狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

デニー知事の無駄な訪米!安倍政権の手腕を評価 軟弱地盤の滑走路は「課題」 米議会が公表した報告書の中身

2019-10-19 08:10:18 | 辺野古訴訟


狼魔人日記

 

 NO!残紙キャンペーンサイト 

 

⇒最初にクリックお願いします


>「沖縄県の元知事(仲井真元知事)から米海兵隊基地建設における埋め立て承認を獲得」

これが全て。

 

安倍政権の手腕を評価 軟弱地盤の滑走路は「課題」 米議会が公表した報告書の中身

10/18(金) 5:35配信

沖縄タイムス

 【平安名純代・米国特約記者】米議会調査局は「日米関係に関する米議会の課題」と題する最新報告書を公表した。日米防衛協力体制は強化されているとし、懸念事項として沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題と来年3月に改定予定の駐留経費の負担に関する特別協定(思いやり予算)を挙げている。

【写真まとめ】普天間飛行場で見られる米軍機

 報告書は10月1日付。41ページにわたり、日本の外交政策や日米関係、エネルギーと環境問題、日米同盟、経済、日本の内政問題などを報道などを基に分析した。

 「在沖米軍再編」の項では、2月の県民投票で示された新基地建設への根強い反対に言及。また、朝日新聞の軟弱地盤の問題を踏まえた新基地建設に関する報道を引用し「物理的に困難な滑走路の建設はさらなる課題だ」と指摘した。

 経済や貿易、外交、安全保障などの各分野における安倍晋三首相の手腕を高く評価。安倍首相の「リーダーシップ」の項では、軍事予算の拡大や安全保障関連法の成立などと併記し「沖縄県の元知事から米海兵隊基地建設における埋め立て承認を獲得」とした

 同報告書の内容について米上院軍事委員会の重鎮議員は16日、本紙の取材に対し、「安倍政権下で日米防衛に関する協力体制が強化されていることは喜ばしい」と評価。普天間移設問題については「課題があることは認識しているが、全体における重要度は高くはない」との見解を述べた。

  • 頑張れ日本!!

     | 46分前

    最近の沖縄タイムスは事実を取り上げてくれてる。
    沖縄県民の方は青ポチだと思うけど。

    返信0

  • mas*****

     | 4分前

    現実として沖縄とアメリカ政府の温度差がかなりあると思います。

    返信0

  • bre*****

     | 58分前

    最後の重鎮議員の言葉が全体を総括しているでしょう。沖縄タイムスとしては残念でしょうが。

    返信0

  • mc0*****

     | 35分前

    いたって妥当な評価内容。

    返信0

  • ef1*****

     | 47分前

    なら 沖縄県 玉城デニー知事の 二回目の訪米も
    無意味ですね!

    ( -。-) =3

    返信1

  • tttt*****

     | 25分前

    日本の安全の為やしね

    返信0

  • mit*****

     | 1時間前

    この混沌とした世界情勢で日本の総理大臣は安倍さんしかいない 代わりになる政治家はいないでしょうね

    返信0

  • (๑◕ܫ◕๑)宜野湾しいら (ノ≧ڡ≦)

     | 13分前

    辺野古にだけ軟弱地盤があるよにしているが、
    他の場所にも軟弱地盤の上を埋め立てた場所がたくさんあるんだろ?

    返信0

  • zak*****

     | 3分前

    >「沖縄県の元知事から米海兵隊基地建設における埋め立て承認を獲得」

    これが全てでしょう

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« お門違いの玉城知事 米国で... | トップ | ブラックジョークか!沖縄2紙... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (権限で法案見直し 玉城知事 沖繩を日米中のカンショウ地帯に)
2019-10-19 11:08:41
 米国の1年間の国防予算の大枠を決める国防権限法案は上院案で在沖米軍基地に関する条項が盛り込まれ、上下両院が各院の案の一本化を協議中。早ければ11月にも協議がまとまる可能性がある。玉城知事は条項で辺野古も見直しの対象とするよう求めた。

 一方、米下院は15日、香港に高度の自治を認めた「一国二制度」が守られているかどうか毎年検証することを義務付ける香港人権法案を可決した。香港民主派への大きな後押しとなる。上院にも同内容の法案が提出されているが、採決の日程は依然不透明。両院とも超党派の支持を得ている。

 香港政府の報道官は米下院の動きについて「遺憾の意」を表明。内政に干渉しないよう外国の議会に促した。また中国報道官は米議会が可決させた場合、「 強烈な憤慨と断固反対」を表明し報復することを示唆した。

「他国の自治体のトップが、中国の一帯一路政策に加えてくれと、内政干渉。さらに米国の国防権限法案の見直しにも介入」

 知事は「香港人権法案見直しも赤色申告」するのだろうか。
未来をパトロールする目はヤンバルだけにぐろうバルである。

コメントを投稿