狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

拙速!原因究明が先、全国知事会 首里城復元で緊急決議

2019-11-12 07:07:48 | 未分類

 

狼魔人日記

 NO!残紙キャンペーンサイト 

最初にクリックお願いします

全国知事会 首里城復元で緊急決議

11/11(月) 21:22配信

沖縄ニュースQAB

首里城復元へ。全国知事会が緊急決議です。

飯泉嘉門・全国知事会長「全国知事会としても、この首里城の早期復元に向けまして、沖縄県の皆さまにしっかりと寄り添いながら、そして後押しをしてまいりたいと、このように考えておりますので、どうか皆さま方のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願いを申し上げる次第であります。」

11月11日、東京で開かれた全国知事会。その冒頭で飯泉嘉門全国知事会長が、首里城火災について、全国知事会として国に早期復元に取り組むよう求める決議を呼びかけました。

決議では、「我が国が誇る『世界文化遺産』であり、歴史や文化の心に彩られた首里城は、必ず復元させなければならない」とし、全会一致で可決されました。

玉城知事「(今回の決議は)私たち沖縄県民をはじめ国内外にいる沖縄県系の県人にとっても非常に大きな励ましになったと思っております。」

全国知事会は、11日の緊急決議をもとに、国に首里城の復元を求めます。


  • aki*****

     | 18分前

    本日全国知事会開催にて首里城復元を冒頭に緊急決議しました。
    しかし沖縄県議会では、県側が火災についての説明がありました。
    県側は、建物の防火・消防体制は法令通り、運用面は従前通り、設備は十分であり、全ての面で問題がないとの説明をしました。
    しかし、31日に首里城が全焼したことは、事実で隠すことは出来ません。問題がなくて、火災が起きますか?あるとすれば落雷?しかし当日は発生なし、城内より火災発生。
    焦らずとも、県・市・財団に責任がなければ、無いと消防・警察等が証明してくれます。(消防・警察は沖縄県の管轄下?)
    究明結果より、少しでも管理責任ありの時は、再建延期及び管理は、返上して下さい。

    返信0

  • ミスタートム

     | 1分前

    首里城復権は二の次にして欲しい。
    主な理由は二つ、一つは台風災害で被災した地域の復旧支援が人道的に優先されるべき事
    二つ目はどう考えても身勝手過ぎる。今までの管理状態が全て、先ずは自分達がやるべき事をやった上で足らない分を国に嘆願して下さい。

    返信0

  • lolol

     | 37分前

    台風被害を受けた方々がいる他県への配慮がなさすぎる。
    自分さえ良ければ良いのかって気持ちになる。

    返信0

  • not*****

     | 15分前

    放火でもなく自然災害でもないなら、管理のずさんさが生んだ
    火事の可能性が大。
    まずは、火災と原因と責任の所在を明確にして下さい。
    援助を頼むのはその後です。

    それより、台風被害にあわれた県のサポートが、最優先です。

    返信0

  • win*****

     | 37分前

    そんな事より台風災害の方が緊急性あるのでは?
    何県もまたがった被害だし。
    去年の西日本災害もまだまだ復旧半ばだ!

    返信0

  • sum*****

     | 45分前

    まずは管理体制の不備への謝罪でしょ。

    返信0

  • nao*****

     | 24分前

    他県民からしたらこれぞ都合がいいと言える。
    自分たちのミスを日本全体で責任を負わせるとは。
    マジで腹立たしい行動。
    自分たちには一切責任なく国の責任と責任転嫁しようとまでしてるし。

    返信0

  • kyo*****

     | 8分前

    確かに首里城は美しかったし見た時は感動した。でも元々の首里城とは色も形も違うんやろ?だったら首里城の再建は優先順位の下位でええやろ。別に無くても生活には困らんのやし。急ぐ必要は全くない。

    返信0

  • tar*****

     | 12分前

    沖縄県・美ら島財団の過失の可能性が濃厚になってきたのに、なぜ頑なに一言も謝罪の言葉がないのだろう。
    もちろん貴重なものには違いないが世界遺産は焼失した建物ではない。原因の徹底究明と防止策の確立がなければ復旧もとりかかれない。

    返信0

  • M

     | 28分前

    玉城の、管理責任を問えば良い!

※首里城炎上については、11月5日(火)午後7時放映のチャンネル桜「沖縄の声」をご参照ください。

 
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 日米台、鉄のトライアングル... | トップ | 首里城(沖縄神社)由緒【戦... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (「日本国の象徴」と「沖繩県の象徴」)
2019-11-12 08:00:45
厳かな即位の礼の儀式で虹がかかり、富士山の山頂が綺麗に晴れ、レインボー・ハートにも包まれるという、まるで天からの祝福のようであった。

華麗な「三跪九叩頭の礼」が中止となった首里城は、真っ赤な炎一色に包まれ、城内は「だれ一人取り残さない」という天罰のような人災であった。

炎上への謝罪や原因・対策がなされないまま債権だけが膨らんで行く。「再建が唯一」との「集団自決」の不自由展が行われる我が沖繩。その後「集団土下座」とならない事を祈るばかりである。世界同時多発異常気象と言われ、日本を取り巻く「環境」も過去と同じではない。「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませぬから」という過ち。

圧政を強いた時の権力者「首里城主」を支持する「オール沖繩」は、一体何と戦っているのだろう。何人もの人々が守礼の門をくぐり、多様な沖繩の心を知ったのだろうか?

売春募集工(自由労働者)・ホワイト国・GSOMIAと物語を読み聞かせる文政権。それはファンタジーではなく、諦めない主体的な南北物語である。炎上前日に玉城知事が触れ合うのは、そのような魂の市長であった。

朝日新聞は戦火を煽った。地元2大紙は、「沖繩観光の象徴」を「県民のアイデンティティの象徴」と煽るパーソナリティ集団である。

コメントを投稿