狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

核禁止条約の愚かさ、<社説>広島原爆投下75年 核禁止条約発効に全力を

2020-08-09 07:22:31 | 外交・安全保障

 

狼魔人日記

 

 NO!残紙キャンペーンサイト 

 

⇒最初にクリックお願いします

<社説>広島原爆投下75年 核禁止条約発効に全力を

 核兵器の保有や使用を禁じる核兵器禁止条約に、唯一の被爆国である日本は批准すらしていない。安全保障を米国の「核の傘」に依存する考えは幻想である。被爆から75年に際し、日本が取り組むべきは核兵器禁止条約を批准し発効させることである。・・・


 核戦争の脅威にさらされた東西冷戦終結から30年。世界は自国第一主義が台頭し、核のリスクを増大させている。米国は中距離核戦力(INF)廃棄条約から離脱し、米ロ間に唯一残された新戦略兵器削減条約(新START)は来年2月に期限を迎える。・・・


 中国は、敵が発射した核ミサイルを核兵器で反撃する早期警戒システムを備えているという。北朝鮮は核保有を正当化し、一方的な核放棄に応じない立場を強調する。・・・

 「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」。広島の平和記念公園の原爆死没者慰霊碑の碑文である。
 75年前の美しい朝、人々は「リトルボーイ」の火の玉によって一瞬のうちに蒸発し、黒焦げの炭の塊になった。核廃絶の道を後退させたら、犠牲者に「安らかに眠って下さい」などと言えるだろうか。
 核兵器禁止条約は、発効に必要な批准数が残り10カ国・地域となった。日本は条約を批准して発効させ、核兵器廃絶に全力を尽くすべきだ。

                ★

>「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」。広島の平和記念公園の原爆死没者慰霊碑の碑文である。

この碑文は確かにおかしい。

琉球新報は、このおかしさを理由に、「核廃絶」を求めている。

「75年前の美しい朝、人々は「リトルボーイ」の火の玉によって一瞬のうちに蒸発し、黒焦げの炭の塊になった。核廃絶の道を後退させたら、犠牲者に「安らかに眠って下さい」などと言えるだろうか。」と。

だが、筆者は琉球新報とは別の意味でこの碑文のおかしさを指摘しておこう。

この碑文をそのまま読めば、次のように受け取れる。

「米国の原爆投下により被害を被った日本人が、自らの愚行によって戦争を起こし、以後は反省し、このような戦争を二度とおこなわない」と」。

しかし現実は違う。

無差別大量虐殺を招いた原爆投下は明らかな戦争犯罪であり、日本は原爆の犠牲者だ。

「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから」と反省するのは米国で在り、現在核を保有している国々のはずが。

しかし原爆を投下した米国は核禁止条約に署名していない。

勿論米国の核の傘に自国の安全保障を依存している日本も署名していない。

広島への原爆投下から75年の6日、核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約の批准書をナイジェリアとアイルランド、ニウエの3カ国が国連に寄託し、批准手続きを完了、批准した国は43となった。国連筋が明らかにした。

発効には50カ国・地域の批准が必要。米英仏中ロの核兵器保有五大国や、日本など米国の「核の傘」に頼る国々は核禁止条約に参加せず、条約推進国との溝が深まっている。

だが、日本が参加することは筋が通らない。

先ず、自国に核抑止力を持たない日本は不本意ながら米国の核の傘に自国の安全を依存している。

更に日本は唯一の各被爆国だからこそ、自衛のために強力な「抑止力」を有する核自衛の権利がある。

日本政府の見解では、自衛のための必要最小限の核保有は、合憲とされている。

結論を急ぐと、日本が核の傘として依存している米国の核の傘の信頼性は相対的に低下している。

北朝鮮や中国など核武装で日本を威嚇する近隣の国々に対し、日本が自前の核抑止力を保有する時期に到来している。

自国の安全は自国で護るべき。

それには核武装が最強の抑制力になる。

⇒最初にクリックお願いします

コメント   この記事についてブログを書く
« 経済安全保障、【速報】 ソフ... | トップ | 『鉄の暴風』発刊の黒幕座安... »

コメントを投稿