狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

尖閣で中国海警と対決・仲間均石垣市議

2021-06-13 19:23:31 | 政治

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

 

 

仲間議員が尖閣近海で漁をしていると、海保のボートが近づいて「尖閣には1海里以内以内に近づかないで」と要請。もちろん上陸も禁止。

仲間議員「オーケイ」と快諾しながら黙々と続行。大漁の様子。

「オーケー」と言いながら黙々と漁を続行する仲間氏に・・・

海保「・・・・・・」と文句も言わず立ち去った。

仲間議員の独り言「彼ら(海保)もご苦労さんだよな」

               ★

坂田さんのコメント

仲間議員のサイトがFBから「政府系ハッカーから攻撃を受けている」警告が画面に出て驚いたとのこと。この政府系、中國・北朝鮮・ロシアと数が少ないがイランとのこと。
愛国主義者の仲間石垣市議会員の活動動画報告を中國政府が嫌がっていること。

すなわち、仲間議員が中國が意図した尖閣諸島侵奪魂胆の障害になってる訳です、効いているのだ。

だから、仲間議員のサイトとYouTubeの閲覧を国民広汎にお願いしたいのです。

仲間議員の動画を見たら、実は日本国民が尖閣の現実を知ると困るのが中國政府なのです。

だからさ、申し合わせた様に琉球新報と沖縄タイムスが尖閣諸島領海侵犯の戦艦海警を報道しない。

今朝も報じたのが、石垣の八重山日報だけで在る。

即ち、中國自身が国際に適わん行動を自覚してる。

中國が対日策で一番怖がるのが「日本国民が中國に反発して来ること」で在ります。

それが、中國に反発民意醸成こそが、独裁国家の最大の弱点で在るからだ、独裁の敵が民意で在る。

ゆえに、仲間議員に中國戦闘艦海警が危害でも加えたら日本国民の怒りが沸騰することになる。

この愛国主義日本国民の声が政府を責め立てることになる、政府が海軍を海上警備決定する。

だから、今後も戦艦海警が仲間議員にちょっかいを出すが、それ以上のことは決してしないこと。

なぜなら、やったら最後、尖閣諸島の海上警備を石垣島巡視船から日本海軍の駆逐艦群がバトンタッチを受けるからだ。哨戒攻撃型潜水艦も登場する。

駆逐艦が登場したら戦艦海警が全く歯が立たない。

大きさが倍もある駆逐艦が海警を追尾中に、「偶然にも、うっかり、まったく悪意が無く、想像もしなかった衝突が起きたら・・・」・・・海警の喫水線に大穴が空き大量の海水が流入で直ぐに航行不能になるか、最悪の場合は沈没の危険が在る。

偶然の事故である、然も、我が国領海内で有害航行の中國海軍戦艦海警に国際正義など在り得ない。中國発コロナ世界感染流行と同じ視線を送ること。

なお、領海内でも、公海上でも、理由に関わらず一発でもどちらかが撃てば即座に紛争化するのが常。

然し、「偶然で悪意のない衝突なら事故」で在るからして戦争行為ではないこと。これを活用すべき。

我が国の強襲揚陸艦「おおすみ」なら1回で沈没させる怖い能力が在ること、然も高速軍艦で在る。


天安門事件後に日本に帰化した民主化活動家の石平拓殖大学教授が曰く【中國に強く出れば、引っ込む】。正しく、それが事実であること。

中國共産党も日本共産党も共産主義者特有の共通点が在る、【相手の出方を視て打って出る】こと。

これが在るから警察庁が日本共産党を監視してる。

つまり、具体的には今の挑発に相手が無関心なら「しめたっ」と理解して、新たに上の段階の挑発を打って出るのが共産主義者で在ること。

この様にして、連綿と挑発を繰り返して外国の主権も“中國の物とする既成事実化させる”ことで侵略を開始するのが共産主義者特有の行動で在ること。

この性根がまったく変わらないから、警察庁が全国の日本共産党議員を破壊防止法の対象先で365日監視下に置いている。議員家族も同じ処分だ。

あなたの地域の共産党議員さん、いつも笑顔で会釈していますね。あれが、共産主義の正体を隠す伝統の党指針で在る【ほほ笑み路線】そのものです。

国民に幾ら笑顔で取り繕っても、志位委員長の眼を良~く注目して下さい。

志位委員長の笑顔の眼が、どす黒くまるでサメの様な眼で在り、眼から心情を一切察せないのだ。

つまり、志位委員長の眼が暗黒の世界から現実社会の様子を伺うサメの眼の様に見えるのだ。



【土地規制法案】 理由を読者に示さず、結果を捻じ曲げて報道する悪辣な印象操作の琉球新報と沖縄タイムスの反政府主義に、さもありなん。

琉球新報と沖縄タイムスの今回の主張も中國政府と同じことを言ってる。

ゆえに、琉球新報と沖縄タイムスが肝心なことを決して報道しない訳だ。

肝心なこと 政府が基地周囲1km圏内を土地売買禁止処分にした理由は、上陸した中國軍テロリストが基地内部を狙撃する狙撃銃の射程距離を1kmと見積もったからで在ること。これ以外になにも無い。

なぜなら、10年以上前から法務局の不動産登記情報が電子化されて、かつての様な権利書の代わりにカードで登記する様になったからだ。

電子式登記システム中身を見たことないが、電子化だから当然に全国オンラインであること。つまり、条件入力して検索したら法務省が全ての情報を掌握することが出来る。

全国オンラインでなくても、各自治体ごとで在っても、検索条件入力で基地周囲土地所有者と登記情報を速やかに纏めて知ることが出来る。

その調査結果に、異変を知ることが多かったと言うわけで在り、今後の土地売買規制を1km圏内(=隠密潜伏する中國軍狙撃兵を念頭にする)に政府が決定したこと。国家国民の安全保障護持に当然で在る。

なお、知って驚いた基地周囲土地所有者の「異変」については、自衛隊情報機関が既に注目してマークしているのは当然の責務で在る。

この国家国民安全保障体制を敷くことが怪しからんとする琉球新報と沖縄タイムス、同じことを言う中國政府、この3者は同じ穴の狢で在る。

ゆえに、今の土地規制対象先に沖縄タイムス阿部岳記者を指名願う。

琉球新報と沖縄タイムスの社員が中國政府の工作員を担っていても、一般沖縄県民の86%が嫌中で在り全国一の中國人嫌いの沖縄県で在ることを、10年余前沖縄県庁に因る県民意識調査結果が現した。

今も嫌中の沖縄が変わる訳がない、今の方がもっと嫌中で在ること。

誰だって人として、ああ言う迷惑者中國が隣にいたら嫌がって当然だ。

内地の方も琉球新報と沖縄タイムスの親中主義報道を素直に読んで、まんまと騙されてはいけません。彼の新聞には印象操作が在る。

金言、一般沖縄県民の意識は全国一の嫌中です。ゆえに、琉球新報と沖縄タイムスの主張は沖縄県民を代表する声では全く在りません。



そう言う琉球新報と沖縄タイムスの記者が在日海兵隊サイトを毎朝閲覧するのがルーティンワークだが、両記者共に決してサイト引用の報道をしない癖が在る。

海兵隊員が県民を救命した事例を決して報じないこと、この10年間で1回だけしかない、それも沖縄SNSで海兵隊感謝の念が溢れたからだ。

その癖して、数日前うるま市の米軍基地から消火剤が漏出した事故をネガキャンし、県と市の担当者が合同で基地内を探索するネガキャンだ。

それは報告遅れと原因調査要求に抗議をして当然だが、先週、海兵隊員が県民を救命して賛辞されたたことを又もや報道していない。

つまり、県民の命でも海兵隊員から救命されたら報道する価値が無いと判断したのが琉球新報と沖縄タイムスの報道指針で在り、昔からだ。

【(北谷町基地勤務の)ドミニク・ボナー海兵隊伍長は朝食中のレストランで、医療処置が必要の従業員に気づいた。厨房に入ると床に倒れ脈がなく動かない男性を確認し、直ぐ男性を仰向けに寝かせ胸骨圧迫(=CPR心臓蘇生術のこと)を開始した。救急隊員が到着し男性を医療施設に搬送する迄の10分以上CPRを続け、男性の命を救った】

なお、迅速な救命処置が出来た理由をボナー海兵隊伍長が【第1海兵航空団の化学・生物・放射性物質・核(CBRN)防衛隊スペシャリスト】で在るからと海兵隊サイトが載せた。

偶然にも、海兵隊の医療専門家が居合わせたことことが幸いした。

昨年12月下旬、猛毒ハブに噛まれた中年女性を救命した海兵隊員も特殊部隊員で在ったこと。

美ら海水族館公園で倒れていた人を救命したのも、衛生兵で在った。

毎年、ダイビング中に溺れた人を何度も海兵隊員が救命事例も在る。

偶々帰宅途中に、交通事故で重傷の女性を救命した基地軍医もいた。


なお、今回もだが、救命した後に名乗らず立ち去った隊員が多いこと。

⇒最後にクリックお願いします

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 韓国と断交せよ!日韓首脳「... | トップ | 安倍3選か!3A対2Fの暗闘! »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
尖閣で対決 (宝味)
2021-06-13 20:52:18
>天安門事件後に日本に帰化した民主化活動家の石平拓殖大学教授が曰く【中國に強く出れば、引っ込む】。正しく、それが事実であること。
※我が国の強襲揚陸艦「おおすみ」が「偶然で悪意なく【強く出て】衝突、中國海警に大穴が空き、「おおやすみ」になる事を祈るばかりだ。その時は日本政府のお金で尖閣に「中國海警の碑」が建立されるだろう?

>一般沖縄県民の86%が嫌中で在り全国一の中國人嫌いの沖縄県で在ることを、10年余前沖縄県庁に因る県民意識調査結果が現した。
今も嫌中の沖縄が変わる訳がない、今の方がもっと嫌中で在ること。
※玉金言、一般沖縄県民の意識は全国一の嫌中です。ゆえに、沖縄県民は沖縄代表として玉城県知事を選んだ?

※尖閣寄付金 10億円を突破
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/7781.html
※「 King Gnu」と「やぎさんゆうびん」
https://www.youtube.com/watch?v=ZvpKPXkbJKI
Unknown (amai yookan)
2021-06-14 07:10:35
>駆逐艦が登場したら戦艦海警が全く歯が立たない。

大きさが倍もある駆逐艦が海警を追尾中に、「偶然にも、うっかり、まったく悪意が無く、想像もしなかった衝突が起きたら・・・」・・・海警の喫水線に大穴が空き大量の海水が流入で直ぐに航行不能になるか、最悪の場合は沈没の危険が在る。・・・坂田さんのコメント


なるほどね! 駆逐艦で衝突、、、私も同じ事を考えてましたが、私は「南極観測船しらせ・旧」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E8%88%B9が好いんじゃーないかと思ってました、正面でぶつかったら砕氷船の勝、ですもん、しかし、ぶつける方法に苦慮してました、ので、、よかった

しかし、駆逐艦出動までの法整備・・なにより政府の態度が??ですからね~

尖閣元保有者の弁https://www.news-postseven.com/archives/20120119_81634.html?DETAIL

なんなんでしょう?日本より中共と経済的繋がりの深い台湾が強い態度で中共に対処しているのに

・台湾の外交経験者を「国策顧問」に登用すれば好いのに、、、
いかと】驚きの対策です、海警が沈没前に壊れます。 (坂田)
2021-06-14 12:53:31
悪意が無い偶然の衝突を伺わせる事例が在ります。

2013年1月に東シナ海の公海上で中國艦艇が日本護衛艦に76mm速射砲の射撃管制レーダーを照射した事件が発生した。その狼藉が公海上です。

76mm速射砲 毎分90連発で近接信管付き速射砲弾を88発搭載します。ロック後自動的に撃つ。

目的は自艦艇に飛来する亜音速の対艦巡航ミサイルを、マッハ3の砲弾で撃墜するためです。

別に命中しなくても、近接信管付き砲弾なので敵機の半径10m圏内に接近したら感知起爆する。

その起爆破片がマッハ3で四方に散逸するので確実に対艦巡航ミサイルを壊すことが出来る。

然し、初発からは当たらない。連発することでマトに段々寄せることで直ぐ撃墜が可能で在ること。

ゆえに、76mm速射砲は対艦艇用ではないこと。


それを判り切った護衛艦長が中國艦艇の意図を直ぐ見抜いていたこと。

【公海上で射撃管制レーダー照射を浴びせたら護衛艦が慌てて応戦するだろうの挑発】意図でした。

即ち、最初から中國艦艇を撃ってもらう中國政府の悪辣な計画で在ったこと。

公海上で護衛艦が中國艦艇を撃ってくれれば、中國政府が【公海上で日本が中國を撃ったぁっ!日本は酷いっ!】と国際社会に涙物宣伝することになる。

そんな戯言でも、中國を支持する国が国連に数多くいる現実をご承知下さい。

中國の喧伝目的が【東シナ海が紛争の海になったっ!】とする被害妄想を、国際社会に植え付けるためであったこと。この魂胆を護衛艦が見抜いた。

そして、76mm速射砲の射撃管制レーダー照射を浴びても護衛艦長が耐えた。

艦橋内は照射警告音が鳴りまくったが、実際には案の定速射砲弾が飛んで来なかった。

ここ迄がマスコミの報道でしたが、実はこの続きが面白かったのです。


公海上で、中國のしょうもない挑発に怒った護衛艦長が全速力で照射した中國艦艇を追い駆けて来た。

中國艦艇よりも倍も在る護衛艦が偶然に衝突でもしたら沈没の危険が在るから、中國艦艇が逃げた逃げた、一直線に逃げた。

護衛艦が勢いを増して追尾したこと。中國艦艇が、護衛艦長が本気で在ると悟った。

大きい護衛艦が当たりに来たからそりゃ怖いさ~。艦砲射撃を喰らうよりも怖いことが予想出来る。


さすが我が海軍の護衛艦長と想いがちですが、実は違います。軍人なら単独判断をしません、命令だけに従います。(㊟従わんのが韓国海軍駆逐艦)

一連の変動を最初から報告を受けていた佐世保地方総監(東シナ海を管轄)の吉田正紀海将の指示で在った可能性が100%高いこと。

吉田正紀海将 退役されたが、就任中に一度も撃たず撃たせずに制服を脱ぐことを「ささやかな誇りとしたい」と退任式で部下に挨拶した。

国防の本質、戦うのではなく敵が怖気付く防衛態勢を組むことに在る。

どこにも負けない態勢なら、どこも日本に挑む国が出て来ないから、戦うことが無いわけです。

それが戦争を抑止する自衛隊の究極思想で在り、それを吉田正紀海将が地方総監で実現したこと。

吉田正紀家は3代に渡る軍人家系で在り、祖父が上海事変に、父が大平洋に従軍したこと。

本人も海自に35年従軍した安保政策と国際情勢分析のプロで在ること。現職が慶応義塾大学教授ですが、今もなお眼光鋭く正に軍人の表情で在ります。

その吉田正紀海将が護衛艦長に【当たれっ】と命令した。慌てて逃亡した中國艦艇。

軍艦は艦砲を喰らっても簡単に沈まないが、一回でも衝突されたら海の藻屑に化します。

だから、尖閣諸島領海侵犯の中國海軍戦闘艦海警に大きな護衛艦が【当たれっ】の命令が必要なのだ。

全く偶然の悪意が無くむしろ善意に近い接触事故で簡単に敵の喫水線に大穴を空けてしまいます。

8年5ヶ月前の前例をどうか継承を願いますよ。
朋美の味方 (宝味)
2021-06-14 23:55:20
「視察実現」を申し入れ
https://www.youtube.com/watch?v=pfuw7L-yRSU&t=6533s
Unknown (Unknown)
2021-06-16 01:00:12
『尖閣で中国海警と対決・仲間均石垣市議』ら対する意見
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-5534.html
Unknown (amai yookan)
2021-06-16 09:57:05
分かった!市会議員で漁師が尖閣でお仕事したんだから

●国会議員が漁師免許を取って尖閣で漁師すれば好いんでわ?

・簡単な事です→下地さ~ん・照屋さ~ん・糸数さ~ん・その他大勢いますよね~活躍のチャンスですよ~・・・えっ・やらない??って
Unknown (amai yookan)
2021-06-16 10:08:05
チャンスですよー

コロナ(武漢肺炎)で中国が世界中から、つまはじきにされ・嫌われ者になってる今が

・日本の尖閣実効支配のチャンス・そう簡単に手が出せない状況でしょーー中国

・ヘタこいたら「台湾独立を世界が承認」しかねないからね!!

〇「頑張れ日本!」は、こう云う時に使う言葉じゃーないのー・ほんと!
amai yookanさん 「尖閣 (中國が)そう簡単に手が出せない状況でしょー」その通りです、不可能に近いのです。 (坂田)
2021-06-16 13:52:47
それなのに、右派左派のマスコミが「中國が尖閣を攻めて来る」等とする報道に余念が在りません。

なんの根拠もなく非科学的とも言える中國軍持ち上げ説がまかり通る日本のマスコミ界。

酷いのになると、「外交で決着出来ない最後の手段が戦争で在る」とする馬鹿げた愚説を繰り出す方も居る。そんな戦争なら、自国の軍隊が真っ先に止めてくれと抗議しますってば。


元々は2016年3月中國政府が「尖閣は中國不可分の領土(=中國の物)」と国是に掲げたこと。

今度ばかりは義務教育だけでなく高校教科書にも載せた。先ず、騙すのは子供からって言う常套策で在ります。

ところが、5年経った今、中國が尖閣諸島の石ころ一つも盗めていません。中國民に“奪還を約束した”国是が空文状態です、こりゃ拙いでしょう。

その理由は、【東シナ海の空・海・海中を支配しているのは自衛隊で在る現実】側だからです。

先ず沿岸警備隊の石垣島巡視船基地に付いて、軍隊で言えば大隊規模の600人態勢ですのでアジア最大の巡視船基地で在ることが国民に知られてない。

それにプラス、宮古島海上保安部の存在が在ります。海上自衛隊に高速対艦巡航ミサイル艇が数隻在りますが、同じジェットフォイル推進で宮古巡視船が時速80kmで追い駆けて来ます。

海警が直ぐ捕まってしまう、船舶専用スエーデン製ボルボ・エンジン2基搭載した北朝鮮不審船なら、衝突どころか乗り上げる芸当を見せてくれます。

漁船を装う不審船程度なら偶然の衝突など無用です、乗り上げて即沈めてしまう方が簡単です。

この、普遍的に言う沿岸警備の巡視船の世界では日本が最強です。この機材と海上哨戒機をフィリピンとベトナムに供与しています。

願わくば、当然ですが、南シナ海沿岸国警備隊の巡視船を日本製で統一するのが政府の目論見と察しています。

外国に武器供与仕組みが良く判りませんが、国内同様に巡視船が20mm多連装機関砲塔を搭載しています。機関砲が毎分4~5千発の弾幕を帳る。


対する中國海軍戦闘艦海警(=巡視船ではなく戦艦です)の20~30mm機関砲の性能ですが、実射動画を見たことが在りません。

たぶん、ロシア製をパクったものだからロシア製の射撃管制レーダー照射型の性能から見たら「大雑把な機関砲」と察します。

我々の20mm多連装機関砲は、水平射撃で300m先の縦横30cm(人の頭サイズ)マトに、砲弾を80%当てる能力が在ります。

かつて、同じ機関砲を搭載するF15イーグル戦闘機操縦士が「お望みなら、(機関砲弾で敵機胴体に)サインをして上げましょうか」と笑顔で言う。


そして、日本海軍の海上艦艇に付いて再々ご紹介の通り、アメリカ海軍が世界で唯一単独で外国の海軍艦と演習をするのが海上自衛隊だけ在り、米海軍と同等の能力が在る証明です。

これだけで、世界が自衛隊のことを驚きます。そして、陸上自衛隊に付いても米陸軍が単独で長年共同演習を熟して来ました、世界で陸自だけです。

そして、毎月共同演習を熟しているのが日本版海兵隊の陸自水陸機動団及び特殊部隊です。

陸自機動団の演習相手が海兵隊特殊部隊で在り、両者が尖閣有事の際に手を携えて殴り込み強襲をします。この戦術を執るのが世界で日米両軍だけです。


なお、防空の件ですが既に北の牙青森三沢基地に2年前から次世代型世界最強ステルス戦闘機F35A型ライトニングが暫時導入中です。

F35の組み立てが三菱名古屋工場で在り、今後、アジア諸国(豪、台、韓)が導入したF35の営繕場所が三菱名古屋と米国政府が指定しました。

だから、諸国の運用状況が筒抜けになります。

このF35、南西諸島防衛専任の水陸機動団と共に、我が国初の空母「佐世保かが」「横須賀いずも」が垂直離着陸型のF35Bを各々10機艦載します。

F35B型(海兵隊仕様)の投入機数が計50機、通常型のF35A型(海軍仕様)が100機の合計150機を予定しています。

このF35に対抗出来る戦闘機がいません。ロシアも中國も製造能力が在りません。

ゆえに、今迄の戦闘機戦略がF35に通用しません。F35が世界の戦争を塗り替えました。

もっと具体的に言えば、最新型中國式ステルス戦闘機約400機が、空母かが・いずもの艦載機F35B型20機から無力化されるのです。

そして、台湾にもF35A型を48機売却を米国議会(=トランプ大統領の推進)が2年前に承認したので、もう直ぐ配備開始です。

昨日も中國戦闘機が大挙して台湾防空識別圏に侵入して来たニュースが在り、今後楽しみです。


この様に、東シナ海の日米両軍の抑止力に於いて、中國が尖閣諸島を侵奪に来ることなど不可能に等しことです。来たら正しく三途の川に直行です。

なぜなら、上述の様に日米に対しても自衛隊単独に対しても、中國が尖閣諸島侵奪とする【戦略】そのものが組めないからです。組めないなら、神様でも
戦闘など出来もしません。

神様と言えば日米国民が信じますが、宗教を全廃させた共産主義中國は有事の際に神頼みすら出来ません。キリスト教の福音に【一生懸命に戦う人に神が寄り添い一緒に戦ってくれる】が在ります。そう、我々日米両軍には神が味方しているのです。
玉城知事 尖閣の安全確保を政府に要請  (宝味)
2021-06-16 20:08:36
玉城知事
https://www.iza.ne.jp/article/20210219-ICWBZTZQ2VJ37MZ5IBBQFU3XKY/

尖閣問題 中国に「わじわじーしないか」 門田氏が恥事に抗議求める 
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3305544/
<独自>日米が「射撃」通告で中国抗議 軍事演習の常態化に警戒も 2021/6/18 (宝味)
2021-06-18 19:57:41
一方では軍備を増強し、経済活動なども拡大しているとされ、実効支配の動きが強まっている。
https://www.sankei.com/article/20210618-Z77DSP7V7NKUZFHN2EX46AYQZQ/

コメントを投稿