狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄タイムス阿部岳記者の石井孝明提訴は自殺行為!

2021-11-25 09:58:32 | 政治

 

阿部岳記者が提訴 自らの首に突き刺さる刃か

The following two tabs change content below.
松田 隆🇯🇵 @東京 Tokyo🇯🇵

松田 隆青山学院大学大学院法務研究科卒業。1985年から2014年まで日刊スポーツ新聞社に勤務。退職後にフリーランスのジャーナリストとして活動を開始。

 沖縄タイムスの阿部岳記者が22日、ジャーナリストの石井孝明氏に対し、那覇地裁に損害賠償請求を提起した。ツイッター上で自身の名誉を毀損する投稿が続いたことに対して精神的な損害を受けたことなどを理由としている。しかし、その裏には訴訟制度を悪用する狙いがあるように見える。また、自身が反訴提起されるリスクも負ったと考えられ、石井氏に向けた刃は、自らの首に突き刺さるかもしれない。

■YouTubeライブで提訴趣旨説明

阿部岳Tube画面から

 阿部記者は同日、ツイッターで提訴した事実を明かし、さらにYouTubeを通じ、現場(那覇地裁付近とする)と室内から2度に渡ってライブで、その趣旨を説明した。

 1度目のライブでは以下のように述べた。

…那覇地裁の方に行ってきまして、名誉毀損の損害賠償を求める裁判を起こしてきました。…訴えた相手はですね、ジャーナリストの石井孝明さんという方で、石井氏はですね、私のツイッター上で『政治活動』とかですね、『ゴミ記者』とかですね、あるいは『デマを言っている』とかですね、そういったことを私にずっと、執拗に言っていて、かれこれ多分3年ぐらいになるんですが、この間、私から絡んだことは1回もなかったのですが、石井氏の方から執拗に絡んでくるということがありまして、私の精神的苦痛ということもそうなんですけども、私のしている仕事ですね、記事とか、書いているものとか、それのその信用性を貶めているので、これは放置できないということで、先ほど訴状を提出してきました。…」

 2度目のライブでは訴状と思われる書面を画面に示し、石井氏の問題となった発言を「発言一覧表」というタイトルの表で示している。画面から読み取れた一例を示す。

石井氏の書き込み:慰霊の日に、政治活動をするのはやめなさい。人として、静かに。恥ずかしい。そっと閉じました。沖縄タイムス、阿部岳氏、人倫に反します

摘示事実:原告が行なっている取材活動が、人倫に反する政治活動であるという事実

 発言一覧表には6つの発言が記載されているが、次ページにも続いているのかもしれない。上記の発言に関しては、①その行為が公共の利害に関する事実に係り、②もっぱら公益を図る目的に出たこと、③摘示された事実が真実であることが証明されたこと(真実と信ずるについての相当な理由にあるとき)、に該当し違法性の要件が欠けると判断されると考えるのが通常の思考であろう(最判昭和41年6月23日ほか)。

 この種の裁判でよく見られる、できるだけ多くの発言を名誉毀損に該当するとし、その中の1つでも認めてもらえれば、という常套手段と言っていい。

■那覇で提訴の目的

写真はイメージ

 阿部記者が訴えを提起するのは自由であるが、本件訴訟に関して言えば、那覇地裁に訴えを提起したという部分が問題となる。石井氏は東京在住、応訴の煩はかなりのレベルで予想される。

 そもそも民事訴訟の裁判籍は、被告の所在地が原則である。

【民事訴訟法4条】

①訴えは、被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する。

 この原則は「このような規律は、公平という観点による。訴訟は相手方と争ういわば喧嘩のようなものであり、相手方としてはいやいや付き合わされるものであるから、争いを始めようとする原告が、相手方となる被告に対して『自分のところに来い』と言える、というのは公平ではなく、むしろ原告を被告のところまで出向かせるのが公平である、と考えられるのである」(基礎からわかる民事訴訟法 p11-p12 和田吉弘 商事法務)。

 本来なら東京地裁に提起すべき訴訟を沖縄で提起したのは、おそらく同法5条9号の不法行為に関する訴えを利用したものであろう。つまり不法行為があった地でも提訴できるのであり、不法行為地には、不法行為が行われた地と結果が生じた地とが離れている場合は、どちらも不法行為地となると解されているという判例(大判大正3年10月20日)を参考にしたものと思われる。

■石井氏は移送の申し立てか

訴えは東京地裁へ移送される見通し(撮影・松田隆)

 こうした裁判籍の問題は、訴訟追行をする上で極めて重要なファクターとなる。東京に居住する者が沖縄での裁判を求められるのは大きな負担。阿部記者の請求金額は明らかではないが、せいぜい100万円程度と思われる裁判で、那覇まで何度も往復する費用と時間を考えただけでも訴えられた方からすれば応訴の煩は相当なものとなる。

 そのため、石井氏は移送の申し立てをすると思われる。これは同法17条の「遅滞を避ける等のための移送」であり、訴訟進行が遅れる場合のみならず「当事者間の衡平を図るため必要があると認めるときも同様である」(新民事訴訟法講義 第2版補訂2版 p82 中野貞一郎ほか 有斐閣)とされている。そして、その当事者間の衡平の判断は「『当事者及び尋問を受けるべき証人の住所、使用すべき検証物の所在地その他の事情』を考慮すべきものとされている」(同p82)。

 阿部氏は過去の記事やツイッターでの書き込みから民事訴訟法については全く知識がないと思われるが、その代理人は、石井氏が移送の申し立てをしてくることぐらい、予想しているはず。分かっていながら那覇地裁に提訴したのは、相手への負荷を大きくしようとする意図があったのではないか。

 管轄選択権は、訴訟当事者の事情を考慮して認められるものであり、その原則は前述のように被告の所在地である。訴訟手続きで被告に過分な負担を負わせ、訴訟追行を有利に進めようとしているとしたら、法の精神を軽視するもので許されることではない。そのことで逆に、東京地裁に移送という阿部記者にとって自滅と言えるような結果をもたらすかもしれない。

 以前から当サイトは阿部記者に「もう少し勉強してから記事を書きなさい」と忠告してきた(参照・沖縄タイムス阿部岳記者のコラム、不勉強さと思い込みに唖然)。せめて民法1条の規定ぐらいは読んでいただきたい。

【民法1条】

①私権は、公共の福祉に適合しなければならない。

②権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。

③権利の濫用は、これを許さない。

 新聞記者であれば、法に訴える者であれば、最低限この程度は弁えるべきである。

■民訴146条1項を読みなさい

 阿部氏が民事訴訟法についての知識がほとんどないと思われると書いたが、それは民法も同様である。阿部氏は1度目のライブで以下のように語っていた。

 「特に石井氏は沖縄に関すること、中国に関すること、朝鮮半島に関することで執拗にヘイトスピーチなどをしていてですね…」

 また、2度目のライブでも同様の発言をしている。

 「…悪名高いDHCの番組のですね、ニュース女子の番組が放送された後のことで、そういう意味でもいかにあの番組が差別を扇動したかということを、もう、証明の1つでもあると思いますが、これも石井氏のツイートも、それからニュース女子もですね、言っていることは結局、沖縄も朝鮮半島も中国も全部まとめて差別するというそれの1点ですよね。

 これらは名誉毀損にあたる事実の摘示と思われる。特にヘイトスピーチと断定している部分は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(ヘイトスピーチ解消法)の定義に該当するスピーチをしたということであるから、石井氏の名誉を傷つけているのは明らか。

 阿部氏は民事訴訟法146条1項を読むことをお勧めする。気分が高揚していたのかもしれないが、自らが損害賠償請求されかねない発言をしてしまったことを認識した方がいい。
 
【おまけ】
 

沖タイ阿部岳記者、ジャーナリストを提訴「ネットで中傷」

 

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 県、辺野古変更認めず!「あ... | トップ | 名護市長選、渡具知氏、自公... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2021-11-25 10:38:49
.
オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「琉銀旧本店 取り壊され残念」の宜野湾市・仲村直樹さん(50)は、1月15日、2月20日、8月29日、9月10、26日、11月17日に続き今年7回目の掲載。
「エイサー体感 爽やかな気分」の名護市・西原良逸さん(71)は、今年初掲載。
「勇気を与えた寂聴氏の言葉」の豊見城市・松原須奈子さん(73)は、1月13、21日、4月5、23日、5月12日、6月20日、7月31日、9月2日、10月1日、11月4日に続き今年11回目の掲載。
「保育園の運動会 職員に感謝」の西原町・伊敷ひろみさん(68)は、4月4日、6月19日、7月6日、8月8、28日、9月29日、10月19日、11月6日に続き今年9回目の掲載。
「国会議員の資質向上へ 人権尊重する研修必要」の那覇市・瀬名波榮啓さん(82)は、1月3日、3月12日、4月9日、5月5日、6月29日、9月18日、10月21日に続き今年8回目の掲載。
「アンネの日記」の那覇市・当真嗣寿雄さん(78)は、2月2日、5月2日、7月16日、9月7日に続き今年5回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。



.
地裁に自分で提訴との意味でしょうか? 俺の能力を見よって具合の示威行動ですね。 (坂田)
2021-11-25 14:11:00
沖縄タイムス阿部岳記者 変わった人です、会社は良く野放しに出来ますね。社内管理体制に疑問符が付きます、会社がさせている様に視えます。

もう、暴走を止められないのか。新聞社を代表する社員って無双ですね、論破か軟派か知らないけど型破りの英雄主義だ。

【阿部岳記者 天皇燃やす芸術に税金使うなと言う自称愛国者、表現の自由拡充も公の大切な仕事だ】

阿部岳記者が「自称愛国者」の新語を創った。「俺は愛国主義だ!」と、NHK特集番組で答えたのが読売新聞渡辺恒雄社長で、昨春のことだった。

NHK記者から「あなたは東大法学部のときから共産党員では在りませんでしたか?」の質問にカチンと来て声を荒げた。「共産党にガッカリしたから辞めて読売に入った!」と経緯を語った。

阿部岳記者が言う「自称愛国者」とは、或る種の自分の感情が移入した意味が在ると想う。彼が憎むネット上の在りもしない「ネトウヨ」で在る。

「ネトウヨ」って右翼を連想させる様な造語だが、右翼にその様な人はいない。差別をしない、外国人に対してもそうだ。

右翼に平然と他人の悪口を言ったり、堂々と侮蔑差別軽蔑差別の悪態を吐く人はいません。勿論、本物の左翼も同じ矜持です。


なぜなら、「愛国者」すなわち「愛」が行動根底思想で在り、愛しんで守る対象を持つからだ。

それが判らない阿部岳記者の「自称」は阿部氏こそ右翼でも左翼でもない単なるノンポリで在ります。

そもそも、愛国も右翼も左翼も自称することなど無いと想います。


【阿部岳記者 表現の自由拡充】 これは新聞記者として重大な問題発言で在る。最高裁判所の「表現の自由」判例をもろに否定している。

法務省サイトで、ヘイトスピーチに関する最高裁判所の判例が掲載されている(=最高裁判所第二小法廷・平成20年4月11日判決)

㊟表現の自由は民主主義社会において特に重要な権利として尊重されなければならないと判示しているように、表現の自由は数ある人権の中でも特に重要な権利であり、安易に制限されてはならないものです。しかし【最高裁判所が「憲法21条1項も表現の自由を絶対無制限に保障したものではなく、公共の福祉のため必要かつ合理的な制限を是認するものである」とも判示】して、【どのような表現行為でも常に許されるというものではありません】と法務省が解説しています。

即ち、「公共の福祉」とは社会道徳のことで在り、「他人に迷惑をかけない、嘘を吐かない」社会こそが幸せな公共福祉社会造りになります。

要するに、他人が嫌悪を催す表現に自由はないとする判決で在り、ドイツも同じ判決を下した。

ナチスを賛辞する展覧会を地元役所が中止させたことの訴訟で、裁判所が【公共福祉を損なうものは公権力で撤去させて良い】判決を下した。


この社会道徳で行動を自己規制する国が良いのか、或いは外国の様に法律でしか国民の行動を規制出来ない国が良いのか、阿部岳記者はどっち派ですか。
Unknown (amai yookan)
2021-11-25 23:37:00
やっと日本でも政府が金を出して「経済安保で半導体産業の復活」に向け動き出したよーだ

他国ではとっくの昔から、これやってたし、日本も以前はやっていた(=護送船団方式)が、なぜか(米に言われたのかな?)止めてしまって、今日の哀れな状態。

遅ればせながらデジタル庁もできたが、今日、見たニュース解説では、やっと「光半導体」に触れていたが、このソースは1年ほど前にラ技誌に載ってい居たのを、私が此処で紹介したことがある・遅いさー

「光半導体技術で6Gの時代を日本に、、」と、全機構で合作しないといけない・幸い日本が今のところトップレベルのよーだ・電力消費が200分の1・スピードも速いそーだ。
https://www.kyosemi.co.jp/knowledgecenter/semiconductor_device/

● 前に技術者がカバンを下げて、韓国便に列を連ねて並ばないよーに願いたいものだ・しっかりしろ!経営者(技術屋の給料が、平社員と同じでは、如何せんだ・・)

◆      ◆

それに引き換えデニーさんの、やってることは、何なの??・阿部岳も?恥を知りなさい!

コメントを投稿