狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

裁判の結果報告です。

2020-10-24 05:20:30 | 翁知事国連演説訴訟

 

昨日のFM21言論封殺訴訟は、残念ながら原告敗訴でした。

コロナ禍の中傍聴に駆け付けてくださった約十名の支援者の方には御礼申し上げます。 原告我那覇真子さんが米大統領選の取材のためアメリカ出張で、照屋弁護士にの説明も簡単に済ませましたが、勿論判決に納得できるわけはないので、控訴するとのことです。まだ一審のため敗訴が確定したわけではありませんが、場合によっては最高裁まで持ち込んで「表現の自由」を巡る最高裁判断を聞きたいとのことです。(父・我那覇隆裕氏談)

 

未だ判決書も見てないので、以下は筆者の推測です。

この裁判は二つの側面があり、一つは訴状で請求した➀「契約違反による損害賠償」。

もう一つの側面は②「(憲法違反の)言論封殺」です。

ただ、当初訴状には➀の「契約違反」だけを記してあり、裁判長も、「契約違反」を巡る損害賠償と言う地味な訴訟を想定していた。

ところが、原告我那覇真子の陳述書読み上げの時点から、裁判長も②の「言論封殺」に関わる訴訟として、興味を持ち始めた。

その根拠は、2時間にも及ぶ証人尋問の時は司法研修生を5人も見学させていた時事である。

ところが、裁判長は最終的に②の「言論封殺」に関する「憲法違反か否か」にまで踏み込むことに躊躇して、「憲法判断」から逃げた。

そして当初訴状に記載されていた「契約違反」の当否で判決を下した。

やはり、この裁判は最高裁まで縺れ込んで「現行の死文化した放送法の矛盾点にまでメスを入れ、大手テレビが踏み躙っている放送法の改正」まで踏み込んでほしい。

最後に裁判長は、こう考えた。

「憲法判断は大変興味があるが、第一審では荷が勝過ぎる(責任が重すぎる)ので、上級審で判断して欲しい」といった心境。

 

⇒最初にクリックお願いします

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 本日判決がでます!FM21... | トップ | 憲法学者木村草太教授は活動... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見直し協議会 (宝味)
2020-10-24 09:44:15
裁判が負けておわりでないなら
まずは、最高裁にて辺野古敗訴したデニー知事とオール沖縄を反訴(名誉棄損、損害賠償等)すべき。
埋立費用も原告負担、要求していた振興予算も全て退ける。

また今後県内で継続している首里城の存続にも大きな影響を与えることになる。
ボッキーてぽどん(シナショウ基地)

それでは、私たちは裁判所の判断をどのように受け止めればよいのでしょうか?

判決によると、FM21は番組内で中共や朝鮮への誹謗(ひぼう)、中傷などが目立つとして、人権と倫理に基づくよう要請された。しかし、「特段の事情」から番組を打ち切った。
 沖縄タイムスは「当方には相応の不祥事がある」、「中共の圧力」との主張にも「的確に隠蔽した」と吠えた。

【原告が控訴する】 是非頑張って下さい。 (坂田)
2020-10-24 11:47:18

今朝も沖縄タイムスが電子版ニュースで『コロナがーっ、基地がーっ』と扇動している。

自民党県議が新たに先島で10人新型コロナウイルスに感染したことを沖縄タイムスが一面で報じるが、沖縄の現在感染数の3%に過ぎないこと、余りにも針小棒大の報道で在る。

とうとう、今年も沖縄の教育水準向上試しの報道がなかったから、来年も義務教育全国試験で沖縄が萬年最下位を維持する絶望状態で在ること。どうして、かくも無関心なのか。

それを沖縄の政治家が誰も恥じていない、頭に在るのが単なる「カネ・カネ・カネ」だけで在り、政府からの財政導入パイプを太くするだけで在ること。

単に目先のカネに政治家が群がるだけで、長い期間を要する教育に知らん振りしている。

 ドンマイドンマイ (KOBA)
2020-10-24 13:49:21
 前スレのコメントに無責任な茶々松君が湧いてますが、仰る通りまだ一審です。今後の為に法廷戦術の練り直しを期待します。
Unknown (SK)
2020-10-24 15:43:40
ツイッターには、それ見たことか。
という書き込みが多いのですが、裁判を起こすことが大事なので、頑張ってほしいです。
これからも応援します。

コメントを投稿