狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

我那覇真子のインタビュー記事、「現代の奴隷農場」に囚われる米国の黒人社会

2022-05-29 05:24:58 | 資料保管庫
 
 

「現代の奴隷農場」に囚われる米国の黒人社会

 

「民主党からの独立」訴える女性活動家に学ぶ自助論 ジャーナリスト・我那覇真子氏に聞く

  •  
米国で注目を集める黒人の女性保守派活動家、キャンディス・オーウェンズ氏の著書『ブラックアウト』の邦訳版が出版された(方丈社刊)。民主党は黒人の味方だという認識は米国のみならず日本でも定着しているが、オーウェンズ氏の見方は正反対だ。黒人を福祉漬けにして自立心を奪ってきたのが民主党であり、同党の「新たな奴隷農場」から脱出しなければならないと訴えている。本書は黒人に向けて書かれたが、自助の精神なき社会に希望はないとの主張は、活力を失った日本社会にも通じるものだ。翻訳を担当したジャーナリストの我那覇真子氏に、本書を通じて日本人に伝えたいメッセージなどを聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行
我那覇真子(がなは・まさこ) 1989年、沖縄県名護市生まれ。保守政治活動家・独立系ジャーナリスト。早稲田大学人間科学部卒。琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員。2020年米大統領選を数カ月間取材し、投票前後の混乱などを連日ユーチューブで配信。著書に『日本を守る沖縄の戦い』。

――邦訳版を出した目的は。

日本人は今、自分の国で起きていることに気付き、行動に移さなければいけない時に来ています。米国では何の肩書きもない一般の人たちが実際に立ち上がり、国を動かす大きなうねりを巻き起こしています。その中心になっているのがキャンディスさんです。

草の根の国民が立ち上がり、国をつくっていく。そうした精神を日本にもぜひ伝えたい、われわれも学びたい。そうした思いから邦訳版出版の話を喜んで引き受けました。

――本書は、現代の米国の黒人は「民主党の奴隷農場」に囚われていると断じ、民主党は黒人の味方だという既成概念を根本から覆しています。

米国では、ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切、BLM)運動が話題になっていますが、キャンディスさんはこの運動をフェイクだと断じ、黒人はそうした嘘から目覚めなければいけないと強く訴えています。その号令が、本書のタイトル『ブラックアウト』なのです。

福祉漬けで民主党の集票マシーンに

これはどういうことかと言うと、黒人は永遠の被害者で、差別され続けるかわいそうな存在である、だから福祉政策を強く打ち出す民主党に投票しなさい、そういうシナリオが作り上げられているのです。かつて差別が存在したことは事実です。しかし、黒人は今も搾取され続けているという自虐史観を植え付けられ、民主党の集票マシーンにさせられてしまっているのです。

「民主党の奴隷農場」から脱却しなければ、本当の黒人コミュニティーの幸せはないし、成功も遠のいてしまう。キャンディスさんはそう訴えているのです。『ブラックアウト』とは、民主党の奴隷農場からブラック(黒人)がアウト(脱出)するという意味です。

われわれ日本人も何かから脱出する、「ジャパンアウト」をしないといけません。

キャンディス・オーウェンズ(Candace Owens) 1989年、米コネチカット州出身。米国で注目を集める保守政治活動家。民主党の岩盤支持層である黒人有権者に対し、同党からの離脱を訴える「#Blexit運動」を立ち上げ、脚光を浴びる。民主党のバラマキ福祉によるマイノリティー保護政策は、新たな奴隷制であると喝破した著書『ブラックアウト』は、全米50万部突破のベストセラーに。(撮影:マイケル・ヨン)

――奴隷というと、鎖でつながれ、強制労働をさせられるといったイメージがあります。現代の黒人は法的には平等でも、過剰な福祉政策などによって自立心が奪われ、精神的、思想的に奴隷状態に置かれているということでしょうか。

そうです。情報戦によって自虐史観を植え付けられ、精神的に囚われの身、奴隷化されているのが、現代の黒人だというのです。黒人に自由を与えたのは民主党だという勘違いをしている人が少なくありません。

ブラックアウトはもともと停電という意味です。黒人はこれまで、民主党によってライトをともされ、誘導されてきた。ここから脱却するためには、このライトを停電させ、自分たちの手で明かりをともし、自主独立の精神で進んでいく必要がある、という意味もタイトルに込められています。

――オーウェンズ氏も若い頃はリベラルな価値観に傾斜していましたが、トランプ大統領の選挙演説を聞いて目が覚めたと述べています。トランプ氏のメッセージはなぜ彼女の琴線に触れたのでしょうか。

キャンディスさんは、トランプ氏の「何を失うというのですか?」という言葉でハッとしたと述べています。オブラートに包んだ表現で支持を訴えるのではなく、黒人に対して「これ以上、何を失うというのだ」というダイレクトなメッセージが、トランプ氏は本音で語る人物だと伝わったのではないでしょうか。

黒人社会は今、層の厚いプロパガンダによってがんじがらめにされています。トランプ氏のように力強い言葉でダイレクトに訴えかける人でないと、この状況から黒人を引っ張り出すことができない。キャンディスさんはそう気付いたのでしょう。

崩壊した黒人家庭、7割が父親不在

――黒人社会が貧困や経済格差に苦しむ要因について、本書は父親が家にいないことだとはっきり言っています。

私も本書を読んで驚いたのですが、黒人家庭の7割で父親がいないそうです。奴隷制の時代に家族が引き離される悲惨な歴史を経験し、家族の大切さを誰よりも分かっているはずの黒人家庭がこうなっているのは、意図的な結果だというのです。

例えば、米国では中絶問題が大きな話題になっていますが、中絶手術をする施設が意図的に黒人コミュニティーの近くにつくられているのです。BLM運動によって黒人が白人警官に殺されているというプロパガンダが広がっていますが、実は黒人にとって最も危ないのは母親のお腹の中なのです。優生学的思想を持つ人たちが、意図的にこうしたキャンペーンを展開してきました。

民主党は黒人をコントロールするために、黒人コミュニティーを弱体化させる必要がありました。そのためにはまず、黒人家庭をバラバラにする、父親不在の家庭を増やす必要があったのです。黒人家庭を福祉漬けにし、母親は子供の父親と結婚するよりも、シングルマザーとして政府から補助金をもらったほうが得だという仕組みを作り上げました。つまり、黒人の母親を旦那さんではなく、政府と結婚させるようにしたのです。

かわいそうな家庭を助けるという美辞麗句の下で、黒人家庭に対する攻撃が行われてきました。キャンディスさんは、黒人社会の回復に必要なのは、何より家庭に父親がいることだと訴えています。これは日本社会にも当てはまることです。

キャンディス・オーウェンズ氏(右)にインタビューした我那覇真子氏(撮影:マイケル・ヨン)

――黒人に被害者意識を植え付け、国民を分断する手法はマルクス主義そのものです。本書は「黒人が今日主張する抑圧の考え方は、共産主義からきたものだ」と断言しています。黒人社会が直面する困難や米国社会の分断は、突き詰めるとマルクス主義、共産主義に行き着くということでしょうか。

全くその通りだと思います。メディアの支援によって大きな存在になったBLM運動は、共産主義を勉強したと公言する筋金入りの人たちがリーダーになって社会を分断しています。

BLM運動もそうですが、差別を受けていない黒人が、差別をしていない白人に対して、償わなくていい罪を償わせようとする構図をつくりだしています。全く関係ない人たちが過去の歴史を利用してお金の流れをつくり、社会の分断を図っているのです。

キャンディスさんは私のインタビューでも話していたのですが、家族の否定やLGBT(性的少数者)イデオロギーの推進、気候変動対策など、突き詰めると、すべてが家庭の分断につながるというのです。家庭が崩壊すれば、支配したい人たちが国民を洗脳しやすくなり、共産主義国家に近づいていくことになるからです。

気候変動対策がなぜ家庭の分断につながるのかと疑問に思ったのですが、キャンディスさんによると、環境活動家たちは人口が多すぎることが気候変動を引き起こしていると主張し、子供たちに子供を持たないよう思想教育をしているというのです。

――本書は、左翼の圧力によって米国社会からキリスト教の伝統が失われていることを嘆いています。左翼勢力が米国から信仰を排除しようとする狙いは何でしょうか。

人間が生きていく原動力は、やはり信仰だと思います。敬虔なクリスチャンであるキャンディスさんの強さもそこから来ています。

米国民をターゲットにして攻撃している勢力は、米国を骨抜きにしなければならないと考えています。だからこそ、国民から信仰心を奪おうとしているのです。国民の信仰の対象を神ではなく、政府に変えようとしている。これは本当に恐ろしいことです。われわれ日本人も政府を信仰していないかと、われに返らせられます。

だからこそ、米国で今、立ち上がったのは、クリスチャンが多い。トランプ大統領の集会に行って驚いたのですが、集会は数万人の参加者が一緒に祈ることから始まりました。これを見て、宗教の力は本当にすごいと思いました。

日本人は無神論者と言う人もいますが、私は決してそうは思いません。私はクリスチャンではありませんが、日本人的な宗教観に基づき、信仰は大切であり、日本のバックボーンだと思っています。

――黒人有権者の5~10%でも民主党の奴隷農場から抜け出るだけでも、米国の政治バランスは劇的に変わります。

その通りです。だからこそ、キャンディスさんは共和党の副大統領候補として名前が挙がることもあります。黒人の有権者が少しでも目覚めれば、米国の運命も変わります。さらに日本の運命まで変わると、私は思っています。

私はキャンディスさんとのインタビューで、思わず日本も救ってほしいと言いました。これは何も日本の命運を彼女に丸投げするという意味ではありません。米国が世界に与える影響を考えれば、米国の保守派、とりわけその中心になっているキャンディスさんに頑張ってもらえれば、日本も自立できるようになると思うのです。

キャンディスさんたちは、米国の主権を本当に意味で取り戻そうとしている。日本も「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」(WGIP)などによって自立できなくなりました。米国が本来の米国に戻ることができれば、日本も本来の日本になれるチャンスが来ると思うのです。

――黒人の民主党離れは今後、広がっていくでしょうか。

米国では、政治家よりも先に国民が目覚めています。国民の反映が政治家ですから、目覚めた国民の声を吸い上げるリーダーがさらに増えていくと思います。そうした勢力が今後減ることはまずなく、どれだけ増えていくか、どれだけスピードが速いか、という流れだと思います。

取材したトランプ氏の集会には、「私は民主党員だけど、トランプ氏を支持する」という人がいました。この人は中絶に強く反対するクリスチャンで、人間の生命を大事にする政治をするのは誰か、そう言っていました。これらの有権者は政党の枠組みではなく、価値の枠組みで判断しており、こうした動きはどんどん広がっていると感じます。

日本にも求められる国民の「覚醒」

――本書は黒人社会に向けて書かれたものですが、邦訳版を通じて日本人に伝えたいメッセージは。

この本は黒人の歴史や米国社会について書かれたものですが、一国を破壊する手口は同じです。つまり、日本でも同じことが行われている。黒人が置かれている立場を自分たちに置き換えて、日本ではどうなっているかに気付いてほしいのです。

例えば、不必要にLGBT問題がイデオロギー化し、日本に押し寄せています。学校でも伝統を破壊するような教育が行われています。この本で語られていることは、程度は違うかもしれませんが、日本でも起きていることなのです。国家は同じ原理で成り立っていますから、同じ原理で壊せばいいというわけです。

本書にはキャンディスさんの体験談が多く書かれており、自助論の側面が非常に強い。日本人も物事を解決するには自助精神しかないことを、今一度気付かなければいけない。本書を現代の自助論として日本人に読んでほしいと思います。

――黒人は被害者意識を植え付けられてきましたが、これは沖縄問題にも通じるのでは。

私が本書に共感し、わが事のように読んだのは、沖縄県民である自分たちが置かれている立場が重なったからです。沖縄県民は米国の黒人のように、日本の分断工作に使われています。

沖縄は政府から多額の補助金やさまざまな優遇政策を受けています。私はこれまで、沖縄にお金が入ってくるのは発展のためだから疑問を抱くことではないと思っていました。しかし、沖縄はかわいそうという理由で補助金を与えることは、被害者意識を高めることにつながっています。従って、政府の補助金漬けは、沖縄にとって根本的には良くないものだと思います。

ブラックアウト – 方 丈 社 (hojosha.co.jp)
 
コメント (2)    この記事についてブログを書く
« 【速報】自民沖縄、知事選に... | トップ | 【ゼレンスキーです】松本人... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2022-05-29 10:45:23
.
オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「戦争の英雄つくる動き懸念」の那覇市・大城勝さん(70)は、今年初掲載。
「復帰50年変わらぬ現状嘆く」の那覇市・友寄賢二さん(70)は、1月29日、2月26日、4月17日、5月8日に続き今年5回目の掲載。
「口先だけ『沖縄に寄り添う』」の那覇市・岸正明さん(62)は、2月12日、3月13日に続き今年3回目の掲載。
「『辺野古唯一』百遍唱えても」の与那原町・山城きよ子さん(74)は、3月7日、4月26日、5月26日に続き今年4回目の掲載。
「電子書籍 筋書き酷似の2冊」の八重瀬町・新垣徹さん(71)は、2020年1月30日以来の掲載。
「家内と孫の味覚勝負を静観」の那覇市・上原勇吉さん(78)は、4月22日に続き今年2回目の掲載。
「『命どぅ宝』為政者は覚醒を」の那覇市・南研作さん(78)は、2月21日、3月29日に続き今年3回目の掲載。
「ロシアの領土拡張 1世紀前と変わらぬ野心」の沖縄市・比嘉秀善さん(88)は、4月21日に続き今年2回目の掲載。
「母を見送って」の東京都・三塩美津子さん(75)は、今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。

.
Unknown (amai yookan)
2022-05-29 12:23:07
>「福祉漬けで民主党の集票マシーンに」
これはどういうことかと言うと、黒人は永遠の被害者で、差別され続けるかわいそうな存在である、だから福祉政策を強く打ち出す民主党に投票しなさい、そういうシナリオが作り上げられているのです。

???????????????????!!!!!!!!!!!!

● 恵隆之介さんが「沖縄は、振興基金にドップリ浸かってしまっている」と言われているが、

この指摘されている「米・黒人社会を→沖縄を置き換えて考えて見る」って視点。なのか?その延長として

● もっと広げて「日本全体・現代社会全体」について考えよう。って助言でしょうか?多分?

コメントを投稿