狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

阿部岳工作員?の叫び!「成立すれば基地が聖域になる」 騒音に抗議しただけで「ブラックリスト」入り 土地規制法案の問題点とは

2021-06-08 07:50:11 | 外交・安全保障

沖縄タイムス+プラス プレミアム

「成立すれば基地が聖域になる」 騒音に抗議しただけで「ブラックリスト」入り 土地規制法案の問題点とは

2021年6月6日 10:50有料

 参院の審議が始まった土地規制法案は、自衛隊基地などの周辺で住民への監視を強める。過去に明らかになった内部資料で、自衛隊は反対運動をする人だけでなく騒音に抗議しただけの住民まで、個人情報を調べ上げていた。この問題に関わった弁護士は「法が成立すれば基地が聖域になり、周辺住民は被害者でなく加害者として扱われる。沖縄への影響も大きい」と警告する。(編集委員・阿部岳

関連:土地規制法案の廃案を 陸自配備に反対する市民らが抗議 宮古島 

 2007年、共産党が陸上自衛隊の情報保全隊による市民監視を示す内部文書を暴露した。03年に始まったイラク派遣への反対運動を一覧にして記録。沖縄の弁護士会や市民団体、代表の名前もあった。

 宮城県で活動するシンガー・ソングライターの男性は、イラク派遣反対のライブを開き、情報保全隊に目を付けられた。公表していなかった本名や職場を調べられた。監視差し止めを求めた訴訟の判決で、仙台高裁は男性に対する監視の違法性を認め、確定した。

 「ブラックリスト」に載せられたのは、積極的に反対運動に関わる人ばかりではなかった。地域住民が「駐屯地当直司令に対し、ヘリ騒音苦情電話を実施」したことが「反自衛隊活動」「工作種別/抗議」に分類された。電話では分からないはずの勤務先、住所まで記載された人もいた。

 監視差し止め訴訟の弁護団で事務局長を務めた小野寺義象弁護士(仙台弁護士会)らは4日、土地規制法案を審議する参院内閣委員会の議員の事務所に裁判資料を届け、廃案にするよう求めた。「司法が違法と認定した市民監視を助長するような法律を立法府が作るのか。権力分立の観点からも問題がある」と語る。

 法案は、自衛隊基地などの周囲約1キロを「注視区域」に指定し、土地所有者や利用状況を調査する仕組み。政府は情報保全隊の利用を否定しているが、小野寺弁護士は「条文上、排除されない。現に情報保全隊は地域住民まで調査してきた」と指摘する。

 今後の検討で米軍基地周辺まで注視区域に指定された場合、「沖縄では爆音訴訟の原告が真っ先に監視下へ置かれる」と懸念した。

                ★

土地規制法案はスパイ防止法の一里塚。

スパイ防止法に反対する人は、必ず土地規正法に反対する。

この法律が成立しても一般国民は痛くもかゆくもない。

このような売国奴には、この一言で一件落着。

土地規正法、反対するのはスパイだけ!

反対、反対で頑張っている阿部岳さん、やはり工作員の噂は本当だったの❔

スパイ防止法、反対するのはスパイだけ、「スパイ防止法」 と 「占領統治法」2021-06-01

              ★

自衛隊を配備したら、弾薬庫も自衛隊施設の一部。

弾薬庫には当然弾薬が付き物。

弾薬の無い自衛隊なら、張り子の虎。

屁の突っ張りにもならない。(失礼)

座喜味一幸市長が日時やルートの公開を求めたが、防衛省や陸自は応じていない。

又軍事機密の弾薬搬入を逐一工作員の伝達するほど自衛隊はバカではないはず。

(座喜味市長から工作員に情報は洩れる)

「弾薬庫」に弾薬搬入の知らせを受け「地元不快感」とあるが、むしろ弾薬の無い自衛隊こそ無用の長物で「不快感」を示すべきではないか。

沖縄タイムス紙面掲載記事

フォローアップ]搬入調整なく 地元不快感 宮古島陸自 保良訓練場に弾薬 住民理解 国に求める

2021年6月7日 05:00有料

 宮古島市の陸上自衛隊保良訓練場に2日、弾薬が搬入された。今後、地対空・地対艦ミサイルも運び込まれる見通しだが、日時などの詳細について、防衛省や陸上自衛隊は「安全確保の観点」から明らかにしていない。陸自配備に反対ではない県や市は、説明が不十分として不快感を示すなど、地元の理解が得られたとは言い難い状況だ。

 住民が防衛省や自衛隊に不信を抱く一つのきっかけが2019年4月の岩屋毅防衛相(当時)の会見。

 住民に対して弾薬庫ではなく「小銃弾等」の保管庫と説明していた宮古島駐屯地に、中距離多目的誘導弾や迫撃砲弾を保管していたことが分かり、住民から「だまし討ちだ」と反発の声が上がった。

 岩屋氏は「しっかり説明していなかったことは事実。大変申し訳なく思う」と説明不足を認め、陳謝。弾薬類の島外搬出を余儀なくされた。20年3月のミサイル部隊配備後も、弾がない状態が続いている。

公開要求応じず

 今回はどうか。座喜味一幸市長が日時やルートの公開を求めたが、防衛省や陸自は応じていない。

 立憲民主党県連が4日、住民の合意が得られるまでミサイルを運び込まないよう要請したのに対し、防衛省は、3月に鉱山周辺自治会の会長らに対して説明、4月には保良地区の住民52人を対象に見学会を実施したと指摘。田中利則局長は、「可能な限り説明をした」と強調した。

 だが、県や市の認識は食い違う。

 日時やルートを知らされなかった座喜味氏は「自衛隊容認の立場だからといって何でも了承するつもりはない。市長を飛び越えて進めるなら反対に回ることも考える」と憤る。

 玉城デニー知事も「スケジュールありきでの搬入は、住民に不安を広げるだけで、決して賢明なやり方ではない」と批判。

 県幹部は「住民の理解が得られなければ、部隊も安定的に運用できない」と指摘する。(政経部・大城大輔)

(写図説明)弾薬を積んだとみられる陸自のCH47大型輸送ヘリから物資を運び出す自衛隊員=2日、宮古島市上野野原・航空自衛隊宮古島分屯基地

⇒最後にクリックお願いします


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コロナ対策。手洗い第一、マ... | トップ | 宮村・詫び状は沖タイ史観の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2021-06-08 10:01:37
>「成立すれば基地が聖域になる」 騒音に抗議しただけで「ブラックリスト」入り 土地規制法案の問題点とは・・(阿部岳)

■    ■

基地の中を全面公開しろ!って事?→どうやって基地機能を守ってゆくの❓
    ↑
【これが暴言って事が分からないの!】・分かってて読者には、分からないから大丈夫って思ってるの?か、、、

●「ブラックリスト」入り
     ↑
本当に載る?ちゃんと見たのか?ブラックリスト

確認してから言わんと単なる「法螺吹き」になるじゃーないの??


>座喜味一幸市長が日時やルートの公開を求めたが、防衛省や陸自は応じていない
      ↑     
これも常識外れ・公表して「敵に情報を贈呈」する馬鹿は居ない=危機管理意識の喪失、、、市長たるものに相応しい発言ではない(怒)

こんなショーも無い事を大声でしゃべる新聞なんて止めた方が身の為・子孫の為。
【阿部岳沖タイ記者 基地が聖域】 墓地と勘違いしている、もはや分別が付かなくなった阿部岳記者の人格の凄さに感心する。 (坂田)
2021-06-08 13:21:34
【個人情報を調べ上げていた】 ・・・ 当ったり前だろう、それが軍隊の情報収集責務即ち情報戦略の一つで在る。

世界の軍隊共通の仕事(敵地混乱工作戦術の一環)で国家国民安全保障態勢構築のためだからだ。

【弁護士 基地が聖域に、周辺住民は被害者でなく加害者として扱われ】 ・・・ この弁護士も沖縄県だけの布令弁護士なのでしょうか。

新聞たるものが、デタラメをあたかも事実の様に流布して良いのか、新聞の職業倫理精神は何処へ。

沖縄タイムスの記事、警察庁が356日間監視下に置く極左(社会転覆思想団体)の機関紙紛いだ。

事実でなく在りもしないことを、被害妄想で感情的な表現を執り読者に周知させ、誤解させる悪辣な人って日本共産党と玉城知事だけだと想いました。

阿部岳記者、そんなに検討外れ妄想を言いたいなら、あなた、沖タイを辞めて陸上自衛隊の広報部に入隊して世間一般の現実を勉強することです。

最も、あなたに国防の決意と覚悟など微塵もないことを判っていますから、敵前逃亡が見えてるが。


何度も申し上げます、政府が基地1km圏内の土地を規制した理由は、防衛省の申出で在る【基地は上陸した敵兵の狙撃銃射程距離1000m以上を確保する】で在ること。

1000km圏内 恐らくは、陸上自衛隊の狙撃手を持って見積もったのかも知れない。

与那国島などの島嶼なら1000mなんて向こうの海が観えるところも在るから、島自体が禁止だ。

然し、現実は狙撃銃の高性能化で射程が伸びて1500~2500m圏で命中の事例が出ていること。実際には土地規制を2,5km圏にすべきです。


なお、沖縄タイムス阿部岳記者なら知ってて当然のことが在る、記者なら知らん振りするなよ。

10年前から八重山諸島竹富町西表島の土地や小島群が中國人から買い占められてることが発覚。

なんのインフラも平地も無い小島を法外な価格5億円で取得した事例が在った。

だから売りが多く出たのは仕方がない事だった。

但し自分でインフラ完備しないと建物建設の際に、竹富町の設計審査建築確認通知書が下りない。だから、目的がなにかがさっぱり分からなかった。

全国業界の不動産売買サイト・フレンズに一部転売の告示が在ったから、単なる投機目的かも知れないが、彼の地は公示価格も無い経済発展無縁の地で在るから、投機にはならない場所で在る。

西表島 リゾートホテル等の大規模開発事業が禁止で在る。一帯が環境省が指定した西表石垣国立公園で在るから、公園法でがんじがらめで在る。

規制が緩い公園法2種でも、大型の構造型看板は建築確認手続きを要する。

歩道の立て看板など違法広告物は、毎日、国交省のトラックが公園内を巡回する際に持ち去る。

公園内でたき火禁止、人がたき火禁止同様に石表島で目の前の木が落雷で発火しても消火など手出しは禁止、火災も自然に委ねるのが公園だ。

別に国内基地周囲で無くても、沖縄そのものが目的が不明の中國人から爆買いされたこと。これを何とも思わない沖縄タイムス阿部記者が可笑しい。なぜ、沖縄タイムスが中國に知らん振りするのか。

コメントを投稿