狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

少年法は日本のガン!【茨城一家殺傷】逮捕された岡庭容疑者(26)、10年前に「連続通り魔」なんで野放しに…

2021-05-08 06:44:46 | 未分類

プロフィール画像

NO!残紙キャンペーンサイト

⇒最初にクリックお願いします

10年前、少年法を盾に刑事起訴を認めなかった裁判官は理想論だけ言って正義ごっこ。


何ら責任をとらずに済むのはさすがにどうなんだ。

 

【茨城一家殺傷】逮捕された岡庭容疑者(26)、10年前に「連続通り魔」中3と小2の女子を複数回刺し重症に、猫殺しも なんで野放しに…

  1
1: 32文ロケット砲(東京都) [US] 2021/05/07(金) 18:22:04.40 ID:nStGgGuS0 BE:878978753-PLT(12121)
《茨城一家殺傷》岡庭容疑者(26)は10年前に「連続通り魔」を起こした“猫殺し少年”だった
抜粋

 

岡庭容疑者が約10年前に起こした凶悪事件とは「連続少女通り魔事件」だ。当時、通信制高校に通っていた16歳の岡庭容疑者は、
2011年11月18日、三郷市内で下校中の中学3年生の女子生徒に自転車で背後から近づいたのち、無言であごを包丁で突き刺した。
さらに翌月1日には隣町の千葉県松戸市内にて小学2年生の女児のわき腹を複数回刺す凶行に及んだ。どちらの被害者も重傷で、岡庭容疑者との面識はなかったという。

リンク先全文参照
https://bunshun.jp/articles/-/41668

 

1002: 【参考】 2021//
">
接点は・・・埼玉県居住の26歳男逮捕 茨城一家殺傷事件(2021年5月7日)
 
">
茨城・境町 一家4人殺傷事件 26歳男を逮捕…カメラとらえた“不審な行動”とは(2021年5月7日放送「news every.」より)
487: フロントネックロック(東京都) [ニダ] 2021/05/07(金) 21:52:57.80 ID:00ypDu3s0
>>1
おいおい
こんなの野放しにした責任は誰が取るんだよ
564: 膝十字固め(三重県) [ニダ] 2021/05/07(金) 22:43:22.79 ID:MtGd8REv0
>>1
こんなのが更正すると思うのかなぁ
610: トペ コンヒーロ(岐阜県) [US] 2021/05/07(金) 23:33:56.80 ID:sx2BqI120
>>1
うわー覚えてるわこの事件
出しちゃダメな奴じゃねーか
7: フライングニールキック(神奈川県) [FI] 2021/05/07(金) 18:26:25.42 ID:X5yCxEGd0
平気で猫を殺せる奴は平気で人を殺せるってことね
425: カーフブランディング(秋田県) [ニダ] 2021/05/07(金) 21:19:17.09 ID:+IF8uohK0
>>7
サカキバラもそうだったような
715: ストマッククロー(大阪府) [GB] 2021/05/08(土) 01:50:32.86 ID:cCBtfyXL0
>検察は「再犯の恐れが極めて高い」と指摘し、「再犯の防止には刑事処分が必要だ」などとして、
>懲役5年から10年の不定期刑を求刑。しかし、さいたま地方裁判所は、2013年3月12日の判決で
>「医療少年院で治療することが再犯防止の最良の手段だ」と、少年を家庭裁判所に移すことを決定した。

 

裁判官は理想論だけ言って正義ごっこできるか知らんが、
何ら責任をとらずに済むのはさすがにどうなんだ

9: サソリ固め(新潟県) [FR] 2021/05/07(金) 18:27:30.67 ID:NKxZklEp0
結局さ更生なんて出来ない人間も居るって事だよ 未成年で自分の快楽の為の殺人 殺人未遂を犯したヤツは死刑で良いよ
11: トペ コンヒーロ(神奈川県) [GB] 2021/05/07(金) 18:29:04.95 ID:riv2GuEo0
こいつは必ずまたやると思う
死刑が妥当
208: ジャンピングカラテキック(兵庫県) [US] 2021/05/07(金) 19:44:54.14 ID:kyVB0oE10
>>11
これは死刑なるやろさすがに
544: アイアンクロー(高知県) [CH] 2021/05/07(金) 22:34:30.86 ID:NkBZP06Z0
>>208
だろうね
703: ニールキック(東京都) [JP] 2021/05/08(土) 01:36:19.79 ID:n6wUnjBH0
殺人をやることのハードルが(低すぎる又は無い)
こんな奴は、絶対更生なんてありえない
裁判官は、そこが見抜けないとまったく意味がない

 

普通に考えたら解りそうなものだがな

127: ジャンピングカラテキック(三重県) [US] 2021/05/07(金) 19:07:42.76 ID:qNPFFiBL0
神戸サカキバラと特徴が全く同じ

 

こういう脳の気質障害のような人が一定数出現するんだろうな。
家族による生育とかの問題で起こることではないだろう

131: ツームストンパイルドライバー(SB-Android) [ニダ] 2021/05/07(金) 19:08:52.77 ID:hcgOR88R0
いきなり顎を刃物で突き刺すとかヤバすぎだろ
そんなのをシャバに出すなよ
https://dot.asahi.com/dot/2021050700027.html?page=2
岡庭容疑者は当時16歳。自宅からは数十本の刃物が見つかり、調べに対し「人を殺してみたかった」と供述していたという。
岡庭容疑者はこの事件の他に17件の放火や猫の死骸を遺棄したとして立件されている。
 

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1620379324/

 

【おまけ】

 

 


20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず

 

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20210507/1000064064.html
茨城 境町の家族殺傷事件 夫婦殺害容疑で26歳男を逮捕
05月07日 17時39分、NHK

おととし、茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され長男と次女も重軽傷を負った事件で、警察は夫婦に対する殺人の疑いで埼玉県の26歳の男を逮捕しました。

今後、動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず

逮捕されたのは埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)です。

おととし9月、茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(当時48)と妻でパート従業員の美和さん(当時50)が刃物で刺されて殺害され、中学生の長男(14)と小学生だった次女(13)も重軽傷を負いました。

20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず

これまでの調べで、家族を襲ったのは中肉の男で、黒っぽい帽子とマスクそれに黒っぽい長袖と長ズボンを身につけていたということで、警察は現場に遺留物がないか調べたり、周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして捜査を進めてきました。

その結果、警察手帳を偽造したなどとして逮捕・起訴されていた岡庭容疑者を7日、夫婦に対する殺人の疑いで逮捕しました。

警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

今後、動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず

事件の発生から1年7か月余り。

事件現場は7日静まりかえり、時折通る車の音と鳥の鳴き声だけが聞こえていました。

容疑者が逮捕されたことについて、近くの住民たちからは安どの声が聞かれました。

66歳の男性は「この辺りではとても起きないような事件で、もう捕まらないかもしれないと思っていました。逮捕されてよかったの一言、それだけです」と話していました。

また、93歳の女性は「事件のあとは夜になったら早く家の鍵をかけなくてはという意識になっていました。両親が殺されてしまった子どもたちは気の毒ですが、逮捕されたと聞いて安心しました」と話していました。

小林さん夫婦は胸や首を複数回にわたって刺されていて、傷は上半身に集中していました。

さらに現場の住宅は林に囲まれ街灯も少なく夜は暗い場所で、地元の人や住宅の前にある釣堀の客以外はめったに訪れないほか、室内に物色されたような跡もなかったということです。

このため警察は当初、家族に強い殺意を持っていて土地勘のある人物が関わった疑いがあるとみて捜査を進めてきましたが、家族の周辺で具体的なトラブルは確認されませんでした。

その後、けがをした子どもたちの証言などを分析するとともに、過去に事件を起こしたことがある人物について捜査を進めたということです。

その結果、現場からおよそ30キロ離れた埼玉県三郷市に住む岡庭容疑者が境町の事件に関与している疑いがあることがわかったということです。

岡庭由征容疑者(26)は、高校生だった平成23年11月、埼玉県三郷市で中学3年生の女子生徒が刃物で切りつけられて大けがをした事件と、そのおよそ2週間後、2キロあまり離れた千葉県松戸市で小学2年生の女の子が刃物で切りつけられて大けがをした事件に関与したとして逮捕され、その後、殺人未遂などの罪で起訴されました。

裁判で検察は「映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ていた」などと主張し、懲役5年から10年を求刑しました。

一方、弁護士は「事件はさまざまな要因が重なって起きた」として医療少年院で治療を受けながら更生させるべきだと主張しました。

裁判所は「犯行は凶悪で刑事処分を選択するほかないようにも思われるが、医療少年院で治療を行うことが再犯防止の最良の手段だ」と判断し、その後医療少年院に送られました。

20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず



>岡庭由征容疑者(26)は、高校生だった平成23年11月、埼玉県三郷市で中学3年生の女子生徒が刃物で切りつけられて大けがをした事件と、そのおよそ2週間後、2キロあまり離れた千葉県松戸市で小学2年生の女の子が刃物で切りつけられて大けがをした事件に関与したとして逮捕され、その後、殺人未遂などの罪で起訴されました。
>裁判で検察は「映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ていた」などと主張し、懲役5年から10年を求刑しました。
>一方、弁護士は「事件はさまざまな要因が重なって起きた」として医療少年院で治療を受けながら更生させるべきだと主張しました。
>裁判所は「犯行は凶悪で刑事処分を選択するほかないようにも思われるが、医療少年院で治療を行うことが再犯防止の最良の手段だ」と判断し、その後医療少年院に送られました。


岡庭由征は高校生だった時に小中学生の少女2人を刺して殺人未遂罪などで起訴されたにもかかわらず、「少年法」があるために刑事処分を免れて「保護処分」となった!

検察は懲役5年から10年を求刑したにもかかわらず、医療少年院で治療を行うという全く処罰に該当しない甘過ぎる処分で済ん一般社会に戻っていた。

もしも、普通に懲役5年から10年の刑事処罰を受けていた場合、懲役10年なら未だに娑婆に出ていなかっただろうし、仮に懲役5年だったとしても「医療少年院で治療を受ける」よりは厳罰なので凶悪事件の再発を抑止できた可能性は確実に高まっていた!

つまり、「少年法」があったがために、岡庭由征は令和元年(2019年)9月に茨城県境町の住宅で一家4人の殺傷事件を犯したのだ!

言い換えれば、「少年法」がなければ、岡庭由征は令和元年(2019年)9月に「一家4人殺傷事件」を起こすこともなく、会社員の小林光則さん(当時48)と妻でパート従業員の美和さん(当時50)も殺害されず、中学生の長男(14)と小学生だった次女(13)も重軽傷を負わずに済んでいたのだ!





岡庭由征が高校生時代に小中学生の少女2人を刺して殺人未遂罪などで起訴されたにもかかわらず、少年法のために裁判で刑事処分を免れたことについては、当時、共同通信が記事を配信していた。

▼平成25年(2013年)の関連ニュース▼

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1202X_S3A310C1CC1000/
少女連続刺傷で家裁移送 18歳少年の裁判員裁判で地裁決定
2013年3月12日 21:48

埼玉、千葉両県で2011年、小中学生の少女2人が相次いで刺された事件で、殺人未遂や銃刀法違反などの罪に問われた埼玉県三郷市の少年(18)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は12日、「医療少年院で治療や矯正教育を施すことが有効」として、家裁に移送する決定をした。求刑は懲役5年以上10年以下の不定期刑。

公判では、少年の処遇を刑事処分と保護処分のどちらにするかが争点となった。

田村裁判長は、少年が刃物を準備し、少女の首や胸を刺したことから「強い殺意に基づく凶悪で、計画的に行われた通り魔的な犯行だ」と糾弾。

一方、少年が広汎性発達障害という生まれつきの資質と両親の育成環境が動機に直結したと指摘し「少年を不利に扱うのは相当ではない」と刑事処分を退けた。

その上で「医療少年院に長期間収容し、保護観察所に両親の監護態度を改善させるのが最良。新たな被害者を出さないという社会の要請にかなうものだ」と判断した。

言い渡し後、裁判長は「罰を受けずに済んだわけではない。社会に受け入れてもらえる人間に変わることを願う」と少年に語りかけた。

決定によると、11年11月、三郷市で中学3年の女子生徒(当時14)のあごを包丁で刺し、翌12月は千葉県松戸市で小学2年の女児(当時8)の脇腹など数カ所を小刀で刺し、いずれも重傷を負わせた。また三郷市で簡易トイレや車に放火、猫2匹を殺した。〔共同〕



>公判では、少年の処遇を刑事処分と保護処分のどちらにするかが争点となった。
>田村裁判長は、少年が刃物を準備し、少女の首や胸を刺したことから「強い殺意に基づく凶悪で、計画的に行われた通り魔的な犯行だ」と糾弾。
>一方、少年が広汎性発達障害という生まれつきの資質と両親の育成環境が動機に直結したと指摘し「少年を不利に扱うのは相当ではない」と刑事処分を退けた。


岡庭由征は小中学生の少女2人を刺して殺人未遂罪や銃刀法違反などで起訴されたのに、刑事処分ではなく「保護処分」っておかし過ぎるだろ!

裁判長の田村眞も、岡庭由征が刃物を準備して少女の首や胸を刺したので「強い殺意に基づく凶悪で、計画的に行われた通り魔的な犯行だ」と認めたにもかかわらず、刑事処分ではなく「保護処分」にしたのだから異常だ!

刑事処分を退けて「保護処分」にした理由が「少年を不利に扱うのは相当ではない」とか、ふざけている!





>その上で「医療少年院に長期間収容し、保護観察所に両親の監護態度を改善させるのが最良。新たな被害者を出さないという社会の要請にかなうものだ」と判断した。
>言い渡し後、裁判長は「罰を受けずに済んだわけではない。社会に受け入れてもらえる人間に変わることを願う」と少年に語りかけた。
>決定によると、11年11月、三郷市で中学3年の女子生徒(当時14)のあごを包丁で刺し、翌12月は千葉県松戸市で小学2年の女児(当時8)の脇腹など数カ所を小刀で刺し、いずれも重傷を負わせた。また三郷市で簡易トイレや車に放火、猫2匹を殺した。


「医療少年院に長期間収容し、…新たな被害者を出さないという社会の要請にかなうものだ」との判断が聞いて呆れる!

今となってはギャグとしか思えない!

その後の「…社会に受け入れてもらえる人間に変わることを願う」という田村眞裁判長の語りかけも、今となっては非常に無責任な発言だったとしか思えない。

小中学生の少女2人を刺して殺人未遂罪、銃刀法違反、簡易トイレや車に放火、猫2匹を殺害!

こんな凶悪犯罪者を刑事処分にせず、「保護処分」にし、「医療少年院に長期間収容し、…新たな被害者を出さないという社会の要請にかなうものだ。…社会に受け入れてもらえる人間に変わることを願う」と寝言を言っていた裁判長の田村眞は責任を取れ!

https://twitter.com/iga_bouzu/status/1390543377259659266
ひろゆき@iga_bouzu
•幼少期には猫殺害。
•高校2年の時には、女子高生の顎を刺す。
•同じ時期に女児の脇腹を刺して殺人未遂で逮捕。
•2020年硫黄45kg所持の容疑で逮捕。
•2021年5月、茨城一家殺傷事件の容疑者として逮捕される。

10年に1度くらい現れる純度100%のサイコパス。


#岡庭由征
#茨城一家殺傷事件
午後2:45 · 2021年5月7日·



20210508茨城一家殺傷!少年法が原因!岡庭由征は少年時に凶悪犯罪多数!田村真裁判長が少年法で刑事処分せず
少年時代から凶悪犯罪を繰り返してきた岡庭由征は、異常なまでに犯罪者を保護する日本の「少年法」によって守られ、整形手術を受けていたと考えられる。



田村 眞(たむら まこと、1954年6月8日 - )は、日本の裁判官
小中学生の少女2人を刺して殺人未遂などの罪で起訴された岡庭由征について、「少年を不利に扱うのは相当ではない」として刑事処分を退けて「保護処分」にした極悪裁判官の田村眞(たむら まこと)!
田村 眞(たむら まこと、1954年6月8日 - )は、日本の裁判官

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91%E7%9C%9E
田村 眞

田村 眞(たむら まこと、1954年6月8日 - )は、日本の裁判官、公証人。横浜地方裁判所部総括判事や、徳島地方裁判所所長を経て、岐阜地方裁判所所長を務めた。

埼玉県出身[1]。
中央大学法学部卒業後、1983年裁判官に任官[2][3]。
主に刑事事件を担当し[1]、浦和地方裁判所判事補、函館地方裁判所判事補、青森地方裁判所弘前支部判事補、弘前簡易裁判所判事等を経て[4]、1994年東京地方裁判所判事。1997年釧路地方裁判所部総括判事。1999年東京地方裁判所判事[1]。2002年秋田地方裁判所部総括判事。2005年東京高等裁判所判事[4]。
2008年さいたま地方裁判所部総括判事。
2013年横浜地方裁判所部総括判事[1]。

2015年から徳島地方裁判所所長、徳島家庭裁判所所長を務めた。
その後、2017年から岐阜地方裁判所所長及び岐阜家庭裁判所所長を務め[1]、2018年には裁判所法上職務義務に反し、判決文が未完成のまま判決言い渡しを行っていた判事につき、裁判官分限法に基づき名古屋高等裁判所に懲戒申立てを行うとともに、「誠に遺憾。再発防止に努める」とのコメントを表明した[5]。
2019年依願退官、浜松町公証役場公証人[6]。

裁判
未成年者が犯した2人の少女の殺害未遂の裁判では「少年を不利に扱うのは相当ではない」として刑事処分を退けていた。
その時の未成年の少年が2021年5月7日、茨城県境町の夫婦殺害容疑で逮捕された埼玉県三郷市の岡庭由征容疑者(26)である。






▼まとめ▼

平成23年(2011年)11月、高校生だった岡庭由征は、中学3年の女子生徒(当時14)のあごを包丁で刺し、翌12月は小学2年の女児(当時8)の脇腹など数カ所を小刀で刺し、いずれも重傷を負わる殺人未遂罪など2件の凶悪事件を犯した!

ほかにも岡庭由征は、簡易トイレや車に放火し、猫2匹を殺害していた。

岡庭由征は刃物を準備して計画的に強い殺意を以て2人の少女たちを刺したので、検察は当然のこととして懲役5年から10年の刑事処分を求刑した。

ところが、平成25年(2013年)、裁判長の田村眞(たむら まこと)は「強い殺意に基づく凶悪で、計画的に行われた通り魔的な犯行だ」と認めたにもかかわらず、「少年を不利に扱うのは相当ではない」として刑事処分を退けて「保護処分」にした!



その後、「保護処分」となった凶悪犯罪者の岡庭由征は、医療少年院で治療を受け終え、一般社会に出てきた。



令和元年(2019年)9月、田村眞裁判官によって刑事処分を免れて「保護処分」にされた岡庭由征は、茨城県境町の住宅で夫婦を殺害し、長男と次女にも重軽傷を負わせる「一家4人殺傷事件」を起こした!

日本の異常な「少年法」がなく、平成25年(2013年)に裁判長の田村真が検察の求刑どおりに懲役10年の刑事処分にしていれば、令和元年に茨城県で「一家4人殺傷事件」は絶対に起こらなかったし、懲役5年の刑事処分でも「医療少年院で治療を受ける」よりは凶悪事件の再発を抑止できた可能性は確実に高まっていた!

異常なまでに凶悪犯罪者を保護する日本の「少年法」、そして裁判長の田村真の無責任さが、令和元年の「茨城一家4人殺傷事件」の原因だ!





「少年法」で甘やかされた犯罪者どもの殆どは、出所後に再び犯罪者となっているのが現実だ!

「少年法」は、犯人を甘やかすため、更生の観点からも逆効果となっている!

もちろん、被害者感情の観点からも、「少年法」は廃止すべきだ!

 

 

コメント一覧

  1. 少年法の趣旨は特定外来種の幼生を保護して在来種を滅ぼすためのものかよ?

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 福島、「処理水」か「汚染水... | トップ | 井伊直弼は救国の英雄!孝明... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上級国民 (宝味)
2021-05-08 08:40:11
「少年A」の家族を22年間、支え続けた男(羽柴弁護士)は、そう吐き捨てるように言って、電話を切った。
https://president.jp/articles/-/29561

しんぶん赤旗が報じない少年法の敗北!「綾瀬コンクリ殺人」
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/09110800/?all=1&page=1 

NHK『灰谷健次郎×柳美里/いのちを知る旅』
https://www.nhk.or.jp/etv21c/update/2007/0513.html

コメントを投稿