狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

橋下徹氏が甦らせた「白旗・赤旗論」

2022-08-16 07:40:00 | 政治

橋下徹氏が甦らせた「白旗・赤旗論」

長い江戸時代のおわり
朝日新聞の特集した豊永郁子氏の「白旗論」は目新しい話ではない。この元祖はは、40年以上前に森嶋通夫の主張した「白旗・赤旗」論である。われわれの新著『長い江戸時代のおわり』の第6章から、これに関する議論を紹介しておこう。

池田  平和ボケの戦後第一世代からはずっと下なのに、ウクライナ戦争でトンチンカンなことを言って炎上したのは橋下徹さんです。大阪で政治家をやって日本維新の会を作ったころは、むしろ護憲派を批判するリアリストとして振る舞っていたのに、今回は「戦争で民間人が犠牲になるのはよくないから、ウクライナは降伏した方がいい」とか「戦争しないで『政治的妥結』すべきだ」などとTVやツイッターで繰り返しました。

ところが多くの人に批判されたら主張を180度急変させて、「ウクライナに『戦え』と言うなら、NATOは自ら参戦しろ」とか「政治家を民間人の人質と交換しろ」とか言い出す。支離滅裂で、何がいいたいのかわからない。

與那覇 私は今回の言動のおかげで、逆に橋下さんに一貫性を見出せるようになりました(笑)。最初は無抵抗主義の超ハト派で、途中から核戦争も辞さない超タカ派になったわけですが、これは「俺に後ろめたい思いをさせんなよ!」というメッセージでは一貫していると思うんですよ。

毎日ニュースで戦場となったウクライナの映像が飛び込んできても、なにもできない私たちとしてはただ後ろめたさを感じるしかない。そうした罪責感を消す方法の一つが、ウクライナが降伏して戦争が終わってくれること。もう一つが自分たちも直接参戦して当事者になり、「他の人に不条理を押しつけてはいませんよ」というポジションを獲得すること。その点ではハト・タカの垣根を超えて、彼が提示した二つの選択肢は一致しているわけです。

橋下さんはかつて、政策の面でも日本には珍しい「新自由主義」の政治家でしたが、多くの日本人が「新自由主義的」と見なして嫌っているのは、むしろそうしたエートスの方だと思うんですよね。とにかく自分が後ろめたく感じるのが嫌で、だからあらゆる詭弁や罵詈雑言を駆使して「俺は完璧に正しく、なにひとつ悪くない!」と強弁する。困窮している人を見たら「どうせ自己責任だ」、自分を批判する意見に対しては「利権で言ってるだけだろ」みたいな。

池田  彼に一貫性があるかどうかは疑問だけど、伝統的な左翼の護憲派とは違うという一方で、自民党の右派とも違うという差別化を考えてるんじゃないですか。かつて仲のよかった百田尚樹さんとか有本香さんのようなネトウヨとも決別してしまった。今度の選挙で野党第一党になるかもしれない維新がどういう立ち位置で戦うかを、彼なりに考えていたと思うんです。

ところが悲しいかな、外交・防衛についてはまるで予備知識がないものだから、テレビで行き当たりばったりに「そこは違う」などとコメントしているうちに、右でも左でも真ん中でもない、訳のわからない話になってしまった。日本維新の会の党としての見解は常識的なものですが、多くの人が橋下さんの意見を維新の方針だと思って、コアなファンが離れてしまった。これは維新としては大きな損失だと思います。

 ⇒最初にクリックお願いしま

 
コメント (3)    この記事についてブログを書く
« 沖縄タイムス・新川明が捏造... | トップ | ★大田昌秀の正体、 「二人の... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2022-08-16 10:38:00
.
オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「元首相の国葬 政治利用の典型」の糸満市・岸本定政さん(74)は、1月15日、2月8日、3月1、7、22日、4月6、22日、5月5、15、27日、6月14、27日、7月23、31日に続き今年15回目の掲載。
「戦時の温かいやりとりに感動」の読谷村・長浜ヨシさん(94)は、1月1、18日、2月2日、3月1、18日、4月9、27日、5月20日、6月5、24日、7月12、26日に続き今年13回目の掲載。
「日本観光の魅力 どう高めるか」の浦添市・金城泰希さん(19)は、今年初掲載。
「『大人にこそ絵本』 思いに共感」の読谷村・新城初枝さん(73)は、1月24日、2月20日、5月13日、7月22日に続き今年5回目の掲載。
「読みやすくなった新聞紙面」の金武町・仲間和男さん(61)は、昨年7月31日以来の掲載。
「後絶たぬ水難死亡事故 ライフジャケット着用を」の那覇市・前花勝彦さん(59)は、今年初掲載。
「生まれかわり」の糸満市・國仲聡さん(68)は、2月22日、4月16日、6月14日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


.
やれやれだぜ (KOBA)
2022-08-16 12:56:10
 上でまた誇大妄想狂のコメンテイターが与太話を鵜呑みにしてロシア擁護を書き散らしてる。「どっちもどっち論」で誤魔化しても無駄。
 一体何処の隔離病棟から脱走したのやら。
 HNすら名乗らないコメンテーターにろくなのはいない。
もう役目は終わったので (KOBA)
2022-08-17 00:14:43
 屁理屈にもならない与太論でロシア擁護をしたコメントが削除されたので、上も含めた私のも削除願います。

コメントを投稿