狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

実行不可能な公約、辺野古移設は国の専権事項

2019-07-20 05:57:14 | 辺野古訴訟

狼魔人日記

 

⇒最初にクリックお願いします


各候補、辺野古巡り立場分かれる 安里氏・賛否明確にせず 高良氏・明確に反対主張 磯山氏・工事中止求める 玉利氏・一日も早く移設【2019参院選沖縄選挙区】

7/12(金) 11:24配信

琉球新報

 21日投開票の参院選は憲法改正の是非や消費税増税、年金問題が主要争点になる中、沖縄選挙区では米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設の是非が主要争点だ。沖縄選挙区に出馬している4氏の新基地建設に関する立場をまとめた。

 沖縄選挙区は、自民新人でシンバホールディングス前会長の安里繁信氏(49)=公明、維新推薦=と「オール沖縄」勢力が支援する無所属新人で琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)による事実上の一騎打ちの構図となっている。

 辺野古移設工事を推進する政府与党の全面支援を受ける安里氏は「県民投票で民意が示された現実を受け止め、厳しい現状を政府に伝える」としつつ、賛否については、2013年の仲井真弘多元知事による埋め立て承認が「法律的に違法性はなかったという最高裁の判例もある」として明確にしていない。

 一方、高良氏を支援する立憲民主党などの国政野党は辺野古移設の「中止」や「反対」で足並みをそろえた。高良氏自身も新基地建設に「明確に反対」との立場を示し、「辺野古を埋め立てなくても普天間基地は閉鎖・撤去できる」と訴える。新基地建設は「東アジアの緊張緩和に逆行する」と主張する。

 諸派新人で福祉施設非常勤職員の磯山秀夫氏(72)も新基地建設に反対の立場で、「辺野古移設工事は中止すべきで、普天間飛行場は閉鎖すべきだ。移設ではなく危険性除去だけすればいい」と訴える。

 辺野古が地元の無所属新人で辺野古商工会理事の玉利朝輝氏(60)は候補者で唯一「賛成」の立場だ。新基地の軍民共用を掲げ、将来的に「民間飛行場として北部の財産とする」と主張する。

 新基地建設を巡っては、沖縄選挙区以外でも争点に掲げる候補者がいる。諸派新人で東京選挙区に出馬する沖縄創価学会壮年部の野原善正氏(59)で、新基地「反対」を掲げる。野原氏は「新基地建設の問題について都民、日本全国の方々にも関心を持ってほしい」と訴える。

琉球新報社

 

高良候補が主張する米軍基地撤去、「いずれ自衛隊はなくす」なんて、実行不可能な空念仏。

沖縄の重要選挙では、翁長前知事以オール沖縄候補が「辺野古反対」を争点にすれば当選するという方程式が成立している。

しかし、これは実行不可能な公約であり、結果的に有権者を騙したことになる。

前回の沖縄衆院補欠選の屋良朝博氏がその好例だが、今回の高良候補もご多分に漏れず「辺野古反対」を公約にしている。

辺野古移設を巡る国と県の法廷闘争は辺野古反対の沖縄県が連戦連敗で今後も勝訴の見込みはない。

県敗訴の理由は「辺野古移設」のような外交、国防に関する問題は国の専権事項であるからだ。

 

では地方自治における「国と地方のあるべき姿」は何なのか。

 

答えは「地方自治法第一条の二」に明記されてい る。  

 

第一条の二 地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行 第 196 回公開講座 122 政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担うものとする。   2 、国は、前項の規定の趣旨を達成するため、国においては国際社会における国家としての 存立にかかわる事務、全国的に統一して定めることが望ましい国民の諸活動若しくは地 方自治に関する基本的な準則に関する事務又は全国的な規模で若しくは全国的な視点に 立つて行わなければならない施策及び事業の実施その他の国が本来果たすべき役割を重 点的に担い、住民に身近な行政はできる限り地方公共団体にゆだねることを基本として、 地方公共団体との間で適切に役割を分担するとともに、地方公共団体に関する制度の策 定及び施策の実施に当たつて、地方公共団体の自主性及び自立性が十分に発揮されるよ うにしなければならない

 


 

では上記の「全国的な視点に立つて行わなければならない施策及び事業の実施」とは何か。

 

これは新幹線の整備や 航空政策をはじめとして、外交、防衛、通貨、司法、エネルギーなどである。これらの事業は 国が、国の責任として、中央政府としてやるべき仕事であることは、時代の変化があっても変 わらない。

そう、「辺野古移設」のような外交、防衛案件は国の専権事項である。


クラッシャーさん
 
2019-07-19 17:49:07デニー知事が何の信条・信念もないカラッポさんかよくわかる動画。知事自身は又吉清義氏の質問に答えず、知事公室長に丸投げ。

「今そこにある危機」から沖縄県民を守る意志も気概もないことがよくわかります。特定集団に阿るだけの楽チンなお仕事ですね。

沖縄県議会 又吉清義 一般質問 
https://www.youtube.com/watch?v=qITAvTrbFLk

じのんニュース
https://www.facebook.com/ginowannews/?__tn__=%2Cd%2CP-R&eid=ARB8kKFe8DZ2YOX43z9y2OpZUOWdBF201iJZ3UsN6OYprk1WzwhWxzdrNkz47V9Y0HpFDdszHuG2pJE2

沖縄県議会議員の又吉清義県議が県議会において
玉城県政に基地の整理縮小と沖縄県の危機管理について指摘しました。
質問に殆ど答えない玉城デニー県知事。
可能性の殆ど無い「県外・国外移設」を理由に普天間飛行場の危険性除去を蔑ろにしている事。
尖閣諸島周辺の危機管理が殆どされていない事が明らかになりました。
 
 
 
沖縄2紙が決して報じない県議会の不都合な質問

辻捨丸さん
🔴玉城デニー氏が既に行っていた一国二制度! 事あろうか今度は「沖縄は法律の例外」と県議会で発言したようです!

何処まで法律を無視するつもりなのでしょうか?

沖縄では反対派が行っている確実に犯罪と言える行為まで取り締まっていません!

戦後の日本の様に警察官も怖くて取り締まることが出来ないという状態なのでしょうか?

あまりにもコンプライアンス意識(順法精神)が欠如している!

バカな国会議員が言った“沖縄は選挙特区だ!”とか“沖縄は法律の例外”などは絶対に許せない発言です!

県民の皆さん!目を覚ましてください!

日本の法律には地域により適用外というような例外など有りません!

何処で犯したとしても日本中全国どこでも違法は平等に適用され違法です!

法律違反は日本中どこでも例外なく犯罪です 沖縄では全員が勘違いしている!

玉城デニー氏は国会で総理大臣に“一国二制度”を要請していました、ご存知でしょうか?

そんなこと無理だ!と思っていませんか?

取り締まる警察官は地方公務員です!

そして、その地方の代表は知事です!教育と警察にはその私物化を防ぐために権限が及ばないように委員会という期間が設けられています!

その委員会である教育委員会と警察委員会が特亜反日3.5ヶ国の者たちの工作員により占拠されていて知事も操られているのが沖縄の現状と判断できます!

従って、玉城デニー氏を筆頭に候補者は公示前から堂々と行われており、玉城デニー氏は選挙運動の段階から既にこの“一国二制度”を実行していたのです。 気か付きましたか?

公職選挙法は全国どこでも同じです。ところが沖縄だけがその公職選挙法を無視して自分たちの基準で行っていました。 選挙運動は公示に成ってから解禁です!

ところが公示以前から当然の様に堂々と行われていました。 街宣車の数も規定されており、選挙管理委員会から交付された許可証を前面の見やすい場所に掲示しなければいけません!

そして、その車以外は街宣を行ってはいけません! 従って、それ以外の街宣車は全て違法です! 軽自動車に拡声器を付けただけの簡単なものから、応援に来た政党の立派な街宣車など、とにかく大量の街宣車が県下いたる所を流していました。全て違法行為です!

ポスターは公設の指定された場所以外には掲示が許されていません! 当然、街宣車も全く同じで、ポスターを張り付けてはいけません! また、旗やのぼりも全く同じです! ところが、電柱や塀など街中いたるところに大量のポスターが張りつけられていました。 更に、掲示されているポスターを勝手にはがすことも許されていません! ところが、これらが堂々と行われていました。

我那覇真子さんが、これは候補を応援する演説では無く、選挙に行くに当たりの考え方や歴史的な話をされている周りに、玉城デニーと書かれたのぼりを持った者たちに取り囲まれて妨害が行われていました!

当然、戸別訪問や私製チラシを配布することも禁止されています。 つまり、沖縄で行われている選挙運動は殆どが違法行為であり無法状態なのです。

沖縄選出の国会議員は“沖縄は選挙特区だ!”と言ってのけるものもいるのです!

ところが驚いたことに沖縄では選挙とはこんなものと思い込んでしまっているのです!

従って、違法とは誰も思っていません! 心あるものが警察に相談に行っても、忙しいからと言って、断られてしまい、受け付けてももらえないのです!

選挙管理委員会も全く同じです! 県庁などは庁舎内に玉城デニーのポスターが掲示されているのです、おして知るべしなのです。 つまり、沖縄では既に一国二制度が実行されているのです。

このままでは、ひどくは成っても何年たっても改善されることは望めません! 沖縄県内での自浄作用は全く望めません!

警察力を総動員して徹底捜査を行い洗い出していただきたい! 更に次回の選挙からは後進国の選挙を応援している団体を派遣して正さなければ絶対に良く成りません! この状態を正常だと思いますか?

沖縄以外の県では違法をした候補者は有権者の信任が得られず当選することは出来ません!

ところが沖縄では公職選挙法を遵守していては当選ができないのです、そんなバカなことが許されて良いはずが有りません! 玉城新知事は沖縄の方言(県内でも地域によって違うにも拘らず一地区だけの方言)で挨拶をしました。これには外国勢力で動いている反対派の琉球独立運動の合言葉なのです。 沖縄が独立できるような財政なのか県民の税収では県庁の運営だけで無くなってしまうという状況なのをご存知でしょうか?

県庁のホームページには財務諸表が公表されているので是非あなたが現実を確認してください! ◯『玉城デニー氏の知事選公約が“もう破綻寸前の一触即発な状況”に突入した模様!!

Love and courage You TuberAcademy』 https://www.youtube.com/watch?v=GYF3J7Ffk8s ◯『【沖縄の声】台風対策と備え/学校教員の政治イデオロギー/子供たちの人権を奪う社会[桜H30/10/5]』 https://www.youtube.com/watch?v=fA5aijoHd0s&lc=z22xcfoy4rutcvhftacdp4344zpfb2j12rdd53ra22lw03c010c.1538725796376248 ◯『那覇市役所の広報が“米軍の存在を隠蔽する”情報統制をやらかした模様!!Love and courage You TuberAcademy』 https://www.youtube.com/watch?v=9_2U6OzpXLk 同意できる方はこれをコピーして友人にも知らせてあげてください!拡散を希望します! 辻 捨丸(本名です

 

一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム仲村覚
2018/10/30 に公開

 

 

【比例代表】

比例代表の和田政宗は電波オークション実施の公約を実現せよ!CBCテレビのような妨害に負けるな

電波オークションが公約の和田政宗氏へ投票を!


比例代表の和田政宗は電波オークション実施の公約を実現せよ!CBCテレビのような妨害に負けるな

https://twitter.com/wadamasamune/status/1145347101699665921?s=20
和田 政宗@wadamasamune
私の政策(公約)に、電波オークションの実施を追加します。

最後の既得権とも言われる放送局の新規参入(電波オークション)を実現し、国民がより多様な情報に接する機会を作り、取捨選択できるようにします。
0:03 - 2019年7月1日




 

⇒最初にクリックお願いします

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 朝日が煽るれいわ新撰!安倍... | トップ | ジジイババアならまだしも、... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2019-07-20 10:28:45

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「共に働く人々 幸せを祈る」の那覇市・照屋安俊さん(80)は、4月12日、6月26日に続き今年3回目の掲載。
「一度きり人生 人間賛歌の一冊」の恩納村・當眞嗣朗さん(44)は、4月8日、5月12日、6月7日、7月6日に続き今年5回目の掲載。
「思い出深い復帰前の船旅」の浦添市・池間きよさん(72)は、今年初掲載。
「心に響いた山内さんスピーチ」の奈良県・石川一二三さん(52)は、今年初掲載。
「一人旅 人の素晴らしさ実感」の那覇市・東風平宏美さん(43)は、1月18日、2月5、24日、3月19日、4月8日、5月10日、6月9日に続き今年8回目の掲載。
「子の貧困問題解決へ 未来創造こそ大人の責任」の那覇市・石川丈正さん(49)は、今年初掲載。
「しまくとぅば」の那覇市・米須盛祐さん(82)は、2015年2月16日以来の掲載。 

カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (amai yookan)
2019-07-20 15:57:06

「サヨクの公約なんてサロンパス(膏薬)よりも役に立たない

⚫️ 単に「大風呂敷を広げただけで」

実現不可能・やる気も無い・絵に描いたモチ以下だ

⚫️ 普天間基地の移設阻止だって〜、もう半分ほど出来上がっていて・止める手立てもない(余談だが那覇空港第二滑走路は既にほぼ出来上がっている・google maps 航空写真で確認できます)

⚫️ 元来、防衛は国の専権事項で「一県がどうこう出来るものではない」

⚫️ いくら裁判をやっても勝てる訳が無い・既に6連敗で、性懲りも無く7連敗目にて手を出して無駄な出費。県民の予算を無益に浪費しているにすぎ無い

そもそも

⚫️ 街中にある危険な普天間基地を、海辺で安全な飛行経路をとれる辺野古の、既にある「キャンプ・シュワブ」に縮小して移転・統合して普天間基地を返還=基地負担の軽減である。また

⚫️ サヨクの言う「大浦湾を埋め立てサンゴを死滅させる」はサヨクの単なる印象操作で

⚫️ 沿岸部一部の埋め立てだけで、環境には、ほとんど影響無いhttps://6626.teacup.com/vfj6/bbs/4878


⚫️ 結果として「サヨクの公約は何も実現していない・言うだけのタダの大風呂敷」だ。

コメントを投稿