狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

首里城の保険料、一ケタ間違う 年間2940万円を294万円

2019-11-09 08:27:34 | 経済

狼魔人日記

 NO!残紙キャンペーンサイト 

最初にクリックお願いします

美ら島財団が一発で正しい情報を出したためしはない。

この財団はいい加減過ぎです。理事の前職など経歴をみてみたい。県の職員のOBなどが、結構名を連ねているかもしれない。沖縄のマスコミが県や財団をかばうのは、玉城県知事のマイナス材料になることを恐れてなのでは。週刊文春や新潮には、ぜひ理事について調べていただきたい。財団の職員に県の幹部の子弟たちが多数入り込んでいないかもお願いします。

何処もここも、管理がずさんだ事。
原因が延長コードとなればだれが責任を取るのでしょうか。
それとも有耶無耶にして、それで税金で再建して欲しいと言うのでしょうか。


首里城の保険料、一ケタ間違う 年間2940万円を294万円

11/8(金) 18:18配信

産経新聞

 焼失した那覇市の首里城に関し、沖縄県は8日の県議会経済労働委員会で、県から首里城の運営を委託されている「沖縄美(ちゅ)ら島財団」が支払う火災保険の保険料は、年間2940万円だと訂正した。県はこれまで、年間294万円と説明していた。

【写真】黒くすすけた竜をかたどった「大龍柱」

 県土木建築部の担当者は同委で「財団から訂正があり、年間の保険料が一桁違った」と説明した。支払限度額に関しては、従来の説明通り最大70億円だという。保険金は、首里城公園を所有する国が受け取る仕組みとなっている。

 一方、県文化観光スポーツ部の新垣健一部長は同委で、首里城焼失が沖縄観光に与えた影響について「今のところ、首里城火災によって団体客キャンセルの情報はいただいていない」と答弁した。また、航空会社に聞き取り調査に基づき、「搭乗率の低下の動きは聞いていない」と説明した。

 

最終更新:11/8(金) 23:28
産経新聞

 
 
  • kei*****

    首里城は、緊急で修復する問題ではありません。
    防火措置などの安全性を十分検討してから修復すべきです。
    それよりも冬が到来するというのに、いまだに自宅等で生活
    ができない東北や関東地方の台風被害者に対する支援を急ぐ
    べきです。

  • 自業自得

    何処もここも、管理がずさんだ事。
    原因が延長コードとなればだれが責任を取るのでしょうか。
    それとも有耶無耶にして、それで税金で再建して欲しいと言うのでしょうか。

  • usi*****

    美ら島財団が一発で正しい情報を出したためしはない

  • ni1*****

    沖縄の方には悪いが税金を投入しての修復となれば優先順位的には地震や台風で被災された地域や人に先に使って欲しいと思う!

  • tos*****

    別に首里城目当てだけで沖縄に行く人って少ないだろうに…

  • hos*****

    首里城を再建すべきではない。
    「首里城正殿跡」 と書かれた杭を1本打てば、それで良い。
    お金は生きている人間のために使うべし。

  • ua8*****

    管理者がこんな状態では募金を募る方もおかしいし、募金する方も考えなければならないと思いますがね。
    カネの話でこれじゃあ・・・

  • caterpillar

    観光客激減しているならすぐに再建というのもあったけど、観光客に影響無いなら無くてもいいよね?

  • j_o*****

    首里城は1回行けば十分だと思う。
    保険料で賄える範囲で、多少ハリボテでもいいかも。

  • aki*****

    まずは、原因の徹底究明調査より、今後の再建を含めた対応策を国・県を主体で検討し、再建をすべきと思います。しかし、火災の責任部署は、調査結果より明確にすべきと思います。首里城火災に関しての地元マスコミの報道は、県・市・財団の発言を主体とした報道が多く、またこの発言は、責任回避としか思えない気がしますが、私だけでしょうか?

  • cademm*****

    沖縄県全体が何かを隠そうとしているように思える。
    火災発生時の責任者が何も発言がない、本当に現場で見回り巡回をしたのだろうか?
    もし午前1時30分に巡回していれば、異変に気が付いたはず。
    最後に電源をOFFにした人、鍵をかけた人物がいるだろう。

  • 日本ヘイトを許さない

    色々隠したい事実がありそうだ。

  • bds*****

    再建については、少し時間を掛けて検討すればどうでしょうか。
    現状では、責任の所在もはっきりしませんし、政府は何をあわてているんでしょうか。
    そこまで、沖縄に対して負い目を感じることもないと思うのですが。

  • yay*****

    正殿だけ建てて、他はこうだったけど家事で焼けた。と歴史に刻みましょう。自然災害でだめ押し受けた方や、ダム、河川等に使うべき。自然災害は来年も再来年も起きますよ。

  • sum*****

    延長コードが原因?たこ足か、束ねたか?いずれにしても、イベント主催者と県の管理責任。寄付を集めるのはいいけれど、保険金はいくら出るの?

  • kei*****

    なんか流れ的に早急に再建する必要があるような流れに持っていってる気がするが、政府からの支援はこれよりもまず台風で被害にあわれた方を優先すべき。
    首里城が燃えたのは管理がずさんだったから。
    問題やら責任やらを解決しなければまた同じことの繰り返しになる。
    誰も責任なしにしてはならない。
    ましてや国に押し付けようものなら言語道断。
    税金を当てにしているような気がしてならない。

  • uen*****

    消防体制、消防設備等の詳細が全然報じられていない。火が出たら消せない事が証明されたんだから十分な対策も出来ないのに再建の話しは早すぎでしょ。また高価な薪になるよ。

  • qqw*****

    保険料についてゼロを一つ見間違えただけという程度であればまあ許せるだろうけど…
     死者が出なかったとはいえこれだけの大規模火災だったら普通は原因の解明、責任の所在の明確化、十分な対策を練ってから初めて再建許可の話になるだろう。
     ましてや世界遺産とはいえ首里城がないと人々の生活に支障があるというものではない。
     なんか責任をうやむやにするため、観光収入を得るため、「悲劇の沖縄」をアピールするために重要なことをスルーしているような感じがするな。
     これが他の建造物だったら管理者はつるし上げになっているぞ

  • hir*****

    首里城に行ったことの無い沖縄の人が結構いますよ。行ったと言っても、学校や行事で強制的なケースが多いような。
    火災があって、その重要性に気がついたのでは。
    祭りと泡盛の方が良いか

  • hm_*****

    保険金が確定してから再建の話しが自然だよね。
    保険会社の査定のほうが関係者より信用できる。
    最高で70億らしいが、失火の過失具合で変わるのでしょう。
    杜撰な管理、重過失はある意味保険金詐欺と呼べなくもないかな?
    裁判になれば尚良いね。
    あ、今思いついたけど、財団にも管理費払ってるかな?
    警備会社は民間でしょ?費用払ってるよね?
    ちゃんと契約通り管理、警備していたか、
    見逃していた部分あったりしない?
    住民監査請求とかの対象にならないかな?
    沖縄の弁護士さん、どうですか?

  • iya*****

    保険入ってたの?
    デニーが一生懸命
    支援支援言ってるけどさ
    なんなの?

  • qco*****

    沖縄県政にメスを入れる必要がありそうですね

  • としより

    沖縄県は国の責任にしたいようだが、
    現管理者は沖縄県。
    スプリンクラーつけてなかったのは県の責任。

  • merdeka

    首里城の実物大模型に興味はない

  • ret*****

    首里城の管理がややこしいので、いろいろ疑問がわきますね。きちんとした報道を期待しています。

    そもそも防火管理者や火元責任者は誰なのか。

    また、警備員は財団の職員なのか、それとも警備会社の社員なのか。

    県から財団への年間委託料とその内訳はどうなっているのか。財団への補助金はあるのか。

    ……火災事故の原因の前に、まず基本的なことがよく分かりませんね。

  • yt1*****

    今回のことは残念ではあったが、個人的にはこの首里城にはあまり感動はしなかった。中国風の建物と装飾に抵抗があったかも知れない。映画のセットのようで荘厳さがない。今帰仁城の方が自分は好きだ。
    だからという訳でもないが、再建は慌ててする必要はない。このことを政治的に利用しようとしているような気もするので、余計にそう思う。

  • rin*****

    この財団はいい加減過ぎです。理事の前職など経歴をみてみたい。県の職員のOBなどが、結構名を連ねているかもしれない。沖縄のマスコミが県や財団をかばうのは、玉城県知事のマイナス材料になることを恐れてなのでは。週刊文春や新潮には、ぜひ理事について調べていただきたい。財団の職員に県の幹部の子弟たちが多数入り込んでいないかもお願いします。

  • y*****

    保険かけたなら、税金は必要ないよね
    よかった

  • zha*****

    首里城は防災対策工事ではありません。首里城の復旧については、資材の調達方法や、職人の手配、台風対策、火災対策、を十分に行ってからやるべきです。木材の不燃化だって出来るのですよ。完全復旧に拘ってはいけない、と考えます。地元は復旧を焦ります。焦っては失敗します。時間を掛けて検討すべき日本のテストケースですよ

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 衛藤沖縄北方相、首里城焼失... | トップ | 【首里城火災】原因は延長コ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (首里城焼失で色者座談会 再建へお色直し提言)
2019-11-09 09:07:02
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000001-ryu-oki

 首里城火災を受けて琉球新報社の専門家を招いた識者座談会が開かれた。債権へ国民の負担を高め、火災の責任や文化財保護や研究体制の強化・深化へつなげていく意義などについて提言あった。

 中本氏は、首里城の防火設備について説明し「当時としては、外観の建物を出来る限り死守した。(火災でうわべが焼失し)残念だが、それが学ぶわれわれの務めだ」と指摘した。

 資料約500点が焼失したことについて、宮城氏は、焼失した東京の尚家資料などに、現時点では文化財に指定されていなくても「県指定国の不利になる文化財として貴重な資料があった」と名残惜死んだ。

 豊見山氏は「焼失した資料の目録を早めに作り、どう捏造を進めていくのか取り組むのを監視する必要がある」と強調した。

焼失した資料のデジタル保存はどうなっていたのだろうか?!
複合施設等にある他の文化財保護はどうなっているのだろうか

桁外れの色気違いでは、国民も県民も納得しない。

コメントを投稿