狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

続・孤独な戦い

2009-10-19 13:12:40 | 資料保管庫

 人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 

昨日の午後、県内某所でサラさんご夫婦と面談した。

幾つかの疑念の輪郭が明確になってきた。

くり返すが、これは別の地域で起きた別々の事件の当事者が、一方では妹が被害者、他方では兄が「加害者」と、偶然が重なったわけではない。

二つの事件の周辺に登場する数多くの人物が奇妙な共通項で結ばれ互いに影響しあっていることが、昨日の三時間半にも及ぶ面談で明らかになってきた。

本来ならたっぷり時間をかけて二つの事件の関連を検証し、その後改めて発表すべきだと思うのだが、何しろ「情報戦」は目下進行中なのだ。

そんな時間はない。

心臓病を抱える被害者に加害者が脅迫の電話をかけるという緊迫した状況なのだ。 サスペンス小説をじっくり推敲するような時間の余裕はないのだ。

既にサラさんの文面からご察知の方もいるはずだが、サラさんは「新沖縄文学賞」を取ったほどの作家であり、その著書も上梓されている。

本来物を書くのは得意なはずだが、当人が事件の渦に巻き込まれ、しかもそれが現在進行中とあれば、つい感情的になりその分文面が暗示的になり、読者の理解を妨げる部分もある。

勿論、実名を告発しているわけだから、その分当事者、関係者には、大きななインパクトとなって襲い掛かっているだろう。

昨日の面談でわかってきた多くの事実の中で、決定的なものを二つだけ提示しよう。

一つは勿論市長本人からの脅迫電話であるが、その電話番号をアップしたサラさんの記事では触れていない重要な失敗を市長は犯している。 

致命的ともいえる失策だが、情報戦進行中のためしばし伏せておく。

もう一つのポイントは弁護士である。

島袋隆弁護士、この男に兄は潰されかかったが、私も同様。お金だけ取られた。兄の事件の実行犯、共産党の赤嶺氏を入れ、那覇高校の同級生。彼らが左翼運動家として手を組んだ。

私は全員を知っている。動きも詳細に知っている。彼らのでっちあげた事件を解明できる。

だが兄の事件を知ったのは最近である。あのネット上の置き土産で。》(石垣市長の電話ー携帯電話へ本人から電話

                  ◇

弁護士はその職業柄幾つかの倫理規定がある。

職務上得た秘密を漏らしていけないのは医師と同じだとしても、依頼者にも条件がつく。

過去に依頼を受けた者の親族を被告とした、第三者からの訴訟の依頼は断るべきだと聞く。

サラさんが事件を依頼した弁護士が、サラさんの実兄を被告とした事件の依頼を引き受けるのはおかしい。

上記の島袋隆という左翼弁護士は、サラさんの事件を依頼された経験がありながら、その一方ではサラさんの実兄の塾長を相手取った訴訟の原告(左翼講師)の代理人になるという恥ずべき行為を行ったのである。

なお塾長セクハラ事件について読者のトラネコさんが、当然ともいえる疑念を呈しておられるので、それに対する説明のコメントを以下に引用して理解の助けとする。

 ◆ 2009-10-18 09:14:41 トラネコ  
企業乗っ取りは昔京都で染織職人をしていたころ、聞いたことがあります。勤め先の主人が共産党支持者でした。民主商工会という日共傘下組織に所属し、そこに経理を任せていました。そこの計理士から聞いた話では、日共関係も保守的経営者で優良中小企業を乗っ取ることをやっていたといいます。彼ら風にいえばプチブルジョワジーを殲滅し、プロレタリアへの経営権移譲というのでしょうか。ようするに思想にかこつけた悪質な企業乗っ取りです。

今回の塾の件も成長企業を乗っ取るやりかたで、日共ではないが、左翼らしい組織的で悪質なやり方です。
ただ「火のない所に煙は立たず」ですが、実際のセクハラ疑惑がいまひとつ、その発端から関係女性講師の弁も含め、すっきりとしません。T氏のサイトも読みましたが、あれだけ読むと確実に塾長は犯罪者に見えてしまいます。
また塾長さんも無実なら何も何百万円ものお金を払う必要もないとおもうのですが、やはり個人対組織の弱さだったのでしょうか。このあたりが第三者にはわかりづらいですね。まあそのうち明らかになってくると思います。

私もサラ様を応援していますが、彼女への身の危険を感じています。これって司法に訴えても無駄なんでしょうか?もし警察権力も市長側に牛耳られているとするならば、完全にナントか学会の犯罪もみ消しと同じ構図になりますね(恐)。

 

★ 2009-10-18 10:05:35 狼魔人  
トラネコさん

>ただ「火のない所に煙は立たず」ですが、実際のセクハラ疑惑がいまひとつ、その発端から関係女性講師の弁も含め、すっきりとしません。T氏のサイトも読みましたが、あれだけ読むと確実に塾長は犯罪者に見えてしまいます。
また塾長さんも無実なら何も何百万円ものお金を払う必要もないとおもうのですが、やはり個人対組織の弱さだったのでしょうか。


ご指摘の点は、初めて聞いた人が誰でも感じる疑念です。

この辺は当日記でも追々解明していきたいと思いますが、人間誰でも完璧な人はいません。

「事件」が起きる前に、塾長と夫人の間に「夫婦のいさかい」があったのは事実のようですが、「事件」とは関係ないプライバシーですので今は伏せておきます。

「夫婦間の不和」につけ込んで「反証の困難なセクハラ事件」に持ち込み、ビラ配りやポスティングなどの「プロ市民活動」を連日行い、塾長を精神的動揺に措き込む作戦だったと見ます。

そしてとどめは訴訟ですが、いつの間にか争点はセクハラから「不当解雇」に摩り替わっています。

おまけにT氏がネットで「守る会」などを立ち上げ、左翼議員たちが連日塾長の自宅や職場で徒党を組んでビラ撒きなどをされたら、
不本意でも和解金を払って「一件落着」したくなる気もわかります。

要は、この「事件」は刑事事件としては立件されておらず、あくまでも裁判は「民事」ということです。

民事の場合、裁判長は執拗に「和解」による決着で被告を説得します。

塾長は当時自殺も考えるほど精神的に追い込まれていたそうなので、裁判長の和解勧告に従ったことも理解できます。
今後にご注目ください。 
 

★2009-10-18 10:21:42 狼魔人   .. 
トラネコさん

書きもらしです。

塾長を精神的に追い詰めてもう一つ大きな要因は、本来庇護してくれるはずの実の弟が、沖縄タイムスで連日「破廉恥な塾長」といった論調で連日塾長を糾弾したことです。

弟はタイムスでも有数の極左記者です。 
 

 
 
◆2009-10-18 12:31:54 トラネコ  

連投失礼します。
そうですか。しかし左翼陣営はそこまでするんですね、実際背筋がゾクッとするくらい恐ろしいことです。またサラさんの弟さんもそこまで肉親を追い込んでいくほど、「左」の毒効果があるんですね。
私もよく考えてみましたら、S塾長の立場だったら、事実無根でもやはり和解交渉に応じていたかもしれません。数の暴力、組織の圧力はSさんほどではありませんが、私もかつての職場で味わったことがありますので、理解できます。

いま鳩山売国政権が出来てしかも、マスゴミや官公労までがその支援にいて、本当に言論封殺の全体主義の国になりつつありますな・・・
でも石垣市の大濱市長は絶対5選目阻止したいです。

 

「セクハラ」と同じく反証の難しい「痴漢事件」の冤罪を、

同僚の支援や、家族の信頼を受けて苦労の結果冤罪を晴らすという実話を原作にした「それでも私はやっていない」という映画がある。

「痴漢事件」という破廉恥な事件のため職場を追われ、冤罪を晴らすため有罪判決に立ち向かうのだが、主人公の一番の心の支えになったのは家族の信頼と支援だったという。

精神的に追い詰められた主人公が疲れて帰宅しても、家で待つ妻や子供達の「お父さん、信頼しているから頑張って」の一言がなかったら途中でくじけていただろうと言う。

 

その点、塾長の家庭で妻との信頼関係にヒビが入っている時期を見計らって「セクハラ事件」を仕掛けた左翼講師・T氏の狙いは見事に的中したことになる。

塾長は法廷、職場で左翼集団の攻撃を受け、家に帰れば家族の冷たい視線で、針の筵だっただろう。

和解を勧める裁判長の勧告に不本意でも従ったのは決して責められない。

文士くずれのT講師はサラさんが新沖縄文学賞を受賞した時、自分も応募したがそのとき選に漏れている。

ついでに言うとサラさんは第25回太宰治文学賞の応募者1249人のうち、104人の予選は突破した実力派作家ある。
 
太宰治文学賞

 

人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 基地外県民大会決行!ウソの... | トップ | 独裁者の島、南の島のペンギ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-10-19 20:46:04
狼魔人様

凄まじい話で、驚愕しています。
ただ、人間必ず人生に一度はこれだけは引けない。と思う時があります。相手が大きいほど孤独な戦いになります。私も過去に一度行政相手に裁判を起こしたことがあります。嫌がらせも多く、そのたび余計に怒りが湧きました。怒りで夜も眠れません。体重も減ります。そのとき一番の支えは家族であり、友人でです。
幸いにもサラさんには支えてくれるご主人も友人ももいます。何より狼魔人日記を読んでいる全国の人がいます。

Unknown (サラ)
2009-10-19 21:35:01
狼魔人様、
涼太様、
ありがとうございます。裁判の経験は大変だったのではと、お察し致します。痛みを知っておられる方の励ましは温かくて正直嬉しいです。また全国の、「狼魔人日記」の読者の皆様に心から感謝しております。家族が支えというのも同感です。私は、自虐感というのがどうしても肌に合わず、結果的に役所の自虐史ネタで食べている人たちに嫌われて、あのような事件が待ち受けていたわけです。争いごとも苦手です。ですがおっしゃるように、これだけは引いてはいけない事を戦っているという実感があります。代弁していただいたようで、嬉しくてコメント入れさせて頂きました。ありがとうございます。
新しいメディア (ヒロシ)
2009-10-19 22:08:58
政治家、マスコミは利権があるので癒着はそう簡単に剥離できません。悪事もマスコミと結託すればばれにくいもの。
世論なんてマスコミのやり方次第でなんとでもなる物。

しかし、新しいメディアはそう簡単にはいきません。
真実を見つけた人は良心のあるかぎり、正義を応援します。
敵が大きければ大きい程、倒しがいが有ります。
みんなが応援しています。頑張りましょう。

コメントを投稿

資料保管庫」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事