狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

酒乱の暴力男・大田昌秀元沖縄県知事がノーベル賞候補?

2021-07-29 06:23:32 | 資料保管庫

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

沖縄をダメにした人物を挙げよと言われると、即座に数十名の名前が脳裏を過るが、それではスペースがいくらあっても足りないので、海兵隊政務外交部次長として沖縄に約6年間在住したロバート・エルリッヂ博士の言葉を借りると、次の四つの層に分類される。

➀マスコミ

➁学者(大学教授)

➂活動家

④政治家

沖縄をダメにした四つの層の詳細を書けば一冊の本では足りないぐらいなので、④の政治家の中から、カリスマ化され反対派の批判さえもはねつける程神格化した政治家を3人に絞ると、瀬長亀次郎、太田昌秀、翁長雄志になるだろう。

瀬長亀次郎が対立する保守系政党の調整失敗により分裂選挙を強いられ、1944票の僅差で、辛うじて那覇市長のポストを得たが、市政混乱のため僅か10ヶ月で市長不信任案が可決され、市長の座を追放された。

この事実を知る沖縄県民はほとんどいない。

瀬長が市長に就任するや、那覇市職員は瀬長市長への非協力声明の公表など、あるいは那覇市の建設組合など各業者団体が非協力声明を公表。「赤い市長」は四面楚歌の船出であり、副市長や助役に就任する者はなく、次期兼次市長就任の2ヶ月の空席を埋める貧乏クジを引かされたのが下記写真の東江臨時市長である。

勿論、副市長や助役は空席の孤立無援の2ヶ月だったが、収入役だけは瀬長市長の前任の当間重剛市長時代の収入役が留任して対応していたようである。

那覇市長

当間重剛1946.4-1946.6
東恩納寛仁1946.7-1948.2
仲本為美1948.3-1949.11
賀数世隆市長代理1949.11-1949.12
当間重民1949.12-1952.2
又吉康和1952.3-1953.9
当間重剛1953.11-1956.11
瀬長亀次郎1957.1-1957.11
東江誠忠臨時市長1957.11-1958.1
兼次佐一1958.1-1962.1
西銘順治1962.1-1968.10
平良良松1968.12-1972.11

苦渋の表情の表情の臨時市長、市政を混乱させた赤い市長の尻拭いをさせられたせいなのか・・・。

 

さて、話変わってここでは大田昌秀元沖縄県知事についての真相を深堀してみよう。

            ★

 

酒乱の暴力男・大田昌秀元沖縄県知事がノーベル賞候補?2017-04-14

酒乱の暴力男・大田昌秀元県知事がノーベル賞候補だって?

そんなバナナ!

地元の元県知事がノーベル賞候補と聞いたら、たとえ思想信条が異なっていても、一応郷土の誇りとして嬉しく思うもの。

だが、膨大な出版物はパクリで酒乱の暴力男がノーベル平和賞候補となると、沖縄の恥、いや日本の恥として、いい加減勘弁してほしいと思う。

大田昌秀元県知事のことだ。

沖縄2紙が「沖縄の世論は我々がつくる」と豪語していることは知る人ぞ知る事実だ。

東京ⅯⅩテレビ「ニュース女子」騒動以来、「沖縄2紙の高江報道の嘘」がデマであることを地上波テレビで拡散されることを恐れた沖縄2紙は、必死になって「ニュース女子」の揉み消しを図った。

ところが逆に騒動が大きくなり、「ソースはお前」などの壮絶ブーメランを喰らい、沖縄2紙のアンチ「ニュース女子」キャンペンは大失敗に終わって、現在も沈黙を守ったまま。

仲井真前知事をして「特定団体のコマーシャルペーパー」と言わしめた沖縄2紙の世論作りは巧妙である。

連日紙面に登場する御用学者を動員し、酒乱の暴力男を「反権力のカリスマ」に仕立て上げる。

沖縄関連の資料などが乱雑下マンションの一室で過ごす上原さん=那覇

故筑紫哲也氏などに「沖縄に良心」と言わしめるほど徹底している。

大田昌秀元沖縄県知事がノーベル賞候補?  編集局

 世界日報2017/4/12(水)  コラム[美ら風(ちゅらかじ)]

 大田氏は、沖縄戦で学徒動員され「鉄血勤皇隊」として戦った。そして、平和への願いを語り継ぎ、平和の礎(いしじ)の建立に尽力したのがその理由だ。平和祈念公園内にある「平和の礎」には軍人、住民、国籍の区別なく、沖縄戦などで犠牲になったとされる約24万人の名前が刻まれている。

 大田氏を推薦したのは「『命(ぬち)どぅ宝のマブイ(魂)を継承し、平和の礎を創設した沖縄の人びとにノーベル平和賞を』実行委員会」という団体で、高良鉄美琉球大法科大学院教授が実行委員長を務める。2015年4月1日に結成総会を開き、これまで署名活動を行ってきた。

 設立アピール文では、現在の「辺野古への新基地建設、高江への米軍ヘリパッド建設、与那国への自衛隊配備」を列挙し、「戦争を二度と起こしてはならないと誓う沖縄の人びとの『命どぅ宝』とは全く逆の立場」と指摘。「沖縄の人びとがノーベル平和賞を受賞すること」を求めていた。

 ところが、受賞対象が漠然としているという理由から当時の知事の大田氏がノミネートされたという。実は、平和の礎の構想はノンフィクション作家の上原正稔氏が提案したものだ。しかも、大田氏は上原氏に暴力をふるった過去がある。中国版の“ノーベル平和賞”の「孔子平和賞」の方がふさわしいとする声も。

 今年は215人の個人と、103の団体が候補として登録されているという。自民党系県議時代、激しく大田氏を追及していた過去があり、現在も犬猿の仲にある翁長雄志知事は、大田氏のノミネートを支持するのだろうか。今のところ、コメントを出していない。(T)

 

>平和への願いを語り継ぎ、平和の礎(いしじ)の建立に尽力したのがその理由だ。

>実は、平和の礎の構想はノンフィクション作家の上原正稔氏が提案したものだ。しかも、大田氏は上原氏に暴力をふるった過去がある。

上原氏と具志頭村長ら四人が平和の礎の構想に県の協力得るため大田知事に面談し構想を説明した。

ところが大田氏は上原氏らにひと言の断りもせず「自分独自の構想」と発表し平和の礎を盗用したため、具志頭村に建立のの構想は頓挫したという経緯がある。

そのことを上原氏が批判したら、内外知識人の集うハーバービューホテルのパーティ会場で泥酔した大田知事が上原氏に暴力を振るい、床を3メートルも引きずったという。

ハーバービューホテルの決闘!太田元知事vs上原正稔 - 狼魔人日記

当時の文藝春秋が「反戦政治家・大田昌秀氏の正体」と題する特集を組んで、大田氏の仮面を引き剥がしている。

文藝春秋 1996年10月号["マスコミの寵児"の知られざる実像:大田昌秀ある

「文藝春秋 大田昌秀」の画像検索結果

                         ☆

大田氏を批判した過去記事を一部引用する。

■大田昌秀著『2人の「少女」の物語』の大嘘

 大田氏は最新の著作『二人の「少女」の物語』(新星社 2011年)を出版することにより、大城盛俊氏が語り部として20数年間に渡り全国にばら撒いてきた嘘を「沖縄戦の真実」として認め、歴史の一ページに刻むつもりである。

大田昌秀著『2人の「少女」の物語』には概ね三つの大きな嘘が含まれている。

「うつろな目の少女」についての嘘は、これまで述べたとおりだが、もう1人の「白旗の少女」についても嘘がある。

比嘉富子さんが「白旗の少女」は自分であると名乗り出た動機を大田氏は故意に隠蔽し読者を誤誘導しようとしている。

ドキュメンタリー作家上原正稔氏が創設した「1一フィート運動」の成果である米軍撮影記録フィルムの中で、健気にも手製の白旗を掲げ投降する少女の姿は見る者の心を打った。



白旗の少女が公開されたその翌年には、左翼ジャーナリスト新川明氏(元沖縄タイムス社長)と画家・儀間比呂志氏がコンビを組んで『沖縄いくさものがたり りゅう子の白い旗』という絵本が出版され、そこでは「少女を盾にする日本兵の醜い姿」が描かれた。

 「あとがき」には日本兵に対する憎悪をむき出しの、このような文言が書かれている。

 

<本来、軍隊は国土と国民を守ることをタテマエにしていますが、究極的には自国の国土の中でさえ、自国の国民に銃口を向けて食糧を奪い、無闇に住民を殺す存在でしかないことを明らかにしたのです。それが、戦争であることを沖縄戦は教えました。 >

 

  <沖縄一フィート運動の会が入手した米軍の沖縄戦記録フィルムに、爆砕された山の石ころ道を、白旗をかかげて米軍に近づいてくる少女がありました。おかっぱ頭で、もんぺはずたずたに裂け、焦土を踏む素足が痛々しい。さらに映像は、ロングになり、少女の約十メートル後から、両手をあげて、ついてくる日本兵たちの醜い姿まで写していました。それは、わずか数秒のカットでしたが、見ている私たちにあたえた衝撃は小さくありませんでした。 >

 

沖縄の「識者」たちによる「白旗の少女」を歪曲した絵本の発刊で、「卑劣な日本兵」という神話が一人歩きを始めた。

それを見たご本人の比嘉富子さんが、1987年、「白旗の少女は私です」と名乗り出て話題を呼んだ。

そして1989年、今度は比嘉さん自著による『白旗の少女』(講談社)が刊行される。


比嘉富子著「白旗の少女」(講談社)

その本の後書きには、当初名乗り出ることを躊躇していた比嘉さんが、名乗り出るどころかあえて出版に踏み切った動機をこう書いている。

 

<・・・ところで、沖縄戦の記録映画が公開されて以来、あの映画のなかで、白旗をもって投降するわたしのうしろから歩いてくる兵隊さんたちが、わたしを盾にしてついてきたかのように誤解されているのは、大変残念なことです。この兵隊さんたちは、わたしの歩いてきた道とは別の道を歩いてきて、偶然、一本道でわたしと合流した人たちです。そして、私のほうが先に一本道には入ったため、あたかも白旗をもった私を弾よけにして、あとからついてきたかのように見えるのです。したがって、わたしと、背後から歩いてくる兵隊さんとは、いっさい関係がなかったのです。このことは、事実として書き加えておかなければなりません。(204、205頁)

 

 比嘉富子さんが、勇気をもって真実を告白してくれたお蔭で日本兵の「捏造された汚名」は雪(そそ)がれることになった。

不幸にして比嘉さんが生きてはおられず、また生きてはいても何かの都合で沈黙を守っていたら、「少女を盾にした卑劣な日本兵」は歴史として永久に語られていた。

ここに登場する日本兵は名も知られぬ無名兵士ゆえ、慶良間島集団自決の梅澤、赤松両隊長のように名前を特定されることはない。

だが日本軍の代表として「醜悪な日本兵」の印象が定着していたであろう。

『2人の「少女」の物語』では、大田氏は比嘉さんが日本兵の汚名を雪ぐために名乗り出たという重要な理由には一言も触れていない。

比嘉富子さんは、「少女を盾にした卑劣な日本兵」という通説が嘘であることを証言するため、あえて名乗り出た。だが大田氏は比嘉富子さんの心情を隠蔽することにより「残虐非道な日本軍」というイデオロギーを押し通そうとした。

「白旗の少女」のご本人である比嘉富子さんが、名乗り出て真実を告白したため「白旗の少女」の神話は崩れ去ったのか。

否、「卑劣な日本兵」を断罪する『りゅう子の白い旗 沖縄いくさものがたり』は、一行の訂正もされず発売されているし、各図書館に所蔵され、子供たちの「平和教育」に使用されている。

「残逆非道の日本軍」というイデオロギーを押し通すために・・・これはデタラメな記事を満載しながら、今でも発売し続ける『鉄の暴風』と同じ構図である。

 

■「一フィート運動」にまつわる嘘

『2人の「少女」の物語』が語るもう一つの大嘘は、「一フィート運動」の嘘だ。

 

同書には「一フィート運動」は大田氏が1983年(昭和58)に自宅で創始したというくだりがある(同書158ページ)。

一フィート運動はドキュメンタリー作家の上原正稔氏が創設した。これは沖縄戦に関心のある県人なら誰でも知っている紛れもない事実である。

当初、顧問として「一フィート運動」に関わった大田氏ら沖縄の左翼学者は上原氏のイデオロギーに拘らない姿勢に反発し、数を頼んで上原氏を追放した。

これが真実である。

では何故沖縄ではこのような明らかな嘘がまかり通るのか。

 

■「反戦平和は免罪符」

沖縄には筆者が流行らせた「反戦平和は免罪符」という言葉がある。

大田氏は、嘘を撒き散らしながらも「反戦平和」を叫ぶことにより沖縄2紙の免罪符にしっかり保護され、琉球大学教授から県知事、参議院議員と上り詰めた。

大田昌秀氏の正体

1992年9月13日、琉球政府の民政官を務めたフィアリー氏を歓迎するパーティがハーバービューホテルで催された。

会場にはアメリカ総領事ら県内外の知名氏が出席していた。

満座の客が注視する中、大田昌秀氏が上原正稔氏に私怨により暴力を振るい床を引きずり回した。

この事件は、沖縄2紙の記者がその場にいたが、大田氏の「反戦平和の免罪符」のお陰で一行の記事にもならず、県民の耳目から完全に遮断された。

まるで島ぐるみで太田氏のご乱行を隠蔽しているとしか思えない。事件の目撃証人は数多くいるがほとんどが新聞社OBを含む左翼文化人のため口をつぐむ人が多いという。

上原正稔氏は、確実に証言してくれる人物として、大田氏の暴力を押しとどめた沖縄タイムスOBの大山哲氏と元沖縄県副知事で沖縄県博物館・美術館館長も努めた牧野浩隆氏の名を挙げている。

沖縄2紙が与える「反戦平和の免罪符」を盾に、数多い著書の中で嘘を撒き散らす「文化人」の代表格が大田昌秀元県知事の正体である。

 

 

大田氏は自身が経営する大田平和総合研究所では沖縄戦のみならず、「中国大陸で日本軍が行った残虐行為」として数々の捏造写真を展示し日本軍に対する憎悪を煽っている。

 

その中でも「うつろな目の少女」の写真は一際目立つ展示がされている。

ところが不思議なことに、その写真の説明文には「大城盛俊氏が日本兵の暴行を避けるため少女に変装した」というセンセーショナルな記述は一行も無い。

 

「うつろな目の少女」の画像検索結果

 


琉球新報のロゴの付いた展示写真には次のような説明文が付されているだけである。

 

「戦火は何の関係ない人も悲惨極まりない地獄図となった。 戦火の火中に巻き込まれ、不可解な事態に疲れ果てた少女」

⇒最後にクリックお願いします

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« デニー県政、不手際も重なり…... | トップ | 卓球・水谷「とある国から誹... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2021-07-29 09:16:56
>沖縄ハーバービューホテル二階「鳳凰の間」において、右手拳で告訴人の左わき腹を一回強く突き、さらにたじろぐ告訴人の左上腕部を痛みを感じるほど強く握り締めて、3メートルひきずるなどして暴行を加えた〉

告訴状に付随した陳述書には「太田氏が顔を上気させ、目を吊り上げ、恐ろしい形相で私に駆け寄り」といった、さすがはドキュメンタリー映像作家らしい臨場感あふれる記述もあった。>

■      ■

臨場感あふるる記述、さすがにプロ作家!

上原正稔さん、豊見城の国道沿い「ツルさんの喫茶店」で好くお見掛けしました、カウンターの右端の窓側が指定席、「美貌のチルさんを絶えず視界に入る?」絶好のポジション取りをされてました。懐かしい光景です。ね、

正稔VS大田、まるでオリンピック柔道の死闘みたいですね、私がその場に居なくて「FACT映像」を執れなくて残念!次は絶対撮ってやる?つもりだ!、、あれ、そー言えば大田氏もういないんだっけ?
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2021-07-29 10:25:55
.
オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「SNSに多いデマ 注意を」の南風原町・知名克尚さん(50)は、2月11日、3月19日、5月21日に続き今年4回目の掲載。
「待ち遠しい風呂仲間との再会」の浦添市・比嘉政喜さん(83)は、1月18日に続き今年2回目の掲載。
「不法投棄 市民への啓発大切」の滋賀県・安里政嗣さん(41)は、2014年9月24日以来の掲載。
「基地返還で再エネ産業期待」の那覇市・大見昭子さん(86)は、1月19日、2月18日、3月21日、4月11日、6月10、29日に続き今年7回目の掲載。
「百寿者から学びコロナ克服」の浦添市・鈴木信さん(85)は、2019年9月4日以来の掲載。
「コロナ禍 水難事故増加 海や川へ危機意識高めて」の那覇市・城間武さん(59)は、今年初掲載。
「塩の効能」の与那原町・與那覇勉さん(70)は、1月4日、6月15日、7月11日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


.
「白旗の少女」は何を伝えたのか (宝味)
2021-07-29 10:52:26
大田昌秀元沖縄県知事は、ロバート・エルリッヂ博士の言葉を借りると、次の四つ全てに当てはまる。
➀マスコミ
➁大学教授(広報学)
➂活動家
④政治家
沖縄をダメにした四つの層の詳細を書けば一冊の本では足りないぐらいだ。

沖縄タイムスと絵本作家のコンビで『沖縄ゆくさーものがたり りゅう子の白い旗』という大人の絵本が出版され、後々「少女の真実を抹殺する左翼の醜い姿」が浮き彫りになってゆく。

左翼は平和を口にしますが、究極的には祝の席でも、県民に鉄拳を向け口を封じる。平和を「食いぶち」にする存在でしかないことが明らかになった。それが、大田氏であることを沖縄の良心は教えてくれました。

その中でも「うつろな目の大田氏」の写真は一際目立つ展示がされている。
>沖縄ハーバービューホテル二階「鳳凰の間」において、「鉄拳」で告訴人の左わき腹を一回強く突き、さらにたじろぐ告訴人の左上腕部を痛みを感じるほど強く握り締め、「1フィート」を超える3メートルひきずるなどして暴行を加えた。
今でも発売し続ける『鉄の暴風』と同じ構図である。

告訴状に付随した陳述書には「太田氏が顔を上気させ、赤目を吊り上げ、恐ろしい形相で私に駆け寄り」といったドキュメンタリーがある。それは、「わずか数行でしかないが、私たちにあたえた衝撃は小さくありませんでした」

コメントを投稿