狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

温暖化の嘘!ロイターの大誤報:海面が毎年4.5センチ上がる!?

2022-05-20 05:12:49 | マスコミ批判

 

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

ブラックアウト アメリカ黒人による、“民主党の新たな奴隷農場"からの独立宣言  単行本¥2,530

キャンディス・オーウェンズ (著)

これは、米国政治のキャスティング・ヴォートを握る黒人たちに突きつけられた「保守」からの革命の書だ!
間違いなく今後の米国史を動かし、やがて21世紀の革命家と称されるであろう
黒人女性の記念碑的処女作
日本の若き女性国士にして、最も勇気あるジャーナリスト・我那覇真子(がなはまさこ)を翻訳者に迎え、ついに運命の邂逅(かいこう)。
本書を読まずして、今後の日米関係は一切語れない。

 

ロイターの大誤報:海面が毎年4.5センチ上がる!?

ロイターが「世界の海面上昇は史上最高になり、海面が毎年4.5センチ上がる」というニュースを世界に配信した。これが本当なら大変だ。この調子で海面が上がると、2100年には3.6メートルも上がり、多くの都市が水没するだろう。

 

ところがNHKは「30年間に10センチ余り」と報道している。

 

計算が合わないので、情報源のWMO(世界気象機関)のウェブサイトで確認すると「最近で毎年4.5mm」。これだと30年で135ミリだから、NHKの数字が正しい。

 

こんな誤報が出たのは、アル・ゴアが2006年に映画「不都合な真実」で予言した「近い将来に20フィート(6メートル)海面が上がる」という数字をジャーナリストが(デスクや校閲まで)信じているからだろう。

 

ゴアはこの映画の翌年に、ノーベル平和賞を受賞した。この数字はその後いわなくなったが、正式に撤回もしていない。おかげで世界には、まだ「海面が2.5メートル上がって都市が水没する」と信じている人がいる。

 

4.5ミリの海面上昇というのは、1日の干潮と満潮の差1.5メートルに比べると、誤差みたいなものだ。

 

海面が6メートル上がるなら大問題だが、100年で45センチ上がっても、堤防を嵩上げする程度だ。そのコストは「カーボンニュートラル」の莫大な対策費とは比較にならない。

これがゴアの不都合な真実である。彼は今さら引っ込みがつかないだろうが、環境左派のみなさんはそろそろ知識をアップデートしてはどうだろうか。

【追記】英語版では”Sea level has risen 4.5 cm (1.8 inches) in the last decade“となっているので、日本語版の誤訳かもしれない。


コメント (1)    この記事についてブログを書く
« ドル切り替え、泡銭550万... | トップ | 沖縄返還、「本土並み」とい... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2022-05-21 08:15:44
>ロイターの大誤報:海面が毎年4.5センチ上がる!?

??????????????????????????????

● まぁ単位ミスは、好いとして、あの海水面上昇のグラフは、メディアのよくやる手口=「部分だけ切り取って・大騒ぎをやる、アレ。本当は、コレ↓
https://www.hp1039.jishin.go.jp/danso/Oita6B/figures/f5-2-5.jpg

● ここん所、何千年の単位で見ても4mぐらいは変動してる(与那国の海底遺跡もそーだ?・浦添沖の海底遺跡も、、)。何万年さきのことで騒いでも・ショーが無い んじゃーないのー?

コメントを投稿