狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

我那覇真子vs依田啓示討論、潔癖症と嘘つき野郎の対決

2020-05-23 13:56:01 | 依田啓示違法検問訴訟
             ★
 
講演会や討論会で人間が集中して傾聴できる時間は精々15分だといわれている。
 
従って討論会で簡潔に要点を主張しなければ殆どの聴衆は、問題の本質を聞き逃してしまう。
 
先日行われた「我那覇VS依田討論会」は、合計5時間半に及ぶ長丁場の議論を最後まで集中して傾聴した視聴者はほとんどいなかった。これはコメント欄に殺到した視聴者のコメントを見ると自明である。
 
■当初30分で終結と予測した
 
当初、この討論会は30分か、長くても1時間以内に終結すると考えていた。
 
理由は、この討論会の目的が、例えば憲法問題、安全保障問題などで同じ保守同士の見解の相違を討論するのではなく、どちらの側「事実と異なる主張(嘘)」があるかを事実確認する論争であると認識していたからだ。
 
つまり何方が嘘つきか。
 
これが討論の本質である。
 
我那覇真子氏は、係争中の裁判の口頭弁論の前日、当事者でもない依田氏が一言の連絡もなく、裁判批判の動画を公開したと主張。 まるで後ろから斬りつけられたのも同然で裁判妨害と主張、「事実と異なる」(嘘)を示す証拠を準備して討論に臨んだ。
 
我那覇氏は約十数件の「依田氏の嘘」の証拠を準備した。
 
だが、数多くの些末な「嘘」はさておき、討論の中心になる「依田氏の嘘」はこれだ。
 
「係争中の裁判の前日、依田氏が自分に一言の連絡もしないで、いきなり裁判をした我那覇氏を批判し、動画で公開した。これは意図的裁判妨害だ」
 
これに対し、依田氏は「証拠はないが、直接、間接的に我那覇氏に裁判について連絡した」と主張。
 
我那覇氏は「過去約1年間、依田氏とは音信不通の状態が続いており電話・メールその他の連絡はしてい。また間接的にも第三者の説得(裁判に関する)を受けていない」と主張。
 
「言った」「聞いていない」の堂々巡りが続いた。
 
その間、依田氏は自分がメールした言い張り「自分のメールのアカウントは変更したので証拠はない」と主張した。
 
我那覇氏は「自分のメールアカウントを調べたが、依田氏と裁判について話した記録はない」と自身のスマホを証拠として提示して反論。
 
通常の討論だったら、証拠を突き付けて議論する我那覇氏が、証拠もないのに「連絡した」と主張する依田氏の「嘘」を粉砕した、ということになる。
 
だが、立会人の水島氏は討論の本質を見抜くことが出来ず、見当違いなコメントを述べた。
 
               ★
 
水島総氏
「あのね主張はね、あ、ごめんな?一応言っておくと
主張同士はどうしてもこれ意見の見解の相違とかね
世界観の相違とか人生観の相違があるから」

「これはどうしてもじゃ皆で一致みたいのは共産主義社会以外はできない、ね?」

「どうやるかと方法論と戦術論と戦略論とっていうので人間論は違ってくるからね
これは今のは多分主張の問題だと思うね

「まぁ私もその狭間でいつもやってるとこあるから
原則は皆さんから見るともうこれ止めてもいいからねここはね、もう
あのね私から言うと私は原則論で絶対ブレない、やってる
それはだからまぁちょっと随分たくさんの人が集まってきたって事あるけどね
 
             ★
 
何度も言うが、今回の討論は、水島氏が言うような「見解の相違」「人生観」「世界観」などで討論するのではない。
 
どちらが「嘘つきか」を証拠で立証すれば短時間で決着のつく討論であり、水島氏のような「言葉遊び」は不要である。
 
水島氏以外の視聴者のコメントにも討論の本質を見失った次のようなコメントがあった。
 

依田さんの最初の動画、チャンネル桜の長~ぃ動画みました。 我那覇さんも依田さんもお互いに敵は同じはずなのに内ゲバやってしまった事が残念でなりません。 仰ってる内容全て依田さんの方が正論と僕は思って見ていました。我那覇さんは我那覇さんなりに沖縄を愛してるんでしょうけど、その中にも違った考えを受け入れる事が出来ないと言うのは致命傷ですよね(;´Д`) FM21さんもちゃんと我那覇さんへ我那覇さんへ明確に答えていたら我那覇さんの勘違いも無かったのかなぁと思えますが、一致団結しなくちゃいけない沖縄において分断は致命的ですよね。。。 同じ地元ですし、依田さんの事解ってくれる日がいつかきっと来ると思います。 頑張ってください。応援しています。(^_^)b

              ★

このコメントも「依田さんが正論」とか「依田さんのこと分かってくれる日」などと、トンチンカンなコメントだが、依田氏の嘘が正論であり、依田氏の嘘を分かってくれる日を期待するのであろうか。

依田氏を支援するコメントの大多数はこのような見当違いが多かった。

                ★

「我那覇vs依田討論」を一番喜んだのは、チャンネル桜「沖縄の声」に批判的なサヨク界隈である。

「討論」に触れた左翼ブログの記事を紹介しよう。

勿論、我那覇、依田両氏以外のチャンネル桜キャスターを批判しているが、意外と「討論」の本質を見抜いているには驚いた。

 

我那覇真子 vs 依田啓示 原理主義的保守活動家と嘘つき野郎の醜態

https://kinbushi.hatenablog.com/entry/2020/05/06/%E6%88%91%E9%82%A3%E8%A6%87%E7%9C%9F%E5%AD%90_vs_%E4%BE%9D%E7%94%B0%E5%95%93%E7%A4%BA_%E5%8E%9F%E7%90%86%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E7%9A%84%E4%BF%9D%E5%AE%88%E6%B4%BB%E5%8B%95%E5%AE%B6%E3%81%A8%E5%98%98

 

<header class="entry-header">

今日の友が明日の敵になったり、その逆もあったりするのは人間社会の常だが、チャンネル桜「沖縄の声」のキャスター同士が嘘をついたの言わなかったのとお互いに非難し合い、どちらの言い分が正しいのか、決着をつけるために公開討論を行い、その様子を録画した動画が配信された。

当事者が我那覇真子依田啓示であると知って、正直ビックリした。というのも二人は「沖縄の声」のキャスターとして、同じ価値観を共有し、強い仲間意識で結ばれていたはずだと思っていたからである。

「沖縄の声」は、本土の保守層に少なからず影響を及ばしている番組だ。そして、ぼくがブログを発信する直接のきっかけになったのは、「沖縄の声」の存在であった。

彼らの主張は、左翼批判を超えて郷土・沖縄を貶めている。沖縄の実情をよく知らない本土の保守層が彼らの主張を鵜呑みにし、ネット世界で沖縄を攻撃する。これは許せないと思い、反対の論陣を張るためにブログを開設したのである。

そんな経緯もあるので、我那覇と依田の仲違いは、ぼくにとっては朗報と言って良い。それでは早速、動画を見ることにしよう。

www.youtube.com

動画はパート1と2に分かれている。1が2時間余、2が3時間余の長丁場だが、我慢してみるだけの価値はあると思う。我那覇と依田の人間性が浮かび上がってくるからだ。

ぼくは当ブログで、我那覇と依田を何度か批判したことがある。我那覇原理主義的保守活動家として。依田を嘘つき野郎として。

さて、討論における我那覇真子と依田啓示はどうだろうか。子供と大人というのが最初に受けた印象だ。もちろん子供は我那覇真子で大人が依田啓示。

那覇は終始興奮し、討論の最終場面では口をひん曲げて一人で喧嘩腰に喋りまくる。まるでヒステリーをおこした闘鶏のようだ。そして自らの非を一切認めようとしない。

依田の方は終始落ち着いて冷静であり、一切の非を認めようとしない我那覇と違い、相手の言い分を認めるところもあり、さりとて、大事な論点のツボはしっかり押さえている。

ぼくの判定は、明らかに依田の勝利だ。と言いたいところだが、どっこい、それはあくまでも表面的に見た場合という条件付きだ

依田啓示は紳士然としてはいるが、実は嘘をつく性癖がある、というのがぼくの評価である。冷静かつ理路整然と話すために、多くの聞き手は騙されやすいのだ。

彼がネットで流したデマや嘘の数々について、Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課 に記録が残っているので関心のある方は、ぜひ参考にしていただきたい。

その数ある中から、宜野湾市の保育園に米軍ヘリから物が落下するという事件があったが、その時、この事件は園長のデマだと言って嘘をでっちあげたのが依田だった、という記録をご覧いただければと思う。

ニュース女子の依田啓示氏、保育園落下事件を「捏造事件」と主張し、牧師二人に対してあきれるほど恐ろしいウソ話を紡ぎだす。 - Osprey Fuan Club ネトウヨ対策課

さて、我那覇真子は依田と違って嘘をつくような人間ではない。彼女の致命的欠点は原理主義的保守思想に凝り固まっているということだ。真面目で潔癖症なのだ。

自ら設けた原理主義的保守思想という一定の枠からはみでたものは、すべて左翼かリベラルの烙印が押されてしまう。自らが信じる原理主義的保守思想は、この世で唯一絶対的なものであり、それを批判する者は、誰であろうと断じて許してやるものか。

その揺るぎなき信念と潔癖さは、依田との討論を見れば誰でも納得がいくのではないだろうか。彼女のそんな性格をよく表した場面がパート2にあるので、興味のある方は確認していただきたい。特に最後の10分前後の箇所。

www.youtube.com

嘘は付かないが原理主義的保守思想に染められた潔癖症我那覇真子。理路整然とした話術に長けた嘘つき野郎の依田啓示。

表面上は、子供(我那覇)と大人(依田)の討論のように映るが、実態は保守を自称するどうしようもない人間同士の、中身のない言い争いにしか過ぎないのだ。

ついでに言うなら、「沖縄の声」には、これまた大変な嘘つき野郎のボギー手登根と、幼稚な民主主義論をライフワークとする又吉康隆もいる。ぼくは当ブログで2人とも批判している。

最後に一言。今月15日は祖国復帰記念日である。水島総氏は、その日は例年、仲間を連れて来沖し、辺野古に行って一人一人が巨大な日の丸を持って、そこで米軍(占領軍)基地建設反対運動をする人々に説教を垂れて批判するということをやる。

おそらくコロナ騒ぎで今年はこないだろうと思うが、もし来たら、徹底的に批判するつもりだ。

               ★

いやはや、驚いた。

筆者は今回の「我那覇vs依田討論」は見解の相違などの言葉遊びではなく、「誰が嘘を吐いたか」の事実確認であり、立会人が討論の本質を知っていたら30分か長くても1時間以内に決着の付くと述べた。

嘘は付かないが原理主義的保守思想に染められた潔癖症我那覇真子。理路整然とした話術に長けた嘘つき野郎の依田啓示。

この両者の堂々巡りが「討論」の本質を分かり難くしているが、討論の本質は「どちらが嘘つきか」を証拠で立証することである。

 

つづく

 ⇒最初にクリックお願いします

 

</header>
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 慰安婦を利用したのは誰か、... | トップ | 【沖縄キリスト教学院大学】 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
我那覇さん負けるな (八目山人)
2020-05-23 17:11:00
この件は 我那覇つぶしが、左翼から仕掛けられているのではないでしょうか。
藤岡信勝・水島総・稲田朋美・杉田水脈なども仕掛けられて、保守派もそれに惑わされて、主流から外れていってしまいました。そうならないように祈ります。

5時間見ました。依田さんは嘘がうまいですね、しかも全部言い訳ができるように話している。政治家に向いている。
石川さんに聞いた、手登根さんに聞いた、メールを送ったがそれは削除した。
水島さんも文科系なのか陰謀論は大好きなのに、論理思考ができませんね。手登根さんは知り合いなんだから、2(1)時間喫茶店で話したというなら、そこに行って確かめればいいのに。
これから言うことは私の想像で何の証拠もありませんが、借金の肩代わりと選挙での応援が絡んでいるのではないでしょうか。
Unknown (宝味「いやはや、驚いた」)
2020-05-23 20:27:30
今回の「パヨクvsネトウヨ論」は見解の相違ではなく言葉遊びでもなく、
>嘘は付かない理路整然とした話術に長けたパヨク野郎の勝利だ。と言いたいところだが、どっこい、それはあくまでも表面的に見た場合という条件付きだ。

 パヨクは事実も言うが、実は都合の悪い事を隠す性癖がある、というのがぼくの評価である。都合の良い事だけを冷静かつ理路整然と話すために、多くの聞き手は騙されやすいのだ。

Osprey Fan Club パヨパヨ対策課
お爺ちゃん、ご飯はさっき食べたでしょ? (なんだかな)
2020-05-23 22:10:17
討論会の場には貴方を含め、5人もの我那覇さん側の人間がいたそうですね?
自分が呼びかけた一対一の討論さえも、保護者や関係者がいなければロクに話が出来ないとは、情けない保守活動家ですね!!

いきなり何の通知も無く、ラジオ放送が打ち切られた...定例会やキャラバンに参加されていた貴方なら、ラジオ局から何度も注意や警告を受けていた事は知っていましたよね?
それともボケてしまって、忘れてしまいましたか?www

もう、いい加減、被害者訴訟ビジネスは止めた方が良いですよ?
下手な裁判、数打っちゃ…当りませんから!!
もう一度討論をやったら如何ですか、討論ルールを順守する約束の基で。 (坂田)
2020-05-23 22:33:55
討論テーマを一つに絞ったことと、討論時間制限を30分間にしたことは、イギリス発ディベートの基本ルール通りです。

然し、討論のレフリー役の水島総氏がレフリーの務めをはたさなかったのが混乱原因になった。結果、無駄な混乱の時間が過ぎた。

レフリーは討論者間に於いて、話を切り替えたり、別の問題を導入したり、終わった話を持ちだしたら、その時点でどちらかを注意して討論の進行を進める大事な役目が在ります。

自分の意見を言ったらいけません、つまり、裁判官の役目を負うことになります。

先ずもって、討論に於いてどちらも一緒に言い合うことは感情も入って纏まりが付かなくなります。そう言うやり方は混乱を招きます。

だから、討論ルールを決めておくのです。そうしないと結果、なにも問題が解決しない朝までなんちゃら番組と同じく無意味になります。

必ず、どちらかが15分間主張(他人数なら一人で3分間と決めて)したら、次に相手が15分間主張して、その結果を、その優劣を、討論会見学に参集した方々に判断してもらい、どっちが良いかを決めてもらう、つまり、それが世論であり民の声になります。

そして最後に、レフリー役の水島総氏が討論者個々の論点の内容と主張の論理性と、結果としての全体の説得力などを勘案して、どちらの主張が優ったかを決めないといけません。必ず、判決を出さないといけません。

考えてみて下さい、裁判はそうなります。

かつて、裁判の証言に立ったことが在る。弁護士と打ち合わせ通りに、『落ち着いて、大きな声で、ゆっくりと判りやすく、裁判長を見据えて語ること』でした。相手弁護士の事実誤認の指摘には、わざとらしく両手を振り『なにを仰いますか、実は』と三文役者の様な見得を切ります。証言は楽しむべきですよ。

管理人の、『つまり何方が嘘つきか』と一つに絞ったことは賢明な策でした。その一点だけを突かれたから依田氏は困ったのです。

出来る弁護士は、裁判で『突くのは一つ』と自信を持って言いのけます。

なお、『嘘吐き』かどうかは、この件を今後とも何度も繰り返して聴いたら判ります。

後で言うことが矛盾して来たら、嘘の証です。嘘は何度も聞き返せと言います、嘘ならやがて矛盾したことを言い出すからです。
Unknown (管理人)
2020-05-23 22:42:50
なんだかな様

>お爺ちゃん、ご飯はさっき食べたでしょ?

当コメント欄で、議論・反論は歓迎しますが、ふざけたコメントは「荒らし」に認定される場合があります

当コメント欄は、行き場を失ったコメント氏諸君が、議論・反論を行う言論の場を代行する目的で、HN及びIÐ付の条件で開放します。もちろんどちらの支持者でも、歓迎です。

ただ、前にもコメント欄で指摘しましたが、貴殿のコメントで、重大な事実誤認(既に流布されていますが)がありますので、訂正しておきます。

>討論会の場には貴方を含め、5人もの我那覇さん側の人間がいたそうですね?
自分が呼びかけた一対一の討論さえも、保護者や関係者がいなければロクに話が出来ないとは、情けない保守活動家ですね!!

これは、事前に我那覇真子氏が、父親と妹、そして江崎は問題の「FMラジオ」の出演者であり、当事者なので傍聴を申してて、水島社長の了解を得て参加したはずです。もう一人のÝ氏は我那覇真子氏の秘書役のカメラマンで、資料として残すため水島社長に撮影の許可をに得ております。

従って一対一のルールを我那覇市側が一方的に破ったというのは、明らかな事実誤認です。
依田氏が番組中の一対一のルール破りと批判した時、本来なら水島社長が自分が許可した、と発言すべきでした。

むしろ、社長が自分が許可したことに沈黙した事実こそルール破りと言われても仕方ありません。

私自身の傍聴に関して言えば、当日私は別件で社長に「物申す」用事があり、チャンネル桜事務所に行く予定でした。終了時間が不明でしたので結局、社長の了解の下最初から最後まで傍聴した。これが真相です。
勿論「討論」終了後、深夜近くでしたが場所を変えて「物申し」は伝えました。

>ラジオ局から何度も注意や警告を受けていた事は知っていましたよね?
それともボケてしまって、忘れてしまいましたか?www

放送のどの部分がの「注意」「警告」ン相当するか何度も問い返したのですか、具体的指摘の無いまま「放送打ち切り」を実行したので、契約違反として法廷に判断を求めた。

>それともボケてしまって、忘れてしまいましたか?www

このような悪ふざけは「荒らし」と認定しますよ。

少なくとも貴殿よりボケてはいないと思いますが・・・。

>もう、いい加減、被害者訴訟ビジネスは止めた方が良いですよ?
下手な裁判、数打っちゃ…当りませんから!!

それこそ、大きな御世話です。
Unknown (amai yookan)
2020-05-23 23:00:14

>嘘は付かないが、原理主義的保守思想に染められた潔癖症の我那覇真子。理路整然とした話術に長けた嘘つき野郎の依田啓示。

この両者の堂々巡りが「討論」の本質を分かり難くしているが、討論の本質は「どちらが嘘つきか」を証拠で立証することである。

----------------------------------------------------------------------
   ↑   ↑

・那覇真子は、原理主義的保守思想に染められた潔癖症と仕立てあげ

・理路整然とした話術に長けた嘘つき野郎の依田啓示と決め付けているが

⚫️ 師匠が言われるように討論の本質は「どちらが嘘つきか」を証拠で立証することであった

我那覇さんに証拠を示して正された依田氏がそれに答えず論点をずらし・伝聞で逃げるの繰り返し、

・考えてみたら、あの原因は「司会(水島氏)がうまく進行しなかった(意識的?)」のが長いノラクラお話会(討論会とは呼べない)になった原因か

・その後、依田返答書を出してきたが書面による回答がまた「伝聞を書き起こしただけ」のもの=「視聴者騙し手口」に過ぎなかったのも幻滅だった

・「貧すれば鈍する」・あちらの罠に落ちたという疑念が沸いてくるのも致し方ない…

・一度でも嵌まるとズルズルと深みに引きずり込まれ、抜け出すことは出来なくなる罠・子々孫々まで不幸の連鎖、元どっかの知事みたいに…

・そんな仲間を見てきた経験もあったのだ。

コメントを投稿