狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

高市必勝の秘策、高市氏猛追!議員票100はかたまった?!追い上げる高市早苗議員!岸田氏にはすでに並んでいる。

2021-09-16 05:35:13 | 政治

 

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします




 

高市氏が逆転勝利して女性初の総理になる秘策は、尖閣を巡る中山義隆石垣市長の公開質問状にある。

詳しくは午前10時ごろアップ予定。

次回にご期待を!

 

ヘビメタ好き高市早苗氏が第100代首相“ロック”オン「大きな節目」女性初なら「すごい」

配信

スポーツ報知

報知新聞社


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ガマフヤー氏の異常行動、タ... | トップ | オール沖縄を支えてきた金秀... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
来年10月再選に赤信号点滅の玉城知事  沖縄タイムスが決して報道しない闇が在る。 (坂田)
2021-09-16 08:15:52
【玉城知事「会長の慎重な考えと発言」 金秀グループ不支持で見解】

『金秀グループ呉屋守將会長が次期衆院選でオール沖縄勢力を支持しない意向を表明』 報道。

別に驚きでは在りません。辺野古の件で今回が3度目の寝返りです。

因って来年10月の知事選で玉城知事が再選なら、又もや金秀グループ呉屋守將会長が磁石の様にオール沖縄にくっついて来ます。


先ず、沖縄の知事選では内地で見受けない「既得権益市場の特権階級層の移動が起きる」、沖縄の知事選は既得権益の争奪戦です。

当選した新知事が、県外郭団体(空港、観光ビューロー、県信用保証協会等々)の首長を自分の有力支持者に変えることが起きる。

正しく、アメリカ型選挙の影響を受けた利権収奪戦結果と同じで在る。

アメリカでは大統領選で8~10億円以上寄付した有力支持者が、後で「アメリカにさして重要ではない国の大使に任命される」。

米国政治風習はカネで在る、日本人が想像出来ない道徳観が在る。

DCロビィストに大金積めば大喜びでバイデン大統領面会をセットする。

然し、翁長知事も玉城知事も判って於いて執らなかった最大の理由は、【日米安全保障条約で在日米軍が海外撤収が出来ない】と最初から判り切っていたから、訪米は政治ポーズに過ぎず県民に騙し打ちだった。

(㊟2018年11月9日東京有楽町外国人記者クラブで香港記者の質疑に関連して辺野古の件を玉城新知事が【安全保障は政府の専権だから沖縄が介入するのは無理かも知れない】と答弁した。最初から辺野古移設阻止が不可能だと玉城知事が判っていたのだ)

日本共産党が操作するオール沖縄の辺野古基金(当時10億円超残高)からDCロビィストに大金を積めば、大統領がハグしてくれる。


沖縄知事選(=元琉球政府の既得権益争奪戦残滓)で当選したら、新知事が選挙支持母体長を論功行賞で外郭団体首長に据え変える。

最新事例が、今年2月に任期満了退任の富川副知事も県民が知らぬ間に県外郭団体の長(那覇空港ビルディング会長)に就任していた。

基地反対を唱えたら、なんと美味しい職位にありつけるのだろうか。綺麗ごとを言う反面で「頂くものはちゃんと頂く沖縄既得権益市場・特権階層の巧みな“性”」を有権者が知らないのだ。特権階級=差別で在る。


なお、翁長知事と蜜月関係だった金秀グループ呉屋守將会長が、2018年2月8日の名護市(辺野古基地を擁する自治体)市長選挙で移設阻止の現職が自民党立補者に大差判定負けした時が2回目の寝返りだ。

(㊟1回目、ゼネコン部門を擁する金秀グループが辺野古基地内に立体駐車場=普天間基地から転勤して来る海兵隊用を受注建設していたこと。一方で、埋立阻止を活動していたのが呉屋守將会長だ)

名護市長選挙で翁長派現職敗北直後に、金秀グループ呉屋守將会長がオール沖縄を離脱した。同じ穴のムジナで在る沖縄観光ビューロー長も離脱した、翁長知事の10月再選が困難と判断した訳だ。


財界を責めてはいけない、アメリカ統治時代の政治風習残滓で在る。

その理由を、金秀グループ呉屋守將会長が福岡市TV局の取材に、彼なりの人生訓で表した。

取材場所は呉屋氏が指定した辺野古の浜。呉屋氏、県外TV向けの雰囲気設定が上手い。呉屋氏が夕暮れの辺野古の海を眺めて語る。


【結局ね、経営ってものは「潮目」を読むことなんだよ】としみじみ語る。


沖縄財界が「潮目」を読み誤ったら、以後4年間は冷飯を喰うことになるから、その潮目嗅覚が動物の本能の様に鋭くなったわけです。


前回2018年10月知事選前に、2月の名護市長選敗北の「潮目」を受けて翁長知事と袂を分かった呉屋氏。

ところが、翁長知事の弔い選挙と化して玉城知事が当選したことは、結果だが呉屋氏が「潮目」を読み誤った。

そして今回呉屋氏の「次期衆院選でオール沖縄勢力を支持しない」寝返りが、来年10月の玉城知事再選が厳しいことになると「潮目」を読み、降り掛かる火の粉を払うことにした呉屋会長。

然し、上述の様に玉城知事が再選なら・・・又くっついて来る。
Unknown (呆)
2021-09-16 15:26:38
師匠。私は少し呆れています。あなたのブログは、独自のやり方なので構わないが、以前より質が落ちている。私が呆れたのは、また闇のクマさんの動画を鵜呑みにしているところです。アメリカ大統領選挙での彼の煽りデマを忘れたんですか?好きな動画でも、結果が違えば、間違っていることになります。口が達者な男なので気を付けてください。

コメントを投稿