狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

中国の尖閣略奪!日本人が気づいていない尖閣の本当に危険な状況

2019-09-11 12:57:56 | 未分類


 

中国による連日の尖閣侵犯を報道しない沖縄2紙。

中国の脅威より米軍の脅威を公言する沖縄選出参院議員(伊波洋一)

米軍の海兵隊不要論を唱える沖縄選出衆院議員(屋良朝博)

中国の尖閣侵犯をパトロールと認識すり沖縄県知事(デニー県知事)

そして上記のような国賊を選出する沖縄県民が覚醒しない限り、中国の尖閣侵犯は実行される。

 

日本人が気づいていない尖閣の本当に危険な状況

9/11(水) 6:15配信

JBpress

 (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)

 中国の武装艦艇による尖閣諸島周辺の日本の領海や接続水域への侵入が一段と頻繁になってきた。

 この状況に対して、米国の首都ワシントンの大手研究機関からこのままだと日本は尖閣諸島の施政権を失うことになる、という警告が発せられた。米国側では、中国が尖閣奪取を計画し、さらに東シナ海全体の覇権を制しようとするとみて、警戒を強めているという。

■ 武装した艦艇が恒常的に侵入

 中国艦艇による尖閣諸島の日本領海への侵入はあまりに頻繁すぎるためか、日本側の警戒が減ってきた。主要新聞の報道も、外国の武装艦艇による重大な領海侵犯なのに雑報扱いとなっている状況である。

 日本の領海のすぐ外にあって日本の法律がその域内で適用される接続水域への中国艦艇の侵入はさらに増えている。日本のマスコミは侵入してくる船を中国公船と呼び、とくに危険性がないかのようなイメージで伝えている。だが現実には、最も頻繁に侵入してくる船は 中国人民解放軍の直接の指揮下にある人民武装警察に所属する中国海警の艦艇である。それらの船はみな武装している。なかには中国海軍の正式な武装艦がそのまま海警に所属変えとなった艦艇もある。

 こうした尖閣の現状に対して米国の大手研究機関から警告が発せられた。このままだと中国は尖閣の施政権を日本と共有した形となり、尖閣の奪取から東シナ海全体の覇権確保へと進むことになる、というのだ。

 この警告は、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター(CSBA)」が2019年8月に作成した「インド太平洋における中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されていた。

 報告の筆者は、米国海軍大学教授を10年ほど務め、現在はCSBA上級研究員のトシ・ヨシハラ氏である。中国の海洋戦略研究では全米有数の権威とされる日系米人学者だ。

 ヨシハラ氏はこの報告で、「武装艦艇を含む中国公船が日本側の領海、接続水域にほぼ恒常的に侵入することにより、中国は尖閣の事実上の施政権を獲得し、日本政府の『領有権紛争は存在しない』という主張を骨抜きにしつつある」と指摘した。

■ 尖閣攻撃に備えて基地を建設? 

 ヨシハラ氏は中国の対尖閣戦略を「威圧態勢」と呼ぶ。同報告書の、主に「尖閣諸島への中国の威圧態勢」というパートの中で、その特徴を次のように述べている。

 ・中国は軍事、非軍事の多様な手段で尖閣の主権を主張し、最近では日本の領海へ1年間に60回、接続水域に1カ月に22回という頻度で侵入し、ほぼ恒常的な侵入によって事実上の施政権保持を誇示するようになった。

 ・中国は海軍、海警、民兵、漁船の4組織で尖閣への攻勢を進め、その侵入のたびに自国の領海領土の正当な管理行動として政府機関のサイトや官営ディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねている。

 ・中国は尖閣侵入の主体を准軍事組織の海警としながらも、海軍艦艇を付近に待機させ、ときには原子力潜水艦やフリゲート艦などを接続水域に送りこんでいる。また、日本の自衛隊の艦艇やヘリに、実弾発射の予備となるレーダー照射を2回実行した。

 ・中国は近年、尖閣から300~400キロの浙江省の温州、南麂島、福建省の霞浦に、それぞれ新たな軍事基地や兵站施設を建設した。いずれも尖閣への本格的な軍事攻撃の能力を画期的に高める効果がある。

  •  | 2時間前

    竹島のにのまえを踏んではいけない。尖閣諸島に海上自衛隊の基地を作るべきだ

    返信21

  • マダニは意外と大きい

     | 2時間前

    このままだと時間の問題で空港を作られてしまうだろう。先手で要塞を作るべき。

    返信8

  • h1t*****

     | 2時間前

    >日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。

    中国もバカでは無いので今の段階で自ら先制するとは考えづらいが、日本にも次の一手が必要なのは確か。尖閣の天気予報を毎日放送するとか、小さい事を怠ってきたのは後々響くかもよ?

    返信1

  • TSK

     | 1時間前

    以前から、言われているように灯台とか観測施設とか船の避難施設とか有人が難しいならせめて日の丸をつけた無人施設でも作らなきゃいけないと思う。
    向こうは長い年月をかけて奪うのは得意なのだから、竹島みたいに不法占拠して実効支配されたら取り戻せなくなる。

    返信0

  • kur*****

     | 2時間前

    尖閣諸島を中国に奪われるような事は阻止しないといけない。尖閣諸島が奪われたら、次は与那国島、沖縄が中国のターゲットになってしまう。

    返信2

  • hos*****

     | 2時間前

    南沙諸島問題とか現実に起きてるからね。
    尖閣諸島も人ごとではない。
    防衛は手遅れにならないうちに対処しないと!

    返信0

  • uey*****

     | 1時間前

    当然の結果。
    領海侵入に対しては断固とした対応を取るべき。
    そもそも、尖閣に自衛隊基地を作ろうとしない日本政府の甘さが目立つ。
    沖縄本島に基地を構えるだけでなく、尖閣に基地を作るのは至極当然と思う。

  • 仁義礼智忠信孝悌

     | 22分前

    尖閣諸島が日本に於ける世界遺産に認定されることが、中国および他国からの侵略を防ぐ一番の解決になると思う。
    無理であるならば、やはり島内に自然を損傷しない移動可能な基地を建設するか、或いは海上に戦艦を常駐させるかしなければ侵略される可能性が大きいと思う。

  • qwy*****

     | 2時間前

    竹島のにのまえを踏んではいけない。尖閣諸島に海上自衛隊の基地を作るべきだ

    返信25

  • マダニは意外と大きい

     | 2時間前

    このままだと時間の問題で空港を作られてしまうだろう。先手で要塞を作るべき。

    返信8

  • h1t*****

     | 2時間前

    >日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。

    中国もバカでは無いので今の段階で自ら先制するとは考えづらいが、日本にも次の一手が必要なのは確か。尖閣の天気予報を毎日放送するとか、小さい事を怠ってきたのは後々響くかもよ?

    返信1

  • TSK

     | 1時間前

    以前から、言われているように灯台とか観測施設とか船の避難施設とか有人が難しいならせめて日の丸をつけた無人施設でも作らなきゃいけないと思う。
    向こうは長い年月をかけて奪うのは得意なのだから、竹島みたいに不法占拠して実効支配されたら取り戻せなくなる。

    返信0

  • kur*****

     | 2時間前

    尖閣諸島を中国に奪われるような事は阻止しないといけない。尖閣諸島が奪われたら、次は与那国島、沖縄が中国のターゲットになってしまう。

    返信2

  • hos*****

     | 2時間前

    南沙諸島問題とか現実に起きてるからね。
    尖閣諸島も人ごとではない。
    防衛は手遅れにならないうちに対処しないと!

    返信0

  • uey*****

     | 1時間前

    当然の結果。
    領海侵入に対しては断固とした対応を取るべき。
    そもそも、尖閣に自衛隊基地を作ろうとしない日本政府の甘さが目立つ。
    沖縄本島に基地を構えるだけでなく、尖閣に基地を作るのは至極当然と思う。

    返信2

  • knm*****

     | 1時間前

    現実的であるか、否かはともかく、このような論評があることは真摯に受け止め、対策を練ることが早急に求められている。
    ここで、日本の外交手腕が発揮されなければならないが、遺憾ばかりではどうしょうもない。

  • 仁義礼智忠信孝悌

     | 31分前

    尖閣諸島が日本に於ける世界遺産に認定されることが、中国および他国からの侵略を防ぐ一番の解決になると思う。
    無理であるならば、やはり島内に自然を損傷しない移動可能な基地を建設するか、或いは海上に戦艦を常駐させるかしなければ侵略される可能性が大きいと思う


■支援金のお願い■

 平素より 沖縄県政の刷新を求める会の活動にご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

現在、当日記管理人は、沖縄県知事を相手取って複数の裁判を係争中です。 徳永弁護士、岩原弁護士ら代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いも厳しい状態です。腹が減っては戦はできません。同じように先立つものが無ければ裁判は戦えません。そうです、訴訟資金が底をついています。

私どもはサヨク集団「オール沖縄」に占拠された沖縄県政を子供たちに誇れる真っ当な県政に奪還すべく必死で戦っております。皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)支援金は訴訟費用、報告会、講演会などの開催・広報活動に活用させていただきます。

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会!”

                                             ★

「お願い」の画像検索結果

 

次の裁判のご報告です。

9月12日(木) 県警高江検問訴訟 判決
   13時10分 高等裁判所 201号法廷
   原告:江崎 孝外2名
   被告:沖縄県知事

⇒最後にクリックお願いします

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« デニー知事が被告、「検問違... | トップ | 玉川徹氏と田崎史郎氏が日韓... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (沖縄ニュース [大弦小弦] 名前のローマ字表記 国内事情が優先ですか?(沖縄タイムス)    市議会欠席して妻と沖縄旅行…「.....バレなければいいと思った」維新市議が離党届提出。(朝日新聞デジタル))
2019-09-11 18:10:59
[大弦小弦] 名前のローマ字表記 国内事情が優先ですか? 沖縄タイムス

何十年も続けた習慣を、急に変えられると違和感がある。政府が、名前のローマ字表記を「姓-名」に統一する方針だ。英語圏の表記に合わせるのが筋と思いきや、読む側より、読ませる側の事情を優先するようだ
▼自民議員は「外国に合わせるのが仕事ではなく、自国を守って文化を伝えるのも仕事だ」と語る。仕事相手より、国内事情が大事らしい。
▼ビジネスの世界で、取引先に「それはあなたの都合でしょ」と言われると、返す言葉がない。面会の日時や取引条件。相手の事情を優先し、仕事の運びを考える。政治は勝手が違うようだ。
▼自国の伝統も大切だろうが、思考が内向き過ぎないか。

△普天間「国外移設」求め米議会へ 玉城知事、来月で調整。
玉城知事、県内事情が優先ですか?

5日、宮古島で最大瞬間61.2メートル、9割の世帯で大規模停電、4億2600万円以上の被害。デニー知事視察せず。
8日、デニー知事「トークキャラバン 」で大阪市へ、大阪知事はデニー知事と「面会謝絶」


▼市議会欠席して妻と沖縄旅行…「.....バレなければいいと思った」維新市議が離党届提出。 朝日新聞デジタル

△体調不良にもかかわらず、「沖縄ガンバレ...ればいいと思った」
日韓両政府の対立により、沖縄を訪れる韓国人旅行者が減少するなど影響が出ている中、少しでも沖縄の役に立てればと、大阪維新の会の田中厚志市議が妻と(計2人)の団長として2泊3日の日程で沖縄を訪れた。

△一方、沖縄維新の会代表の下地幹郎衆院議員は、団長(計4人)として2泊3日の日程で訪韓した。日本政府による『ホワイト国』除外も元徴用工訴訟も関知しない問題と韓違い発言をした。

△更に韓国・沖縄友好ツアーを企画し、沖縄を離れ100人規模で訪韓し「日韓関係を正常な姿に戻し、経済・文化において、これまで以上の強い絆をつくることが大事である」と伝えた。これを維新伝心と言う。

△他方。韓国側から韓国を離れ100人規模の訪沖団は無く、一方的な韓国側の申し出で「日韓小学生ハンドボール親善交流大会」が中止となった。
これを以心伝心と言う。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2019-09-11 20:35:21

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「給食の異物混入 市は対策を」の那覇市・久貝英世さん(69)は、1月23日、3月18日、4月29日、5月11日、7月24日、8月25日に続き今年7回目の掲載。
「混入公表遅れ 市の姿勢に疑問」の北中城村・松本太郎さん(46)は、3月22日、7月12日に続き今年3回目の掲載。
「戦中 塩やみそ大切だった」の読谷村・長浜ヨシさん(91)は、1月22日、2月26日、3月20日、4月13日、5月1日、6月1、23日、7月1、19日、8月17、25日に続き今年12回目の掲載。
「魅力増す観光 浦西駅開業待つ」の大阪府・阿部仁さん(37)は、1月28日、2月23日、3月11日、4月1日、5月22日、6月7日、7月8日、8月20日に続き今年9回目の掲載。
「米海兵隊と米軍 全く別組織」の那覇市・下地良男さん(82)は、1月5日、4月9日、5月29日、8月4日に続き今年5回目の掲載。
「喜瀬武原小中の日々 手話に夢託し挑戦続ける」の宜野湾市・新垣聖子さん(40)は、2017年5月14日以来の掲載。
「手話がとりもつ縁」の那覇市・比嘉義裕さん(70)は、1月23日、2月24日、4月2日、5月13日、6月25日、8月7日に続き今年7回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


コメントを投稿