狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「集団自決」の米公文書 「アメリカは解放軍だった」

2020-08-06 07:38:05 | ★改定版集団自決

 

狼魔人日記

 

 NO!残紙キャンペーンサイト 

 

⇒最初にクリックお願いします

沖縄戦の再検証のため、過去ブログをサルベージしています。

 以下は過去ブログ「集団自決」の米公文書 「アメリカは解放軍だった」2006-10-07 

を一部編集した再掲です。

             ★

戦時に作られた文書、写真等が国策、或いは軍の作戦に沿ったプロパガンダ的要素に満ちていることはよく知られたこと。

後の世になってこれらの文書や写真を検証する場合、これらがどのような意思を持って製作されたか、その背景を考慮しながら検証しないとせっかくの資料が時代を見誤る有害物にもなりかねない。

沖縄戦といえば,、「日本軍が住民を壕から追い出した「」とか、「凄惨な集団自決に追いこんだ「」、あるいは「住民を守らない残虐な日本軍」など日本銀に対する負のイメージが強調されて来た。

他方では「アメリカ軍は人道的であり、沖縄住民を残酷な日本軍から救うためにやって来た平和と民主主義の守護者、“解放者”である」のようなアメリカが作った情報が戦後の沖縄ではまかり通ってきた。

アメリカ軍は沖縄侵攻作戦を、「アイスバーグ作戦」と名付け、それまでの太平洋戦争ではみられなかったカメラマン部隊を投入し、沖縄戦の様子を克明に記録している。

それらの記録映像には、老婆を壕から助け出したり、赤ん坊を抱いてミルクを飲ましたり或いは負傷者の住民に手当てをしているヒューマニズム溢れる米兵の姿を記録した。

写っている米兵は、気のせいか、ハンサムで体格のいい白人が多い。

実際に沖縄に上陸した米軍は白人、黒人それにフィリピン人や日系二世も混じっていた。

だが、プロパガンダとして残す人道的米兵としてはハンサムな白人の若者が適役だったのだろう。

それらの映像記録は、未編集のまま米国国立公文書館に保存されているが、「1フィート運動の会」によってその大部分は収集されている。

学校で教えられた学校「米軍のヒーロー・アーニーパイル」

だが、スチール写真等は、沖縄の米軍統治時代に「琉米親善」のプロパガンダに有効に利用された。

米軍の従軍カメラマンの中には、有名なアーニーパイルも含まれていた。

彼の名は60-70歳代以上の人なら東京の「アーニーパイル劇場」として記憶にあるだろう。

だが、米軍占領下の沖縄で小学校時代を過ごした現在50歳代以上の人なら沖縄戦で日本兵の狙撃により非業の最期を遂げた英雄として学校で教えられていたのを思い出すだろう。

イメージとしては沖縄を解放にしに来た“解放軍”の従軍記者が、侵略者・日本軍の狙撃により非業の戦死をしたという英雄物語である。

アーニーパイル記念碑

第二次世界大戦中、米軍の従軍記者として有名だったアーニー・パイルの慰霊塔。1945年4月18日伊江島に上陸した米第305連隊と行動ともにし戦場を取材中、日本軍の銃弾に倒れました。毎年4月には在沖米人らが参列して慰霊祭が行われていますhttp://www.iejima.org/ieson/

ルーズベルトの名は知らなくともアーニーパイルの名は知っている小学生、中学生は当時沖縄には多数いたくらいだ。


米軍は沖縄を本土と分離し、半永久的に沖縄を軍政の元に置く計画だった。

そのため沖縄のことをしばしば「太平洋の要石」と呼んだ。

 その最大の根拠は、アメリカが中国、アジア支配の戦略のために、沖縄を公然と米軍基地として気兼ねなく使う目的のためであった。

アメリカは、沖縄戦の前に沖縄について綿密な調査研究をしていた。

沖縄人と日本人は違う民族であり、沖縄人は明治期以降武力で日本の植民地とされた被支配民族と言う捉え方で沖縄人に接した。

そのため収容された捕虜収容所でもはじめから本土兵と沖縄兵を分離するなど、本土と沖縄の対立を意図的に組織した。

このアメリカの意識的な本土・沖縄分断策は成功し、施政権返還後も一部のグループに受け継がれている。

以下に引用する大田前沖縄県知事の著書「沖縄の決断」の紹介文にこれが凝縮されている。

まぎれもなく、沖縄はかつて日本国の植民地であった。

古くは薩摩の過酷な搾取に支配され、太平洋戦争で沖縄県民は軍務に活用され、やがて切り捨てられ、そして卑劣にも虐待された歴史がある。

その意味では、沖縄戦のあとに上陸してきたアメリカ軍は沖縄にとって解放軍のはずだった。≫
(大田昌秀著「沖縄の決断」朝日新聞社刊)

◆参考:この情報に注目! http://www.kamiura.com/chuu18.htm

米軍が沖縄に上陸した時点で米軍の侵攻作戦には三つの分類があった。

①「解放者」 ⇒ 米軍 ⇒ 正義と民主主義の伝道者

②「侵略者」(沖縄侵略) ⇒ 日本軍 ⇒ 独裁・侵略国家の先鋒

③「被侵略者」 ⇒ 沖縄住民 ⇒ 残忍な日本軍の被害者

このような状況で“解放者”たる米軍が、“侵略者”たる日本軍について“被害者”たる沖縄住民に聞き取り調査をしたらどのようなことになるのか。

一方で交戦中の敵の作成した文書が今回新発見された米国国立公文書館の資料であると言うことを押さえながら、

他方で、現在存命中の照屋証言とも照合しつつ精査研究する必要が有る。

10月3日の沖縄タイムスが林関東学院大教授が見つけ出したという米国公文書館資料を報じた。

このような資料発見の記事は沖縄タイムス、琉球新報も同時に取材したと思われるが、不可解なのは琉球新報の発表記事である。

新聞記事は一日、いや半日の遅れが記事の鮮度を半減させる。

仮にこの「新資料」が沖縄タイムスだけの特種だったとしても、沖縄戦に関する「新資料」であり琉球新報も「集団自決」については報道してきた経緯があるはずだ。

3日の朝刊は沖縄タイムスに出し抜かれたとしても、その日の夕刊かせめて翌4日の朝刊でフォロー記事を出すべきである。

それが4日の夕刊でもスルーして5日の朝刊に初めて大々的な記事にした。

更に不可思議なのは8月27日の産経新聞の「照屋証言」の記事である。

既に一ヶ月以上も経過しているのに地元二紙は一行もこれに触れていない。

参考エントリー:沖縄に住む事は「情報異空間」に住む事

ここで問題にしているのは「照屋証言」の内容の真偽を報じろと言うのではない。 「照屋証言」があったこと自体を報道しないのが不可解なのだ。

地元二紙は、現在ご存命中の重要証言者の勇気有る証言は全く無視して、海の向こうのかつての敵国の戦時プロパガンダの可能性を秘めた新資料は大々的に報道する。

自分のイデオロギーに合わない記事は封殺して、イデオロギーに合致した記事は大々的に報道する。

沖縄の地元二紙が偏向しているとよく言われてきたが、二紙ともこれには反発してきた。

だが、やはり偏向している。

語るに落ちた、・・・いや、報ずるに落ちたぞ沖縄メディア!

◆ 琉球新報

 慶留間集団死は「軍命」 関東学院大林教授が米公文書館で発見


 沖縄戦当時、慶良間諸島で発生した、家族や親せき同士で互いに命を絶つ「集団死」について、発生直後の島民が日本兵による軍命があったと証言している米国の公文書資料の存在がこのほど分かった。資料は米軍の第77師団砲兵隊による1945年4月3日付「慶良間列島作戦報告」で、関東学院大学(神奈川県)の林博史教授が米国立公文書館で発見した。
 資料には、慶留間の民間人が「日本兵は島民に対して、米軍が上陸してきたときには自決(commit suicide)せよと命じた(told)と繰り返し語っている」と記述されている。住民の集団死については、軍命の有無を争点とする訴訟も起きており、一石を投じる貴重な資料といえる。
 資料は林教授が8、9月に2週間かけた調査で、メリーランド州カレッジ・パークの米国立公文書館新館にある膨大な沖縄戦資料の中から発見した。
 資料によると、米軍は約100人の民間人を捕らえた慶留間で、男女に分けた2つの収容施設を設置。尋問された民間人たちは「3月21日」に、「日本兵(Japanese soldiers)が、慶留間の島民に対して、山中に隠れ、米軍が上陸してきたときには自決せよと命じたと繰り返えし語っている」と証言している。
 座間味島については、歩兵第77師団「アイスバーグ作戦 段階1 作戦報告 慶良間列島・慶伊瀬島」「軍政府」の項で、「集団死」の生存者に対し、医療従事者が治療を行ったことを記し、「一部の民間人は艦砲射撃や空襲によって傷ついたものだが、治療した負傷者の多くは自ら傷つけたもの(self-inflicted)である。明らかに、民間人たちは捕らわれないために自決するように指導(advised)されていた」と記述してある。
 林教授は本紙の取材に「島民たちが自決するように命令あるいは指導・誘導されていたことは、3月下旬の時点でも明確。米軍は事態を正確に認識していた」と解説した。
 慶良間諸島における集団死については、軍命の有無が争点となり、日本軍人遺族ら原告団が、軍命があったと記載した岩波書店と大江健三郎氏を訴えている。沖縄戦史を研究する石原昌家沖縄国際大学教授は「慶留間でも軍命があったとの証言を得ており、強制集団死事件を裏付ける公文書。強制集団死を殉国死とし、軍命はなかったとする原告側の言い分を否定する資料だ」とコメントした。

(10/5 10:19)

⇒最初にクリックお願いします

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« CH桜沖縄問題の全ての根源は... | トップ | 沖縄の人口過去最大 5年連続... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2020-08-06 10:36:28

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「防災担う気象庁 予算潤沢に」の南風原町・佐々木正和さん(66)は、昨年9月27日以来の掲載。
「学んだ広い視点 保育に必要」の那覇市・仲村渠優夏さん(19)は、今年初掲載。
「危険な不発弾 あの時の砲弾」の浦添市・比嘉政喜さん(82)は、1月13日、6月23日に続き今年3回目の掲載。
「林間学校も休止 コロナの夏」の恩納村・東江義昭さん(67)は、2月7、25日、3月6、13日、5月12日、6月14日に続き今年7回目の掲載。
「苦しい時 海眺めSTAYを」の沖縄市・青木仁奈さん(26)は、今年初掲載。
「在沖米軍でコロナ拡大 無責任な政府 許されぬ」の嘉手納町・福地義広さん(59)は、5月23日に続き今年2回目の掲載。
「姉の人生」のアメリカ・メリー・センシングさん(64)は、今年初掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

カメラマン部隊投入、沖縄戦様子を克明に記録  モーパック部隊と言います。 (坂田)
2020-08-06 11:21:09
大平洋戦争を終始カラー映像で残しました。最初のうちや激戦 では白黒映像も在りました。ゼロ戦との空中戦映像も皆が知るところ。

その後、戦闘機が銃撃したら機体内蔵のビデオ撮影装置が自動的に起動する様になり、モーパック部隊(海兵隊と同じ恰好なので巻き添え死が多かった、みんな20歳前後だった)が地上戦を克明に記録する様になった。

終戦後、モーパック隊員がカメラを携えて全国を旅しました、津々浦々まで。詳細に、空爆の実地検証のためでした。

終戦3カ月前から、それまでの都市空爆を全国市単位空爆とする無差別殺戮(アドルフ・ヒトラーの無差別戦略)を米軍がやり出した。

米政府が戦争の早期終了のためだと言いながら、やったことはヒトラーと同じことだった。

どんなに守るべき前提条件を掲げても、一旦やりだしたら見境がなくなる、なんでもそうなんだ。それが戦争なら、なおさらだ。

なお、元々は爆撃機の護衛に追随した戦闘機が、爆撃機の帰還時に低空飛行して地上に機銃掃射したカラー映像が残っています。

動くものはなんでも撃つ、湘南の海岸で遊んでいた少年らを6連装の12,7mm重機関銃掃射で追いかけまわすハンティング・カラー映像が数年前に公開された。

後日、「あの少年は私です」と名乗り上げた報道が在った。

私の伯母が語る、低空飛行操縦士の「顔が見えた」とのこと。米軍操縦士としてよっぽどしんぷう特攻機に逆恨みが在ったのだろう。


≪沖縄は日本国の植民地。薩摩の過酷搾取に支配され、太平洋戦争で県民は軍務に活用され、やがて切り捨てられ、そして卑劣にも虐待された歴史。沖縄戦後に上陸した米軍は沖縄にとって解放軍≫(大田昌秀著「沖縄の決断」朝日新聞社刊)


沖縄は410年前から日本の領土で在ること。

410年前から薩摩藩に因る「首里王府温存式の間接統治時代」に移行した。

薩摩の間接統治が明治維新まで続いた。

だから、廃藩置県で沖縄が県になった。その意味を大田昌秀氏が隠蔽している。

その260年間の薩摩間接統治時代こそが、沖縄が有史以来島史上で財政と文化が一番栄えた時代で在ったこと。

そのどこが植民地沖縄と言えたのだろうか。

植民地の実情さえ知らない人が史実に私情を導入すると、大田昌秀氏の様に簡単に史実を捻じ曲げてしまうのが世界史で在る。

一般人の嘘は直ぐにばれるので笑えるが、知識エリートが恣意的に嘘を吐いたら、一般人が騙されやすいのが戦争史でも在ること。

沖縄伝統文化の紅型とエイサーも薩摩が沖縄に導入したもので在る、他にも色々と。

大田昌秀氏も新聞記者も、善意で見做すと沖縄の近代史と伝統文化を知らなかった。

あろうことか、一方で地元の琉球新報と沖縄タイムスの頭脳構造の稚拙伝統が在ること。

「薩摩の過酷搾取に支配」と言うなら、首里王府が16世紀より執った八重山諸島と宮古諸島だけの人頭税をなにゆえ問題視しないのだろうか。

なぜ、最南だけを重税で差別した。だから、八重山諸島が今の炎上首里城再建に好い印象がない。沖縄は、けして一枚岩ではない。

与那国島では重税に因り、支払増加に耐えられず妊婦の間引きが在っていた。妊婦を海岸の大きな岩と岩の間を飛び超えさせて、落ちたら母子と共に間引きが出来る。

そこまで、首里王府から追いこまれていた。

それぐらいの地元史実なら、大田昌秀氏と琉球新報と沖縄タイムスが知っていて当然だろうに。珠には、尖閣と八重山人を見てくれ。
Unknown (amai yookan)
2020-08-07 00:06:32

 糸満市にある南部病院・ここが8月4日から空き家になっています・元は豊見城中央病院が使ってましたが引っ越しましたhttps://ymc.yuuai.or.jp/information/%E3%80%90%E3%80%80%E9%87%8D%E3%80%80%E8%A6%81%E3%80%80%E3%80%91%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%BB%B6%E6%9C%9F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/

・コロナ、、もとい「武漢肺炎」重軽傷者の治療施設として使えないものでしょうか?

安倍さん(本当はデニーさんですが当てになりませんので)よろしく検討くださいますよう・宜しく。

■     ■

   原爆慰霊碑碑に

「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」

これって戦後アメリカが書かせたんでしょう?

「過って戦死された」って言われても、英霊は喜びませんよ・貴方や私の子、孫たちから言われたら父祖たちは、落胆してもう一度死んでしまうでしょう。

だれも異論を唱えんのかい・平和っ平和と言ってれば平和が来ると信じ込まされて・そこから一歩も踏み出せない人々

現実に尖閣で戦争がはじまりそーになってるのに・「平和な島」ですか?

ちがうだろー「戦争が始まろうとしている島」が現実だろ!

  一億総同調圧力に呑まれる日・原爆の日

そろそろ「アメリカが犯した罪や「WGIP」を払拭しないと精神ごと解けて流れそーだ・ついでに当てがわれた「賄い憲法」も払拭しましょーやhttps://www.sankei.com/life/news/150408/lif1504080003-n1.html

あれ?沖縄って・これ(日本)の縮図みたい??

コメントを投稿