狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「自衛隊は画面から消せ!」 沖縄テレビの労使協約

2022-07-03 08:06:29 | マスコミ批判

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

 以下は沖縄メディアが自衛隊に示した究極の差別行為を示す過去ブログの再掲。

わずか15年前の記事であるが、自衛隊が与那国や宮古島に配備された現状を考えると今昔の感に堪えない。

そういえば沖縄タイムス編著『鉄の暴風』は沖縄戦直後から、敵である米軍より日本軍⇒自衛隊への憎悪を剥き出しにデタラメを書いたまま現在も市販されている。

「自衛隊は画面から消せ!」 沖縄テレビの労使協約

2007-06-08 07:34:37 | 未分類

沖縄県マスコミ労働組合協議会のビラです。
この中で、沖縄テレビ労組が会社宛に出した抗議文が掲載されているので紹介します。

毎年、GWに開催されている「那覇ハーリー」という伝統行事があり、沖縄テレビではこの模様を中継しています。
那覇ハーリーというのは、簡単にいえば、学校や地域、会社などでチームを組んで参加するボートの競漕です。
この中継放送の際、出場した自衛隊の部隊名などがテレビ画面に露出したことに対して、組合は会社と団交を行ったそうです。

沖縄テレビでは「自社事業には自衛隊並びに自衛隊員は参加させない」との協定を組合と結んでおり、「ハーリーの中継や総集編などの放送では、宣撫工作に加担しないため自衛隊の露出について可能な限り控えるよう会社側に配慮を求めてきましたが、申し入れが守られなかったことは遺憾であり会社に抗議します」とあります。

これに対して会社側は「自衛隊のフルネームが出たことは残念で、配慮を欠いたことは反省している。協定を結んでいる労働組合に対しては申し訳なく思う」と謝罪し、「今後は編集や中継などでは可能な限り露出を抑えるよう指示した」ことや「那覇ハーリーの自衛隊参加のあり方について目立たないような名称変更などを実行委員会で引き続き発言する」と回答したとのことです




                      ◇ 

 

沖縄のメディアの偏向が酷いとは知っていたが、これほど恥知らずだったとは。

毎日見ている県民としても開いたクチがふさがらない。

>沖縄テレビでは「自社事業には自衛隊並びに自衛隊員は参加させない」との協定を組合と結んでおり、

>「ハーリーの中継や総集編などの放送では、宣撫工作に加担しないため自衛隊の露出について可能な限り控えるよう会社側に配慮を求めてきましたが、申し入れが守られなかったことは遺憾であり会社に抗議します」とあります。

今時このような労使協定を結ぶテレビ会社が日本に存在することが驚きだ。

事ここに到っては、「報道の公正性」とか「公共の電波」云々の次元ではないだろう。

酷いのは組合側だけではない。

>これに対して会社側は「自衛隊のフルネームが出たことは残念で、配慮を欠いたことは反省している。協定を結んでいる労働組合に対しては申し訳なく思う」と謝罪し

>「今後は編集や中継などでは可能な限り露出を抑えるよう指示した」ことや「那覇ハーリーの自衛隊参加のあり方について目立たないような名称変更などを実行委員会で引き続き発言する」と回答したとのことです

労使ともナンと言う体たらくだ!

自衛隊を画面に出すことは勿論、フルネームで出すことも禁じると言うのか。(怒)

何が報道の自由だ。

これは明らかに公共の電波を利用する報道機関として求められる公共性や政治的中立性から大きく逸脱したもの。

このような報道機関を放置しておくことによって電波行政の根幹をなす放送法の信頼性、ひいては沖縄県民の信頼性をも傷つける。

この恥ずべき労使協定だけでも放送免許剥奪の重大な理由になる。

国の自衛権を認めるのは国民のコンセンサスとなっている。

さらに自衛権を認めるのならば、その現実的裏付けとしての自衛隊をを認めるのが当然ではないか。

このような国民の常識を公共の電波を扱う沖縄テレビは己のイデオロギーで踏みにじることが許されるのか。

何時までも自衛隊を“日陰者”の身分におく事が、自衛隊の暴走への足かせになるという愚論を吐く論者がいる。

自国の危機に際して命を賭して防衛しようとする人たちを“日陰者”の地位の置いて国土防衛が成功するはずはない。

一歩進んで、国を守ることに誇りを持てる“自衛軍”にすべきではないか。

制服で街を歩いても尊敬される身分であってこそ命を賭して国も護れるもの。

沖縄テレビの自衛隊蔑視には断固抗議したい。

 

1972年、沖縄返還とともに自衛隊が移駐した沖縄では、那覇市をはじめとする革新自治体が住民登録の拒否をした。

これにより、保護者の住民票が取れず生徒は事実上の入学拒否となった。(→参考:沖縄タイムス社説 2004年9月22日

又琉球大学のの夜間学部に入学した自衛隊員が学生や職員の入学拒否ピケにあい結局入学出来なかった例もある。

一方、自衛隊に偏見を持つ輩に限って、沖縄では珍しくない「不発弾処理」は自衛隊に任せて知らん顔。

それを問うと、「自分達の先輩(旧日本軍)の後始末をするのは当然だ」と自衛隊員の決死の処理作業に水をかける。

残留不発弾の原因は日本軍ではない。

無差別の艦砲射撃で雨アラレの『鉄の暴風』では無かったのか。

『鉄の暴風』と言えば、沖縄テレビの初代社長の伝聞証言が同書記事の「自決軍命令説」に大きく関わった事実はあまり知られていない。

上記労使協約所の存在は、図らずも、沖縄メディアが労使ともに日本軍、そして自衛隊に対して創業以来、謂れなき偏見を持ち続けていることを暴露してしまった。 

沖縄県マスコミ労働組合協議会のビラです。

・・・ということは、沖縄テレビは氷山の一角?

⇒最初にクリックお願いします


コメント (3)    この記事についてブログを書く
« 【捏造】テレ朝が家庭の電力... | トップ | 原子力規制委員会はなぜ「バ... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2022-07-03 10:32:48
.
オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒の「ぼくも私も」除く)。

「妻と僕の大切な宝『祐くん』」の沖縄市・棚原直樹さん(43)は、今年初掲載。
「慰霊の日の過剰警備に疑問」の那覇市・長堂登志子さん(71)は、2月6日に続き今年2回目の掲載。
「言動を振り返って自己評価」の豊見城市・米蔵任さん(58)は、1月1日、2月5日、3月1日、4月1日、5月3日、6月3、19日に続き今年8回目の掲載。
「会員お茶会 久しぶりの親睦」の石垣市・早野公子さん(74)は、1月21日、2月1日、3月10日、4月5、19日、5月1、13日、6月2、16日に続き今年10回目の掲載。
「西武山川選手の三冠王期待」の福岡市・上治修さん(59)は、1月15日、2月4日、3月11、27日、4月30日、5月28日、6月10日に続き今年8回目の掲載。
「金城さん画集 何度もめくる」の南風原町・宮城睦子さん(70)は、1月8日、2月6日、3月26日、4月3日、5月6日、6月2日、7月1日に続き今年8回目の掲載。
「横断歩道で見た光景に感動」の浦添市・國吉シズ子さん(71)は、1月4日、3月12日、4月15日、5月1、28日、6月27日に続き今年7回目の掲載。
「やんばるの固有種保護 野生化した犬や猫 捕獲を」の北中城村・喜納昌久さん(83)は、2月11日、4月18日、6月25日に続き今年4回目の掲載。
「ハンカチマスク」の豊見城市・田港恵子さん(72)は、今年初掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。


7月3日付オピニオン面によると、6月の投稿件数は「主張」303件、「論壇」97件、「茶のみ話」76件。同月の掲載は、「主張」147本、「論壇」等29本、「茶のみ話」29本なので、投稿日と掲載日のズレはあるとした上で、掲載率は「主張」49%、「論壇」等30%、「茶のみ話」38%程度となる。


.
Unknown (amai yookan)
2022-07-03 23:25:27
● 
● 一昨日、暇だったので知念村の方へ、ドライブがてらスナップ写真を撮りに回った、浜辺に下りて見ると、オジーがユウナの木陰で涼んでいた、海からの風がここちよかった

・知り合いの話しから、打ち解け、「西銘孝三郎」さんの話に

私「このへんでは、人気あるんじゃーないの?「西銘さん」(この集落の目の前に西銘さんの出身地の久高島が見える)

おじー「いーや、最近はあまり来ないよ」

・・ どーやら地元廻りが疎かなってるよーだ、、

私「ロシアのウクライナへの戦争は酷いよね」

おじー「プーちゃんは永すぎ・シーチンピンも永すぎ・永いと碌なことしない」

私「共産党がダメなんよね」

おじー「日本軍も県民を壕から追い出したりして酷い目にあわされた、軍隊はダメ」

● この人の好さそーな、元気なオジーは、生まれ年を訊いて見ると、私より10歳も若かった、私の方がオジーだった・涙

・従って彼は、戦後生まれで戦争のことは、伝聞でしか知らない事になる

● いやはや、教育・情報・マスごみは、怖いもんやなー!

・・「講釈師 見て来たような 嘘をつき」・・
Unknown (amai yookan)
2022-07-04 07:29:51
Δ 変換ミスでした・下記の通り、お詫びして訂正致します。

  
● 一昨日、暇だったので知念村の方へ、ドライブがてらスナップ写真を撮りに回った、浜辺に下りて見ると、オジーがユウナの木陰で涼んでいた、海からの風がここちよかった

・知り合いの話しから、打ち解け「西銘恒三郎」さんの話に

私「このへんでは、人気あるんじゃーないの?「西銘さん」(この集落の目の前に西銘さんの出身地の久高島が見える)

おじー「いーや、最近はあまり来ないよ」

・・ どーやら地元廻りが疎かなってるよーだ、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      
      【訂正箇所】↓

      ×西銘孝三郎
      〇西銘恒三郎   

コメントを投稿