狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

高市氏が辞任?持論ためらわず主張する高市氏、党内には「政調会長の役割は調整」と不満くすぶる

2021-11-30 00:38:20 | 政治

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

持論ためらわず主張する高市氏、党内には「政調会長の役割は調整」と不満くすぶる

 自民党の高市政調会長が、持論を発信する場面が目立っている。一方で、18歳以下への10万円相当の給付を巡っては与党協議から外され、調整役は茂木幹事長が担った。9月の総裁選で有力な総裁候補に浮上した高市氏にとって、今後は調整力が課題となりそうだ。

 高市氏は17日、党本部で開いた政調全体会議で「政調は内閣の下請け機関ではない。地元で聞いた声を政府にぶつけ、実現していくのが役割だ」と強調した。

 実際、高市氏自ら、持論をためらわず主張している。大胆な財政出動による経済成長を唱える高市氏は、16日の政調役員会で「財政規律を重視しすぎだ」として、財務省幹部に2022年度の予算編成方針を見直すよう求めた。財政健全化を議論する「財政再建推進本部」(※引用者⇒廃止された)の改廃も検討している。

 就任直後の衆院選公約の作成でも、台湾の環太平洋経済連携協定(TPP)加盟申請を「歓迎」と明記するなど、自民党総裁選での自らの主張を随所に反映させた。

 ただ、党内には「本来の政調会長の役割は、持論を押し通すより、調整することだ」(閣僚経験者)と不満もくすぶる。18歳以下への給付を巡る公明党との与党協議は、幹事長間で行われた。高市氏が、公明党の衆院選公約について「自民党の公約とは全く違う」と明言したことが影響したとみられる。

 高市氏は自公合意後も「世帯収入の合算でなければ不公平だ」として所得制限の見直しを主張したが、政府は「迅速な支給に支障が生じる」(松野官房長官)と受け入れない方針だ。

 高市氏は2012~14年にも政調会長を務め、政策への思い入れが強い反面、党幹部は「一人で抱え込みすぎる」と指摘する。政府や公明党との政策を巡る調整は、今後も茂木氏が担うとの見方が浮上している。

⇒最後にクリックお願いします

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【話題】カズレーザーの名言... | トップ | 【画像】 反基地活動家に取り... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高市氏の辞任? 反主流派の嫉妬に過ぎない。男の嫉妬次元は女のソレよりデカい。昔から「男心と秋の空」と例える。読売新聞社長渡辺氏が曰く「高名な政治家でも彼奴は好かんだけの理由で喧嘩する」 (坂田)
2021-11-30 09:39:44
とにかく、高名な方の辞任劇と言えば田中英寿理事長のことです。及び腰の政府の様でした。

【日大・田中英寿理事長を脱税容疑で逮捕 東京地検特捜部 30日フジテレビ系FNN】 ・・・ 日大の事業規模は会社で言えば東証一部上場企業と同じ。昔から、国内全ての会社社長の人数NO1が日大出身。

学生数も昔から10万人超えで日本最大の大学。報道で、拘束された田中理事長が検事に「日大だと思って馬鹿にしてるだろうが」と在った。

田中理事長自身が日大の伝統を知らないとは、なんとも悲しい限り。


弁護士が1000人居たら、1001番目もその後の順位の方も居る。何事もピンからキリまで在る現実を田中氏が判らない視野狭窄症でした。

全国の大学法学部は司法試験合格者数輩出数で評価されるから、法学部生に強化教育する特有伝統を個々に持つ。教授陣の差が出る。

私学で最大合格数が中央大学ですが、そう言う法学部が在ると他学部の偏差値も自ずと上がり“入学者の質”が向上する連鎖が起きる。

日大の今年も合格数が17人で九州大学法科大学院と同じでした。九州の国公立大と私学は昔から司法試験で日大に勝てっこ在りません。


報道で、田中英寿理事長が過去にも背任横領履歴が在り常習化している。暴力団会長との黒い噂が事実と認められた報道も在った。

然し、驚いたのが闇の経済フィクサー許永中氏(在日韓国人 逃亡)との闇の付き合いが在ったとのことですが、さもありなんです。

そう言う背任横領常習者が日大理事長だったなんて、もう日本国の非劇です。政府も、許永中氏と同じ穴の狢で在る田中理事のことを重々承知していただろう。暴力団の凌ぎが日大だったなんて喜劇だ。


今回5千万円横領逮捕の件、同額の横領事件でも背任は事が重大。

今後の日大統治改革では、会社更生法の様に国が選任した弁護士が監視管理に当たってもらいたいものです。



なお4年前に会社更生手続きが終えた福岡久留米市のゴム靴製造会社「アサヒシューズ」、更生完了まで早やかった早やかった。

「アサヒシューズ」は、ブリジストンと日本碍子の兄弟会社で老舗企業だったが、両者が助けなかったから会社更生法で再起を期した。

選任された管財人が「鬼の検事」と賛辞された木上法律事務所(=人権派弁護士、地元一流企業の顧問弁護士、知名士)でした。


なにせ、木上弁護士は事務所内で刃物を振り回す暴漢をゴルフ・パター1本で叩きまくり取り押さえたTVニュース武勇伝の持主だ。

引退後の福岡県警「マル暴」が回顧した、「若いとき、私らの様な下っ端の書類送検でも木上先生(地裁検事)だけが取り上げてくれた」。

その筋の輩も木上先生に平身平頭で在り、先生に敬語を欠かさない。全員が白人金髪トップレスのポールダンス店で、千円札を加えて花道に寄り添って待つと舞台を歩くダンサーが両巨乳でサッとはさみ取り上げた後でパフパフしてくれる。この楽しいことを「先生も!」と勧めたら、横からあの輩が「坂田さん、先生にそんなことを勧めたらいけませぬ」と制止された。まさか、あの輩からマナーを説教されるなんてビックリでした。


社内管理体制強化と言えど、幾ら会社更生と言えど、管財人の目的は【先で食べて行ける社内態勢】に在ります。売上増が更生の命です。

実働役で弁護事務所からNO2の弁護士ら数名が「アサヒシューズ」に派遣された。木上弁護士が司令塔役です。

NO2弁護士が知り合いだったので「大変だろっ?」と冷やかしたら、逆だった。一言で、軍隊で言えば新兵鍛錬教化役の「鬼軍曹」だ。彼がやっていたのは「社内の高度人材教育」で在り即ち「企業戦士造り」でした。

そのために、真っ先にやったのが幹部社員の戦力化でした。今までのぬるま湯態勢から戦士に鍛え上げるために、幹部らの意思疎通と意識改革が第一段階と語る。

時には、飲みにケーションで九州一の風俗街中州まで遠征したとのこと、ちゃんと鞭と飴を使い分ける人権派弁護士たち。

そして、「アサヒシューズ」の研究部門にけしかけたのが他社が造れない新製品開発。後に幾つも特許を得たのがメディカル型シューズです。

そして、間もなく会社が黒字経営に転化した。とにかく早かった。「アサヒシューズ」の更生事例を今後の日大更生に活かしてもらいたい。

(㊟中州の面白い店を幾つも何度も紹介して、無理やり安値で団体予約してあげたのは私です。私も「アサヒシューズ」更生の飲みにケーションに寄与したはしくれとして、ささやかな想いを私の喜びとします)
Unknown (amai yookan)
2021-11-30 13:00:38
高市政調会長を下ろしたら・自民党はガクッと票をへらす。

●「彼女が、このデジタル時代の若者の票を集めたこと・保守、自民の対中共への生温い所をピシッと突いた所が、票になった」って事を忘れてんのか?・気が付かんのか?

・いずれにしても、彼等のやってる事=おバカか・デジタル時代の認識が無いのか・中共の回し者だろー・顔洗って出直してこい!

コメントを投稿