狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

ジュゴンの次はカメだった!【沖縄タイムス】「カメも米軍の訓練を監視に来たのか?」。米軍訓練取材の記者前にリクガメ。

2020-11-22 12:48:38 | マスコミ批判

 

我那覇真子の現地報告、米大統領選挙

高評価及びチャンネル登録お願いします

我那覇真子の現地報告、米大統領選挙

高評価及びチャンネル登録お願いします。

 

 

「沖縄2紙を正す会」の我那覇真子が発信するFMラジオ「沖縄防衛情報局」では、沖縄では形を変えた中国の工作員が跋扈しているという。

必要以上にFMラジオ「沖縄防衛情報局」に圧力を加える沖縄タイムスが、取材と称して米軍の訓練を監視していることを吐露してしまった。

語るに落ちるとはこのことだ。

沖縄タイムスに取って米軍基地の取材は監視であり、工作員活動の一環だった。

つまり沖縄タイムスはスパイの巣窟と言うこと。

そのうち、「ジュゴンが監視に来る」「「ヤンバルクイナが監視に来る」などと言い出しかねない。

監視する暇が有ったら自社社員の組織的給付金詐欺でも監視しろよ。

【沖縄タイムス】「カメも米軍の訓練を監視に来たのか?」。米軍訓練取材の記者前にリクガメ。

取材中の記者の足下に現れたのは……なんと迷子のリクガメ 
2020年11月21日 13:28 沖縄タイムス

沖縄県うるま市津堅島沖での米軍パラシュート降下訓練の取材で、報道各社が勝連平敷屋の高台にある公園に集まった3日、
甲羅が50センチほどもある大きなカメがひょっこり現れて緊張する空気を和ませた。

報道陣の前に現れたのは近隣の兼堅太陽(かねけんひろあき)さん(42)宅に暮らすケヅメリクガメの「ケーメ」。
ホームセンターで購入したカメで、現在16歳くらい。雌雄の見分けが難しい種類で性別は不明という。
性格は「元気で好奇心旺盛」。庭の柵が壊れた隙に「脱走」したとみられる。
「カメも米軍の訓練を監視に来たのか」と驚く記者たちをよそに、悠々と草をついばんだりくつろいだりしていた。
カメは数時間後、うるま警察署に保護され無事に飼い主に届けられた。兼堅さんは「早く見つかってほっとした」と胸をなで下ろしていた。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/667029
no title

 ⇒最初にクリックお願いしま


引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1605953335/

 
 
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« コロナの決着「神のみぞ知る... | トップ | バイデンの不正選挙はクーデ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の琉球新報 投稿欄 (カウンター85)
2020-11-22 16:36:50
「みだらな行為」どう伝える?シンポウジウム 「紋切り型では届かぬ」「多様性へ理解を」 新報でシンポ

▼琉球新報:職員がSNSで知り合った女子中学生とみだらな行為 条例違反で逮捕
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7bf3a442129c6167f7e8d7dcf3f17599a8c748c
▼琉球新報:「制服自由の日」那覇・鏡原中で実施 選ぶ「判断力問われた」「かわいい服、楽しい」
https://news.yahoo.co.jp/articles/7834ab1a5a6fe1ee30cfa0b60c50cb1594854818

8月29日、SNSを通じて知り合った職員と沖縄市内のホテルでみだらな行為をしたと記事に出した。取材では「18、19歳くらいだと思った」と話しているという。「制服自由の日」が実施され、 職員が選ぶ「判断力問われた」との声や、鏡の中に映る「かわいい服、楽しい」「いま一度確認、18歳未満への実技講習会」との声も漏れた。

この日は、教師側に「生徒が何を着ていても注視しないこと」という指示は出ていなかったという。「私服の友達を見て新鮮な気持ちになった。新しい一面を知ることができて良かった」と自由の意味をかみしめた。ただ、中には「個性」を強調出来ていない子も見受けられたという。

校長は「制服の自由」の狙いについて「生徒の心の成長が見たかった。いい学校とは、先生も生徒もコントロールしやすい学校のことではない」と紅潮した。メダカの学校の鏡である。

「みだらな行為」の早期認知が必要だ。近年、小学校では「両親がみだらな行為に耽って」「ソーシャルディスタンスを保っていない」との児童からの苦情が相次いでいるという。また、飲食の席で職員の体を触り、SNSでみだらな内容のソッセージを送るセクハラ行為をしたとして定食6ヶ月分の処分を食らった立件の発表会もあった。

他者との違いから「みだらな行為」が生まれていく。「多様性の理解」が「多くの子供達」の未来を築く上で重要だ。「後は恥事がどうなのかを判断するかだ」GoTo Bedの恩恵が出始めた矢先での出来事である…タイムスは今後の動向を注視(ちゅうし)するとした。

『関連記事』
法律上18歳未満の相手との性行為は原則問題なし!!狩野さんが処罰される可能性はほぼゼロ-弁護士が解説
https://news.yahoo.co.jp/byline/fukunagakatsuya/20170121-00066833/
カメーカメー攻撃 (宝味)
2020-11-22 17:50:28
習近平:子分を粛清か!?
「残飯残すな」と「歴史に悪名残す」
https://news.livedoor.com/article/detail/18727459/
※【コロナの恐怖?】沖縄の人のカメーカメー攻撃をデニー知事が口撃!
https://www.nangokulife.work/kamekamekougeki/
コロナ鍋の年末 デニー危機募る飲食店
https://news.yahoo.co.jp/articles/86b1a900dc6b80afc479eee02be70b1e378f328d



中共の「パンダ外交」や「マスク外交」に騙されるな!
パンダは中国の動物といえるのか
http://dadao.kt.fc2.com/tibet5panda.htm

明治維新の富国強兵こそ、まっとうな政策の理由
https://www.youtube.com/watch?v=6NEo8RrE9ho

【「カメも米軍の訓練を監視に来たのか」と驚く記者たち】 沖縄タイムス記者、極左英雄主義が極まる社内土壌だからこそ出た恥知らずな表現。ここまで至ると中核派の機関紙が如しだ。 (坂田)
2020-11-22 21:26:05
津堅島沖合で与勝半島に向いた長方形の海域は津堅島訓練場で在り、管理軍が海兵隊と陸軍ですが空軍の特殊部隊が海上降下訓練をする海域で在ること。

①訓練の種類が水陸両用訓練で在ること。

②本区域を使用する際は県庁に予告されること。

③本区域が使用中でも使用を妨げない限り、漁業と船舶航行に制限はないこと。

従って、沖縄タイムスが【監視】との言葉を使う理由を教示願いたい。

日米両政府が合意して在沖縄米軍が規約通りに運用していることを、なぜ沖縄タイムスが【監視】と書いて日米両政府を侮辱する理由を説明願う。

国際法の定義で、国内法よりも優先する国際条約に準じる合意や協定でも、沖縄タイムスの【監視】が優先する理由を国民に説明願う。

沖縄タイムスが在沖縄米軍に恣意的な情報操作が仰々しいのは周知の通り。

だからと言って、公正な津堅島訓練場までも購読者に悪印象を与える報道が許されるのだろうか。

なぜ、津堅島訓練場の注釈を只の一度も載せないのだろうか。どうしても読者を騙したいのだろうか。

(㊟沖縄タイムスが津堅島訓練場海域を見る理由が判っている。ヘリに依る吊り下げ訓練を撮影したいわけだ、それを政治に利用する悪辣な指針が在る)

同じことが陸上でも起きている、習慣になってる。

海兵隊員が訓練場や基地内で、ヘリに依る隊員4~6名を太いロープで吊り下げて移送する訓練を欠かせない。

その理由は、前線でヘリ救出する隊員をより多く移送するために、更にロープで吊り下げて“持ち帰る”訓練を行うためだ。

その素早い移送を習得させるために、基地内で上官の指導の下に訓練が行われて、次に訓練場で“持ち帰り”と戦地を移動させる訓練を行う。

戦地移動訓練の際には、吊り下げた各々の隊員が4方向の地面を見て自動小銃を構えたまま移動する。

そうすることで、地上の360度が射程圏内に納まるからだ。

この、敵地前線で救出吊り下げ訓練は金髪三つ編みの若い女性隊員も行っていること。

6人まで吊り下げ時に、くるくる回らない様なコツが在るんだ。

この吊り下げ訓練を、訓練地低空で見た近くの住民が止めてくれと自治体に注文していること。

意味が判らないから怖いと注文していること。

その、“恐ろしい光景”と受け取った吊り下げ訓練を、沖縄タイムスが熱心に報道していること。今回の津堅島訓練場【監視】も同じ理屈で在ること。

然し、どれもこれも、ちゃんと沖縄タイムスが注釈したら購読者に誤解されることがないこと。

誤解を、そこまで新聞がやるのは朝日新聞の従軍慰安婦捏造記事とまったく同じ生板で在ること。

だから、朝日新聞が慰安婦捏造記事の責任を取って木村社長が辞任した。

沖縄タイムスも、そのうち、豊平会長が英雄主義の誤報道で引責辞任するかもよだ。

なぜなら、社員に命じているのが豊平会長本人だからだ。

毎朝社内で社員が豊平会長の肖像画に『ハイル・トヨヒラー』と敬礼させているだろうが。

コメントを投稿