狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

活動家・北上田毅の操り人形!デニー知事、新基地建設変更を不承認

2021-11-26 06:28:07 | 政治

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

不承認判断を受け、「ほっとしている」と語る北上田毅さん=25日、那覇市・沖縄タイムス社

北上田敦氏

この期に及んで「新基地建設」などと大嘘を吐いても良識ある県民はもう騙されない。

今回の衆院選で辺野古を含む「3区」で基地反対派の屋良朝博元沖タイ記者が大敗したのが何よりの証拠。

辺野古移設の一番の目的は、普天間の住民・子どもたちの危険解消のはずだ。

辺野古移転はダメってことなら、住宅地に隣接する普天間基地はそのまま固定化してよいということか。

デニーが設計変更を不承認でも、政府は法廷闘争で押し切るだろう。

沖縄県は勝訴の見込みの無い不毛な裁判を続けて、県民の血税をどれだけ浪費すれば気が済むのか。

地方自治法、行政法に照らせば、国側は、殆ど労力を割かずとも、確実に勝てる。

この不承認によって承認されないのは、あくまでも「修正箇所の施工」であって、許可そのものは全く影響を受けない。

しかも、一度完成させた後に改良工事で補うのであれば、そもそも承認されなかったとしても全然関係ない。

したがって、国には影響がない、ただの県の悪足掻きでしかない。

それと、知事が言っていた「土砂」の話は知事が勝手に言ってるだけで、既にそれを含みで許可を受けている以上、国が従う法的理由は全くないので、国は堂々と無視するだろう

玉城デニー知事、こんなことばかりやっているとその内沖縄県民だけでなく、日本国民からも見放されることになるぞ。


ちょうど何の国益にもならないモリカケ桜の追及ばかりやっていた立憲共産党の辻元清美のように。

デニー知事が活動家の理論的リーダーである北上田毅氏の操り人形説については、【おまけ】参照。

 

 

沖縄タイムス紙面掲載記事

新基地変更を不承認 知事「調査が不十分」 軟弱地盤工事申請 国、対抗措置へ

2021年11月26日 05:00有料

 玉城デニー知事は25日、名護市辺野古の新基地建設に伴う軟弱地盤改良のため沖縄防衛局が提出していた埋め立て変更承認申請について、不承認としたと正式に発表した。軟弱地盤の調査が不十分な点や、絶滅危惧種のジュゴンへの影響が適切に予測されていないことなどから、公有水面埋立法の要件に適合しないと判断した。知事は同日の記者会見で、新基地の完成まで不確実性があるとし「普天間飛行場の危険性の早期除去につながらず合理性がない」と指摘した。(2・3・28・29面に関連、11面に変更不承認の理由全文)

 不承認とされた後も、防衛局は、現在進めている辺野古側の工事など変更申請と直接関係ない部分の工事を継続する見通し。これに対し知事は「全ての工事を中止するべきだ」と強調した。県は防衛局に同日、不承認を通知した。政府は対抗措置を取る構えで、最終的には法廷闘争に発展する可能性が高い。

 対抗措置について岸信夫防衛相は同日、防衛省で記者団に「(不承認の内容を)精査をした上で対応したい」と述べるにとどめた。

 不承認の理由については、軟弱地盤が海面下90メートルまで広がっていると指摘される「B27」地点で必要な調査がされておらず「地盤の安定性が十分に検討されていない」とした。

 ジュゴンに関しては、工事が与える影響について「適切に情報収集がされていない」などと、環境保全上の問題点を指摘した。

 知事は会見で、審査基準には該当せず不承認の理由とはしなかったと断った上で、埋め立て土砂に関し、沖縄戦戦没者の遺骨が混じる可能性がある本島南部など、変更申請で新たに盛り込まれた候補地からの採取は認められないとの認識を改めて示した。

 変更承認申請は昨年4月21日に防衛局が県に提出。県は申請内容に関し、4度にわたり述べ39項目452件の質問を出し、防衛局からの回答を踏まえ審査を続けていた。

(写図説明)不承認通知書の骨子

(写図説明)辺野古新基地建設に伴う国の設計変更を不承認にしたと発表する玉城デニー知事=25日午後、県庁(下地広也撮影)

 

[解説]続く工事 県正念場 問われる訴訟戦略 

2021年11月26日 05:00有料

 玉城デニー知事が、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て変更承認申請の不承認を表明した。ただ、現在行われている工事が止まるわけではなく、新基地計画を頓挫させる効果まではない。国も対抗措置を講じる方針で「切り札」を切った形の県にとっては正念場でもある。今後の法廷闘争も見据えた戦略が問われる。(政経部・大城大輔)

 国が新基地を完成させるためには変更承認は不可欠だ。一方で、国が県の不承認を法廷闘争などにより押し切った場合、現状では県側に他の大きな抵抗手段は見当たらない。

 これまで、新基地建設を止めるため、県は埋め立て承認の撤回などの手を講じてきたが、国にことごとく覆されてきた。

 最近では、最高裁判所判決を受けて今年7月、サンゴの移植に関する許可を出した際も、防衛局の「条件破り」を指摘しすぐに許可を撤回したが、農水相に撤回の効力を止められた。

 今回も国は用意周到に対抗措置を検討しているとみられ、今後予想される法廷闘争でも県には厳しい展開が予想される。

 忘れてならないのは、仮に今回承認したとしても、新基地が完成し運用されるまで少なくとも12年かかるということだ。

 一日も早い危険性の除去どころか、その間は危険性が変わらず存在することになる。しかも、県が不承認とした理由にあるように、軟弱地盤の存在などから新基地を完成させられるかは不透明なままだ。

 新基地建設に正当な理由があるのか、政府には説明が求められる。また県側も今後どうやって建設自体を止めるか行程を描き直す必要があるだろう。

[視点]基地問題 ひずみ表出

県民負担 政府は直視必要

 玉城デニー知事が辺野古埋め立て変更承認申請を不承認する、と報じた25日付本紙に、オスプレイからの水筒落下、海兵隊員のひき逃げ容疑の記事が載った。一見して別の事象だが、根は同じ。いずれも、沖縄に通底する基地問題のひずみが表面化したものだ。

 普天間問題がクローズアップされたのは1996年。前年の米兵による暴行事件がきっかけだった。2004年にはヘリが大学に墜落し危険性が明示された。普天間飛行場はV字型案や陸上案、現行の辺野古と行き先を探した。さまよう場は常に県内だった。

 「総論賛成、各論反対」(小泉純一郎元首相)、「政治的に沖縄が最適」(森本敏元防衛相)、「九州でもいいが米軍反対というところが多い」(中谷元元防衛相)。この間、ひずみが表出するたびに、政治はふたをしてきた。

 自民党を出て知事になった故翁長雄志氏はこうした姿勢を「政治の堕落」と批判した。その翁長氏が辺野古反対を訴えて拳を上げると、次に政府は恣意(しい)的な法の解釈で民意を押さえ付けた。

 「辺野古が唯一の解決策という表現の理由の説明を受けたことがない」。玉城知事は25日の会見で、安倍政権以降の常套(じょうとう)句に異議を唱えた。「どこと何を比較して唯一なのか」

 民意の負託を受けた知事の不承認判断と異議を、政府は再び抑圧しにかかるだろう。だが、仮に辺野古へ基地を移しても、ひずみとその陰にある住民の基地負担は変わらない。ふたをしても消えないひずみを、日本政府は直視すべきだ。

(政経部・大野亨恭)

宜野湾市長は「残念」

普天間の返還遅れ懸念

 松川正則宜野湾市長は25日、玉城デニー知事が国の辺野古埋め立て変更申請を不承認としたことに「普天間飛行場の返還の期日がまた長引くことになり残念な気持ちだ」と述べた。那覇市内で記者団に語った。

 松川氏は、県内移設を認めなければ普天間の返還は困難との認識を示した上で「返還が遅れれば事件・事故は続き、基地内の湧水調査もできない。さまざまな課題が先送りになる」と指摘した。

 また、政府と県の対立が激しくなることで「来年の日本復帰50年を控え、次期沖縄振興計画の策定や予算編成への懸念もある。あまりいいタイミングではなかった」と評した。

首相「注視したい」

 【東京】岸田文雄首相は25日午前、都内で記者団の取材に応じ、県が辺野古の埋め立て変更承認申請を不承認とした件について「沖縄でさまざまな取り組みが進められていると承知している。県の対応を注視していきたい」と述べた。

 松野博一官房長官も同日の会見で「政府としてコメントは控える」とした上で、普天間飛行場の危険性除去は「辺野古移設が唯一の解決策。地元の理解を得る努力を続け、普天間の一日も早い全面返還実現に全力で取り組む」と話した。

知事判断 県議に説明

県執行部 質疑は野党1氏

 謝花喜一郎副知事ら県執行部は25日、玉城デニー知事が名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て変更承認申請を不承認にした理由などについて、県議向けに説明会を開いた。質疑は野党の座波一氏(自民)のみだった。ある県議は「県の不承認は既定路線。報道が先行し、知事への不満が生じたという与党から質疑はなく、必要があったのか」と、開催を疑問視する声が上がった。

 座波氏は来年の沖縄関係予算が決まる時期に不承認の判断をした理由などについて確認。謝花副知事は、どちらも県政の重要課題で、予算については誠意をもって政府へ要請するとの考えを示したという。説明会は非公開だった。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 名護市長選、渡具知氏、自公... | トップ | 国民・タマキン 10万円給... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デニー知事は (KOBA)
2021-11-26 06:33:56
 すでに最高裁で負けが確定してるのに、未だ悪あがき続けるつもり?
 シナチス様の為にw。
レッツゴウ タマドン!(隠語:くたばれっ!) 今のままで行くべきだ、枝野幸男元代表の様に変節してはなりませぬ。革命を起こせっつうの、どんな革命か知らんが。 (坂田)
2021-11-26 11:22:55
2020年5月12日(月曜午前中)沖縄防衛局が名護市土木事務所に提出した設計変更審査申請書を、やっと、玉城知事が不承認の理由が「軟弱地盤 ジュゴン」と言うスローガンだけでしたか!!

それが1年7カ月後の県庁土木建設部の設計審査結果なのか? 土木部長、気は確かでしょうか?

それでは、又もや同じこと。ただ、今回も訴訟なら玉城知事が職位的な致命傷を負う。


最高裁判所の判決書を立て続けに否定することが法治国家で許されてなるものですか。玉城知事、どの面下げて県民に顔向けが出来るのだろうか。


玉城知事、今回の会見報道写真で顔色が悪いですね。なぜ、笑顔で会見しないのでしょうか?もしかして、政府の出方を視る挑発なら無駄なこと。


政府と今迄3回の辺野古関連訴訟が下記の結果。
①2016年12月最高裁が【唯一辺野古移設】・【仲井眞知事の埋立承認を取消した翁長知事が違法行為を働いた】と、憲政史上初の知事に因る犯罪と判決下した。判決前に翁長知事が【判決には従う】と沖縄で会見したが、判決後に否定した侭だ。

②2020年3月最高裁が①に関連訴訟で玉城知事
に同じ判決を下したこと。同じく否定した侭。

③2021年7月最高裁がサンゴ移植関連訴訟で玉城知事に【棄却】した。これも玉城知事が否定。

否定理由を【判事二人が反意の意見書を付けたから県の主張に一定の評価がなされた】とする摩訶不思議な言動で最高裁の却下処分を否定した侭。


沖縄県知事が2代続けて、最高裁判所の判決を「民主主義行政と司法の手続き否定」反社会行為を堂々とやってのけた。

なぜ、沖縄の知事だけが国内法を否定して平然としているのだろうか?

外国にも例が無い無政府主義の知事たち、民主主義運営国体の陣営に対するテロも同然で在る。


民主主義を否定する政治団体で警察庁がサイトで公開した破壊防止法で365日監視対象先が【共産党 極左 オウム】の三羽ガラスで在り、いずれも暴力で社会転覆志向で在るから、全国の共産党議員が警察から監視されている、家族ごと。


【軟弱地盤の調査が不十分】

我が国には世界に誇る歴史的な建造文化がある、世界一の規模と例えても全く過言ではない。それが、軟弱地盤の湿地帯に建造した江戸城で在る。

そして、20世紀末に再び軟弱海底地盤に於ける世界唯一の空港を建造した、関西国際空港です。

地盤強化のために打ち込んだパイルが100万本。

対する辺野古滑走路建造の地盤強化策として、設計変更審査申請書で打ち込むパイルが10万本も在りましたか? なぜ、この点を報道しないのか?


辺野古埋立阻止活動指導者で土木技師の北上田毅氏、埋立地盤一部がマヨネーズ状態の軟弱地盤で在ることを『自分が設計図などで見つけた!』と自慢したが(=㊟北上田毅氏の人格は英雄主義で在る、因って、おだてりゃ乗る男だ)、事実は違う。

そして、京都大卒土木技師の北上田毅氏は軟弱地盤に数万本のパイル打ち込みで地盤強化出来ることを何故知らん振りした侭なのか。

何故、関西国際空港の世界最大数のパイル打ち込み事例を今も知らん振りして煽るだけなのか?


なお、関西国際空港建設工事の全てを撮影して特集番組で紹介したのがアメリカBS:ナショナルジオグラフィック。世界初の試みだったからだ。

最後に『完成後、それでも3m沈下するが設計内のことだった』として、沈下部分の撮影で〆た。


県土木建築部が知る仲井眞知事への2014年説明を、なぜ玉城知事が今更知らん振りするのか?

この一点だけで、玉城知事の『軟弱地盤の調査が不十分』の不承認理由が藻くずと化したこと。

調査不十分なら、県は物理的にパイル数が『〇万本』足らないと指摘するべきだろう。

パイル打ち込み本数は建築確認設計申請書で、真っ先に審査するのが『地盤』で在り、実際に『引き抜き(=強い地震の揺れでビルが地盤から引き抜かれて倒壊する現象)』が懸念されるから、もう一度改めてくれとの要請が在った例が福岡市で在る。

それも1か月もしない審査過程の要請で在った。

仲井眞知事が埋立承認する前に、軟弱地盤に関する問題で知事と県土木と沖縄防衛局との三者会談が在った。結論、『後の変更で対処出来る』だった。


【絶滅危惧種のジュゴンへの影響】

このスローガンを聴くと実に腹が立つ、ねじ曲がった左派のスローガンだからだ。

2014年10月沖縄知事選挙で現職仲井眞知事の公約がジュゴンに付いて【辺野古のジュゴンを政治の力で繁殖させる】と表した。

仲井眞知事が、外洋と回遊性が認められない辺野古のジュゴンを絶滅から救うために、公権力で【ジュゴン原産地の東南アジアから個体を輸入して辺野古で繁殖させる】と公約した。

この公約に、国内の動物学者が大喜びした。然し、翁長新知事の誕生で落胆した。翁長新知事が辺野古ジュゴンに言及していなかったからだ。

爾来7年間、玉城知事に移設阻止活動家が「ジュゴンを守れ」と言わずに政府へのスローガンにしている。だから、玉城知事もノーコメントで在る。

もっとも、「守れ」だけでは何も守ることが出来ない。ジュゴンの場合は、政治の力で繁殖させないと絶滅から救うことが出来ない。

然しだ、逆に移設阻止同調者に限ってジュゴンを繁殖させろと翁長知事と玉城知事に陳情したことが無いのが現実だ。ジュゴンを口にして誰もしない。


だから、ジュゴンを不承認理由に上げた玉城知事が単に反政府スローガンを焚き付けただけの事だ。

海兵隊を東京に引き取りましょうよ活動主催者の吉永小百合さん、綺麗ごとスローガンのためにジュゴンの命を政治に利用しないで下さいな。


【公有水面埋立法の要件に適合しない】

この件も辺野古海域漁業権の件で裁判所から一蹴されたことで(=新たに漁協を組成して賠償請求した輩たちが居た)結審したこと。

補償金をもらっておいて、その後また同じ理由でカネ寄こせは道理でも在りませんてば。

なんで、玉城知事は判例まで否定したのか? 会見で顔色の悪さは、それが理由だったのだろうか。



【不承認判断を受け、「ほっとしている」と語る北上田毅さん=25日、那覇市・沖縄タイムス社】の本人写真 ・・・ 中々ね、敵に回すと手強い。

家族三人共に市民活動家で生活している家庭。

京大卒土木技師以外は属性が一切不詳だが、十数年前に奥さんの実家那覇市内に帰郷した。

この男、普天間飛行場の金網フェンス前で一日中過ごすのがお仕事だったから、素性が判る。

早朝から普天間基地通勤の海兵隊員自家用車が来たら、その前をノロノロ運転して通行妨害することでメディアに名を上げた。

あの男に社会法規順守精神の矜持など皆無で在る、それが裏の顔で在り正体で在ることを沖縄タイムスが判り切っているはずです。

沖縄タイムス 辺野古担当班の記者が24時間携帯を掛けるお仲間さんで在ること。それを、北上田毅氏がブログで自慢するのだから世話無しです。


なお、在沖海兵隊本部キャンプフォスターの広報大尉が【毎朝フェンス前で「出てけ」を言う人たちは県民を代表していない、我々には支援を寄せる県民が居る】として、【我々は大統領命令で沖縄に派遣された、命を懸けて沖縄を守る。然し「出てけ」と言われたら、傷つく】と西日本新聞に証言した。

序に、【沖縄のメディアには情報操作が在る、米兵や軍属が起こした事件と事故を仰々しく報道するが、実際の発生率は国内のそれよりも低いのが事実で在る】と続けた。

情報操作と言えば、自衛隊も同じく世界の軍隊が特化する敵地かく乱工作でなんでも在りの仕事で在る。そのアメリカ海兵隊が琉球新報と沖縄タイムスの情報操作に根を上げるのだからさすがです。


唯一掴めたのが「キリスト教徒かも知れない」こと。那覇小禄教会から京都の教会まで、更にキリスト教師なら神奈川県まで人脈が大幅に広い。過激な日本キリスト教団大阪教区に繋がり懸念在り。

そして間違いなく韓国基督教団に深い人脈在り。

韓国基督教団と日本キリスト教団の活動指針が『米軍出てけ』で共通するので、辺野古のデモで暴力行為で捕まる活動家に在日と来日の韓国人の多いこと、これが辺野古に韓国人が集る理由なんだ。

極左なら警察庁から監視されているから、お天道様の前で辺野古デモの様に動きませんよ。

奴らが動くのは他人が油断する真夜中だけ。いま公判中の中核派おじいたんも真夜中に海保建物と機材に放火した罪状で在ること。


その沖縄の司令塔役が又もや北上田毅氏。在日来日韓国人が警察から暴力行為で捕まったら、最終報告が北上田毅氏のスマホに上がる。

中にはさ、機動隊員にテコンドー足蹴りを喰らわした来日韓国人おねえたんが居た。

同じく、暴力で神奈川県教師の公判に傍聴席が北上田毅氏と牧師さんだらけで那覇高裁が埋まった。

正しく傍聴席がミサと化した。あの被告人が死刑囚に寄り添う教誨師だったらこの上ない笑い話だ。


その北上田毅氏が翁長知事に接近して「県庁が得体の知れない様なものに乗っ取られた」と揶揄された男に昇格した。

仲井眞知事の埋立承認の是非は就任中の2014年沖縄県議会が議決し設置した百条委が【仲井眞知事の埋立承認に民主主義行政手続きの問題がなかった】と結論付けして辺野古事案が終わった。

その県議会が承認の民主主義行政手続きを2015年に翁長知事が否定したから、怒ったのが県庁土木部で在り、爾来、翁長知事と土木部に確執が起きた。翁長知事が民主主義行政手続きを否定イコール建築確認通知した土木部まで否定したからだ。

この重大な点を沖縄2紙が周知していないこと。

この時から、北上田毅氏が知事公室を侵食し出した。知事公室に「CP作成の難解な数学と物理学を駆使した設計書」を読める一級建築士が上記の確執理由でいないから、翁長知事が直ぐ縋った。

だから、2018年夏の沖縄防衛局に対する埋立承認撤回(=工事開始後は「撤回」になる)県庁聴聞会で、臨席した土木部長が知事代役の謝花副知事の答弁を一切無視した。

沖縄防衛局技官の質疑にしどろもどろの謝花副知事を傍で観ていた県庁幹部が「見ていて可哀想だった」と内地新聞に答えた。

ところがだ、この滅茶苦茶な聴聞会を琉球新報と沖縄タイムスが揃って「県の撤回主張が十分に説明尽くされた」と報道した。真逆の情報操作で〆た。


そして、玉城知事の時代にはますます北上田毅氏の県庁知事公室の浸食が顕著になり今に至る。

北上田毅氏の政治力? 糸数慶子元参議院議員なんて、北上田毅氏の走狗扱いで在ること。

そして、「糸数議員のお仲間さんが(高江ヘリパッド反対代表の極左)安次嶺さんでしょっ」と小野寺元防衛大臣がBSフジプライムニュース生番組で指摘したら、突如、糸数議員が【そんなに基地を押し付けるなら、もう、独立しかない! 沖縄には動きが在る!】と声を荒げた。恫喝も口が過ぎた。

【独立しかない! 沖縄には動きが在る】・・・ 推進役が日本共産党本部で在る。支えるのが中國共産党政府で在り、真っ赤な糸で繋がっている。

だから、中國軍に存在しない軽空母「呉かが」「横須賀いずも」と、陸自新型MVー22オスプレイ1個隊15機と、世界最強ステルス垂直離着陸機戦闘機F35B型ライトニング(空自48機、同A型空軍仕様が100機。在日米軍がB型90機、A型50機を揃える)の沖縄導入を阻害せしめんとしていること。

その実行細胞役が北上田毅氏って訳だ。既に、F35B型離着陸演習場の伊江島耐熱滑走路の訓練妨害目的で、手下と共に上陸している。地均しだ。  

コメントを投稿