狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

自ら環境省の仕事を進めにくくしてしまった小泉環境相の発言に元経産官僚が”喝”

2019-09-15 15:49:41 | 経済

 

狼魔人日記

 NO!残紙キャンペーンサイト 

⇒最初にクリックお願いします

ポピュリズムでは政治はできない。

国民が嫌がることでも進めなければならないのも政治。

消費税を含め、税制なんかは、これの好例。

トリチウムは自然界にも存在する

これを分離できる技術は世界中にない。

他国ではトリチウムを海洋放水をしているのに、なぜにこの国だけは、放水できないのか?。水道水や川水や温泉水にも含まれている。

国民目線ばかりを気にしていると、かつての民主党政権みたいになってしまう。

最年少閣僚で、間もなく親になるのであれば、将来に責任が持てるような閣僚になっていただけるように期待している。

 

自ら環境省の仕事を進めにくくしてしまった」小泉環境相の発言に元経産官僚が”喝”

9/15(日) 9:02配信

AbemaTIMES

 「原田前大臣の発言によって傷ついた方、県民の皆さんに対して大変申し訳なく思う。所管外とはいえ、そう断った上での発言をされたことも前大臣の発言なので、新しく大臣になった私が所管外のこととはいえ、そこで傷ついた方々にしっかり向き合うことも私はやらないといけないと思った」。入閣直後に福島を訪問した小泉進次郎環境相の発言が賛否両論を巻き起こしている。

【映像】新内閣は本当に“適材適所“なのか?

 小泉環境相が言及しているのは、原田義昭前大臣が退任前日の最後の記者会見で「多少所管は外れるが、それを思い切って放出して希釈すると。こういうことも、色んなことを選択肢を考えて、他にあまり選択肢はないなと」と、経産省所管の福島第一原発汚染水対策について触れた問題だ。原田前大臣は小泉氏の発言を受け、自身のFacebookで「誰かが言わなければならない、自分はその捨て石になってもいい、と素直に自認した」と綴っている。

 この問題について、元経産官僚でコンサルタントの宇佐美典也氏は「そもそも原発や原発に伴う問題に対して科学的見地から安全な状況を作るのが環境省、環境大臣の役割で、その下にある原子力規制委員会は、濃度が高い状態の汚染水がタンクに保管され続ける状況は良くないので、濃度を薄め、害のない状態にして海洋放出した方がいいんだと、2013年頃から一貫して言い続けてきた。ただ、環境省自身はあくまでも東京電力が出してきたプランを審査する立場なので、“海洋放出しろ“とは言えない。経産省も東電をサポートする立場なので、自分たちで決定することはできない。だから難しい問題で、誰も言えないという状況が生まれてしまい、東電もお手上げ状態だった。そこで原田さんは所管外ながらも、“それで申請して来い“というメッセージを東電、経産省に送り続けてきた。今回の会見での発言は、その延長線上のものだった。そんな中で小泉さんが“申し訳ない“と福島に謝りに行ってしまったら、自分の所管に悪影響を与え、仕事を進めにくくしてしまう。原田さんが“申請しろ“とメッセージを発したのに、小泉さんの発言によって、東電や経産省は申請ができなくなってしまった。つまり、今の状況がまた続くことになってしまう。一言で言えば、本当に“喝!“だ」と厳しく批判。

  • .Tos

     | 5時間前

    >小泉さんにはまだ色々な情報が入っていないので、自分が関わってきた福島への思いが先行しているのだろう。これから色々やっていくうちに現状が見えてくる
    政治家の唯一の武器は言論です。パフォーマンス優先の言論を武器に一定の地位を築いたとは云え、今後は立場に相応しい発言をして下さい。
    良く知らない事を軽々に喋ってはいけません。

    返信8

  • kos***

     | 6時間前

    新大臣は今のところ威勢のいい発言が多いが、中身がない印象。今後に期待。

    返信10

  • Red Sox Nation

     | 2時間前

    原田さんが言うことは尤もだけど、ここにも書いてあるように唐突な印象を持つ。

    もっと丁寧に説明しなければ理解や賛同を得るのは難しい。
    今の政治家に足りないのは説明能力と相手とすり合わせる調整能力か。

    汚染水の問題は福島だけの問題ではなく日本全体の問題だということを広く、強く説明していかなければいけない。

    いくら科学的に安全だと言っても当事者は納得しないだろう。
    目に見える物、手に取れるものを示して安全だという事を示していかなければ前に進まない。

    例えば大きなプールを作ってそこに表層魚、中層魚、低層魚を放してプールの中へ希釈した汚染水を一定期間流して魚への影響を調べて公表するというのも一案だと思う。

    返信9

  • dor*****

     | 3時間前

    人気取りのコメント、という感じ。「放射能汚染」という敏感な問題だから、難しい問題だろうけど、丁寧に進めていくべき問題だと思う。せっかく、前の担当者が議論しやすいように、言いにくいことを言ってくれたのに、チャンスを潰したね。

    返信0

  • 匿名

     | 5時間前

    この方、福島のことばっか言ってるけど被災地は福島だけやない!確かに未曾有の出来事やったけどあの後も、天災は次から次へとあって苦労してる国民はたくさんいるのに!
    なんか、アピールに福島を使ってるだけなように思う。

    返信4

  • inu*****

     | 2時間前

    今までは責任取らなくて良い議員の立場で色んな苦言を言ってこれたけど、これからは当事者の立場になったからね
    この人の実際の力量がわかるのは今からだよね
    でも若手の人達に色んな経験積ませたりするのは良い事だと思う
    所詮、閣僚も官僚も議員も現場で動く人もみんな人間だからね
    欲もあれば名誉も欲しいと思う
    皆が皆、自分を捨てて国の為に働くって私は理想論だし不可能な話だと思ってる
    沢山の部下達を上手く動かすのは大変だしね
    知り合いの人が今回入閣出来た人の後援会の偉いさんやってるんだけど、その人何度もミスして、安倍首相に物凄い迷惑かけた上に過去には裏切った事もあるのに、ずっと側に置いて使ってくれて、そして今回の入閣だからね
    後援会の人達凄い感激してる
    人の上に立つって事の難しさを今から知って、マスコミの持ち上げなんかで調子に乗らず、国をちゃんと守れる政治家になって欲しいなって思うわ

    返信0

  • mmm*****

     | 3時間前

    まさか就任数日で道を誤るとは思わなかったね。
    先では必ず今と同じ道に入り込むと確信して居たが、大衆迎合がこの人達の生命線であり一定の支持をこれからも受けるだろうが。
    それが自民党支持者で無くなるのは間違い無いだろう。

    この先、韓国が騒ぎだしてIAEAで審議の真っ最中に育休を取ったり
    するのだろう。

    個人的には小泉家は日本をダメにするだけだと思うから
    とっとと退場してくれる方が嬉しい。

    返信0

  • tak*****

     | 4時間前

    前を否定するのは親父さんと同じ
    でも、親父さんは、自民党をぶっ壊すといって自民党を否定しても、個人を否定しなかった。
    個人否定をしたら、否定されて本人と身近な人たちはいい感情を持たない。
    リーダーであれば、個人否定をすべきものではありません。

    返信0

  • spz*****

     | 2時間前

    汚染水は、飲んで良いという濃度か?
    2012年?、内閣府の園田康博政務官が、浄化した汚染水をコップに入れて、 報道陣の前で飲み干したそうだ。
    東電の資料では、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137は「不検出」で、 トリチウムは2,600Bq/Lだったそうです。
    WHO 基準が10,000Bq/L
    アメリカの飲用水のトリチウム基準は、740Bq/L
    EUの水質基準は、100Bq/L
    毎日継続的に飲んだらアウトだが、総量で考えれば、コップ1杯くらいなら大丈夫なレベルだったということですね。
    タンクによってトリチウムの濃度差があるが、基準の10倍までが7割を占めるのだから、希釈して基準以下にして廃棄するというのは、合理的な範囲だと思います。
    韓国が騒いでいで、科学的なことが分からない方が不安に思うところを突いていますが、毅然とした態度が必要なのだろう。
    気持ち優先では務まらないと思う。

    返信1

  • koh*****

     | 1時間前

    謝るのがいけないことではないけど、まだなにもしてないうちから今後の対応を萎めてしまう発言だったように思う。

    実際問題として全てタンクに溜め込んで処理済むまで何年も抱え込むか、程々の影響の範囲で管理する前提で海に流すしか無いのが(あるいはその両方の折半が)現実。今回の発言で海に放出しても問題ないレベルの水ですら一滴も流せない雰囲気を確定させてしまった。
    ポーズは必要だけど、行動を制限してしまうポーズは安易に示してはいけない。

    国民に寄り添う名目で現場に問題を押し付ける、必要経費だとお金を積み続けるのは簡単。少なくとも任期中に大臣として傷を負わないでいられる。
    但し、環境相として実のある成果は残せなそう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 騙し打ちされた藤岡信勝氏、... | トップ | 桜井よしこ氏と討論、橋下徹... »

コメントを投稿