日本で唯一配備しているのが那覇陸自駐屯地です。これも、盾とほこの常備鉄則です。

地上戦支援戦闘型ヘリを迎撃システム車両群 この世界最強の「盾」を那覇陸自駐屯地フェアーで探索して下さい。(㊟望遠レンズカメラ携帯不可)

この「盾」だけは「盾と矛の関係」と矛盾しない。

尖閣有事の際には「テイク・ミー・アウト・トゥ・ザ・センカク♪」と合唱しますです。

戦争の最期は地上戦になるが、これからは2種類の長距離型砲弾とロケット弾が戦争を変えてしまう。


靖国神社に戦争遺品を収納した遊就館が在る。入口正面に100年前の155mm砲車(木製車輪式)が据えて在る。長い砲身の至る所に“生々しい”銃痕が在る、正に、肉兵戦並みの傷跡だ。

左側に修理復刻したゼロ戦がいる。その翼の傍に取り外した主砲20mm機関単砲が展示されている。

そして20mm機関砲弾58発を収納したデカいバケツの様な円形の缶が置いて在る、その大きさでも翼の根元なら収納が出来る。

奥に行くと、艦艇搭載の対空30mm機関砲が展示されている。これもデカくて長い、携帯は無理。

魚雷艇が展示だが・・・取り外して展示のエンジンはドイツ・メルセデスベンツ社製V字倒立型12気筒エンジンで在った。これが高速を可能にした。

この、ベンツV字倒立型12気筒エンジンは特攻基地の鹿児島知覧「平和祈念館」に展示して在る陸軍の液冷式エンジン「飛燕 戦闘機」のベンツ製と同型で、こちらは排気量15000ccで千馬力。

展示の飛燕も美しいが、同じく傷んだ両方のベンツV字倒立型12気筒エンジンも美しい。美しいものには「力の美学」が在る、力を晒している。


我々の先人たちが、これを持ち何事にも動じない覚悟で戦ったことに敬服します。

出来ることなら、政治家や軍参謀や官僚も一緒になって覚悟を持ち前線で戦って欲しかったのです。

なぜなら、当時から戦局に於いて出来なかった問題の責任を誰一人も上が執っていないからです。それなのに、どうして「決死の戦い」と言えたのか。

それを、今更「靖国参拝が~っ」と言う脳みそが知れない、戦死者を軽蔑しているとしか見えない。

そう言う人たちは、戦時中の無責任な上の人たちと同じ部類で在ると見做している。


なお、アドルフ・ヒトラーが日本の海軍と陸軍に苦言を呈して、両軍の行動を笑った逸話が在る。

海軍と陸軍のベンツ製V字倒立型12気筒エンジンの導入もそうだが、海軍と陸軍が別々にドイツに買付に来ていた。

世界の軍隊は国内軍隊どうして仲が悪いのは常識で在るが、理由は自尊心の衝突が起きるからだ。

然し、ビジネスなら考えてみろとヒトラーが日本海軍将校に苦言を呈した、ヒトラーが売買契約書にサインしながら【(日本海軍と陸軍が)一緒に買えば安くなるものを・・・】との逸話です。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2021-10-16 10:26:58
.
オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「戦争のトラウマ 支援が必要」の宜野湾市・比嘉リリさん(33)は、3月4日、7月18日、8月28日に続き今年4回目の掲載。
「大事な鉢植え 夜盗虫被害か」の浦添市・國吉シズ子さん(70)は、4月19日、5月16日、6月5、21日、7月19、28日、9月1、19日に続き今年9回目の掲載。
「汚水にあたふた 国『腰抜け』」のうるま市安慶名・東智子さん(67)は、1月10、20日、2月4、21日、3月7、31日、5月23日、6月22日、7月21日、8月10日、9月10日に続き今年12回目の掲載。
「思い出の首里城 早い再建を」の佐賀県・諸岡寛さん(64)は、8月22日に続き今年2回目の掲載。
「自然恐れる謙虚さ忘れずに」の浦添市・天久富雄さん(69)は、1月3日、3月4日、4月26日、6月6、22日、7月4、24日、9月1日に続き今年9回目の掲載。
「首里城に北部の木利用 『国宝級』の自然林守ろう」の沖縄市・新屋直子さん(77)は、今年初掲載。
「サルスベリ考」の名護市・宮里至さん(76)は、3月14日に続き今年2回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


.
Unknown (狂歌Jr.)
2021-10-16 10:33:29
秘書給与 上納強要 暴露され
 屋良朝博は しらばっくれる
Unknown (amai yookan)
2021-10-16 19:35:16
>3区は前職の屋良朝博氏(59)=立民、新人で元参院議員の島尻安伊子氏(56)=自民=の2氏が立候補を予定している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

● あの「不倫大王?の屋良朝博氏」が、また、けち臭い違反事件発覚ですか・そんでもって立候補??・こんなの選んだら沖縄の恥ですね
https://news.yahoo.co.jp/articles/cfc9e0ed642ff49c1dd7fbebf37eaf51279313e3

● 不倫大王の罠にかかったA子さん・・「ついていった私が悪かった」と、けなげ。結果離婚、人生を狂わされてしまった。https://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/df3522f2e5e3b00542ed0cc0f731d043

  不倫X   愛〇

コメントを投稿