狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

1941年8月、大西洋憲章発表、ルーズベルト、チャーチル

2022-05-24 10:43:32 | 外交・安全保障

 

【上昇気流】(2022年5月23日)

 

 

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

ブラックアウト アメリカ黒人による、“民主党の新たな奴隷農場"からの独立宣言  単行本¥2,530

キャンディス・オーウェンズ (著)

これは、米国政治のキャスティング・ヴォートを握る黒人たちに突きつけられた「保守」からの革命の書だ!
間違いなく今後の米国史を動かし、やがて21世紀の革命家と称されるであろう
黒人女性の記念碑的処女作
日本の若き女性国士にして、最も勇気あるジャーナリスト・我那覇真子(がなはまさこ)を翻訳者に迎え、ついに運命の邂逅(かいこう)。
本書を読まずして、今後の日米関係は一切語れない。

世界日報 [上昇気流]

会談中のフランクリン・ルーズベルトとウィンストン・チャーチル(Wikipediaより)

941年8月、ルーズベルト米大統領とチャーチル英首相は、カナダ東部ニューファンドランド沖の英艦上で会談し、「大西洋憲章」を発表した。第2次大戦と戦後世界に対する基本的な態度を明らかにしたもので、領土の不拡大、民族自決、貿易障壁の引き下げなどを謳(うた)っている。

戦後の大英帝国の解体、「関税貿易一般協定(GATT)」などはここから派生した。大戦勃発から2年も経過しておらず、ドイツのロシアでの攻勢が続き、米国はまだ参戦もしていなかった。

そんな段階で連合国側の勝利を信じ、戦後世界の構想を描いていたのだ。アングロサクソン恐るべしというべきか。

ロシアのウクライナ侵攻開始からきょうで3カ月。日米首脳会談では国連安全保障理事会の改革についても話し合われ、バイデン大統領は日本の常任理事国入りに支持を表明した。

もちろん、安保理改革が簡単にいくとは思われない。しかし国連憲章の精神を踏みにじり、力による一方的な現状変更、領土の拡大を行おうとしているロシアが、このまま常任理事国であり続けることはもはや悪い冗談というしかない。いずれにしても機能不全の安保理の改革がなされない限り、国連は世界の平和と自由を守る機関とはなり得ない。

ウクライナ戦争終結後の平和を守るため、ロシアのプーチン大統領の人道と文明への挑戦に対して、二度とこのような試みがなされない世界秩序を今から構想しておく必要がある。


コメント    この記事についてブログを書く
« バイデン大統領、日本の国連... | トップ | 日米首脳会談 自民・佐藤氏... »

コメントを投稿