狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

[百田vs沖縄2紙]第二幕、仁義なき戦いの開始

2015-06-29 07:39:26 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 百田氏が本気モードで沖縄2紙に喧嘩状を叩き付けた。

当初は「私的な集まりの軽口にすぎない」「報道陣がガラス越しに盗み聞き」などと釈明して軽くいなすつもりだったようだが、沖縄タイムス、琉球新報連名の抗議声明発表で、完全にブチ切れ冗談モードから本気モードに切り替わった。

本日沖縄タイムスを見ると、四日連続で「百田発言・攻撃」の大見出しが躍っている。

批判者に対し、病的ともいえる沖縄2紙の言論封殺攻撃は一体何処に起因しているのか

かつて小林よしのり氏は、「異論を許さぬ沖縄」という名言を吐いた。 

「沖縄の帝王」である沖縄2紙に異論どころか、たとえ正しくとも批判は許されない。

沖縄2紙が、沖縄の批判を許さぬ帝王であることは、自身がよく承知しており、沖縄の批判はともかく沖縄の帝王の批判を受けたとあっては、帝王の面目にかけてそのまま引っ込むことは許されない。

百田氏は、沖縄批判をするならともかく、沖縄2紙を批判した。

これが許されないのだ。

沖縄2紙の批判は、その内容の当否を問わず許されない。

沖縄2紙は、沖縄の民意の「創造主」であり、県知事選挙でさえも沖縄2紙が作った民意に従がった翁長氏を知事に当選させた。 

そして、「沖縄2紙は特定勢力のコマーシャルペーパー」と批判した仲井真氏に対しては捏造報道の攻撃の標的にした。 そして、結局仲井真氏は沖縄2紙の捏造報道により知事の座を引き摺り下ろされた。

沖縄の帝王である沖縄2紙に表立って批判の矢を放つものは帝王の面目にかけて潰しておかねばならぬ。

百田氏vs沖縄2紙による仁義なき戦いの開幕である!

本日の沖縄タイムスの見出しは、まさに百田氏に対する「喧嘩状」そのものである。

■一面トップ

本気で潰れたらいいと思う

百田氏、また2紙攻撃

抗議声明受け批判

県内自民支持者が反発

沖縄をやっかいもの扱い問題だ

■社会面トップ

自民勉強会 識者の見方

暴言と圧力「重い病」

古賀茂明さん(元経済産業省官僚 
首相の憲法無視に追随

内田樹さん(神戸女学館大学名誉教授)
米属国の現実に目隠し

記事によると国場幸之助衆議院議員や宮崎政久衆議院議員ら沖縄選出の自民党国会議員も一斉横並びで沖縄2紙に媚を売る発言をしており、改めて「沖縄の帝王」を批判することの困難さを物語っている。

自民党県連の中で、ほとんどの自民党議員が沖縄2紙に迎合するコメントを発している中で、県連会長の島尻安伊子衆議院議員だけだ「会合に参加していないのでコメントできない」とノーコメントにしている。 自分の意のままの発言をしない島尻議員に対しては早速、「帝王」の攻撃が始まった模様である。(【おまけ】参照)

百田氏「本気でつぶれたらいい」 講演で沖縄2紙に

琉球新報 2015年6月28日 19:24 

 作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。
 講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。
 講演では、ツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。
(共同通信

人間誰でもい痛いところを疲れると逆上し、なりふり構わず喧嘩を吹っかけてくるもの。

今回の沖縄2紙の病的とも言える「百田バッシング」は、実は百田発言が真実であり、論理的に反論は不可能なため感情的に大発狂せざるを得ないのである。

社会面のトップを飾る「識者の意見」として、その異常な言動により全マスコミから締め出しを食らった元官僚の古賀茂明氏を写真つきで掲載し、百田氏を「重い病気」と決め付けている。

これなど、沖縄タイムスと古賀氏こそが揃って重い病気を患っている何よりの証拠ではないのか。

筆者は昨年の県知事選における沖縄2紙の捏造報道に鉄槌を加えるべく結成した琉球新報と沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の運営委員をしている。

沖縄の民主主義を破壊する沖縄2紙の捏造報道を正すのがその目的だが、今回の「百田発言」に対する沖縄2紙の執拗とも言える言論封殺報道を見て、「正す会」を「潰す会」と変えても良いくらいだ。

賛成の方はクリックで応援、

お願いいたします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

【おまけ】

「琉球国王」と揶揄されるほど夜郎自大丸出しの翁長県知事。

その翁「長知事を当選させたのは我々である」、と傲岸不遜の極地にある沖縄2紙。

その次なる攻撃の対象は来年早々に行われる宜野湾市長選と続く参議員選である。

沖縄2紙が自分の意に従がう候補者を当選させるためなりふり構わぬ捏造報道で市長候補の佐喜真淳氏や参議員候補の島尻氏を攻撃の標的にすることは目に見えている。

「百田発言」に対する立候補予定者のコメントは、絶好のリトマス試験紙である。

で、両氏に対するリトマス試験紙はこうなっている。

「沖縄メディア、選挙で偏っていた」島尻安伊子参院議員

2015年6月28日 05:35
 

 自民党の島尻安伊子参院議員がことし3月に開かれた党内の政策審議会で、「選挙の際に私の地元のメディアは偏っていた」と発言していたことが27日分かった。沖縄県選出の野党国会議員が同日開いた百田尚樹氏への抗議声明の会見で、糸数慶子参院議員(無所属)が明らかにした。

 島尻氏は、沖縄タイムスの取材に「数カ月前の発言なので議事録を確認したいが、沖縄県内の報道を批判したというより基地に反対する意見が多く取り上げられているという趣旨の指摘だ」と説明した。

 糸数氏は「どんな立場のメディアでも認めるべきで批判はおかしい」と問題視した。

 政策審議会は会合は3月4日に国会内で開かれ、国会図書館の「放送アーカイブ」に民放の放送を保存するかをテーマにしていた

 

百田氏発言:宜野湾市長「市民ばかにしている」

琉球新報 2015年6月27日 07:27

 【宜野湾】作家の百田尚樹氏が「普天間基地は田んぼの中にあった」など発言したことについて、宜野湾市の佐喜真淳市長は26日、発言内容を確認していないとした上で「市民をばかにした感じであり、あってはならない」と批判した。市役所内で記者団に答えた。

 佐喜真氏は、戦後、普天間飛行場として接収された土地の地権者が先祖代々の土地に住みたいと思うのは自然とした上で「市民がお金目当て(で周囲に住み始めたかのような)発言は極めて遺憾」とした。「(百田氏は)しっかり勉強してほしい」とも述べた。

 百田氏を招いた会合で出席した自民党議員が安全保障法制を批判するマスコミに圧力をかけるような発言があったことについて「報道の自由、表現の自由があるのを政治家ならしっかりと認識する必要がある」と指摘。「(一連の発言を)自民党の中で調査してもらいたい」と注文した。

              ☆

批判の内容は問題にせず沖縄2紙に媚を売るような政治家では、沖縄の民主主義再生を委ねるわけには行かない。

沖縄2紙を付け上がらせるだけだ。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
« 「反日地方紙」の正体 | トップ | やはり潰すべき、沖縄2紙 »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-06-29 08:48:22
「百田尚樹氏、沖縄2紙「本気でつぶれたらいい」 2015年6月28日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121867

>作家の百田尚樹氏は28日、大阪府泉大津市で講演し、自民党勉強会での「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」との自らの発言に触れ、「その時は冗談口調だったが、今はもう本気でつぶれたらいいと思う」と話した。
>講演を聞いた人によると、共同の抗議声明を出した沖縄タイムスと琉球新報に対し「おかしな話だ。私の話を何も聞いてない。伝聞にすぎない」と批判。
>さらに「まだしばらく2紙とはやりあっていかないといけない」と述べた後「本気」発言をした。
>講演では、ツイッターに「私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞」と投稿したとも話した。(共同通信)

煽るのは良いが、自民党の意向でととられるような発言は、しないように。
百田氏vsタイムス、新報、でお願いしますよ。

どちらの言い分に「なるほど」と思わせられるか、それが勝負だ。
「情緒」作戦は、やはり本当で反論できないのだと、このごろ国民は成長したので、思いますよん。
勝つには、事実の羅列。
事実であっても、都合悪い事実が切り取られていると、捏造判定もありますから、両者とも、ご注意を!
Unknown (東子)
2015-06-29 08:48:54
「宜野湾市長「固定化阻止が公約」 県外移設問われ 2015年6月28日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244910-storytopic-3.html

>2012年の同市長選で掲げた米軍普天間飛行場の県外移設を求めた公約について問われ「固定化は断固として反対し、阻止しなければいけないというのが公約だ」と答弁し、公約違反には当たらないとの認識を示した。

仲井真前知事を攻撃したのと同じ手口への助走?
Unknown (東子)
2015-06-29 08:56:17
新聞が売れて、新聞の意見が頼りにされるには、何かセンセーショナルな事件が起こるのが望ましい。
対立構造があるのが、望ましい。
できれば、解決しない対立が望ましい。

「辺野古阻止」は、それらの条件にぴったり。
「辺野古阻止」が叶ったあとの影響には、何も思い至っていない。
が、心配無用。
「辺野古阻止」が叶えば、政府(か県)の譲歩にケチをつけて、新しい対立構造を作り出せば良い。

無定見な行為に毅然とした態度をとれない県民とわかれば、はっきりとした意図をもった集団に操られる。

「正す会」や島尻議員の毅然とした態度は、毅然とした態度をとりたいけれど躊躇している人達に一歩踏み出す勇気を与える。
期待しています。

政府の方針に反対な新聞はあっても良いと思うが、自社の意見と違う者を潰そうとする「表現の自由」否定の沖縄2紙の態度に怒り覚えています。
玉なし議員へ物申す。 (清島清)
2015-06-29 09:22:39
.
玉なし国場幸之助、玉なし佐喜真淳。
玉あり島尻安伊子 女史 (^▽^;)アセ・・・

玉なし君へ、
マスゴミとは真っ向から戦ってはダメだ。
「ノーコメント。」も良いが、
「フェースブックで答える。」もしくは、
「ツイートを読んで。」と
ネットへ誘導したほうが良いですよ。
.
Unknown (東子)
2015-06-29 09:54:36
「政府のメディア介入 根底に隠れる不都合な事実 2015年6月29日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121892

>「君はこの国を愛しているか」との問いに対しては「われわれは愛国者だ。われわれが愛国心を持つ理由の一つは民主主義であり、そしてわが国の報道の自由だ」と主張。

タイムスは、「君はこの国を愛しているか」との問いに対して「われわれは愛国者だ」と堂々答えられるか?
「自己決定権」を主張し、日本から独立する方法もあると煽る新聞ですよ。

「報道の自由」が与えられているのは、民主主義の根幹の多数決のために、幅広い意見を提供して、国民の判断の手助けをメディアに負わせているから。
自社の方向性と違うからといって記事にしなかったり、ましてや記事で攻撃するのは、民主主義否定も甚だしい。
民主主義に寄与しない「報道の自由」は、認められていない。


>『不都合な真実』

「沖縄の不都合な真実 (新潮新書) 単行本 – 2015/1/16 大久保 潤 (著), 篠原 章 (著)」
の広告が載せられるかどうかが、沖縄のメディアのリトマス紙。



【参考】
池田信夫「「基地反対」という茶番劇 - 『沖縄の不都合な真実』 2015年01月20日」
http://agora-web.jp/archives/1628782.html

>「沖縄は戦争で犠牲になり、その後も基地の負担が集中してかわいそうだ」というのがマスコミの流すイメージだが、実際には米軍が土地を返還しようとすると反対運動が起こる。
>地元に賃貸料と補助金がおりなくなるからだ。
>もともと辺野古移設は米軍の方針ではなく、1996年に橋本内閣が要望して実現した基地の縮小計画だ。
>これは基地反対の地元にとってはいいはずなのに、彼らはいろいろな理由をつけて20年近く引き延ばしてきた。
>すでに「北部振興費」として2000億円以上が辺野古の地元に前払いされ、引き延ばせば毎年、数百億円が地元に落ちるからだ。


「『沖縄の不都合な真実』大久保潤、篠原章著 2015.1.18」
http://www.sankei.com/life/news/150118/lif1501180032-n1.html

>〈沖縄の革新政党には「沖縄を差別するな」という「反日思想」はあっても、シングルマザーや失業者の暮らしを楽にさせる弱者救済の左翼思想がない〉。
>地元にはマスコミや学識者、労組も一体化した支配構造があり、それを支えているのが振興予算による利権であることが丁寧に説明される。
>「基地反対」のはずの沖縄で「基地を返さないで」という返還反対運動が起きる理由や、普天間基地移設をめぐる土木業界の利権争いなど、知っておくべき“真実”がたっぷり。
腹の据わらぬ者には託せない (安仁屋 正昭)
2015-06-29 10:02:24
佐喜眞といい
國場といい
かつて本気で応援したことが腹立たしくさえ思える
こんな連中を応援させられることほど屈辱はあるまい
小生? 勿論 お断りだ

腹の据わらぬ為政者のずる賢さほど醜いものはあるまい
このような馬鹿馬鹿しい輩と付き合うより
反日の革新政治家を倒す為に費やす時間の方がよっぽどましだ
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-06-29 11:14:16

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「国外に波及か 沖縄民意の声」の山梨県・幾田遼さん(23)は4月29日、6月5日に続き今年3回目の掲載。
「市民権利に道 県の国連訴え」の京都市・敦賀昭夫さん(62)は1月12、21日、2月8、23日、3月6、17日、4月12、26日、5月11、20日に続き今年11回目の掲載。
「新鮮な野菜で わが家は幸せ」の那覇市・桃原裕子さん(49)は昨年12月2日以来の掲載。
「武器に頼らず 平和な世界を」の沖縄市・荷川取順市さん(75)は1月10、29日、3月23日、4月1、24日、5月3、21、28日、6月13、23日に続き今年11回目の掲載。
「ノーベル平和賞 沖縄に」の那覇市・赤嶺晴男さん(71)は1月3日、2月23日、3月8日、4月10日に続き今年5回目の掲載。
「18歳なりの判断で投票を」のうるま市・伊禮慧さん(28)は今年初掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


つぶれたらいい (沖縄県民)
2015-06-29 11:15:11
「沖縄2紙「本気でつぶれたらいい。」」

 私もそう思う。今回の逆上ぶりは叱られて泣き出す赤ん坊のようだ。冷静に反論すればよいものを、逆上すればするほど「さては痛いところを突かれたな。」と勘繰りたくなる。なにしろ偏向・捏造報道は広く知れ渡っているから。
Unknown (Unknown)
2015-06-29 12:34:57
さらっと流しておけばいいものを、自ら火をつけたものだから、今後の報道が全国的に注目されることになる。
下手な記事を載せると百田の話は本当だったと言われるのに。
自分の首を絞めていることに気付いてないのだろう。
崩壊の危機、とんでもないことに。 (町工場の親方)
2015-06-29 12:38:27

昨日、コメント欄に、東子さんが紹介された、池田信夫氏のブログ、
百田尚樹氏が本当に語りたかったのは、日本の、『電波利権』、の問題だ、との指摘に関し、本日、社会経済ブログの横綱、「 正しい歴史認識・国益重視外交・核武装実現」、においてブログ主 coffeeさんが問題点を詳細に論じておられます。

公共の電波をタダみたいな使用料で使い、各社談合の下、肝心なことは国民に伝えず、つまみ食い的偏向報道、等やりたい放題やってきた、日本のテレビ会社は、私にとって最も不満のある、重要な問題でした。
「ついにこの問題が、白日の下に晒されたか」、と感無量の思いです。

百田氏の問題提起は、新聞はお先真っ暗、「テレビ命」、の日本の大新聞社にとってまさに死活的な大問題です。

日本のテレビ会社の電波利権は、諸外国に比べて、どう見ても、異常としか言いようがありません。

米国  5000億円
英国  2500億円
韓国   350億円
日本    38億円

日本の電波使用料、653億円のうち85%、560億円は携帯電話事業者が払っています。
大手テレビ会社、の平均給料は
NHKが1700万円/年、民放が1300万円/年、という高給です。一方、その何分の一の所得の携帯電話所有者が電波使用料の8割5分を負担させれているわけです。
こんな理不尽なことが行われているのは、日本だけです。

百田氏の電波利権、それによるテレビ会社の特権が国民の前に明らかになり、大手新聞・テレビ会社を根底から吹き飛ばすような巨大な地雷の導火線に火がついたた感がします。

今回の件で、新報、タイムス、沖教組、は怒り狂って、おそらく11万人の抗議決起集会を計画していると思われます。
しかし、新報、タイムスは簡単には潰れないでしょう。

一方、大新聞、テレビの経営首脳陣、組合内に盤踞する、マルクス・レーニン・コミンテルン教信者、憎日左翼の心中は察するにあまりあります。

民主党、マスコミは、やぶをつついて、大喜びしたと思いきや、やぶからなんと、大毒蛇、虎が出てきてしまったようなものです。

今後、この問題はどう展開していくのか、見守って行くとともに、私なりに行動するつもりです。

コメントを投稿