狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「オール沖縄、大発狂!辺野古阻止集会で

2015-05-18 06:53:38 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

お願い

人気ブログランキングのバナーに関し、一番下部の(最後の)バナーをクリックすると、順位が88位と表示され、それ以外のバナーをクリックすると、順位が20位と表示されます。投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

昨日は宜野湾市で催された「沖縄県祖国復帰43周年記念大会」に参加した。

約400席準備された会場は満席。 参加者は国歌を斉唱、配布された日の丸の小旗を振って祖国復帰を祝った。

【追記】

見落としていたが今朝の沖縄タイムスの29面最下部のベタ記事で、上記「沖縄県祖国復帰43周年記念大会」が報道されている。それによると参加者は約500人(主催者発表)とのこと。(実際は500席準備されていたらしい)

最後の決議文朗読の中に「祖国復帰が実現した5月15日を祖国復帰記念日として沖縄県主催、政府主催による毎年の式典開催を要望する」とある。

驚いたことに43年前に祖国復帰して以来、いまだに県や政府主催の祝賀式典が開催されておろず、民間団体の浄財、寄付金などで例年の記念式典は開催されているのである。

【追記】

読者の飛燕さんから過去に政府主催の式典が2度ほど行われた旨のご指摘がありました。

お詫びして訂正いたします。

あの琉球新報でも、批判的なトーンですが報道はしています。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-90698-storytopic-86.html

そして、平成24年には「沖縄復帰40周年記念式典」が開催されています。

首相官邸HPより
沖縄復帰40周年記念式典出席等
http://www.kantei.go.jp/jp/noda/actions/201205/15okinawa40.html

 

当日式典に参加された登壇した国会議員は、西銘恒三郎、宮崎政久、島尻安伊子の3議員、他に佐喜真淳宜野湾市長、又吉正義県議会議員等が出席、挨拶をしていた。

同じ日に沖縄国際大学では「琉球の平和と独立」のシンポが「琉球民族独立総合研究学会」の主催で行われ、沖縄国際平和研究所理事長の大田昌秀元知事が基調講演した。

翁長知事には批判的な大田氏だが、立論について「辺野古に新基地を造らせてしまえば二度と独立はできなくなる。阻止したら可能性は出てくる」と述べ、新基地阻止の重要性を指摘した。

大田元知事が主張 独立学会シンポ

一方、那覇市では「反辺野古県民大会」が行われ、主催者発表で35000人が集まったとのこと。

仮に主催者発表が真実だとしても、「日米両政府の暴挙」に対して「オール沖縄」抗議すにしては人数が少なすぎはしないか。

8年前の2007年、教科書検定意見に抗議する「県民大会」では「11万人」の県民が集結したことに比べ、県民・国民の生命と財産を守る国防問題に対する抗議集会にしては少なすぎるというのだ。

今朝の沖縄タイムスは、全ページが大発狂、あたかも全県民が大発狂したかのような印象で、14ページにも及ぶ発狂記事と写真で埋め尽くしている。

すべての見出しを紹介するのは勘弁してほしいが、目に付いたものを2、3紹介しよう。

■一面トップ~32面トップ、2頁通し見出し

辺野古断念を要求

「決して屈しない」

県民大会に3万5千人

■二面トップ~31面トップ2頁通し見出し

轟く「辺野古ノー」 知事覚悟の訴え

仲井真前知事がいみじくも喝破したとおり、まさに本日の沖縄タイムは「特定の団体のコマーシャルペーパー」そのものである。

それにしても翁長知事に批判的だった大田元知事が「(辺野古移設を)阻止したら(独立の)可能性は出てくる」と発言している事実を3万5千人の「オール沖縄」の面々は承知の上で阻止運動をしているのだろうか。

全ページに「辺野古阻止」の文言があふれているが、翁長知事は、「あらゆる手段で阻止する」というだけで、昨年の県知事選当時の言動から一歩も進んでいないことがわかる。 

知事就任後、既に半年も経過しているというのに「視野に入れる」などの曖昧発言に終始していることに対し、支援団体の共産党から不満の声が噴出しているが、沖縄2紙が必死に抑えて報道しているとの情報もある。

全身が矛盾の塊のような翁長知事、「多弁だが空虚な発言」でどこまで県民を騙し続けられるか、見ものである。

【号外】「辺野古新基地ノー」3万5千人訴え 沖縄県民大会

2015年5月17日 13:00

5月17日号外

↑上 クリック拡大

 

ステージの新基地建設反対の歌に合わせて合唱する大会参加者=17日午前、沖縄セルラースタジアム那覇ステージの新基地建設反対の歌に合わせて合唱する大会参加者=17日午前、沖縄セルラースタジアム那覇

戦後70年止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会が17日午後1時、那覇市の沖縄セルラースタジアムで開かれ、3万5千人(主催者発表)が辺野古への新基地反対を訴えた。翁長雄志知事も初めて参加し、「道理と正義は私たちにある」として日米両政府に米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去と新基地建設、県内移設断念を要求する大会決議を採択した。

 1年ぶりの県政交代で、翁長知事を誕生させた保守・革新を超えた政党や経済界、市民団体らが再び大規模集会を開いたことで、辺野古移設への反対の声はさらに国内外に広がりそうだ。

 決議は2013年の普天間の県外移設などを求める「建白書」や14年の主要選挙で辺野古反対候補が当選したことを踏まえ「保革を超えて私たち県民がつくり上げた新たな海鳴りは、沖縄と日本の未来を拓ひらく大きな潮流に発展しつつある。県民は決して屈せず新基地建設断念まで闘う」と宣言した。

 会場には朝早くから家族連れや友人、職場の同僚たちが続々詰め掛け、内野グラウンドやスタンドを埋め、熱気に包まれた。参加した平良佳代さん(38)は、八重瀬町から息子2人と足を運び、「将来、行動すれば良かったと、後悔したくないので参加した」と新基地反対の思いを語った

 一方、名護市の辺野古漁港近くのヘリ基地反対協議会のテントで、折り鶴が引きちぎられるなど、何者かに荒らされているのが見つかった。

 実行委は大会後の24~25日に上京し、政府に決議文手渡す。

                          ☆

辺野古阻止が唯一の解決策 知事、政府を痛烈批判

 

それにしても、発狂記事満載のどのページを見ても、東シナ海、南シナ海で進行中の「中国の領海侵犯」については一言も触れていないのが不可解。

「辺野古阻止」は日米安全保障による国防事案であることに、翁長知事が気が付いていないはずはないのだが・・・。

なるほど、後は野となれ、中国のものとなれ、というわけか。

 

「うらそえ文藝」第20号が発売中

定価1,000円(税込み) 県内書店で発売中です

 【内容】    

   特集 日本の戦争その実態 満洲事変から沖縄戦へ

       対談 徳永信一 VS 星 雅彦         


   論文 上原正稔・大城武・ましこひでのり・平安名尚

   研究エッセイ 短歌を琉歌に―訳の試み  大城立裕

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               

 

 

  
 購読を希望される場合は、下記の指定口座に代金(500円)+送料(82円)=582円を前納で振り込みください。1週間以内にご住所にお届け致します。 
kakubunnsya
 〒902-0068 那覇市真嘉比3-14-7(6F)

  TEL 098-885-4625 FAX 098-885-4570
 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄タイムス、「反辺野古」... | トップ | オスプレイ墜落、狂喜乱舞の... »
最近の画像もっと見る

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-05-18 07:36:17
新報「<社説>新基地拒否県民大会 戦後70年の重い決意だ 将来世代に責任果たそう 2015年5月18日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243057-storytopic-11.html

>「うしぇーらんけー(みくびるな)」と投げ付ける言い回しを避け、諭す響きがあった。

「諭す」とは、上から目線ですなぁ。


>沖縄を質草のごとく差し出すことで忠誠を尽くそうとしている。

社説のどこにも中国の脅威に触れていない。
しかも笑えるのは、質草という言葉。
質草なら、引き換えに「益」が来る。
質草の益は、中国の脅威から沖縄を守ることである。


高江でのCV22の訓練のまりが更なる沖縄の負担であるなら、建白書の理念の一つ「オスプレイ反対」は、この大会で叫ばれたのだろうか。
辺野古阻止+普天間閉鎖は声高だが、高江のヘリポートについては、影が薄い。
Unknown (東子)
2015-05-18 07:36:49
タイムス「社説[5・17県民大会]新基地建設は不可能だ 2015年5月18日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=115892

>この期に及んで国が移設を強行しようとするのなら、嘉手納基地を含む米軍基地の一大撤去運動に発展するかもしれない。

「かもしれない」と書いているが、「発展させるぞ」の脅しだ。
辺野古断念すれば、それで勘弁してやるが、断念しなければ、基地撤廃の範囲を広げるぞっと。
米軍撤廃は、居抜きで自衛隊誘致?
そんなことは、タイムスは考えていない。
「基地」機能を無くせと言っているのである。
その裏には、反対運動の地理的拡大は政府を困らせるだろうがあるだけ。
中国の脅威については一言も触れない。

「一大撤去運動」は、政府を困らせるのが最終目標?
それとも、中国を利するのが目標?


建白書は、「辺野古阻止、普天間閉鎖、オスプレイ反対」である。
「辺野古、普天間」以外の基地も認めないのは、安保破棄を目指す共産党の主張だ。
翁長知事は根っからの保守と自称し、安保容認であり、嘉手納基地容認である。
「嘉手納基地を含む米軍基地の一大撤去運動」は、建白書から明らかな逸脱である。

さらにおかしなことに、オスプレイ反対は建白書の立派な3本柱の1本なのに、聞こえてこない。
高江でのCV22の訓練の可能性があるのだから、「嘉手納基地を含む米軍基地の一大撤去運動」の前に、オスプレイ反対しなければ、翁長知事は公約違反になる。
Unknown (東子)
2015-05-18 07:37:05
>翁長知事には批判的な大田氏だが、独立論について「辺野古に新基地を造らせてしまえば二度と独立はできなくなる。阻止したら可能性は出てくる」と述べ、新基地阻止の重要性を指摘した。

何もかも辺野古阻止に結びつけて、真の目的を隠さなくなった。
もはや、辺野古阻止でカモフラージュしていては生ぬるくなったのだ。
それは、辺野古建設が進んだら、何もかもが瓦解することを表している。


真の目的は沖縄独立である。
「嘉手納基地を含む米軍基地の一大撤去運動」、「民族的差別」すべて沖縄独立の道具、舞台装置である。
14%が思う祖国へ、86%の人々と領土をお土産に(質草では決してない)復帰を企てているのである。
Unknown (心配性)
2015-05-18 07:52:40
いまになって許可するのはどういう意図でしょうか?

辺野古サンゴ破壊 沖縄県の調査、米軍が許可へ
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=115693
平野古のビッグベント (清島 清)
2015-05-18 10:12:47
平野古のビッグベントが今度の土曜日曜で開催されます。
当日の反基地左翼連中の動向が見ものですね!

「シュワブフェスティバル 2015」
https://youtu.be/diAKm-3CFjs
【開催日】2015年05月23日(土)~ 24日(日)
【時間】14:00 ~ 22:00
http://www.goyah.net/okinawa_event/base/schwabfestival.html

県民と米軍の方々との交流は、今年も大いに楽しく盛り上がることでしょう!
市民権を失ったプロ市民 (安仁屋 正昭)
2015-05-18 10:30:44
昨日の祖国復帰43周年大会は盛り沢山のメニューでしたね
食べ過ぎの感もありなすが、実に刺激的でした
主催者には、この場を借りて早期の動画配信をお願いしたいと思います
中でも日の丸先生の体験談は、辺野古に動員されている自治労や沖教組、高教組には是非とも見せてあげたい爆笑話でした
また、二部のディスカッションは稀にみる質、量共に優れた内容でした

ところで、外部の公認会計士から不適切な経理が指摘されているセルラーSでの、
あれは、県民大会・・でしたよね??
TVを見たという妻からは、本土の○○県から参加という方々のインタビュー映像が沢山流れていたと聞きました
そういえば、翁長さんの知事選の大会の参加者は、昨日の1/3程度でしたね
左翼運動は、本土では既に市民から疎まれて支持されないと聞きます
行き場を失った活動家等の最後の終結場所という事なのでしょうか?

三万人

嫌われ者の

同志かい
【誤字訂正】平野古のビッグイベント (清島 清)
2015-05-18 11:22:19
失礼しました先程の誤字訂正です。
×「平野古のビッグベント」
○「平野古のビッグイベント」
ーーーー

▪︎地元住民が誘致したキャンプシュワーブ
地元の友人、米軍人の方々に対する地元の熱い思いが感じ取れることでしょう。

▪︎沖縄県民の意識
大勢の県民がイベントに参加され、米軍に対する県民の意識が汲み取れることでしょう。

▪︎反基地左翼の動向
当日は多勢に無勢で、老害左翼連中は片隅に追いやられるか、反基地はお休みにするかでしょうか。
(当日は平和を愛する基地賛成派や容認派が多く訪れます。沖縄を中国に捧げる 売 国 国 賊の反基地左翼連中が現地にいたら対決が始まるかもしれませんね。)


本島にお住いの皆様、ぜひご自分の目で平野古の別の一面をご覧になられてくださいね!
Unknown (東子)
2015-05-18 12:10:51
米軍が調査させてくれないからと言えるように、調査しない理由をせっかくあげたのに、「調査させろ!」と五月蠅いから、調査させるんでしょう。
翁長知事調査団は調査するからには、翁長知事を突き上げている反対派が満足するような、防衛局が発表した以上の破壊を見つけなければならない。
大変ねぇ……。

何もでてこなければ、政府の調査は誠実なものだったとなり、それ以上のものが出たと言えば、それがそれ以上の物かどうかという掛け合い漫才になるわ。
掛け合い漫才の先に翁長知事を突き上げている反対派は「岩礁破砕許可の取り消し」を期待しているから、「取り消し」しなければならない袋小路に翁長知事を雪隠詰め。


岩礁破砕許可って、辺野古埋立許可が前提だから、「岩礁破砕許可の取り消し」は、「辺野古埋立許可」があることになる。
翁長知事は、「岩礁破砕許可の取り消し」で「辺野古埋立許可」を認めていて、その後、第三者委員会で出された理論武装を基に、「辺野古埋立許可」の取り消し?
その辺の理論構築が政府側にできたのと違いますか?


結局、翁長知事は無理難題を政府に押し付けているうちに、政府が軟化するか、事勿れで世間の風評を政府が怖れるか、それを待っているんでしょう。
が、“沖縄に寄り添う”政府は、「できることはすべてやる」のスローガンの下、翁長知事の要求をきいて、翁長知事がやらないと言えない(別の言い方すれば、墓穴を掘らせる)様にする。
じゃー、なぜ「できることはすべてやる」といいながら、辺野古断念はしないのか?ですって?

だって、それは、「できないこと」だからでしょ。
あくまでも安倍政権は「できることはすべてやる」としか言っていないのだから。
Unknown (東子)
2015-05-18 12:11:21
八重山日報
「中国 ■ 八重山への圧力強化 尖閣 ■ 太平洋への「通り道」 2015年5月12日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/05/12/%E4%B8%AD%E5%9B%BD-%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%9C%A7%E5%8A%9B%E5%BC%B7%E5%8C%96-%E5%B0%96%E9%96%A3-%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E3%81%B8%E3%81%AE-%E9%80%9A%E3%82%8A%E9%81%93/

>防衛省が宮古島、石垣島への陸上自衛隊警備部隊配備計画を具体化させたのは、石垣市の行政区域である尖閣諸島をめぐる情勢の緊迫化が背景の一つになっている。
>左藤章副大臣は11日、中山義隆市長に「残念なことだが、尖閣諸島では領海侵入が日常的に発生している」と指摘した。
>沖縄本島と宮古島間は、中国軍が太平洋に展開する際の「通り道」に使われている。
>中国国営テレビは尖閣諸島を含む石垣島周辺についても同様に「中国海軍の通り道」と明言しており、中国が尖閣奪取を図る背景に軍事的な意図があることをうかがわせている。
>国策として太平洋進出を進める中国が、今後も八重山への圧力を強めるのは間違いない。


↑のような状況にある石垣。
左藤章防衛副大臣が11日、石垣市に対し、自衛隊配備に向けた調査に協力を要請したことを受け、市民からは配備に対し賛否の声が上がった。
まず、賛成の声↓


「陸自配備に市民賛否 「中国の脅威 早急対処を」 「島に軍隊あると標的に」 2015年5月12日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/05/12/%E9%99%B8%E8%87%AA%E9%85%8D%E5%82%99%E3%81%AB%E5%B8%82%E6%B0%91%E8%B3%9B%E5%90%A6-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%84%85%E5%A8%81-%E6%97%A9%E6%80%A5%E5%AF%BE%E5%87%A6%E3%82%92-%E5%B3%B6%E3%81%AB%E8%BB%8D%E9%9A%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%A8%99%E7%9A%84%E3%81%AB/

>石垣市議会の保守系議員10人で組織する防衛議員連盟の仲間均会長は「石垣市は国境の島であり、島しょ防衛のために自衛隊が配備されることは歓迎する」と強調。「自衛隊誘致に向けた活動をどのように展開するか、今後、防衛議員連盟の活動は重要なポイントになるだろう」と指摘した。

そして、反対の声↓


「自衛隊配備に反対決議 退職教員会支部が総会 2015年5月14日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/05/14/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E9%85%8D%E5%82%99%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E6%B1%BA%E8%AD%B0-%E9%80%80%E8%81%B7%E6%95%99%E5%93%A1%E4%BC%9A%E6%94%AF%E9%83%A8%E3%81%8C%E7%B7%8F%E4%BC%9A/

>石垣島への自衛隊配備計画に反対し、撤回を求める特別決議を採択した。
>決議では、自衛隊配備について「広大な土地が剥(は)ぎ取られるばかりでなく、島の景観、発展を著しく阻害するものになる」「風光明媚な石垣島の土地を一坪たりとも軍事利用のために使わせるわけにはいきません」と批判。

中国軍が上陸してきたら、「広大な土地が剥(は)ぎ取られるばかりでなく、島の景観、発展を著しく阻害するものになる」だけでは、すまないと思うのだが。
敵が上陸してきたら、自分らの命も剥ぎ取られるますぞ。
沖縄戦で学んだのと違いますか~?
まず、大事なことは、敵を上陸させないことでしょ。

本土決戦を決心したとき、本土は圧倒的に弾薬、武器が不足した。
そのとき、竹槍で突こうと、非力とわかっていても一応武装しましたよ。
退職教員の主張は、自分の命を守るのに非武装?


>自衛隊配備は近隣国との軍事的緊張を増長させるとして、近隣諸国の友好関係を大切にするよう求めた。
>石垣市長、防衛大臣に送付する。
>自衛隊配備阻止などを盛り込んだ活動方針も承認した。

どうやら「中国軍が太平洋に展開する際の「通り道」に使わないでくれ」「近隣諸国の友好関係を大切にするように」は、中国には言わず、石垣市長、防衛大臣“だけに”に言うらしい。
退職教員というのに、「喧嘩を止めなさい」は、片方に言っても効果は無いということを、子供を指導していて気付かなかったのか?
Unknown (東子)
2015-05-18 12:11:42
八重山日報
「次世代見据え 選択の時 きょう沖縄復帰43年 八重山は歴史の転換点 2015年5月15日」
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/05/15/%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E8%A6%8B%E6%8D%AE%E3%81%88-%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%AE%E6%99%82-%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E6%B2%96%E7%B8%84%E5%BE%A9%E5%B8%B043%E5%B9%B4-%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%81%AF%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E7%82%B9/

>復帰後、八重山では道路網や下水道などの社会資本整備が進み、光ファイバー敷設による高速インターネットの普及などは本島、本土との情報格差を劇的に是正した。

沖縄から見るだけでなく、本土の沖縄を見る目も知って欲しい。
本島、本土との情報格差是正が、それに役だって欲しい。

コメントを投稿

普天間移設」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事