狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

依然、違法状態の竹富町、分離を決定

2014-05-22 06:14:41 | 八重山教科書採択問題

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

沖縄県内の「告別式」最新情報が確認できます。

 
          ★
 

海兵隊員がオスプレイから墜落死した事故は、今朝の沖縄タイムスには掲載されていない。

昨日当日記がからかったせいなのか。 オスプレイ事故を目をサラのようにして探している沖縄タイムス特約記者の平安名純代女史が見逃すはずはないと思うのだが・・。

竹富町分離を決定 教科書採択で沖縄県教委

沖縄タイムス 2014年5月21日 16:16

 沖縄県教育委員会は21日、保守色の強い中学公民教科書を拒否し独自調達した教科書を使う竹富町教委を、周辺の石垣市、与那国町とつくる共同採択地区から分離することを決めた。町単独の教科書採択が認められた。

 文部科学省は採択地区内で同じ教科書を使うと定める教科書無償措置法に違反しているとして、ことし3月、竹富町教委に是正要求したが、分離後に竹富町教委があらためて教科書を採択すれば違法状態が解消されることになる。

 竹富町教委は2011年、八重山採択地区協議会が選んだ育鵬社版を拒否し、独自で選んだ東京書籍版を12年度から寄付で調達してきた。(共同通信)

                             ☆

八重山日報 2014年5月22日

竹富町が八重山採択地区離脱 違法状態も〝解消〟へ

 竹富町教科書問題で、県教育委員会(宮城奈々委員長)は21日の定例会で、竹富町が石垣市、与那国町と構成していた八重山採択地区から離脱すること を承認した。県が30日に決定内容を告示した後、正式に分離し、来年度以降に使う教科書を町単独で採択できる。単独の採択地区となった町が改めて東京書籍 の公民教科書を採択すれば、違法状態が「解消」されることになる。町教委の大田綾子委員長は「竹富町の意向を尊重していただいた」と県教委に感謝するコメ ントを発表。教科書採択に当たっては、町独自に教科書を調査研究する方針も示した。

文科省は違法確認訴訟を視野に入れていたが「訴えの利益がなくなる」として提訴を見送る公算が大きい。菅義偉官房長官は「(県教委の)判断を受け止めざるを得ない」と述べた。
▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

 

竹富町の単独採択認める=教科書問題、法改正で-沖縄県教委

取材に応じる沖縄県の諸見里明教育長=21日午後、沖縄県庁

 沖縄県竹富町が八重山採択地区協議会(同町と石垣市、与那国町)の答申と異なる中学公民の教科書を使用している問題で、県教育委員会は21日、地区から竹富町を分離することを決め、単独での採択を正式に認めた。
 県の諸見里明教育長は取材に「早期の混乱状態の収束を期待する」と述べた。単独採択に難色を示している文部科学省を22日訪れ、決定内容を説明し理解を求める。
 協議会は2011年に育鵬社版を答申したが、竹富町は「基地問題の記述が少ない」として、東京書籍版を独自に採択。無償措置の対象外とされたため、12年度から有志が寄贈した東京書籍版を生徒に配布、使用している。
 下村博文文科相は今年3月、地区内で同一教科書の採択を義務付けた当時の教科書無償措置法に違反しているとして、竹富町教委に是正要求。町教委は「地方教育行政法では教科書の採択権は市町村教委にある」として従わなかった。
 4月に採択地区を市町村単位で定められるなどとした改正教科書無償措置法が成立し、町教委が県教委に分離を要請していた。(2014/05/21-17:34

                  ☆
先ず八重山日報の見出しの「違法状態も〝解消〟へ」は、読者に誤解を与える恐れがあり、極めて不適切な表現である。
 
単独採決を認めた改正無償措置法が施行されるのは来年度であり、実際に適用されるのは再来年のこと。
 
したがって県教委が竹富町の単独採決を認めたからといって竹富町の現在の違法状態が解消されるわけではない。
 
そもそも竹富町の単独採択を県教委が認めたのは初めから決まっていたこと。
 
本来なら竹富町教委を指導すべき立場の県教委だが、竹富町に弱味を握られた県教委が、竹富町教委のわがままを、指導できるはずもない。
 
県教委はもったいぶって定例会を開いた結果として述べているが、定例会など最初から結論ありきの茶番劇であり、県教委が「税金ドロボー」と言われる所以である。
 
新聞報道の印象では、竹富町の単独採択が認められたことで、あたかも3年越しの竹富町教科書問題が解決したかのような印象を与えるが、竹富町教委が現行の教科書無償措置法に違反して現在も違法状態であることには何の変わりもない。
 
本日の沖縄タイムス第2社会面トップには、竹富町教委が単独採択を認められたことについて次のような大見出しが踊っているが、バカは休み休み言ってほしい。
 
地元歓迎 「筋通した」
 
「筋通した」ではなく「イデオロギーをごり押しした」と書くべきではないか。
 
繰り返すが竹富町教委が単独採択を決めた法律は来年度施行の改定教科書無償措置法であり、実際に適用されるのは再来年のことである。
 
したがって竹富町が現行法の教科書無償措置法に違反し、現在も依然として違法状態に有るので、3年越しの竹富町教科書問題は、今後文科省が竹富町を相手に提訴に踏み切るかどうかに掛かっている。
 
 >文科省は違法確認訴訟を視野に入れていたが「訴えの利益がなくなる」として提訴を見送る公算が大きい。
 
>菅義偉官房長官は「(県教委の)判断を受け止めざるを得ない」と述べた
 
辺野古埋め立てを最重要課題と考える菅官房長が沖縄に遠慮して弱気になったとしたら大きな間違いだ。
 
反日サヨク複合体は辺野古移設の反対運動でも同根であり、竹富町教委やこれを是正指導しなかった県教委を提訴せずに放置したら、違法行為を国が認めたことになる。
 
その結果、辺野古埋め立てに反対する活動家に「国が違法を是認する」という悪しき前例となり、違法な埋め立て妨害活動に拍車をかけることになる。
 
文科省は、粛々と竹富町と県教委を提訴し法治国家の面目を国民に周知すべきである。
 
文科省よ、
 
将来に禍根を残さないために、竹富町と県教委を提訴せよ!
 
最後にいつも歯に衣着せぬ正論を吐く、崎原用能・与那国町教育長のコメントを沖縄タイムスから引用する。
 
「採択の決定を守らず、出て行くという大義のない離脱だ。 教育制度の崩壊につながりかねず、離脱を認めた県教委の責任は重い」
 
■御知らせ■

【緊急宮古島講演 沖縄在住ジャーナリスト・恵隆之介氏】 

「海の武士道DVD□BOOK」・山形県中学校道徳教本指定
・東京都、神奈川埼玉両県教育委員会指定道徳副読本       
「昭和天皇の艦長□沖縄出身提督漢那憲和の生涯」
昭和天皇最期の御枕元にあった天覧本。作家阿川弘之氏に文芸春秋で紹介され時を経て再び復刊と至った。

「中国が沖縄を奪う日」
沖縄南西諸島に迫る危機、今もっとも宮古島の皆さんが知るべき現実が詳細に語られています。
などの著者

平成の久松五勇士再び船に乗り込む時来たり。
宮古島の皆さん、惠先生の熱い心情に触れ、今再びアララガマ!で船を漕ぎ出しましょう!


講師・惠隆之介先生
演題・「忘れられた戦後史」(沖縄の戦後は米国のおかげで発展)
日時・6月4日(水)
19時~21時(18時~受付)     
会場・宮古島市中央公民館二階視聴覚室
会費・1000円、児童生徒、大学、専門学校生無料
主催・宮古島を取り巻く国際政情を学び子供を守る親の会

問合わせ、申し込み(nmanukan11@yahoo.co.jp)

宮古島にご家族や親戚、友人知人がいる方、お声かけをお願いします!

【サポートスタッフも募集中!】

 

 「沖縄内なる民主主義5」(A4版・60ページ)を4月25(金)より発売。

狼魔人日記でネット全国販売しています。
申し込みはメールでできます。

価格850円(税・送料込み)
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

           ☆

 
沖縄の出版界が出版拒否した禁断の書!
 
『沖縄に内なる民主主義はあるか』
定価:1800円(税・送料込み)
著者:又吉康隆

 ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします

<送金方法等詳細はここ>

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 【速報】海兵隊員、オスプレ... | トップ | 翁長那覇市長、訴えられる、... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-05-22 07:59:44
反日左翼などの呼び名ではもはや生ぬるい時節です。彼等の目的でもある、外患誘致団体としたほうが、問題が明確に認識されるよう思います。

海外では日本人の子供達がシナ系、韓系の子供達に酷い虐めにあい問題になっています。

シナの大人に暴力されるウイグルの子供の酷い動画がありました。

ただの反対屋ではありません。その目的を認識しないと、焼け石に水でしかない対策でないかもしれません。
Unknown (とおる)
2014-05-22 09:36:54
> ☆沖縄県内の「告別式」最新情報が確認できます。

数日前、チャンネル桜の番組をYoutubeで見ていたら、「沖縄タイムズ・琉球新報を購読するのは、折込チラシのスーパーの特売を見たい人が多い」というような話がありました。
「告別式」最新情報をネットで見れると同様に、沖縄各地のスーパーのチラシをネット(スマートフォン)で見れるようにすれば、わざわざ新聞購読する必要も無くなるかも。(私の近所のスーパーは、チラシをネットで公開しています)

なお、テレビ番組もネットで見れますので、不要な支出は抑えるのに便利です。
Unknown (宜野湾より)
2014-05-22 10:11:09
へえ…慶田盛サン4月13日に朝鮮日報のインタビューに答えているんだwww
内容は朝鮮日報のメルマガ読者向けらしいのでこちらでお楽しみください。
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1397445288/?

で、朝鮮日報大喜び「教科書戦争に勝利」ぷっ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/22/2014052200742.html
えぇ~。毎日見れるの? (義挙人)
2014-05-22 10:12:51
おはようございます。

>> ☆沖縄県内の「告別式」最新情報が確認できます。


告別式欄が毎日見れるの?

すごい、沖縄の新聞。 やめて気になっていたのが、告別式欄でしたが、、、これで解決。。

でも、少し、焼香回数が増えるかな。。。。
(↑意味解るかな??)
 
無理を通しただろ (Leprachaun)
2014-05-22 14:57:44
筋を通したんではなく、「無理を通して道理を引っ込めさせた」の間違いだろ。
石垣市、与那国町協議会はこれを機に宮古島市、多良間村と合併したらいいと思う。そのほうが竹富町の異常性が際立つというもの。
Unknown (Unknown)
2014-05-22 20:02:04
沖縄マスゴミの印象操作が酷すぎて笑える。
反日イデオロギーで法を犯し、教育現場に混乱をもたらした竹富を批判するメディアが皆無な事に寒気すら覚えるんだが・・・
Unknown (xxx)
2014-05-22 20:02:28
法律もこんな非常識な協議会の区分をする県教委がいることを想定してなかったんだと思います。
Unknown (東子)
2014-05-23 07:35:37
>文科省は違法確認訴訟を視野に入れていたが「訴えの利益がなくなる」として提訴を見送る公算が大きい。

何、コレ?
利益が無くなる?
司法の判断がでることが、大事じゃないの?
「訴えの利益がない」と門前払いをくらう?
それも判断の内。
文科省の事勿れ?
Unknown (東子)
2014-05-23 13:11:26
「文科相、竹富町提訴せず「違法性ない」 2014年5月23日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=70448

>国が検討していた違法性を確認するための訴訟を起こさない
>来年度以降、竹富町の違法性は生じない。

今年度は、違法なんでしょ。
違法を確認する姿勢が大事なのに。
なんなんだ? 文科省は。
白黒決着させて欲しかった。 (西新城和樹(八重山))
2014-05-25 10:28:01
◆違法確認訴訟で決着をつけてほしかった。

文科省と竹富町は以下のことで対立していてた。

○文科省
①八重山地区協議会は協議機関である。
②協議会の答申は「協議の結果」である。
③無償措置法には「市町村教委は協議して同一の教科書を採択しなければならない」とあり、答申に従わない竹富町は違法である。

○竹富町
①3市町教委は、協議して、八重山地区協議会を「諮問機関」として位置づけ、規約に位置づけた。
②規約には、「3市町村は答申に基づいて採択し、同一の教科書が採択されない場合は協議する」となっており、八重山地区協議会の決定は、「必ず採択する」という性質のものではない。
③文科省が独自の法解釈によって、竹富町教委を違法としたことで、協議が事実上不可能となった。

文科省が違法確認訴訟を断念したことで、上記の対立点の白黒の決着は不可能になった。

文科省には、違法確認訴訟で敗訴するリスクがあり、竹富町には、提訴されれば、莫大な裁判費用を賄えない弱みがあった。

文科省は、無償措置法の改定に踏み出すが、野党・公明系委員の抵抗に遇い、採択地区の単位についても「市郡」から「市町村」に改訂せざるを得なかった。そのことは、違法確認訴訟の障壁にもなった。

私としては、違法確認訴訟で「白黒」決着を着けて欲しかった。

コメントを投稿

八重山教科書採択問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

文部科学省はキャンパスをビジネス研究機関にするな~大学のグローバル化に潜む問題点 (なめ猫♪)
教育委員会制度改革の裏側で進む大学改革の問題について今回少し書いて見ます。 大学改革は、私立というよりも国立大学が主眼だと思われます。 国立大学をめぐる問題では、国立大学の独立行政法人化や裁量労働制の導入などに問題が少なからずあった。 この内容にご...
幼稚な判断 (文句言いのたわごと)
昨日書いた判決や決定の数々。 地裁では原告による人権派裁判官の狙い撃ち (人権派裁判官が担当に当たるまで訴訟取り下げを繰り返す)が 可能らしい(´Д` )