狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

似非高橋是清の麻生太郎、小沢一郎に罵倒される!古舘伊知郎「『あんたが言うな』というところがちょっとある」…麻生財務相の10万円、貯蓄に回った発言

2020-10-29 05:14:30 | 経済

 

似非高橋是清、麻生太郎!

財務省に屈して国民を見捨てる!

以前、麻生太郎財務相は、こう言っていた。

「カネが無ければ刷ればいい」

             ★

麻生財務大臣が一律支給「10万円」は「貯金に回った」とコメントした。

10万円支給は6カ月継続すべし!麻生氏「10万円は貯金に」 コロナ対策の一律給付で2020-10-26 

これに対し、政治家としては賞味期限の切れた小沢一郎氏や古舘伊知郎氏が反論した。

小沢一郎氏「貯蓄より消費」の麻生発言に苦言「日々の苦しみに思いが至らないのか」 10/28(水) 13:26配信

小沢一郎氏

 立憲民主党の小沢一郎衆院議員が28日、公式ツイッターに新規投稿。麻生太郎副総理兼財務大臣が27日の閣議後の会見で、コロナ禍における現金10万円の一律給付では貯蓄に回す人もいたとして「貯蓄から消費に向かうことが大事」という認識を示したというNHKニュースを引用し、「コロナ後の日々の苦しみ…そうしたことに全く思いがいたらないのか」と、厳しい庶民生活への想像力の欠如を指摘した。

 「貯蓄より消費」を掲げた麻生発言に対し、小沢氏は「まだ、こんなことを言っている」と問題視した。

 同氏は「効果があまり無かったと今更これだけ文句を並べるなら、そもそもなぜやったのか?いくらかかったと思っているのか?人々の生活やコロナ後の日々の苦しみや先行き不安や自殺者の増加や…そうしたことに全く思いがいたらないのか?」と問題提起し、「考えられない」と苦言を呈した

 

古舘伊知郎アナ「誰が言うかということでコメントって決まる。『あんたが言うな』というところがちょっとある」…麻生財務相の10万円、貯蓄に回った発言
10/28(水) 19:07配信

スポーツ報知
古舘伊知郎アナ

 TBS系情報番組「ゴゴスマ」(月~金曜・後1時55分)は28日、10万円の特別定額給付金について、麻生太郎財務相が「預金に回った。もっと貧しい人にいっておけばもっと全体にはよかった」と述べたことについて取り上げた。

 コメンテーターのフリーアナウンサー・古舘伊知郎氏(65)は「もちろん貯蓄に回った面もあるし、それから一方で倒産件数の数字がどんどん上がってきている。これからも…という見立てもあるわけだし、ボーナスだって賞与だってない、給与も下げられるという人はいっぱいいる。そうした使わざるをえない人もいっぱいいるわけだから、その言い方はないなと思うんですが…」とコメント。

 しかし、「発言する内容を切り取っていきすぎると、怖いなと思うのは、だれが言うかなんですよ。これ、もっと違う一般の暮らしをよく分かっている立場の人が同じようなことを言ったら、評価される場合もあるじゃないですか。でも、麻生さんがおっしゃると、麻生さんはお殿様みたいな人だから…。誰が言うかということでコメントって決まるんで、文脈よりも何よりも」と持論を展開。

 (略)

報知新聞社

                ★

 

日本はこれまで財務省主導の「緊縮財政」で、需要不足にも関わらず政府支出を切り詰め、増税を繰り返すという破滅的な大失敗を演じてきた。

政府支出を切り詰め、増税した結果、経済が低迷したためGDPが伸びず税収が落ち込み、GDP比国債残高が増えた。

だが、図らずもこれがMMTの正しさを実証した。

結局、「債務残高が増えても、日銀が実質的な財政ファイナンスをしても、インフレにもならないし金利も上がらない。財政破綻もしない」というMMT理論が証明された。

デフレ脱却を目論むなら、国民一人当たり毎月100万円ずつ、インフレ率が2%超えるまで続ければ必ずインフレになる。

つまりデフレ下の現在でも、政府と中央銀行はその気になればインフレを起こすことはできる。


コロナと消費税増税でこれだけ総需要が落ちてしまっている現状、政府が大盤振る舞いをやらないと経済破綻で自殺する人が多く出てくることは間違いない。

コラナ禍不況はリーマン不況の比ではないほど深刻だ。 


財務大臣が国民の貯蓄が増えたと吠えているが国会議員や官僚の一族は貯金しないで全て使ったのか。


今回のばらまきはいつもの様な経済危機ではないので単なる景気対策と考える事自体もう政治家としている国会議員でいる事がおかしいと思うが。

麻生氏「金に困っている人は少ない」

どこを見て言っているのか、経済を立て直したいのならば消費税を下げ、国民の生活を立て直したいのならば給付金を継続すべき。


仮に国民が貯蓄に走るとしたら、国政に不安があるからだ。

現在の経済状況は長期インフレとコロナ禍の真っただ中。

5-6年前に「平成の高橋是清」と呼ばれた麻生財務大臣。

今と逆のこと言ってる動画が残っている。


財務省に屈服して国民を見捨てるなら、引退すべき。


「誰かの負債」は「誰かの資産」であり、自国通貨建ての負債しかない日本政府には財政破たんのリスクは極めて少ない。 


今、政府が行うべきは「消費税を廃止」して「財政出動」を行うことだ。

【おまけ】

ブログ「テレビとうさん」の引用です。

「定額給付金」 と 「預金額増加」

 
 麻生財務相は講演で、この夏の10万円全員給付に関して「当然、貯金が減るのかと思ったらとんでもない。その分だけ貯金が増えました。・・・カネに困っている方の数は少ない。ゼロじゃありませんよ。困っておられる方もいらっしゃいますから。しかし、預金・貯金は増えた」と、預金額が増えた事が「定額給付金」の失敗であったかのように言ってます。
 
 個人が「消費材」を購入し「お金」を使うと企業は「収入」を得、その「お金」は「タンス預金」にはならず、取り敢えず銀行に預けられます。その口座は「当座預金」か「普通預金」で、当然「預金額」が増えます。次に、従業員の給与として、個人の預金口座に振り込まれます。これは何を意味しているかと言えば、「政府が通貨を発行すれば、ほゞ同額の民間の預金が増える」という事です。

 実際の個人消費に影響するかどうかは、例えば銀行振り込みの場合で、「1万円給付」の場合は銀行預金を減らしてまでの消費増は考えられないし、「100万円給付」となると借金返済や高価なものを購入する事が考えられます。「10万円給付」くらいならば困っている人は全額使うかも知れませんが、微妙な金額です。何れにしても、預金総額は変わりませんし、内閣府の景気ウォッチャー調査8月版を見ると、それなりの効果は出ているようです。

 民間の「預金」は、個人と法人に分かれます。企業の場合は「法人所得税率」が高い場合は納税額を減らす為に、社員の報酬・給与が増える傾向があって個人の預金額が増えます。逆に税率が低い場合は、企業の内部留保に廻って法人の預金額が増える傾向にあります。結果として「個人の預金割合が増えた」と云う事は、企業の内部留保に廻るほどの「給付金」が配られなかったか、或いは旅行などのようにモノの「供給制限」が有った可能性の方が大きいと思います。

 民間がどれだけ無駄使いしても、誰かの預金が減って他の誰かの預金通帳に「数字が移るだけ」なので、誰かが「通貨」を発行すると必ず「預金額」は増えます。現在は、「ハラマキ」にお金を蓄える人は居ないので、当然の結果と言えます。麻生財務相の希望通りに「預金額を減らす」と云う事は、自宅の金庫かタンスに「お金」が貯蔵されている事が考えられ、不健全と言えます。個人が消費すると、廻り回って個人に「お金」が戻ってきます。これが経済の仕組みです。

 これは「MMT」の基礎概念なので、経済担当相には説明するまでもない「常識」だと思っていた私の認識の甘さかも知れません。

「通貨とは、貸借の記録に過ぎない。」
「発行された通貨は、発行体が回収しない限り民間で流通を繰り返し、減ることは無い。」
「自国通貨の発行額は、自国の『モノやサービスの供給余力』が許す限りに於いて、制限はない。」
「一般税は、経済活動の行き過ぎを抑え込む為の、罰金としての手段に過ぎない。」
「目的税は、財務省の軛から解放され各省庁の独自財源になる場合は、必ずしも罰金とは言えない。(再分配)」

 若し、通貨発行量が「現物で保管する量」によって制限を受けるとしたら、「MMT」は間違いと言えますが、実際は「通帳の数字」でしかなく、桁数が書ききれなくなる場合以外は、何も問題は起きません。日本はデフレで、需要が減少して供給余力が過剰な為に経済成長が止まっています。規制緩和は更なる「供給余力」を生み出し、デフレが継続します。

 政府主導のイノベーションや構造改革は「企業側」の問題ではなく、政府自身の「新しい切り口」を必要としていて、企業は政府とは関係なく勝手にイノベーションを考えています。今の政府は、一部の企業の代理人の口車に乗って「規制緩和」を推し進めていますが、これが一般企業の競争力を奪う結果になっています。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 研究を妨害された北大・奈良... | トップ | 学術会議の提出した資料で菅... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『あんたらが言うな』 (宝味)
2020-10-29 07:59:11
 麻生氏はいつから「セメント」の様な石頭になったのだろう。高橋是清はビールを愛したというが、麻生氏は消費期限の切れかかったビールになった。賞味期限の切れた小沢一郎氏や古舘伊知郎氏がそれを証明している。金に困っていない『あんたらが言うな』と言いたい。

 麻生氏は学生との対話集会にて、結婚生活には多額の費用がかかるため若年層が結婚するのが難しくそれが少子化の一因ではないか、との質問に対し「金がないなら結婚はしないものだ。うかつにしない方がいい」と回答した事があった。真意は「若者の就職対策を進めなければいけないという裏返しの表現」だったらしい。

 麻生氏は「生まれはいいが、育ちは悪い」く「明るく気さくな人柄で、親しく付き合えば一方で魅力が伝わる人物」と認識されてもいる。その人柄と周囲から評して「半径2メートルの男」とも呼ばれる。その巨砲でもって日本国中に「金」をぶち撒けてほしい。政府の玉残しは「緊縮罪政」だ。

 麻生氏が2008年(平成20年)10月30日に行った定額給付金の成果については、消費拡大に一定の効果を生み、家具や家電などの購買を促進させるなど、新たな消費を生むきっかけになったと麻生の総理大臣退任後に報道された。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2020-10-29 08:07:24

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「不正受給 誘い言葉に注意を」の糸満市・岸本定政さん(72)は、1月11、31日、2月14日、3月1、15、18日、4月1、19、28日、5月12、21、29日、6月10、20、21日、7月7、19、29日、8月11、21日、9月4、10、12日、10月3、10日に続き今年26回目の掲載。
「ステイホーム 高齢者には酷」の宜野湾市・吉村武さん(81)は、1月6日、2月13日、3月12日、5月24日、6月24日、9月13日に続き今年7回目の掲載。
「心の目で物事を見据える時間」の那覇市・金城后代さん(70)は、1月13日、3月13日、6月8日、7月22日に続き今年5回目の掲載。
「日本人は戦争を知らない?」の北谷町・宮里武正さん(69)は、2月8日、5月3日、6月29日、8月14日、9月18日に続き今年6回目の掲載。
「メディアは権力監視意識して」の南風原町・宮城信夫さん(69)は、1月21日、3月9日、5月26日に続き今年4回目の掲載。
「安倍政権の長期化 官僚が権力に自発的隷従」の那覇市・渡久地政弘さん(82)は、4月22日、5月1日、7月6、28日、8月8日に続き今年6回目の掲載。
「死線を越えた人々の言葉」の宜野湾市・仲村元惟さん(83)は、1月29日、3月9日、4月20日、5月31日、6月23日、8月24日に続き今年7回目の掲載。
  
カギカッコは投稿欄における見出し。

財政規律が緩むとかなんちゃら云々、もうとっくに緩んでいるじゃ在りませんか。 (坂田)
2020-10-29 11:39:28
デフレ脱却の切り札・アベノミクス金融政策、財政導入と低金利の2大政策がソレだ。

金融経済学で、経済成長の刺激になるのが財政導入と低金利で在ること。

然し、この二つが実は合わせて一本飲みになると、薬と毒の危険な関係に在ること。

かつて、実業界の福岡銀行頭取(大蔵省出自)が、政府の合わせて一本飲み金融政策を訝しがった論文が新聞に載ったことが在る。

政府の経済諮問委員会の顔触れが、政権与党べったりの太鼓持ちの達人ばかりで在ったから、誰も思い止まることを進言しなかった。

財政と金利の2大施策、これこそが大戦後の荒れた国体を一早く経済復興に導いて来たイギリス発の近代経済学で在ること。

復興を目指す日本も近代経済を導入した、世界もイギリスを観て導入した。

然し、合わせて一本飲みの薬と毒の危険な関係をそのままにすると危険なことが起きる。

そもそも、一本飲みこそが異常で在ること。

従って、どちらかを政策に執ったら、その効果が出たときには早々に元に戻すことで健全な財務を維持が出来ることになる。

2017年トランプ大統領が執った財政刺激策の投入効果が翌年から出て来た時に、歳入が上がった政府が、その分の国債を買い戻して負債返済を実行したこと。

素早い負債減らしの決断だった、小さな政府を党是に謳う共和党ならではの決断だ。

米国の低金利政策も、効果が出たこの4年間で4回も暫時引き上げて来たこと。

金融経済学論で正しい処分をトランプ大統領が成して来た。

一方で、日本はどうだっただろうか。2つとも未だにそのまんまで在るから劇薬化してる。

毎年80兆円の財政投入で、いつの間にか400兆円が市場に投下された。

400兆円と言えば、市場規模が日本の4倍も在るアメリカのマネタリーベース(市中金融機関の預金総額)と同じで在ること、ちょっと現場が実感不能の次元で在る投入で在ること。

そして又、いつの間にか日銀の債券購入高が500兆円を超えて3年も経った。どうする。

債権額は相場変動する、それがコロナ禍などの想定外有事で10%でも下落したら、日本銀行法で予想もしなかった中央銀行の倒産が現実化することになる。

残念だが、このリスクを以前から検討した政府に解決の妙案が出ずに会議が中座した。

財政投入策で400兆円の借金、将来の子供たちの生活が明るく豊かになる目的が在ったが今の侭なら間違いなく、これから毎年の新生児がツケを将来払って行くことになることを政治家が想像したことが在ったのだろうか。

日銀の低金利政策の続行、今や金融機関の体力を奪う原動力になった。

低金利・低収益化で銀行が貸し倒れ償却を恐れて積極的な融資開拓が出来なくなった。

それでは、真っ先に製造部門が新規設備と工場拡大に消極的に為るから、結局のところ経済が停滞してしまう癌になるわけだ。

東北大震災直後の落ち込みがまた再現だ。

第二次産業界が、付加価値創造の少子化問題にも直面して、なおさら減価償却費も捻出が出来なくなったら、国中の製造産業界が不良債権化する懸念が出て来る。

さらなる「ゼロ金利」施策、沖縄県の銀行界を観てみよう。

全国で財務内容が3行とも金融界トップレベルで在ること。東証株価を観たら、いずれも高額な理由が伝統的に在ること。

ゼロ金利施策は、金融機関の日銀預金の一定以上を市中に融資の形で投下させて、経済成長を促すとした目的が在ったこと。

然し、一例で沖縄銀行の預貸率(預金/貸金の比率)がゼロ金利開始時期に60%で在ったこと。まさに農協同然の預貸率で在った。

銀行の預貸率が60%の意味は、融資運用先が少ないことを現している。

因って、余った40%を株や債権や国債や収益投資で図利することになる。

日銀のゼロ金利実行後に、沖縄の金融機関が低金利事業者融資キャンペーンを開始しただろうか。

銀行が信用保証協会の全額保証がない限り、闇雲に新規融資をしたら不良債権の山が出来る危険性が在る。低収益で償却が徐々に難しくなった。

その日銀から溢れた銀行資金が東証一部の日本リート市場(収益不動産を担保の収益金融債権)に向かった。

日本リートの配当金利が3,0~3,5%も在るから、融資収益よりも高いからだ。

在沖縄米軍基地の底地購入も今となっては高金利だが、日本リート以上の担保が在る高収益投資はないからだ。

この沖縄地場三行の財務構造を確定させた理由は、沖縄県だけの日銀沖縄支店に因る銀行保護で在ること。

①地場三行の貸付金利が都銀の3倍、地銀の2倍も在ること。

もちろん個人ローンの住宅ローン金利も高い金利カルテルが在ること。

②県外地銀が沖縄に進出すると、日銀沖縄支店が県外地銀と都銀の沖縄支店に事業者融資を禁じていること。

だから、県民が沖縄の高金利を井の中の蛙大海を知らず状態だった。

本土復帰後の沖縄実業界保護を謳って、県外から進出の企業に参入障壁を造ったこと。

それが原因で、沖縄に岩盤既得権益層が生まれてしまった。権益層だけが富めること。

これが、沖縄県が全国最悪の低位県民所得と貧富の格差拡大が伸長する原因で在る。

この、県民が県民を騙す島人の構図が解消されない限り、沖縄から貧困と全国最悪の教育水準が解消されることがない。

それを図るのが知事の改革力矜持だが、残念なことに玉城知事の関心ごとは、政府からの財政投入のパイプを太くさせる既得権益層の関心ごとの走狗役に過ぎないこと。

Unknown (本日の沖縄タイムス投稿欄)
2020-10-29 12:17:46
首里城火災は「沖縄タイムスのイベントが原因では」 ネットで飛び交う あの日みんなが感じた“悔しさ”

 自分たちのせいではないとタイムスは結論を出した。が、機材を失い、補償もない。中共ウイルス流行で仕事も減った下請け業者。何ひとつ「ねぎらいの言葉」も「保証」もない「いばらの道の一帯一路」となった。

「再建元年」の今年もタイムスは首里城「パーティー」で「万国津梁の金」に頭を打ち付け、隠蔽工作を響かせる。

「また読み返したい」のは琉球新報が取り上げた「沖縄タイムスによるコロナ詐欺」の記事だ。沖縄に対する強い思いを通してウチナーンチュとして、どうあるべきかを勉強させてもらった」。(首里城取材班)
カウンター58さん 又もや誤解の塊の80歳・渡久地政弘さんが言い言い放なちましたね。 (坂田)
2020-10-29 13:28:28
【安倍政権の長期化 官僚が権力に自発的隷従】だなんて、国家権力に反対するのが国家公務員の勤めとも聞こえて来ます。

国家公務員に採用された時、日本国籍者だから国に忠誠を宣誓します。

それを、後になって政府に忠誠を誓わない公務員がいる国が、どこに在るのかを渡久地政弘さんが知らない様です。

政権与党、それが国民意の反映で在るのに聴かない公務員がいたら、国はどうなるのでしょうか。

そう言う可笑しな公務員OBが集まった団体が、日本共産党傘下の実働細胞の平和フォーラムで在り、連日、辺野古で座込みデモに邁進する70歳以上の高齢男女で在ること。昭和40年代の首都圏学生デモ騒動の残党ゆえに、元から性根が座っているのだ。
お前が言うな (KOBA)
2020-11-01 05:09:37
 財務省べったりで増税路線を追認した小沢が麻生批判をしても全く説得力が無いね。

コメントを投稿