狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

名誉回復に必死の沖縄タイムス

2015-03-08 08:34:16 | 未分類

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

                  ☆

昨日は土曜日。

宜野湾市のコンベンションホールで行われた航空自衛隊・南西航空音楽隊の「第9回定期演奏会」を鑑賞した。

当初、ブラスバンドによるマーチがメインのコンサートと先入観をもって臨んだが、実際のプログラムはビッグ・バンドの巨匠カウント・ベイシー没30年のトリビュートとアフロキューバンジャズ。筆者が高校生~大学生の頃全盛だったビッグバンドの名曲に、しばし半世紀前の青春の想い出に酔いしれた。

後半はゲストにキューバ出身のトランペット奏者ルイス・バシェ氏を迎えアフロキューバンジャズの名曲を楽しませていただいた。 バシェ氏の自在なトランペット奏法にプロとしての余裕を感じ、曲に合わせてスウィングする聴衆から万雷の拍手を得ていた。

宜野湾市のコンベンションホールでのコンサートには久しぶりだが、こんなすばらしい生演奏がメディアの告知がないため一般県民にはあまり知られていないのは残念である。

コンサート終了後、珍しい寿司バーでコンサートの余韻に浸りながら旨い寿司を堪能した。

              ★

昨日の辺野古では防衛局の移設工事は行われず、海保の警備もなかったもよう。 地元紙に「順法精神で紳士的に抗議活動をしている」と報じられている抗議団は「鬼の居ぬ間」に一体何をしたか。

本日の沖縄タイムス社会面の下部にこんなベタ記事が。(一面から辺野古移設関連記事は完全に消えたが)

海上は作業なし

台船に市民上る

「名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは7日、抗議船やカヌーで「臨時制限区域」の内に入り(略)抗議船市民二人が台船の支柱をつたい、作業台船まで上った。」(※文末に【追記】あり)

彼ら「市民ら」の行為は決して誤って制限区域内に入ったのではない。 制限区域内に侵入し作業船に上るという違法行為を犯した確信犯である。

 では、これまで沖縄タイムスが抗議団の違法行為を正直に報道したのか。 従来は「紳士的な市民団体vs過剰警備の海保」と報じていたではないか。

その理由は、先月海上保安庁が、辺野古沖の海上警備について全国紙やテレビ各局など在京メディアに、過剰警備を伝える沖縄タイムス、琉球新報の地元2紙の紙面を見せ「誤報」と指摘していたからだ。

野古過剰警備、海保「沖縄2紙は誤報」在京メディアに異例説明 沖縄タイムス 2015年2月21日

沖縄2紙は偏向新聞であることは夙に知られた事実である。

だが昨年11月の知事選では、偏向報道を通り越し書きたい放題の捏造報道で翁長氏を知事に当選させた。

以来、「沖縄の民意は新聞が作る」とでも言わんばかりに捏造報道を続け「在京メディア」に「沖縄2紙は誤報」と報じられる前代未聞の状況に陥った。

ネットのない時代ならいざ知らず、ネットが普及した昨今、いくら沖縄2紙が捏造報道を続けても真実はネットの動画などが伝えてくれる。

お気の毒にも沖縄タイムスも真っ赤な嘘のつきにくい時代になったのだ。(涙)

真っ赤な嘘はともかく、グレーの印象操作については昨日の記事で書いた。

 

辺野古埋め立てに際し、国と県の「事前協議」についてだ。

辺野古実施設計の事前協議 防衛相も必要性認識 沖縄タイムス 2015年3月6日 
 
菅氏、辺野古埋め立て事前協議の知事権限「あり得ない」 - 琉球 ...琉球新報 2015年3月6日 

                                         ☆

沖縄2紙から情報を得る限り、辺野古移設に関し菅官房長官と中谷防衛大臣という関係閣僚の意見が全く異なるということになる。

辺野古で警備に当たる海上保安庁が「沖縄メディアは誤報が多い」と発言するのも当然である。

いや、これでも海上保安庁は遠慮して「誤報」としているが、意図せず間違った報道をしたのが「誤報」とするなら、沖縄メディアの報道は確信犯的に間違った報道をしているのが明らかだ。

「捏造報道」とした方が正しいのではないか。

 で、実際はどうだったのか。

辺野古でトンブロック再投下 知事の停止指示後初 ⇒琉球新報 2015年3月6日

菅官房長官が昨年の知事選の前の明言していた通り、辺野古移設は国の専権事項として粛々と進行していることになる。

ところが一夜明けた7日の新聞報道の見出しを見ると違った印象を受けるから、沖縄紙は信用できない。

事前協議「当然」も辺野古工事推進 菅官房長官2015年3月7日 08:39

事前協議の必要性を否定していた菅官房長官が一夜にして必要性を認めた印象を受ける。

実際はどうなのか。

【東京】菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、名護市辺野古への新基地建設に関し、埋め立て工事の着工前に県と事前協議する必要性を認める一方、協議の結果にかかわらず工事を推進する考えを強調した。

 実にわかりにくい記事だが、菅官房長官の言いたいことは「事業者として誠実に対応する」立場かから「事前協議の必要性は、認めるが「協議の「結果に関わらず工事は推進する」ということだ。

菅官房長官の意見が一夜にして変わったわけではない。

菅官房長官の意見は昨年11月の知事選の前から、「どなたが知事に選ばれても辺野古移設は粛々と侵攻する」と首尾一貫している。

同じニュースをRBCニュースは次のように報じている。

RBCニュース 2015/03/06 19:23

埋め立て前協議 菅長官「事業者として誠実に対応

 普天間基地の移設に向けた辺野古の埋め立て工事で、県が本体工事の前に協議が必要だと指摘していることについて菅官房長官は「事業者として誠実に対応する」と述べ協議に応じる考えを示しました。

 「この留意事項とされたことについてですね、事業者として誠実に対応することは当然であると思っていますけども」(菅官房長官)
 菅官房長官は会見でこのように述べ、県が埋め立て承認の際に留意事項とした本体工事着手前の事前協議に、応じる考えを示しました。
 しかし、その上で「結論が変わることはない」と強調し、辺野古移設を粛々と進める方針を繰り返し説明しています。
 一方、名護市辺野古沖では6日午前、海底ボーリング調査に使用されるスパット台船に作業員数人が乗り、掘削に向けて準備を進める様子が確認されました。
 政府は辺野古沖の水深が深い地点でのボーリング調査を実施したうえで、夏ごろにも護岸の設置など本体工事に着手したい考えです

                       ★

米国は脅威だが中国・北朝鮮は脅威ではないと妄信する沖縄タイムスの本日の紙面に尖閣周辺の中国船の暴挙を報じる記事は一行もないが、八重山日報はちゃんと新聞の役目を果たしている。

尖閣周辺に中国船3隻 初確認の船も

 
尖閣周辺で初確認された海警2307(第11管区海上保安本部提供)尖閣周辺で初確認された海警2307(第11管区海上保安本部提供)

 第11管区海上保安部によると、6日午前8時ごろ、尖閣諸島(石垣市登野城)の領海外側にある接続水域に、中国海警局の船「海警2101」「海警2305」「海警2307」が相次いで入った。中国公船が尖閣周辺を航行するのは2月28日以来、6日ぶり。海警2307は尖閣周辺で初確認の船。

 3隻は7日も2日連続で接続水域内を航行。

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

            ★

【追記】

「名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは7日、抗議船やカヌーで「臨時制限区域」の内に入り(略)抗議船市民二人が台船の支柱をつたい、作業台船まで上った。」

上記記事の文末にこんなくだりがある。

抗議船には、県議会与党に社民・護憲会派の新里米吉県議ら8人が乗船し、会場の様子を視察。「沖縄の海を壊すな」と抗議の声を上げた。

県議という公職に有りながら、「市民ら」が確信犯的に制限地域に侵入し台船によじ登るという違法行為を目撃していながら、違法行為を止めるように注意をするどころか、彼らに声援を送っている。

次の県議会で「違法行為を奨励する県議」として新里県議らを糾弾すべきではないか。

彼ら違法県議とこれを報じる沖縄2紙の関係は「反戦平和は免罪符」そのものではないか。(怒)

 「新里米吉」の画像検索結果
新里米吉県議

 【追記】

辺野古の「平和活動家」たちの確信犯的違法行為。

【動画】三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記-第17回

 

【おまけ】

県の世論調査によると沖縄県民の約9割は中国人が嫌いであるが、沖縄タイムスは民意に反してこんな人物を過去に支援していた。

以下は過去ブログの再掲である。

米国は脅威だが中国・北朝鮮は脅威でない!  2010-11-26

 伊波候補が共産党、社民党の支援を受ける極左活動家であることは、日米安保に反対し、米軍基地反対、自衛隊配備反対という政策を見ても明らかであるが、「中国、北朝鮮は脅威ではないが米国は脅威である」と公言するとは、信じれられない県民も多いだろう。

だが、伊波候補は海外特派員境界で記者会見をした際、外国人記者から

「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、

伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」、と答えている。

伊波候補は同盟国の米国を敵と看做し、尖閣はおろか沖縄の領有権も主張する中国や、無法国家の北朝鮮に親しみを感じる極左思想の人物である。

宜野湾市長「ノーと言い続けることが最大の抵抗」

2010年06月17日
 


伊波洋一・宜野湾市長。米軍再編の流れの中で普天間移転を考える必要性を説いた。【16日、海外特派員協会=東京・有楽町=。写真:筆者撮影】


 世界一危険な飛行場と言われる米軍普天間基地を抱える沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長が16日、海外特派員協会で記者会見を開いた。市長はグアム移転の妥当性を強調した。

 伊波市長が先ず挙げたのは普天間基地の実情と日本政府の認識のギャップである。「『普天間は即時閉鎖すべきである』というのが米国の基準を知る者にとっては常識」。
 ところが「岡田外務大臣は『辺野古(滑走路)が出来なければ普天間は動かない』と言って憚らない。危険性を14年間放置しているが、『そのままにしていていいんだ』ということが当り前に語られる、この落差」。
 市長は「ここ(落差)をしっかり見つめていかなければならない」と力を込めた。

 伊波市長の持論は「米軍再編の流れの中で普天間基地の移設を考える」だ。
「『(グアムの)アンダーセン空軍基地に海兵隊のヘリ部隊が来る』と4月に地元市長が記者会見で明らかにしている。米軍はテロとの戦争のために同盟国との関わりを重視している。日米安保条約は第3国の軍隊を日本の基地に入れることを禁止しており、沖縄では多国籍軍の訓練はできない。米軍は多国籍軍のためにテニアン、グアム、マリアナを中心に基地を作ろうとしている」。
 
 伊波市長は上記の事実を踏まえて「普天間問題」の解決策を鳩山政権に提言したが……。「グアム移転の詳細を明らかにし普天間、辺野古の問題を解決するための資料を(官邸に)提供したが活かされなかった」。
 伊波市長によれば、鳩山首相周辺にブロックされて秘書官にも渡らなかったという。

 鳩山前首相の「最低でも県外」発言は、寝た子を起こしてしまったと言える。伊波市長は次のように話した。
 「基地は容認しないが発展するために受け入れて行こうという自公系の首長が基地反対に変わった。容認派の首長も『基地を支えよう』という心が折れた。今さら受け入れてくれと言っても無理。大きな変化を防衛大臣も外務大臣も官房長官も読めなかった。菅総理はそこをしっかり受け止めて対処しなければ決して前に進むことはできない」。

 外国人記者から「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」。

 記者会見が終わった後、筆者は伊波市長に「誰が知事になっても辺野古の『埋め立て許可』のサインはできないでしょう?」と尋ねた。海面埋め立ての許認可権限は県知事が持つ。市長は「県民がノーと言い続けることが最大の抵抗」。基地の島に生まれ育ってきた闘士ならではの答えが返ってきた。
 
              ★
 

 ■祖国再生運動 IN 沖縄■

皆様

本土では、反日左翼が闊歩する沖縄というイメージがあるようですが、これは5~6年前の事。今や沖縄は全国でも有数の保守運動の盛んな地域となっています。以下は一般参加で行われるイベント等の紹介です。都合が宜しければ参加下さい。

 

3月8日 「尖閣問題、教育問題を考える講演会」総合教育研究所15時~ 会費500円

3月9日 新日本沖縄史教育研究会講座 パレット久茂地9F 18時30分 会費500円

3月14日 第2回沖縄戦を考える集い 県立博物館講堂 18時30分~  会費500円

 

ニシコリ拝

 

 

 

言志2015年3月 vol.3

著者/訳者:チャンネル桜

出版社:ビジネス社( 2015-02-20 )

単行本 ( 207 ページ )

 

本号の内容

 

戦後70年の日本

 

安倍昭恵 内閣総理大臣夫人
 「本当の世界平和を構築できるのは日本だけです」
萩生田光一 安倍総裁特別補佐
 「『戦後レジームからの脱却』を目指す安倍政権の姿勢は不変」
有村治子 女性活躍担当大臣
 「すべての女性が生き方に自信と誇りを持てる社会に」

なでしこ日本~日本女性のあり方
 杉田水脈・川口マーン惠美・クライン孝子・有本香・福島香織・河添恵子・桜井裕子
戦後日本の現状をどこまで認め、どこまで否定するのか?
 山正之・三橋貴明・中野剛志・小川榮太郎・馬渕睦夫・関岡英之・西部 邁・東谷 暁
 田村秀男・伊藤 貫・上島嘉郎・渡邉哲也・佐藤健志・田中英道・日下公人・西尾幹二・小堀桂一郎
徹底分析「朝日新聞第三者検証委員会」
 西岡 力・水間政憲
いま、沖縄が本当にあぶない!
 惠隆之介・手登根安則・江崎 孝
経済成長と財政再建の両立は可能である
 藤井 聡
「死にますわ」ジャーナリズム本来の面目
 水島総

発行:日本文化チャンネル桜 発売:ビジネス社

=============================================

 
【送料無料!】「言志」通信販売のお知らせ


新しい「言志」は、直接、チャンネル桜でもお買い求めいただけます。
(電子書籍販売やデータ通販等はございません)
送料無料ですから、お近くの書店に無い場合等、大変便利です。
是非、ご利用ください。

定価:800円(税込)送料無料


ご希望の方は、下記情報をチャンネル桜(info@ch-sakura.jp、FAX 03-3407-2432)までお送りいただき、
ご本人様名義でお振込ください。

1.名前

2.ふりがな

3.郵便番号

4.住所(マンション名等まで記載ください)

5.電話番号

6.希望号数

7.希望冊数

【振込先】
 三井住友銀行 恵比寿支店
 [普通口座] 7040228
 [口座名義] 株式会社日本文化チャンネル桜
 (読み:カ)ニホンブンカチャンネルサクラ)

 郵便振替口座 00150-3-719001
 [口座名義]言志(読み:ゲンシ)

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「辺野古移設は過去の問題!... | トップ | 「オール沖縄」の集会が2000... »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-03-08 09:00:02
サヨク的には活動を知らせて共感を得たいのだろうが、タイムス、新報が伝える活動家イメージとは違う印象をばら撒く。

「三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記-第17回 」
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=7vHDfRcEjM4

ネットはもろ刃の剣。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (Unknown)
2015-03-08 11:04:04

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒限定の「ぼくも私も」などを除く)。

那覇市の高安さんは、1月4、13、21日、2月6、16日に続き今年6回目の掲載。
浦添市の国吉さんは、1月19、31日、2月8日に続き今年4回目の掲載。
那覇市の瀬良垣さんは、1月27日、2月15、28日に続き今年4回目の掲載。この方は、2013年に21回掲載されるも昨年は1月に3回のみ。元気を回復されたようで何より。
西原町の具志堅さんは、1月1、8、26日、2月21日に続き今年5回目の掲載。
那覇市の赤嶺さんは、1月3日、2月23日に続き今年3回目の掲載。
那覇市の喜舎場さんは昨年10月19日以来の登場。
那覇市の船越さんは昨年2月23日以来の登場。


「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿に頼っているだけでは、担当者は仕事をしたことにならない。

Unknown (cloud)
2015-03-08 12:18:08
三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記-第17回
見ました、これはやくざの言い方ですね。
この動画拡散したら活動家を見る目が変わりますね。
Unknown (東子)
2015-03-08 13:35:46
「<社説>ブロック再投入 知事権限で作業止めよ 2015年3月8日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239982-storytopic-11.html

>岩礁破砕許可区域外に投入したブロックがサンゴ礁を傷つけている問題で、翁長雄志知事がブロック設置作業の停止などを指示したのに、それを一顧だにすることなく再び沈めた。
>新たにブロックを沈めた場所は、岩礁破砕許可区域の境界付近だ。国は「区域内」と主張するが、線が引かれているわけではない。
>いったん前知事から岩礁破砕許可を得たからといって強引に作業を進めても、決して新基地建設を許さないという民意は揺るがない。
>翁長知事には速やかに知事権限を行使してもらいたい。
>決断の時だ。

「許可区域外」へのブロック設置作業停止指示したことなど、関係無く
線が引かれていないから、区域外に設置したかどうか判定できないけれど
「岩礁破砕許可区域外に投入した」ブロックを確認できたかどうかに関係無く
岩礁破砕許可という「法的」なことより「情緒」の人の「情」を優先して

翁長知事は止めよ! とは、凄いですね~。
もう、無法でやれって言っているのと同じ。

無法で言いながら、他方で権限でと言う矛盾。
権限で、と言えるということは、法的に裏付けがあるということ。
そもそも、知事という立場が法的に保証されている。
無法の勧めをしておきながら、自分は法で守ってもらいたいという、新報の主張の矛盾を気づかれないと思っているなら、ずいぶん、新報は県民を馬鹿にしている。
Unknown (越来のK本S子)
2015-03-08 13:52:15
沖縄の「ISIL(イスラム国、イスラミックステート)」こと、
過激派組織・「ヘノコ国」がらみの発狂記事。


オスプレイ配備抗議 伊江島、村内外から百人
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239996-storytopic-1.html

↑過激派組織・「ヘノコ国」の前身、「オスプレイコヮイダ」の集会について。

…まだ、「未亡人製造機」だの「オスプレイの騒音」だのを信じるイタいヤツらが残ってたのね~…(笑)。


基地、原発「子に継ぐものでない」 久保田さん辺野古集会で訴え
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239987-storytopic-1.html

↑今週、震災から4年目を迎えるので、「ヘノコ国」に参加している「脱・卒・反」原発過激派組織・「ゲンパツコヮイダ」のメンバーも登場させましたよ…な感じの発狂記事。

>2人の子どもを連れて(茨城県)水戸市から那覇市に避難した久保田美奈穂さん(36)…

…について調べたら、↓こんなん出ましたケド。

生業を返せ!地域を返せ!東電と政府に福島原発事故被害の全面賠償を求めて、院内集会が開かれる。 : 木星通信 @irakusa
http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/23750383.html

>茨城県から沖縄に避難中の久保田美奈穂さん(34)が「子どもの尿からセシウム134、137が検出されました、どうしてくれるんですか?」と検査結果の紙を見せながら東電の役員達に詰めよりました。「お金なんかいらない、元に戻してください!」と二児の母親である久保田さんの怒りの声に対して、東電は「セシウムが出たからと言って、健康に影響があるとは限らない」と答え、会場の参加者からは「無責任だ!」「あなた達が福島に住んで下さい!」と怒りの声があがり、会場は一時騒然となりました。
http://livedoor.blogimg.jp/mu71-jupiterpress/imgs/b/e/beedc289.jpg


…はぁ~!? 「嫌がらせされる」ぅ~!?

「嫌がらせ」してるの、どっちだよ(笑)!?

>家族や友人からは「嫌がらせされる」などと反対された。


…まっ、所詮は原発事故にビビッて、沖縄くんだりまで逃げるような卑怯者の、ただの戯言ね(笑)。
Unknown (越来のK本S子)
2015-03-08 13:59:06
沖縄の「ISIL(イスラム国、イスラミックステート)」こと、
過激派組織・「ヘノコ国」の、本日のテロ活動報告。

辺野古新基地:ゲート前で、市民ら約30人が抗議
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=106238

2015年3月8日 11:55

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、新基地建設に反対する市民ら約30人が8日午前、「埋め立て反対」「工事をやめろ」と抗議の声を上げた。

 名護市の稲嶺進市長が市民らのテントを訪れ、「お疲れさま」と激励した。


…これまた、ずいぶん素っ気ない発狂記事ね~(笑)。
Unknown (東子)
2015-03-08 14:02:46
「【沖縄が危ない】「沖縄独立論」政治家や知識人も便乗 独立後は「中国がお金を出してくれる」 2015.03.07」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150307/dms1503071530001-n1.htm?view=pc

>沖縄のオピニオンリーダーと呼ばれる層を「沖縄独立論」がじわじわと汚染し始めている。沖縄の県紙は、県民に独立論への共感をあおり立て、「反米軍基地」の潮流に乗る政治家や知識人も、独立論に便乗した人気取りにきゅうきゅうとしている。
>「国際人権規約は人民の自己決定権を保障している。自らの運命に関わる中央政府の意思決定過程に参加できる権利で、それが著しく損なわれた場合、独立を主張できる」
>2月11日付の県紙「琉球新報」は、1ページをまるごと使った特集で、沖縄の「自己決定権」を誇示した。
>沖縄では、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対することが、「自己決定権」の行使と称されている。

国の専権事項でも、独立してしまえば、日本ではないので、「米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対することができる」と理論。


沖縄サヨクの実態が知られてきたら、
  沖縄サヨクは、一部の人で、
  しかも県外から来た人
  あるいは、県内でも辺野古以外から来た人で、
  沖縄県民も変な人達という認識はあって、
  彼らとタイムス、新報の「総意」という言葉のせいで、県民すべてがあのようだと誤解されて迷惑している
  一般の県民はむしろ被害者
という声が、沖縄から聞こえてくる。

が、沖縄サヨク批判から一歩進んで、「変な人達だからかかわらないでおこう」という被害者一般県民へ、ぼちぼち批判が出始めている。
のさばらしておくから、彼らはやりたい放題なんだと。

一般県民を非難するのは、気の毒な気がする。
それより、のさばらしているのは、名護署、県警だと思う。
がまんしている良識ある人達に、いつまで、名護署、県警は、甘えるのだ。
ネットのおかげで、左翼の皆様の生態系が色々拡散しています。 (ayumi61)
2015-03-08 14:18:04
>狼魔人様、東子様
三上智恵さんの動画については、「保守速報」でも取り上げられていますね。

【衝撃動画】沖縄・辺野古で機動隊を脅迫するプロ市民がヤバすぎる・・・
http://hosyusokuhou.jp/archives/43082645.html

三上さんといい、yanbarukanashiさん(目取真俊氏のブログから)といい、活動家の皆様は、「如何に自分達が、違法で凶暴な抗議活動をしているか」ということを全国に知らしめる事に余念がありません。「自分たちの主張や面子に都合の悪い真実を語ることは非倫理的」という「ヒキ」の徳目はどこにいったのでしょうか?こんなことでは、とてもではありませんが、「立派な中国人」にはなれません。

ついでにリンク先ではこんな記事もあります。
【証拠画像】沖縄で活動するプロ市民「基地反対集会や座り込みのバイトは日当2万プラス弁当がつく日もある」
http://hosyusokuhou.jp/archives/34307736.html

>やっぱり噂は本当だった! プロ市民のバイト代の存在を夕刊フジが暴露

内容は、大高未貴氏が「夕刊フジ」の連載に載せた記事です。ぜひご参照ください。
「反対運動には日当が支払われている」という話も載っています。

直接の関連はありませんが、↓の記事は面白かったです。

プロ市民を祖母に持つ者ですが質問ある?
http://hosyusokuhou.jp/archives/19043358.html

これは、東京在住の方の話のようですが、割と「プロ市民」というものの生態がきちんと描かれている気がします。
Unknown (東子)
2015-03-08 14:31:32
「日台漁業協定、「船間4カイリ」合意せず 昼夜交代の水域拡大 2015年3月8日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239984-storytopic-4.html

>日本側が強く求めていた全水域での船間4カイリ(約7・4キロ)操業の適用は合意に達しなかった。
>八重山諸島北側の三角水域の一部で、日台漁船が昼夜交代で操業する範囲を拡大することは合意した。

日本側の漁業水域、拡大できましたね。
拡大できた水域で10隻ほど、今より漁船を増やせる。

ところで、沖縄が従来の南北分割を東西分割主張して宮崎と調整がとれず日本内で分裂?と思った分割、挿絵をみると従来の南北に収まったようですね。
なんだったんだろう、沖縄の東西分割案。


>日台双方が24時間体制で連日操業できるようになる。
>日台の漁船が昼夜交代で操業するのは八重山北方の三角水域のうち、東経124度以東と東経123度以西の水域。
>マグロ漁業期の4月1日から7月31日まで、日本漁船が昼に、台湾漁船が夜にそれぞれ操業する。
>台湾側が縄を引き上げている間に、日本側の縄が水域に広がる仕組みになり、トラブルを回避し、双方が同等に操業する狙いがある。

昼夜操業して、水産資源の枯渇は心配ないのか?
Unknown (東子)
2015-03-08 14:31:53
「<社説>日台漁業取り決め 海の自己決定権の回復を 2015年3月8日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239983-storytopic-11.html

尖閣水域で操業した台湾漁民を中国はたきつけて、日本への圧力に利用するので、台湾漁民に操業区域を割愛するかわりに、領土主張から手を引かせたことを、沖縄漁民の犠牲の上に、国が尖閣を護るために勝手に決めたと、沖縄県民には、決める権利がないのか、と。
防衛、外交、領土問題なのに、辺野古移設と同じに、「自主決定権を踏みにじられている」「沖縄は犠牲」の構図をかぶせてくるタイムス、新報。

2年前、日台漁業協定を結ぶ前は、どうっだったか。
がたいの大きい台湾漁船に、荒らされまくりで、石垣の漁民は困っていた。
海保が間に入るものの、取り締まる縁(よすが)がなく、強く海保はでられなかった。
それを、尖閣問題で中台分離と、漁民を守るための目的で、日台業業協定を結んだ。
確かに、石垣漁民が望んでいた完全形ではなかったが、その後、海保は台湾漁船を取り締まれるようになって取り締まっている。
海保の取り締まりに感謝しているから、先日のシュワブゲート前での石垣市議の海保擁護の演説になるのだ。

コメントを投稿

トラックバック

【狼魔人日記】在京メディアに誤報道を指摘され、沖縄メディアが報道姿勢を一部訂正した事を指摘 「いくら (PEACH ちゃんねる)
【狼魔人日記】在京メディアに誤報道を指摘され、沖縄メディアが報道姿勢を一部訂正した事を指摘 「いくら沖縄2紙が捏造報道を続けても真実はネットの動画などが伝えてくれる。」 [H27/3/8]