狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

興味津々!前川氏の講演内容!文科省、何度もただす

2018-03-17 08:52:12 | マスコミ批判

 

人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
 

 来たる3月27日から29日にかけて、天皇皇后両陛下は、先の大戦で亡くなられた戦没者の慰霊の為、また地方ご視察の為、我が国最南端の与那国島へ行幸啓されます。
常に沖縄にお心をお寄せになられている天皇皇后両陛下に私達沖縄県民の感謝と歓迎の想いを伝えたく27日(火)夕方に「天皇陛下奉迎提灯パレード」があります。

政治集会ではありませんから、どなたでも参加できます。☺️
沖縄県民はもとより、数ある観光地の中から、沖縄を選んでくれた観光客の皆さまも、沖縄観光みやげ話に是非ご参加下さいませ🙂。
また日本国民だけでなく、日本を愛し、日本の皇室を敬う外国からの観光客ももちろん参加出来ます🙂
以前、街頭奉迎に飛行機から降りたばかりの台湾からの観光客や、やはり台湾の留学生も参加し、私達沖縄県民とともに日の丸小旗を振ってくれましたよ☺️

そして、今回は何と、陸上自衛隊の15音楽隊と航空自衛隊の南西航空音楽隊の合同音楽隊が参加しますよ😀先頭部隊です。

途中参加も出来ます。
体力に自信がない方、お時間が間に合わない方は、直接奥武山公園にお越し下さい。
皆さま方、大勢のご参加をお待ちしております\(^o^)/

日時:3月27日(火)
パレード集合時間とコース
17:00開場(緑ヶ丘公園)➡️18:30出発式(緑ヶ丘公園)➡️19:00出発➡️国際通り➡️県庁前➡️奥武山公園(最終集合地点)

集合場所:那覇市の緑ヶ丘公園(元山形屋裏パラダイス通り沿い)
              モノレール利用の場合、美栄橋駅➡️沖映通り二つ目の信号
              着物店を右折。右手側。

🏮「提灯奉迎の集い」はパレードと同時進行で奥武山公園にて19:00開場〜19:30開会で行います。

連絡先
電話☎️098-860-6266(担当)上野
FAX📠098-860-6286
「提灯パレード問い合わせ」と仰って頂けると繋がり易いです。

「奉迎提灯パレードのちらしを掲載」の画像検索結果

天皇皇后両陛下奉迎沖縄県実行委員会

行幸啓日程:平成30年3月27日(火)~3月29日(木)

 

今朝の沖タイは社会面と25面で、ローカル新聞にして場違いな感のする人物の記事に力を込めている。

■社会面中段

文科省 質問15項目

前川氏講演 返答強く求める

■25面中段

「教育介入」戸惑うf『学校

前次官講演報告 文科省 因縁OBけん制か

 買春バーに足しげく通い、相手に『小遣い」まで渡していながら、「貧困問題の調査」などと恥知らずな弁解をする前川氏を中学校が講演に呼んだことで、文科省が講演内容を問い合わせたことが問題らしい。

こんな人物を講演に呼ぶ学校も学校だ。

筆者が保護者だったら、面従腹背をモットーにする前川氏が一体何を講演したか問い合わせて当然とおもう。

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市立中の授業で講演した内容を報告するよう、同省が同市教育委員会に求めていた問題で、市教委は16日、同省からのメールを公表した。メールには「講演録や録音データがあれば提供してほしい」などと記載されていた。

 文部科学省メールの骨子

 河村たかし名古屋市長は同日、取材に応じ「(文科省は)やり過ぎだと思う」と述べた。

 文科省からは1日と6日の2回メールがあった。1日のメールでは「前川氏は天下り問題で辞職し、出会い系バーを利用したことが公になっている」と指摘した上で、なぜ講演の依頼をしたのか、保護者から意見はなかったかなど15項目の質問があった。(共同通信)

                ☆

 

前川氏講演依頼、何度もただす 文科省、市教委にメール2018年3月16日 22:09

 

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市立中の授業で講演した内容を、同省が市教育委員会に報告するよう求めた問題で、市教委は16日、同省とやりとりしたメールの全文を公表した。文科省は、前川氏が「出会い系バー」に出入りしていたとの報道を引用した上で、組織的天下り問題で引責辞任した前川氏に講演を依頼した目的や経緯を何度もただし、「具体的かつ詳細に」報告するよう要請した。

 前川喜平氏が名古屋市立中の授業で講演した内容について、文科省が名古屋市教育委員会に送った質問文書の一部。「出会い系バー」に出入りしていたとの報道を引用している

 質問は講演の録音データ提出や謝礼金の有無にまで及んだ。同省は市教委から回答を受けた翌6日、改めて質問し返答を強く求めた。

 河村たかし市長は16日、「(文科省は)やり過ぎだと思う」と述べた。(共同通信)

                             ☆

 

沖縄タイムスは、文科省の問い合わせを「教育介入」と捉え前川氏の講演を支持しているらしいが、それには訳がある。

八重山教科書問題で完敗した沖タイが当時文部官僚だった前川氏を担ぎだして、自社の主張を正当化しようとしたからだ。

1月6日の沖縄タイムス一面トップは、今頃になって7年前の八重山教科書問題の政府の処置は間違っていた語る前川助平氏のインタビュー記事の大見出しだ。

八重山教科書問題は、遠い昔の話なのでほとんどの読者の記憶は薄れている。

 
そんな読者を狙った沖縄タイムスの卑劣な捏造報道だった。
 
八重山教科書問題を、一言でいえば教科書採択を巡って沖縄タイムスなどの反日左翼が「無償特別措置法」に則った無償化のルールを破って東京書籍版を採択した竹富町を応援した騒動である。

参考記事

沖縄タイムス(2018/1/6)
「竹富町への是正要求、法的根拠無し」 2011年の八重山教科書問題で前川喜平氏]


文部科学省の前川喜平前事務次官は、2011年に起きた八重山教科書問題について「竹富町に対する是正要求は理不尽。正当な根拠はないと思っていた」と述べ、大臣や政務官の指示は不当だったとの認識を示した。前川氏が実務を担当した教科書無償措置法改正については「表向きは竹富町のような自治体が出るのを防ぐためとしつつ、教科書の共同採択の枠組みを弾力化して竹富の『違法状態』を解消できると考えていた。面従腹背かもしれないが、安倍政権になって強まった不当な政治介入を収束させるためだった」と明かした。(社会部・鈴木実)

沖縄タイムス(同上)
「竹富町は違法」自民が主張、教育行政に不当介入 八重山教科書問題・前川前次官が証言
 
               ☆
 
八重山教科書問題は過去ブログで詳述してあるが、前川喜平氏を担ぎ出しての最近の関連記事は下記を・・・。
 

前川助平が語る八重山教科書問題とは・・採択手法巡り問題化… 2018-01-10  

 沖縄和タイムスが前川氏を担ぎ出し一面を使って「当事者の意見は重い」などと、問題のぶり返しを図ったことから判断して、「八重山教科書問題・再検証」などと、特集記事を組むかと期待していたのだが・・・。
 
一月以来、前川氏の「八重山教科書問題」は一号の記載も無く、やっと出てきたのが今回の「中学講演問題」だ。
 
どうやら、沖タイは八重山教科書問題で「黒を白と報じること」には無理が有ると判断したようだ。
 
沖タイの沈黙は白旗を意味する。
 
さすがの沖タイも前川喜平氏との抱き付き心中はゴメン被りたいのだろう。
 
【おまけ】
 
人気ブログランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 「尖閣をを守る必要がある」... | トップ | 和田議員の「猿でも分かる財... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2018-03-17 12:28:10
>今朝の沖タイは社会面と25面で、ローカル新聞にして場違いな感のする人物の記事に力を込めている。

そりゃそうでしょ。
訪米から帰ってきた華々しい成果を書こうにも、お神輿の知事が↓ですもの。


>沖タイの沈黙は白旗を意味する。

こんなこと↓、広められませんって。


「「辺野古が唯一」崩すのは厳しい 2018年03月16日 17時23分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180316/5090002307.html

>アメリカを訪問していた翁長知事は16日沖縄に戻り、
>「『辺野古が唯一』という考えを崩して別のどこかに持っていく実現の可能性は厳しいと感じてきた」と述べました。

「辺野古が唯一」が確認できて、良い旅でした。


「普天間の“早期の”危険除去」が出発点。
これを実現するのに最短は、どれかという問題。

SACO合意:代替施設を建設して移設
共産党 :代替施設無しの普天間閉鎖

代替施設の建設場所が「辺野古が唯一」。
でも、辺野古反対とするなら、「共産党:代替施設無しの普天間閉鎖」しか、ない。

県はSACO合意推進の立場。
翁長知事は、安保賛成の立場。
共産党は安保破棄の立場。

翁長知事が「共産党:代替施設無しの普天間閉鎖」に乗り換えるには、個人の「安保賛成」は簡単に乗り換えられるとしても、「県のSACO合意推進」の立場を乗り越えるのは、容易ではない。
Unknown (東子)
2018-03-17 12:28:53
「知事6日間の訪米終え帰沖会見 2018年3月16日 18時29分」
http://www.qab.co.jp/news/20180316100376.html

>東アジアの安全保障環境は激変していることから

東アジア=中国と北朝鮮ね。
激変=脅威があると。
「中国と北朝鮮の脅威」があると認めて、なおかつ「基地=抑止力」と認めると。
ほぉ。

翁長知事の主張は、辺野古は抑止力無いですよね。
だから?
抑止力があるから移設可? 抑止力なくても移設可?
抑止力をに触れずに移設可?

どうする? 翁長知事。
Unknown (東子)
2018-03-17 12:29:14
「知事「沖縄の実情伝えた」 訪米の意義強調 2018/03/16 19:15」
https://www.rbc.co.jp/news_rbc/%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e3%80%8c%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ae%e5%ae%9f%e6%83%85%e4%bc%9d%e3%81%88%e3%81%9f%e3%80%8d%e3%80%80%e8%a8%aa%e7%b1%b3%e3%81%ae%e6%84%8f%e7%be%a9%e5%bc%b7%e8%aa%bf/

>県として代替案の提示には否定的な姿勢
>知事は「(日米両政府にとって)現行案よりも厳しい案を出しても(両政府が)OKするわけない。代替案が出るということは譲歩であり、県民がまだそれを理解するような状況ではない。代替案を出すからには妥協が大事だが、県民が妥協する要素は今のところない。私の政治的なセンスからすると、権力の弱い沖縄から、(日本政府に対し)これでどうかと話をして物事が進むような、良くなるようなことは、今のところ見えない」と述べた。

最初からそうでした。
でも、騒げば国が事勿れで沖縄の無理な要求に応えると、考えていたのよね。
Unknown (東子)
2018-03-17 12:29:38
「翁長知事、新基地代替案策定を否定 「沖縄は妥協する要素ない」 2018年3月17日 09:46」
普天間移設問題・辺野古新基地 翁長雄志
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/224125

>沖縄は妥協する要素ない

如何にも苦境に至っても初志貫徹のようで良いイメージ演出だが、妥協できる要素があるうちに妥協しなかったから、妥協の余地はなくなった訳で、残されているのは「屈服」しかないと白状しているのと同じ。


>これまでの政府との水面下の交渉で、専門家やシンクタンクが唱える代替案を提示したことを明かした上で「一顧だにされなかった」と説明。

だって、現実的でない代替案を検討している間に辺野古を造って移設した方が、「普天間の“早期の”危険除去」になるものね。


>翁長知事は辺野古新基地建設の工事が3年遅れ

翁長知事が協力すれば、来年の2月には政府は意地でも移設した。
でも、邪魔をするから、流れるように流して、粛々と造るだけ。


>完成まであと15年かかり、その間に国際情勢が大きく変化すると訴えた

中国や北朝鮮の脅威が15年後に無くなっているかもしれないが、今日ある脅威にどう対処するか、語っていない翁長知事。
「『国際情勢が大きく変化する』から、不要」、つまり、現在、「辺野古に抑止力がある」ことを認めている。
ところで、辺野古の抑止論は否定しているのですよね、翁長知事は。
ははは。語るに落ちる。


>米国民に理解をいただいたと思う

米国民に理解いただいた結果、「無防備で良い」と言っていない。
「中国、北朝鮮の脅威」はあると言っているのだ。



【参考】
「本土移転や民間施設…「辺野古唯一」見直しを 翁長知事ら日米有識者が米国シンポ 2018年3月15日 05:00」
翁長雄志 普天間移設問題・辺野古新基地 米軍基地 基地負担軽減 安全保障 ワシントン
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/223022

>MIT国際関係センター主任科学研究員のエリック・ヘジンバザム氏は米軍削減の在り方として、普段は駐留させず、有事の際などに民間施設の軍使用を認めることを提言した。

那覇空港の米軍使用www
下地島の自衛隊の使用のありね。


>米カトリック大准教授のアンドリュー・イェオ氏は、基地被害により生活の質が悪化している市民の声を無視してはならないとし米国への依存を避け自衛隊の力を高めるべきだとした。

自衛隊配備www
「軍」の抑止力は必要と言っているわけで、「抑止論否定」の否定バリバリ。


「翁長知事、沖縄の負担軽減要請も… 米政府担当者「日本側の問題」 2018年3月16日 09:33」
翁長雄志 普天間移設問題・辺野古新基地 米軍再編
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/223586
Unknown (東子)
2018-03-17 12:30:11
「辺野古新基地で県民投票:近く知事交え議論へ 県と与党が意見交換 2018年3月17日 05:09」
辺野古新基地 県民投票 謝花喜一郎 翁長雄志 県議会
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/224068

>与党側は社民・社大・結が「撤回理由として有効だが、時期や課題について議論を継続する」、おきなわも「賛成だが課題をめぐる疑問もある」との立場。
>共産は「効果や可能性の議論をしているが賛成、反対を決める段階ではない」との考えを示した。

どこの会派も議員提案すると言わない。
腰が引けていますなぁ。
「県民投票」が成った場合の保守系市長の各市の協力を心配しているが、実は「住民による県民投票の要請の署名」か、そちらの方が心配でしょ。
「住民による県民投票の要請の署名」が集まらなければ、「県民投票」の実施はありませんからね。


>会議には金秀グループの呉屋守將会長も出席。

呉屋氏について。

「【視点・焦点】苦境続く翁長知事/竹中明洋 2018年3月17日 8:54」
http://www.miyakomainichi.com/2018/03/107613/

>呉屋氏のオール沖縄会議共同代表の辞任だ。
>辞任の理由について名護市長選での敗北の責任を取ったとしているそうだが、『琉球新報』の取材には、自民党保守政治の劣化を挙げつつ5月に沖縄に理解がある自民党政治家の後援会を立ち上げて保守政治を変えていくと説明した。
>オール沖縄のうち保守の部分を代表する人物だったはずだ。
>辞任の記事を読んだ沖縄のある有力経済人は「沈む船と距離を置いた感じですね」との趣旨で感想を漏らしていたが、私もそう受け止めざるを得ない。
>自民党県議だった浦崎副知事の退任で、翁長知事の支持基盤から保守色が薄まり、革新色が強くなることは避けられない。
>そうなれば前回知事選のような広範な県民の支持を集められるのか。
Unknown (東子)
2018-03-17 12:30:56
お正月のころの鼻息の荒い記事をどうぞ。
沖縄県が「辺野古移設」に変わる代替案を日米政府に突き付けて、「辺野古移設なんか不要だ」と分からせる如何にも策がありそうな発言をして、選挙年を乗り切る弾み、勢いをつけるつもりだったのでしょうね。

こんなことを言っていたので、余計、今のトーンダウンが大きく感じる。
なだらかな傾斜でトーンダウンできなかったものでしょうかねぇ(涙


「新基地阻止へ、辺野古代替案 沖縄県が策定に着手 2018年1月1日 10:01」
普天間移設問題・辺野古新基地 普天間飛行場
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/189885

>翁長雄志知事は新基地建設阻止を訴えるため3月に訪米する予定で、この場で県の考え方の「骨格」を発表することも検討している。
>普天間問題で県が代替案を策定すれば、県政史上初となる。
>米軍にとり辺野古新基地は有用な施設なのか、という点も問い直し、米国内での再検討や翻意を促したい考えだ。
>これまで知事は一貫して代替案は日本政府が示すべきだとの姿勢を示してきた。
>だが、政府は「辺野古唯一」の考えを変えず、民意を無視して工事を進めており、県から代替案を示すことで「辺野古以外」の議論を活性化させたい意向だ。


「“辺野古移設阻止” 知事正念場 2017年01月01日 11時17分」
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20180101/5090001529.html

>移設をめぐる裁判で、おととし12月、県の敗訴が確定して以降、沖縄防衛局は事実上の埋め立てとなる護岸工事などを着々と進めていて、翁長知事にとって今年は、有効な手だてを打ち出せるかどうか正念場の年となります。
>3月には、アメリカを訪問する方向で調整を進めていて、「辺野古移設が唯一の解決策」とする日米両政府に対抗し、ほかの解決策を提言することも検討しています。


「沖縄県、辺野古の代替案提示へ 知事3月訪米、普天間移設の再考促す 2018年1月4日 07:00」
辺野古 辺野古新基地 辺野古新基地建設 翁長雄志 普天間飛行場 閉鎖 返還
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-640870.html

>沖縄県の翁長雄志知事が3月に訪米し、名護市辺野古の新基地によらない米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の閉鎖・返還を提案する計画であることが3日までに分かった。
>普天間飛行場の移設に伴う辺野古新基地の建設に代わる案を作成し、米側に再考を促したい考えだ。
>県は、辺野古新基地は不要だとする、これまでの識者らの提案を基に、最終案を知事選前の秋をめどに県案として作成、発表する。
>3月の訪米時にはその前段階となる「骨子」を発表する方向で検討を進めている。
>県は知事訪米に合わせ、米国で県主催のシンポジウムを開催する予定。
>知事がこの場で骨子について説明するほか、米国の安全保障の専門家や元軍人などらをパネリストとして招き、軍事戦略や安全保障戦略上も辺野古新基地によらない抑止力維持は可能だとする道を探る。
Unknown (東子)
2018-03-17 12:40:18
米軍の被害を繰り返し言うことで、米軍憎しを持続させようというつもり?
古い記事の見出しをよりセンセーショナルに変えて、「タイムス×クロス | ウェブマガジンW」にアップして、目立たせようと涙ぐましい努力。

米軍憎しが票になりましたっけ?
こうやって喧伝すれば、どこも米軍基地を引き受けるのに、二の足を踏むようになるのは、確か。
米軍の移設を自ら困難にしようとしているとしか見えない。

「[沖縄・基地白書](10)/第1部 被害 名護市辺野古/響くごう音 自宅に亀裂/廃弾処理 住民に恐怖 2018年2月25日 00:00」
2018年2月25日朝刊総合2面 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/214807
 ↓
 ↓
「沖縄・基地白書(10)「夜中なのにまたか」シュワブ内の廃弾処理 自宅に亀裂  2018年3月14日 06:00」
沖縄・基地白書 普天間移設問題・辺野古新基地 キャンプ・シュワブ 廃弾処理
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/214807


「[沖縄・基地白書](11)/第1部 被害 名護市シュワブ周辺/複合的被害 救済されず/航空機と砲音 別の基準 2018年2月27日 00:00」
2018年2月27日朝刊総合2面 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/215294
 ↓
 ↓
「沖縄・基地白書(11)「パパパパパパッ」飲食店に響く銃声 複合的被害、救済されず 2018年3月15日 06:00」
沖縄・基地白書 キャンプ・シュワブ 実弾射撃訓練 廃弾処理 米軍機騒音
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/215294


「[沖縄・基地白書](12)/第1部 被害 金武町伊芸/実弾射撃 集落から300メートル/流弾など事件・事故42件 2018年3月5日 00:00」
2018年3月5日朝刊総合2面 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/218266
 ↓
 ↓
「沖縄・基地白書(12)住宅近くの実弾射撃「異常さ分かった」 流弾におびえる集落 2018年3月16日 06:00」
沖縄・基地白書 実弾射撃訓練 キャンプ・ハンセン 流弾事件
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/218266


「[沖縄・基地白書](13)/第1部 被害 金武町(伊芸・屋嘉)/実弾射撃で山火事多発/民家に煙 募る健康不安 2018年3月6日 00:00」
2018年3月6日朝刊総合2面 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/218728
 ↓
 ↓
「沖縄・基地白書(13)「山の形は大きく変わった」実弾射撃で山火事多発 復帰後616件 2018年3月17日 06:00」
沖縄・基地白書 実弾射撃訓練 キャンプ・ハンセン キャンプ・シュワブ 金武町
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/218728

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事