狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

島袋氏の辞退は99%ノーである!

2013-12-09 06:45:12 | 県知事選

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

■イベントの御知らせ■

<12・14沖繩マスコミ正常化推進大会in沖縄市「名護の真実、沖繩の危機」>      

~沖縄マスコミの反米・反日報道に騙されるな~

◎日 時:平成25年1214日(土) 受付:午後1時 / 開会:午後1時30分
◎場 所:沖縄市市民会館中ホール (住所:沖縄県沖縄市八重島1-1-1)
◎参加費:500円

     ◇マスコミ正常化推進大会◇

◎「中国人の日本人なりすまし移住」
 講師:坂東忠信(外国人犯罪対策講師 元警視庁通訳捜査官)

◎「尖閣諸島を福建省にした中国」
 講師:鳴霞・めいか(月刊中国主幹)

◎「豊かな名護市へ」(ビデオ・メッセージ)
  島袋吉和(全名護市長、元全国市議会議長会監事)

◎「名護市民の願い」
  我那覇真子(名護市民)


   ◇マスコミ正常化写真展◇
~沖縄を第二のウイグルにしてはならない!~

写真展「ウイグルの実態! 偏向報道の実態!」

◎展示時間:午後1時~4時30分

■主催:沖縄対策本部 ■後援:勁草会 / チーム沖縄
■お問い合せ:TEL070-5410-1675(仲村雅己)

             ★

■ご協力のお願い■

■辺野古を抱える名護市長選挙に臨む決意■

私たちは島袋ヨシカズ氏を支える「名護市を豊かにする市民の会」です。

島袋ヨシカズ氏は17年間、国防に不可欠なのは普天間基地の辺野古移設だと訴えてきましたが、4年前の市長選挙に惜敗したことで普天間移設に遅れを生じています。

今回の選挙では島袋氏に是非当選してもらい辺野古移設にケリをつけてもらうべく頑張っています。

そのためにも皆さんに是非とも資金的協力をお願いいたします。

             名護市を豊かにする市民の会

               会長  當山 正範

お振込先のご案内

銀行名;   琉球銀行 大宮支店

口座番号:  普通預金 566745

口座名義:  名護市を豊かにする市民の会
         会長 當山正範(トウヤマ セイハン)

                 ★

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

このところ「オール沖縄の崩壊」「秘密法の成立」等々沖縄2紙の方針とは逆の方向に世の中は変わりつつある。 追い詰められた挙句、連日の大発狂で悶絶死寸前の沖縄タイムスも流石に疲れたのか、本日の第一面トップにはこんな大見出しが・・・。

東京スポーツの向こうを張って沖縄スポーツと改名するつもりか。

■第一面トップ

優作、ツアー初V

男子ゴルフ最終戦 JT杯

■第二社会面トップ

待望初V 地元歓喜

悲願の優勝 一家も涙

いくら地元地元出身のゴルファーが優勝したからといって「オール沖縄」でゴルフ好きでもなかろうに、東京スポーツがそんなにうらやましいのか。(笑)

さらに一面、社会面トップでは満足せず号外まで出したというのだから、「オール沖縄の崩壊」で沖縄タイムスもついに壊れてしまったのだろう。(爆)

<a href='http://viewer.okinawatimes.co.jp/books/viewer/app/P000000427/2013/12/08' target='_blank'>号外</a>

号外

もっとも米軍関連の抗議集会や米軍ヘリからペットボトルが落ちても号外が出る沖縄タイムスなら、ゴルフの優勝で号外が出てもおかしくはない。

             ★

■名護市長選

名護市長選は「県外」の稲嶺氏、「辺野古誘致の」島袋氏、「あいまい戦術」の末松氏の3候補による三つ巴戦でほぼ決定と5日の時点でエントリーした。

三つ巴戦で決定!名護市長選

が、その後もコメント欄は「島袋降ろし」のコメントなどで活発である。

筆者の知る限り、島袋氏が立候補断念する可能性は99%ノーである。

一部情報によると末松氏は自民党県連や仲井真県知事に立候補辞退を申し出たが、両者とも出馬声明の記者会見で支援者として揃ってテレビカメラに映し出された手前、辞退されては困るとのことで「俺の顔を潰す気か」と激怒され、辞退する事が出来なくなったとのこと。

したがって三つ巴戦はほぼ確実だと考える。

コメント欄で現状を的確に捉えていると思われるigoigoさんのコメントを引用する。

 島袋氏は本気だ

(沖縄市民)様
あなたの島袋降ろしの情熱を末松降ろしに向ければ万事うまく行くと思います。

何故ならば島袋氏の言動からは不退転の決意が伺えます。
おそらく、現在、まだ自民党の党員に所属していても場合によっては離党する可能性があります。

そうなれば自民党本部のコントロールは効かなくなります。
自民党本部のコントロールが効くのは未だ県会議員で党員あるいは県連の影響下の末松氏だけです。

お分かりでしょうか?島袋氏の意思次第でもう「詰み」の状態なのです。

その場合、共倒れになった責任は自民県連ないし党本部と言うことになります

   よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 昨日までで連載した「『貶められた日本兵』連載の趣旨」は終了したが、大阪での講演会で配布した資料には「補記」があったので、それを紹介する。

【補記】

■援護金業務での宮村幸延氏の功績■

座間味村役所の援護係・宮村幸延氏は、援護法の折衝のため何度か上京しており、その結果、軍の命令を聞き分けられないと判断される6歳未満児から0歳児でも、63年以降準軍属として確定することになったようである。
そしてそのときの宮村氏の努力は現在も座間味村役所に宮村氏の「功績」として記録に留められていると言う。
現在公式には厚生労省に「軍命を付した援護法の申請書」の存在はないということになっている。
当時の厚生省の「拡大解釈」は、拡大を通り超して「違法解釈」と言われても仕方がない。 
つまり厚生省の措置は、村役場と遺族を含む三者が口裏を合わせて公金を横領したと言われても仕方のない強引な処理である。

■宮村が「侘び状」を書いた理由■

元座間味村遺族会会長宮村幸延氏は、座間味島の自分が経営するペンションに訪ねてきた梅澤元戦隊長に「軍命を出した」と濡れ衣を着せたことを謝罪し、自筆捺印の「詫び状」を梅澤氏に書いた。
おそらくは『鉄の暴風』に死亡したと記述されていることを良いことに、座間味村役所の援護担当の宮村氏は梅澤氏の署名捺印を偽造して厚生省に「命令書付き申請書」を提出していたのではないか。
そして、宮村氏は、死んだはずのお富さんならぬ梅澤さんが生きていると知って驚天動地の心境だったのではないか。
何しろ、梅澤さんの署名捺印を偽造していたとしたら、「公金横領」は厚生省の指導による共同責任だとしても、公文書偽造の個人責任はまぬかれない。
梅澤さんに対する「侘び状」は、そんな宮村氏の個人的な後ろめたさも加わって書いたのではなかったのか。
ところが、その後突然、「梅澤氏に無理やり泥酔させられて書いた」として前言を翻すことになる。
その態度豹変の裏には沖縄タイムスの強力な圧力が推測される。

■「侘び状」による沖縄タイムスの衝撃■

それには、その後の梅沢さんの行動から、宮村氏の心の動きは容易に推定できることである。

その時点(1987年)で、沖縄タイムは『鉄の暴風』の「梅澤死亡」の誤記を、口止め料を富村順一氏に払った上、ひと言の説明もなく削除している(1980年版から削除)。
ところが、梅澤さんが沖縄タイムスを訪問し、「侮辱的誤記」に関し謝罪を求めたため、事態は思わぬ方向へ進展していく。
梅澤さんは昭和63年(1988年)111日、沖縄タイムスで対応した新川明氏に「誤記」の謝罪を求め、宮村幸延氏の「侘び状」を見せる。
「軍命派」の総本山の沖縄タイムスとしては、「誤記」に対する謝罪要求に動揺はしたが、謝罪はともかく、軍命を否定した「侘び状」をそのまま是として受け入れるわけにはいかなかった。
沖縄タイムスは次のように考えた。
富村氏の恐喝による口止め料支払いは、万が一露見してもあくまで「誤記」という些細な問題である。 だが梅澤氏の示した「詫び状」を沖縄タイムスが認めて、梅澤さんに謝罪文を書いたとしたら、戦後40年近く主張してきた『鉄の暴風』の歴史観が完全に覆ってしまう。
そうなれば沖縄タイムスの屋台骨を揺るがしかねない重大事件になる。
そこで、タイムスは確認の時間稼ぎのため次回の面談を約束し、座間味村当局に「侘び状」の件と村当局の「軍命の有無」についての公式見解を問いただす。
驚いたのは座間味村当局。 宮村幸延氏の「侘び状」をそのまま認めたら、村ぐるみで「公文書偽造」をして「公金横領」したことを公的に認めたことになる。
そこで苦労の結果考え出した結果はこうだった。
最初は「侘び状は偽物」と主張したが、本人の筆跡だと分かると急遽「泥酔させられて書いた。記憶がない」という苦し紛れの弁解を考え付く。
沖縄タイムスの問い合わせが同年の113なのに、座間味村の回答が半月も遅れた理由は「侘び状」の言い訳を考えるため、宮村氏と座間味村長宮里正太郎氏が四苦八苦したことが推測できる。

結局、同月18日付けの宮里村長の回答は「村当局が座間味島の集団自決は軍命令としている」と主張、沖縄タイムス史観を踏襲したので、沖縄タイムスの新川明氏を安堵させることになる。
10年前、富村順一氏に梅澤死亡の記事で恐喝された沖縄タイムスにとって、宮村氏の「侘び状」を座間味村当局が認めてしまったら、『鉄の暴風』の最重要テーマの「軍命説」が一気に崩壊してしまう絶体絶命の危機であった。
そこで、「公金横領」や「公文書偽造」で村の弱みを握る沖縄タイムスが座間味村当局に強い圧力を加えたことは容易に想像できる。
沖縄タイムスは社運をかけて宮村氏自筆の「侘び状」を無効化させるため、座間味村と宮村氏個人に圧力を加え、最終的には運命共同体として共同戦線を張ったのだ。

「泥酔して書かされた侘び状は無効だ」という口実で。
一方の梅澤さんは、その頃既に宮城初枝氏の「梅澤さんは命令していない」という証言を得ている上、宮村氏の「侘び状」まで得た余裕からなのか、座間味村や宮村氏を苦しい立場に追い込むことは避けたい様子が、タイムス訪問時の次の発言から垣間見ることが出来る。

「座間味の見解を撤回させられたら、それについてですね、タイムスのほうもまた検討するとおっしゃるが、わたしはそんなことはしません。あの人たちが、今、非常に心配だと思うが、村長さん、宮村幸延さん、立派な人ですよ。それから宮城初枝さん、私を救出してくれたわけですよ、結局ね。ですから、もう私は、この問題に関して一切やめます。もうタイムスとの間に、何のわだかまりも作りたくない。以上です。」(梅澤氏の沖縄タイムスでの発言)
その時、梅澤氏は後年宮城初枝氏の実の娘晴美氏が母の遺言を否定したり、「侘び状」を書いた宮村氏が前言を翻すなどとは夢想もせずに、このような余裕の発言をし、村当局や宮村氏を窮地に追い込むくらいなら、沖縄タイムスとの謝罪交渉を打ち切っても良いといったニュアンスの発言をしている。

事実その後交渉は打ち切られている。

【おまけ】

 

海自高級幹部、パタクセントリバーでMV-22Bオスプレイを見学2013/12/08 22:00

アメリカ海軍航空システム軍団(NAVAIR)は2013年12月6日、自衛隊統合幕僚監部運用部長の河村正雄海将が、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地を訪れ、MV-22Bオスプレイを見学したと発表しました。

河村海将は、海兵隊の第21試験評価飛行隊(HX-21)のジェイムズ・ギブソン少佐から、MV-22Bのユニークな特性について説明を受けました。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

「かみつく4」は「沖縄民主主義4」と改題しました。

 

価格:1235円(税・送料込み)

「民主主義4」の店頭発売は12月ですが、当日記で先行発売、ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp

 

     
稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる

 「かみつく3」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつく2 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

 


コメント (23)    この記事についてブログを書く
« 夢よもう一度!「オールー沖... | トップ | 誰にもわかる特定秘密保護法... »

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (沖縄市民)
2013-12-09 07:45:42
稲嶺勝利でオナガが息を吹き返し、二紙が大喜び。左翼がますますつけ上がる姿が見えます。
ここも負け惜しみ書き込みで溢れる。
残念無念。
Unknown (Unknown)
2013-12-09 07:52:00

サヨクも認定するO市長。そろそろカミングアウトする時期ですよ。
Unknown (大北区民)
2013-12-09 07:54:16
一部情報(笑)
99%(笑)
Unknown (Unknown)
2013-12-09 08:05:42
>・・・・「俺の顔を潰す気か」と激怒され、辞退する事が出来なくなったとのこと。

県知事は未確認だが、自民党県連の関係者に確認したら、末松氏の辞退申し出は事実のようである。
最善の落とし所は (Leprechaun)
2013-12-09 09:57:13
末松氏、「南部病院に緊急入院。病名は現在検査中。中長期の療養が必要なため市長選挙断念」という展開なんですけどね。

昔の自民党本部ではよく使われた手なのですが。
嘘でも今なら「うん、病気なら仕方ないね」と殆どの人が納得するはず。
Unknown (Unknown)
2013-12-09 10:35:30
名護市長選挙が どっちに転んでも政府は粛々と国防の為に辺野古に基地を移すでしょうし、移すべきです。国民の莫大な税金を投入し毎回駄々をこねる沖縄をこれ以上甘やかす必要は有りません。まるで韓国を見ているようですよ。ないちゃーは優しいから口にしないけど翁長の売国や那覇市庁舎の豪華さや龍柱問題などなど内地の基地のある他の自治体は呆れてるでしょうね。もう、いい加減に被害者史観はやめた方がいい、地上戦は沖縄だけじゃない、北海道でもあったし将来の子供達の為にもならない。でも、県民の意識を変えるのは不可能に近いでしょうね。中国に支配されないとわからないかも。
反日メディアの垂れ流し (安仁屋正昭)
2013-12-09 12:14:31
名無しの権平殿
貴殿を始めとる本土の人々は、反日メディアの報道を鵜呑みにし過ぎです
今年知事公室が仕掛けたアンケート調査でも明らかになった如く、沖縄県民の90%以上は中国が嫌いです
ところが、メディアでは、琉球王朝時代の王府の儀式だの、やれ冊封時代の儀式だのと親中派の久米崇聖会や支那の工作員に載せられた一部のポンカス共の愚行をさも沖縄県民の本意のように報じていますが、
巷では、事実嫌がれています

今回の特別機密法案の成立を阻止しようとした報道も同様ではありませんか?
報道をそのまま受けとめれば、内地の人々は安全保障が分かっていないねとなりますが、
あの報道は変更した編集がなされているはずです
↑の意見に同感です。 (豊見城市民)
2013-12-09 12:19:47
2013-12-09 10:35:30のコメントに同感です。
沖縄県人は、そろそろ被害者意識から脱却して
沖縄は日本国の防衛の要、日本を守る防波堤となっていると誇りをもってもらいたい。

中国に支配されてから目が覚めても、遅いのです。
二度と日本に復帰は出来ないでしょう。
↑の意見に同感です。 (豊見城市民)
2013-12-09 12:20:10
2013-12-09 10:35:30のコメントに同感です。
沖縄県人は、そろそろ被害者意識から脱却して
沖縄は日本国の防衛の要、日本を守る防波堤となっていると誇りをもってもらいたい。

中国に支配されてから目が覚めても、遅いのです。
二度と日本に復帰は出来ないでしょう。
Unknown (kipuron)
2013-12-09 12:46:47
>もう、いい加減に被害者史観はやめた方がいい、地上戦は沖縄だけじゃない、... でも、県民の意識を変えるのは不可能に近いでしょうね。中国に支配されないとわからないかも。

2013-12-09 10:35:30-Unknownさん、「被害者史観」には私も同感、ホントうんざりします。在米韓国系団体が「自分たちは歴史の被害者だ」とアメリカのコミュニティーに慰安婦問題や日本海と東海に絡めて侵略国日本と何も知らないアメリカ人にすりこんでいます。以前、邦人の先輩主婦に日本人の子は『ジャップ』と呼ばれ、傷つくこともあるから気をつけてとアドバイスを受けました。それが今では『レイピスト』になってしまいました。「被害者史観」はこうも醜く豹変していくものだと見せつけられています。

でもまだ沖縄には希望はありますよ。管理人さんたちの活動のお蔭で、私を含めノンポリだった多くの沖縄県民が沖縄メディア、政治家たちの欺瞞に気づき始めているので、これから沖縄の本当の声を聞いてください。

コメントを投稿