狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

高市氏、尖閣防衛に自衛隊!”「中国が尖閣を強奪」「日本人が誰も近づけない現状でいいのか」16回上陸の石垣市議が危機感吐露

2021-09-13 12:19:28 | 政治

 

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

 

「中国が尖閣を強奪」「日本人が誰も近づけない現状でいいのか」16回上陸の石垣市議が危機感吐露

 
尖閣諸島の状況について街頭で演説する仲間均氏=松山市
尖閣諸島の状況について街頭で演説する仲間均氏=松山市

 「美しい日本の憲法をつくる国民の会」による街頭署名活動に参加した仲間氏は「本土から遠く離れた石垣島、尖閣諸島の現状を国民は誰も分からない。中国は尖閣を乗っ取りに来ている。強奪するということだ」と自らの経験を基に力説した。

 仲間氏は平成6年に市議に初当選、翌年に尖閣諸島に上陸した。以降計16回の上陸を重ね、政府に現状を進言する活動をしている。中国が尖閣諸島海域へ進出している現状を深刻に指摘し、「日本は何もできない。憲法9条は交戦権を認めていないからだ。これで平和と豊かな暮らしを守っていけるのか。国を守るためには憲法の改正が必要だ。皆さんの真心、気持ちで国を動かしてもらいたい」と訴えた。

 尖閣諸島は石垣島から約150〜170キロ北方に位置する。現在、日本の国民は尖閣諸島に近づくことができない。

 

 演説の後、仲間氏は「尖閣諸島の現状を訴えるのが私の使命だ」とし、「政府は1海里(約1800メートル)以内に近寄るなという。近隣諸国との摩擦を生じさせないためというが、納得できない。これからも現状を訴えていく」と話した。

 

  • 1996年、尖閣諸島・魚釣島に上陸した際、1945年に起きた「尖閣列島戦時遭難事件」の犠牲者の可能性がある骨を石積みの下に発見。石垣市議会2014年遺骨収集を決議し、政府に要請行動を起こした[4]

⇒最後にクリックお願いします


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 中国の潜水艦 奄美・接続水... | トップ | 共産党は暴力革命党!”八代氏... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-09-13 18:26:02
きっと海上自衛隊の潜水艦が配備済みだとおもいますよ。
「福島みずほ・沖タイ阿部 国策と憲法」 (宝味)
2021-09-13 20:58:16
憲法9.11条
「日本人は尖閣に1海里以内に近寄るな」
「日本人は靖国に1陸里以内に近寄るな」
尖閣は「男系」ではない。奪われても再生可能だ。
「村山談話」の置き土産、鳩山の「友愛の海」だ。

国を裏切る2人の反日は驚くほど似ている...
尖閣【日本人が誰も近づけない現状でいいのか】 逆ですよ、中國がどんなに足掻いても上陸が不可能で在る。東シナ海を制圧しているのは自衛隊で在り抑止力が効いているのです。 (坂田)
2021-09-14 11:06:27
もしも、中國が東シナ海を制圧していると仮定したら、とっくに尖閣諸島の島々に大きな五星紅旗がひるがえっています。

現実は、習近平国家主席が尖閣の島々から石ころ一つも盗めていないことが中國の無能を証している。

中國に台湾諸島と尖閣諸島を侵奪する能力は未だ無い、その途上に在る中國だが日米両軍との抑止力格差が毎年拡大中で在ること。


中國の夢で在る第三次列島線構築のためには、尖閣諸島のEEZ排他的経済水域(半径370km圏内が領有で圏内海洋資源権益を独占水域で在る)を盗ることが前提で在ること。

尖閣諸島中心地の魚釣島が、中國の夢で在る第三次列島線の起点になっているからだ。


この魚釣島のEEZ南端が、中國が南シナ海に違法に敷いた「九段線(南シナ海の8割を中國の物とする)」の北端が、結び付いていることが判る。

即ち、九段線との中継地が尖閣諸島の位置付けだ。

だから、尖閣のことを習近平国家主席が2015年3月に「中國の不可分の領土」と国是に掲げた。

国是に掲げた習近平国家主席が、中國民に尖閣侵奪責務を負ったことになる。出来ないなら引退だ。

それだけ中國に重要な島が尖閣諸島で在ること。


尖閣を盗れば、自動的に八重山諸島と宮古諸島が尖閣諸島のEEZ圏内に入るから、先島諸島そのものが「中國の物になった」と習近平国家主席が主張することになる。それが、習近平主席の性だ。


然し、現実は尖閣を侵奪出来る能力が中國に無い。

具体的に中國軍に無いものが「日米両軍の真面な海兵隊及び機動部隊・オスプレイで強襲する特殊部隊・海兵隊機甲部隊を上陸させる揚陸艦と舟艇・地上戦支援ステルス型垂直離着陸機F35B・F35Bを離着艦させる世界唯一の軽空母」で在る。

即ち、中國軍の尖閣侵奪に戦略がない訳です。


なお、在日米第三海兵遠征軍Twitter23時間前。

『インド太平洋戦争遂行演習で第262海兵中型ティルトローター飛行隊所属のMV-22Bオスプレイに燃料再補給訓練を実施する第3海兵師団』写真。

初めて見た文言「戦争遂行演習」、決意が在る。

「第262海兵中型ティルトローター飛行隊」 普天間基地に駐機する2個隊24機運用の大平洋軍所属MVー22オスプレイ輸送部隊です。

写真で、尾翼に大きな「虎のマーク」が在る。彼らこそが、現代版「伝説のフライイングタイガース」MVー22ローター中隊です。

なお、「オスプレイ燃料再補給訓練を実施」に付いて、野戦用の誂えへリパッドで地上給油を海兵隊員が訓練する写真公開は初めて。より実戦に近い。

オスプレイに再給油で地上給油する任務を負うのが、鹿児島県鹿屋市の陸自飛行場基地(給油機のために2年前滑走路延長工事完了)に飛来する岩国海兵隊航空群基地所属空中給油機1個隊3機です。

南西諸島防衛線が着実に強化されています。
日本人が誰も尖閣に近づけないコレだけの理由! (宝味)
2021-09-14 19:32:45
尖閣諸島が中國に重要な島で在ること。
尖閣を侵奪出来る能力が中國に無いこと。
即ち、中國軍の尖閣侵奪に戦略がないこと。

即ち、オスプレイに行政標柱を積んで空から落下させるしかない。運が良ければ真っ直ぐ立つかもしれないだろう。

コメントを投稿