狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

第三弾!頑張れ宮古島市、宮古島市のプロ市民提訴とマスコミの印象操作

2019-09-17 12:30:30 | マスコミ批判

 狼魔人日記

 NO!残紙キャンペーンサイト 

プロ市民お得意の論点のすり替え。

宮古市側が問題視しているのは、自称市民が「最高裁判決後も」 「虚偽の主張を」繰り返し喧伝していたこと。

「行政を批判すること」と「嘘を垂れ流し行政を卑しめること」は全く違う。

今日17日午後7時放映のチャンネル桜「沖縄の声」で「頑張れ宮古島市・プロ市民提訴問題」を詳しく取り上げます。

 

 

市民提訴は弾圧」 宮古島市が市民逆提訴 市民有志が撤回要求

9/17(火) 10:14配信

琉球新報

 

 【宮古島】沖縄県宮古島市(下地敏彦市長)が不法投棄ごみ事業を巡る住民訴訟の原告市民6人を提訴する議案を市議会に提案した問題で、市民有志でつくる「宮古島市の『市民提訴』に反対する宮古島市民の会」が16日、市内で会見を開き、市民提訴議案への抗議と否決を呼び掛ける声明を発表した。


 声明では「市が市民を訴えることは、市行政へ自由に意見を言うことを許さないという市民への弾圧行為である」と強調。ごみ撤去事業を巡る住民訴訟について、市長・市当局の責任は問えなかったが「判決理由の中で、本事業に対する監督・検査のずさんさが明らかにされた」ことや刑事裁判で当時の担当職員が有罪判決になったことなどを指摘した。行政の在り方を問題視し、訴訟を提起したことは市民の当然の権利だとして「『市の名誉を傷つけた』とする市当局の訴えの提起は、住民訴訟を行った市民への報復、どう喝訴訟であることは明白」として、議案の撤回と、議会での否決を呼び掛けている。

 共同代表を務める亀浜玲子県議は「6人の市民だけがターゲットにされていることには納得いかない。今後の市民の行政監視の在り方に影響が及ぶことも考えられ、黙って議案を通すわけにはいかない」として、議案採決まで提訴の問題について周知活動に取り組む方針を示した。声明は全市議会議員に送付する。同会によると、16日時点で130人以上が賛同している。

琉球新報社


  • nak*****

     | 1時間前

    市民の会のネーミングセンスの方が気になるww

    返信0

  • かわらぱん

     | 1時間前

    市長のリコールって、できるのかな?

    返信0

  • ner*****

     | 1時間前

    宮古島って海はゴミだらけだし、街中もペットボトルや空き缶など棄ててあり行政の無能さがにじみ出ている感じがする!やはりって思う!

    返信0

  • kaz*****

     | 1時間前

    わざと経緯がわからない記事にしてる?

    良く分からんが市民だけど国民じゃ無いとか?
    印象操作?

    返信0

  • cos*****

     | 30分前

    あほちゃいまんねん
    左パ〜でんねん!

    ハハハ プロ市民!

    返信0

  • hex*****

     | 1時間前

    >市民有志でつくる「宮古島市の『市民提訴』に反対する宮古島市民の会」

    明らかにプロ市民団体とわかりますね。日当はいくらですか?

    返信1

  • miy*****

     | 1時間前

    自称「市民」は恫喝しているのに。
    しかも130人以上が同意て、少ない事。

    返信0

  • mc0*****

     | 1時間前

    市民ではなくプロ市民です。
    判決で市側の勝訴なのに、まだ新聞と一緒に市を非難しているプロ市民。

    返信0

  • yamacchi

     | 1時間前

    なんのリスクもなく、市に対して文句言い放題なわけないだろw

    返信0

  • qcq*****

     | 30分前

    他国に忠誠を誓う工作員、つまりプロ市民だから訴えられて当然ら、

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 石垣市議会、NHK抗議へ ... | トップ | 「赤旗」が「白旗」、100万部... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (「市民提訴は弾圧」琉球新報 9/17(火)より)
2019-09-17 21:18:03
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000008-ryu-oki

 【宮古島】市民提訴議案への抗議と否決を呼び掛ける声明を発表した。

▼ 声明では「市が市民を訴えることは、市行政へ自由に意見を言うことを許さないという市民への弾圧行為である」と強調。
△ごみ撤去事業を巡る住民訴訟を起こす自由はなかったのですか?
そして、裁判で決着が着いたのでは?

▼市長・市当局の責任は問えなかったが「判決理由の中で、本事業に対する監督・検査のずさんさが明らかにされた」ことや刑事裁判で当時の担当職員が有罪判決になったことなどを指摘した。
△市長・市当局の責任は問えなかった事が不服で反日マスコミと結託し判決後も宮古市を批判し続けた。その結果、宮古市はプロ市民を訴えざるを得なくなった。

▼行政の在り方を問題視し、訴訟を提起したことは市民の当然の権利だとして「『市の名誉を傷つけた』とする市当局の訴えの提起は、住民訴訟を行った市民への報復、どう喝訴訟であることは明白」として、議案の撤回と、議会での否決を呼び掛けている。
△不服であれば裁判に訴えれば良い。新報とタイムス等のオール沖縄が総力をあげて味方になっているぞ。
「宮古島市の『市民提訴』に反対する宮古島市民の会」とは?原告市民6人はその会員では?会員総数は?元々の市民?

▼共同代表を務める亀浜玲子県議は(オール沖縄)「6人の市民だけがターゲットにされていることには納得いかない。
△住民訴訟の原告市民6人を相手取るのが普通の行政監視の在り方だと思う。

▼声明は全市議会議員に送付する。同会によると、16日時点で130人以上が賛同している。
△( 平成27年12月31日 )全国813市の市議会議員の実数は19,348 人。16日時点で130人が賛同とあるが、その政党別内訳は?

琉球新報より

コメントを投稿