狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

那覇農連再開発に⼤スキャンダル発覚? “県民の台所”那覇市農連市場再開発で“不正”?!

2017-09-24 05:50:00 | 未分類
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

オピニオンの「ビューポイント」

県民の台所”那覇市農連市場再開発で“不正”?!

元住民が市議会に調査求める
事業者の文書偽装も明るみ
不満募る店主ら

 

 現在、那覇市の農連市場の再開発が急ピッチで行われており、2019年3月に完了する予定。青果卸売り、ショッピングセンターのほか、市営住宅や保育園、イベント広場、駐車場なども整備される予定だが、沖縄戦ドキュメンタリー作家の上原正稔氏(74)が農連再開発に異議を唱えている。

農連市場再開発地区の完成予想図

農連市場再開発地区の完成予想図

 上原氏は昨年まで農連市場の一角で借家人として生活していたが、解体工事のために強制退去させられた。8月31日、那覇市議会の翁長俊英議長宛てに「農連開発の違法性についての調査と是正の陳情書」を提出したばかりだ。

 再開発プロジェクトの主体は那覇市農連市場地区防災街区整備事業組合で、県、那覇市、農連組合などで構成される。この組合の違法性を訴える目的で上原氏は9月6日、県庁記者クラブで記者会見を開き、事業組合は「登記されていない幽霊団体」で、「市場から追いやられた店主らの人権が侵害されている」と主張。それだけでなく、「文書偽造も平気でやっている」と訴えた。

農連市場再開発の違法性を訴えるため記者会見を開いた上原正稔氏 9月6日、沖縄県庁記者クラブ

農連市場再開発の違法性を訴えるため記者会見を開いた上原正稔氏 9月6日、沖縄県庁記者クラブ

 上原氏によると、再開発中の工事現場の看板標識の建築確認交付者に「沖縄建築確認検査センター株式会社」の建築主事の名前が記載されていたが、同社に確認したところ、交付した事実がないことが分かった。事実関係を那覇市に問いただすと、すぐに「那覇市建築主事」と書き換えられるという始末だったという。

 解体工事はほとんど終わっているが、直接、値段交渉をして売る「相対(あいたい)売り」がある南側の一角は細々と商売を続けている。そこで野菜を売りする70代の女性はもやしのヒゲを取りながら、「今度、新しいお店ができたら買いに来てね。でーじ(とても)上等になってるさ」と明るく話す。

 しかし、実情はそれほど明るくはない。市場の再開発中は仮店舗に移り、ショッピングセンターが完成したら、もう一度、引っ越す必要があり、2度手間になる。

 それよりも深刻なのは農連の客足が遠のいていることだ。再開発工事で完全閉鎖したと勘違いしている人が多いからだ。大通りの入り口付近には「農連営業中」の横断幕が張られているが、気付く人は少ない。9月上旬の旧盆でもにぎわいを取り戻すことができなかった。「一度離れた客足を取り戻すのは簡単ではないよ」と前出の女性は話す。年内の解体が決まっており、南側の一角も今月中に完全閉鎖される。

今月いっぱいまで営業の農連市場の南側=沖縄県那覇市樋川

今月いっぱいまで営業の農連市場の南側=沖縄県那覇市樋川

 上原氏は、「相対業者らが本当に望んでいるのは巨大な建物に入ることではなく、古びた施設を修繕してくれることだ。ビルに建て替えても客が集まらないのは目に見えている。農連市場再開発は農連市場を事実上、殺している」と指摘。

 さらに、再開発を推進している翁長雄志知事、施工主で翁長氏と関係の深い金秀建設を名指ししながら、「ほんの一部の欲張りどもが200億円近い税金を使い甘い蜜を吸い上げようとしている」と断罪した。

 農連市場は1953年に開設。「県民の台所」として長年親しまれているが、施設の老朽化や防災上の問題から2001年ごろに再開発の準備が始まった。市場だけでなく、周辺を含めた地区の再開発を防災街区整備事業とし、2015年末には北側の解体工事が始まった。

再開発工事が進む農連市場再開発地区=沖縄県那覇市樋川

再開発工事が進む農連市場再開発地区=沖縄県那覇市樋川

 事業について組合はこう説明する。「那覇市中心市街地の南に位置する農連市場やその周辺の商業活性化及び防災機能の改善を図るため、『人とものが行き交い、沖縄文化のなかで生き活きと住み続けるマチグヮーセンター』をコンセプトに賑わいと交流の生まれるマチグヮー(「市場」の意味)空間の再生をめざします」。総事業費は約177億円だ。再開発地区北側には今年4月、通信制高校が開校。再開発で立ち退きを余儀なくされた住民のための住宅棟も完成した。

 上原氏は市議会及び県議会に徹底的な調査と是正を求めるとともに、事業組合を相手に起訴命令の申し立てをした。まもなく、公判に入る公算が大きく、裁判の行方が注目される。

(那覇支局・豊田 剛)

                                             

沖縄の怪人上原正稔さんが、那覇農連市場の再開発には、那覇市及び県に文書偽造などの不正があるとして、現在那覇市を相手に係争中である。

同再開発計画は翁長県知事が那覇市長時代からの懸案だが、上原さんによると翁長氏と金秀グループの癒着があり大キャンダルに発展するという。

ドキュメンタリー作家の上原さんといえば、琉球新報に連載中の沖縄戦記「パンドラの箱が開くとき」の、集団自決に「軍命は無かった」と記述した部分が「社の方針と違う」として、無断削除され、琉球新報を提訴し完全勝訴、座間味島の戦隊長梅澤裕さんの汚名を雪いだ人物である。

このときも沖縄2紙は琉球新報の敗訴確定を報道しなかった。

世界日報の号外。クリック拡大

「上原正稔 琉球新報」の画像検索結果

 

農連市場ついての訴訟については、上原さんの以下の公式サイトを参考にしいていただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

那覇農連市場から⼤スキャンダル発覚のニュース!http://ueharashonen.web.fc2.com/nouren.html#20170719

2016年12月にこれまで急ピッチで進められていた開発工事が突如ストップしました。その理由をまとめた文書です。

工事がストップした理由ストップした理由

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 翁長知事の金秀グループが辺野古基金に協力のため、同グループ各社の従業員から半ば強制的に基金を集めることがパワハラの疑いがあると噂され、当日記でも取り上げた。

不透明な辺野古基金! 2015-05-26

翁長知事関連の疑惑が次々浮上する中、翁長知事の「国「演説」に絡む「公金流用」を産経に指摘され、県民有志の中に翁知事を相手に「流用血税返還」を求める県民訴訟の動きがある。 知事のポケットマネーで支払うべき政治的経費に血税を流用することは「税金ドロボー」と怒りの声も噴出している。

現在、集団訴訟の原告を募集中とのこと。

詳細は次回発表の予定・・・。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖タイ伊藤記者、FMラジオバ... | トップ | サンデーモーニング 谷口真由... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-09-24 10:42:54

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「記録的な猛暑 やがて秋の音」の沖縄市・比嘉典子さん(74)は、1月9日、2月12日、6月2、18日、7月2、25日、9月3日に続き今年8回目の掲載。
「核の非人道性 学んでほしい」の那覇市・山崎和美さん(67)は、1月14、27日、2月21日、3月29日、4月20日、5月7日、9月1日に続き今年8回目の掲載。
「バッタの生態 幼虫見て確認」の那覇市・友寄賢二さん(66)は、1月6日、2月2日、7月1日、8月8、22日に続き今年6回目の掲載。
「フレイル期の 過ごし方大切」のうるま市・比嘉順子さん(62)は、1月5、27日、2月9日、3月3、21日、5月22日、6月17、30日、7月10、29日、8月17日、9月3日に続き今年13回目の掲載。
「船で本土就職 時の流れ思う」のうるま市・安里孝清さん(69)は、8月24日に続き今年2回目の掲載。
「忘れられない 沖縄滞在の夏」の茨城県鹿嶋市・大熊佳世子さん(61)は、今年初掲載。
「不当な基地使用 返還を」の那覇市・照屋良昌さん(75)は、2月16日、6月7日に続き今年3回目の掲載。
「歌い継がれる トゥバラーマ」の名護市・吉川安一さん(77)は、3月3日、4月16日、5月24、28日に続き今年5回目の掲載。
「安里十字路」の那覇市・真栄里泰山さん(73)は、昨年12月25日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2017-09-24 10:47:01
>現在、那覇市の農連市場の再開発が急ピッチで行われており、2019年3月に完了する予定。

あら、工事に着手したときの完成予定は、

「那覇の農連市場再開発、第1期工事に着手 2016年4月28日 10:10」
那覇 農連市場 再開発
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-268591.html

>2017年7月の完成を目指す。
>発注者の那覇市農連市場地区防災街区整備業組合


そして今年1月には、

「新農連市場 9月にオープン 2017年01月06日10時24分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5095760321.html?t=1483666650338

>県民の台所として長年親しまれている那覇市の農連市場の再開発事業
>再開発の主体となっている那覇市農連市場地区防災街区整備事業組合によりますと、工事が順調に進むと新しい農連市場の建物はことし8月に完成し、翌月の9月をめどにオープンするということです。


で、今は、「2019年3月に完了する予定」ですか。
1年半の遅れですね。
特に難工事とも思えない農連市場建設。
遅れの理由は、

>沖縄の怪人上原正稔さんが、那覇農連市場の再開発には、那覇市及び県に文書偽造などの不正があるとして、現在那覇市を相手に係争中である。

でしょう。


農連然り、新那覇市民会館建設然り、翁長知事って、火種ばかりこしらえる人ね。
Unknown (東子)
2017-09-24 10:47:25
石垣市議会で重要なことが話された。

一つ目。
尖閣の住所を変更すること。
字名を変えると6月の市議会で提案されていたのが、具体的になった。

「「白保ホテル計画「慎重審議」 尖閣の字名、近く議決 市議会一般質問 2017/06/23」
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/06/23/%E7%99%BD%E4%BF%9D%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E8%A8%88%E7%94%BB-%E6%85%8E%E9%87%8D%E5%AF%A9%E8%AD%B0-%E5%B0%96%E9%96%A3%E3%81%AE%E5%AD%97%E5%90%8D-%E8%BF%91%E3%81%8F%E8%AD%B0%E6%B1%BA-%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E4%B8%80%E8%88%AC%E8%B3%AA%E5%95%8F/


「石垣市長 字名に尖閣を盛り込む 2017年09月21日 20時05分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20170921/5090000353.html

>中国海警局の船が沖縄県の尖閣諸島周辺で領海侵犯を繰り返す中、石垣市の中山市長は、現在「石垣市登野城」となっている尖閣諸島の字名を変更し、「尖閣」という文言を盛り込む議案を12月の市議会に提出する考えを示しました。
>これは、今月19日に開かれた市議会の中で、中山市長が明らかにしました。
>この中で中山市長は、現在「石垣市登野城」となっている尖閣諸島の字名について、「しっかりと『尖閣』と入れ込むために、どのような字名をつけるのがいいのか内部で検討している」と述べました。
>そのうえで、「12月議会には必ず上程し、議会の了解をいただきたい」と述べ、字名を変更し、「尖閣」という文言を盛り込む議案を12月の市議会に提出する考えを示しました。
>尖閣諸島の周辺では中国海警局の船による領海侵入が相次いでいて、『尖閣』を字名の中に盛り込むことで、石垣市の行政区域であることを、より明確にする考えがあるものと見られます。
Unknown (東子)
2017-09-24 10:47:40
二つ目。
尖閣諸島への上陸。

「尖閣上陸決議が可決 美ら星事業も賛成多数 市議会最終本会議 2017年9月21日」
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/09/21/%E5%B0%96%E9%96%A3%E4%B8%8A%E9%99%B8%E6%B1%BA%E8%AD%B0%E3%81%8C%E5%8F%AF%E6%B1%BA-%E7%BE%8E%E3%82%89%E6%98%9F%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%82%E8%B3%9B%E6%88%90%E5%A4%9A%E6%95%B0-%E5%B8%82%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E6%9C%80%E7%B5%82%E6%9C%AC%E4%BC%9A%E8%AD%B0/

>議員提案の尖閣諸島上陸視察決議も賛成多数で可決した。
Unknown (東子)
2017-09-24 10:47:58
三つ目。
陸自配備反対署名について。

「陸自配備反対署名 1万4022筆を提出 2017年09月20日」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/32276/

>連絡会は、住民投票条例案が6月議会で否決されたことを受け、これに代わる署名で市民の意思を示そうと7月中旬から運動を開始した。
>寄せられた署名数は、18歳以上の有権者3万8501人(9月1日現在)の36.4%を占める。
議会が住民投票を否決したら、有権者の25%の署名で住民投票請求ができる。
36.4%も集められるなら、今からでも、住民投票請求の署名をしたら良いではないか。


>嶺井代表は「事の起こりは議会で住民投票を否決し、市長も国の専権事項として民意を聞いてこなかったことにある。これが1万4000人の数につながった。市長と議会は尊重してもらいたい。行政にどう生かすか市民は見ている。住所、氏名を書く署名は○が×かで済む住民投票以上のものがあるということを考えてもらいたい」と訴えた。

「住所、氏名を書く」住民投票請求の署名と比較せず、いきなり「○が×かで済む」住民投票の内容と比較するまやかし。


>中山市長は「1万4022筆と大変多くの市民が署名した。このことは重く受けとめたい」と述べた。

中山市長は、重く受け止めるだけ言ったのではない。


「「お花畑に住む平和ボケ」 石垣市議会 2017年09月21日」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/32284/

>「知り合いの娘さんは、夏祭りに来ただけなのに署名お願いしますと言われ、断るのが面倒くさいから書いた。ある人は居酒屋で模合仲間から回ってきて、雰囲気が損なわれるから書いた。そういう話が私の耳にも何件か入っている」と疑問を呈し、「市長はどうなのか」と感想を求めた。
>これに中山義隆市長は「そういう話を聞いているのも事実だ。ただ、1万4022人という数多くの署名を受けとった。18歳以上の市民が条件となっている署名なので、何らかの形で確認する必要があるのかなと思う。これを判断材料の一つにしたいと思っているので、しっかり見させてもらう」と述べ、署名の中身を確認する意向を示した。

「署名の中身を確認する意向」。
住民投票請求の署名と同じような精査をするのかしら。

「判断材料にせよ」と迫られているのだもの、不正な署名で数が膨らまされているとしたら、重大だ。
しっかり調べて、島民の気持を受け止めないと。
幽霊住民、重複署名など不適格者を洗い出ししたら、どのくらい残るか。
Unknown (東子)
2017-09-24 11:47:25
「「弾薬庫の説明ない」/市議会一般質問 2017年9月24日 9:06」
http://www.miyakomainichi.com/2017/09/102403/

>下地敏彦市長は22日、宮古島市への陸上自衛隊のミサイル部隊配備計画をめぐり、防衛省がミサイルを保管する弾薬庫の建設予定地を城辺保良の「保良鉱山」とする方向で調整しているとのマスコミ報道に対し、「(防衛省から)説明は受けていない」と述べた。
>石嶺氏は、同鉱山は集落から約200㍍しか離れていないことを指摘。
>その上で「保良や七又の住民の人権を考えた時、集落のそばに弾薬庫や射撃訓練場が建設されることについてどう思うか。このような報道について、意見の表明や反対はしないのか」と質問した。

「自衛隊は強姦魔」と断言した石嶺市議、イソコ状態。
「新聞報道によりますとーー」。


>下地市長は「やると決まっていないし、やりたいという説明も市に対してやっているわけでもない。そういうものに対してどうするのかと聞かれても、分からないものには答えられない」と述べた。
>「防衛省に問い合わせはしないのか」との質問にも「具体的にどこにやりたいということであれば、防衛省から必要な時期に説明があると思うが、今は新聞報道でどうのこうのということで、やる考えはまったくない」と語った。

下地市長は、菅官房長官状態。
「新聞報道でどうのこうの」に、反応しないと回答。
Unknown (東子)
2017-09-24 12:05:49
着々と台風18号の被害状況を把握し、対策を打ち出す政府。
それに引き換え、翁長知事は?
益々、翁長知事いらねぇ、使えねぇ、が進むわ。


江崎沖縄相は、台風が来ると分かっている沖縄に台風前に乗り込み、復旧の指示。

「台風被害「復旧に万全」 江崎沖縄相、2回目来県 2017年9月15日」
https://www.yaeyama-nippo.com/2017/09/15/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E8%A2%AB%E5%AE%B3-%E5%BE%A9%E6%97%A7%E3%81%AB%E4%B8%87%E5%85%A8-%E6%B1%9F%E5%B4%8E%E6%B2%96%E7%B8%84%E7%9B%B8-%EF%BC%92%E5%9B%9E%E7%9B%AE%E6%9D%A5%E7%9C%8C/

>12日に来県
>宮古島などに大きな影響を与えた台風18号被害の復旧について「被害状況の把握に努め、関係機関と連携し復旧に万全を期す」と述べた。


「台風の被害状況を視察 2017年9月18日 9:04」
http://www.miyakomainichi.com/2017/09/102273/

>衆院議員で経済産業副大臣の西銘恒三郎氏が17日来島し、台風18号の被害状況を視察した。
>サトウキビの葉が裂け、梢頭部が吹き飛ばされて、根元や中間から折れたりしている状態を確認した西銘氏は「副大臣会議で、現場を見た者として被害の状況を報告したい」と述べ、市や県と連携して農家支援に取り組む考えを示した。
>下地敏彦市長とも電話で会談し、今後の取り組みなどを確認。
>沖縄電力宮古支店では、同社の島袋清人副社長らと台風常襲地での電力事情などについて意見交換したほか、停電の復旧作業に当たった作業員らを激励した。
>西銘氏は、市役所平良庁舎で市農政課の職員から被害状況の説明を受けた後、午後の便で帰島した。


「サトウキビ 種苗施設の設置要請 2017年9月24日 9:07」
http://www.miyakomainichi.com/2017/09/102400/

>内閣府の山下雄平大臣政務官が23日宮古入りし、台風18号の直撃で大きな被害を受けたサトウキビ畑を視察した。
>視察後は下地敏彦市長と会談し、サトウキビの種苗センター宮古分室設置の要請を受けた。
>山下大臣政務官は被害支援および種苗確保に理解を示し「各省連携して対策を講じていきたい」と述べた。
>市長との会談後、報道陣の取材に応じた山下大臣政務官は「(政府に)どういった対応が求められて、どう対応すべきか。政府を挙げて取り組みたい」と被害支援を約束。
>種苗センターの分室設置については「市長から具体的に熱心な話をいただいた。種苗の確保は喫緊の課題だ。農林水産省に伝えるほか随時話を聞いていきたい」と述べた。
Unknown (東子)
2017-09-24 12:06:18
翁長知事は、そんな先島の、票の少ない所なんか、相手にしないということでしょうか。
本島で「保守票」取り込みに、熱心。

「辺野古阻止へ保守結集 政策集団来月会見、知事も同席 2017年9月23日 06:20」
辺野古新基地反対 保守・中道系市町村議 名護市長選 県知事選
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-581614.html

>来年の名護市長選と知事選での保守・中道系市町村議らの結集に向け、辺野古新基地建設反対で一致する政策集団「新しい風・にぬふぁぶし」が発足
>前回知事選で翁長雄志氏を支えた「オール沖縄」勢力の保守・中道系の再構築を図る狙い
>県内市町村議約30人が参加を表明していて、10月11日に那覇市内で翁長知事同席の上で会見を開く。
Unknown (東子)
2017-09-24 12:40:29
「子どもらに米兵、銃の扱い方教示 金武、ハンセンフェス 2017年9月24日 10:23」
ハンセン・フェスティバル キャンプ・ハンセン 米軍基地 銃
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-582158.html

>兵士が子どもに銃の扱いを説明する場面もあった
>県内の米軍活動を監視している県平和委員会の大久保康裕事務局長は「自衛隊基地内で銃を触らせることが問題になり、最近は全国の米軍基地でも触らせることはなくなっていたが、先週末も横田基地でもあった。展示が再開されたのか。軍隊の美学を宣伝する狙いがあるのではないか」と問題視した。

日本人の子供は、銃に触れる機会がないから、銃を知らない。
1992年10月17日にアメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュで日本人留学生が射殺された事件を、覚えていますか?

被害にあった高校生は「フリーズ(そこに止まれ)」と「プリーズ(どうぞ)」を聞き間違えて、犯人に近づいて来たから撃たれたとされた。
この話をアメリカ人の友人に話したら、「撃鉄を起こしたカチッという音がしたら、アメリカ人の子供は言葉を聞き違えても、すぐ立ち止まる。撃鉄を起こす音が聞こえても進んだのが悪い。撃鉄を起こすのは、撃つぞという最後の警告なのだから」と言われた。
撃鉄を起こす=いつでも弾を発射できる=撃てる状態=撃たれる。
しかし、「日本人の子は、身近に銃がないから、撃鉄を起こす音など聞いたことがない」と言ったら、絶句した。

この先、武装難民が入って来るかもしてないご時世に、「銃の扱い」を聞ける貴重なチャンスを非難する気が知れない。


【参考】
「麻生太郎氏「北朝鮮の武装難民来たら射殺か」 有事なら「真剣に検討」 2017.9.24 06:45」
http://www.sankei.com/politics/news/170924/plt1709240010-n1.html


「麻生氏「武装難民の射殺」に言及…朝鮮半島有事 2017年09月23日 22時01分」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170923-OYT1T50148.html

コメントを投稿

未分類」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事