狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

チャートで見る世界の感染状況

2020-04-26 21:35:53 | 資料保管庫

 

狼魔人日記

 

 NO!残紙キャンペーンサイト 

 ⇒最初にクリックお願いします

 

 

 
コロナ感染とマルチ商法
被害者が加害者に変身■(ネズミ算的拡散)
 
新型新型コロナの恐ろしさは、「被害者が加害者に変身」して連鎖的に拡散していくこと。
その感染力はまるでマルチ商法(ねずみ講)のようにネズミ算的に拡散し被害者が加害者になっていくこと。
 
無症状で無自覚の感染者(陽性)が、「被害者」にならないために着用するマスクは、無自覚の「加害者」にならないためでもある。
 
コロナウィルスの加害者にならないため、マスクを着用しましょう。
 
被害者が加害者に変身するネズミ算的メカニズムは、上記「チャンネル桜沖縄の声」で解説しています。
 
               ★

ネットで拾った新型コロナウィルス関連の、図表

非常に参考になります。

⇒チャートで見る世界の感染状況 新型コロナウイルス

とりあえず、今日の時点でわかるのはここまでです。

Ewkhlnxueaecr9i

 

【おまけ】

新型コロナ 露政権と住民がハイテク攻防 監視カメラで摘発強化 “仮想デモ”で抗議

4/26(日) 17:53配信

産経新聞

 【モスクワ=小野田雄一】新型コロナウイルスの感染拡大により各地で外出制限が導入されているロシアで、政権側が監視カメラと顔認識システムを使った違反者の摘発を強化している。これに対し、仕事の減少などで収入減に直面している住民らは、インターネット上で政権に抗議する「バーチャル(仮想)デモ」を実施。政権と住民の間でハイテクを駆使した攻防が繰り広げられている。

【グラフ】パンデミック表明から1か月、世界はどう変わった

 新型コロナ対策としてロシアは3月末、全国で自主隔離を導入。飲食店は店内営業を中止し、企業も在宅勤務に入った。感染者の過半数を占めるモスクワ市はより厳しい外出制限を発動し、違反者に罰金を科してきた。しかし感染ペースは加速しており、最近は毎日数千人単位で感染が拡大。4月25日時点で感染者は7万4588人、死者は681人に上っている。

 収束気配が見えない中、モスクワ市は15日、自家用車やタクシー、地下鉄など乗り物での外出時に許可証の携帯を義務化。許可証の取得には、車のナンバーや外出目的、外出先などを市に届け出る必要がある。

 こうした状況下で、違反者のあぶり出しに活用されているのが、防犯を名目に街角や車道に多数設置されている監視カメラだ。街角の監視カメラはモスクワだけでも18万台あるとされる。ロシアはこのカメラ網と最新の顔認識システムを活用し、新型コロナ感染者と接触したり、感染拡大地域から帰国したりして一定期間の外出禁止を義務付けられた住民の動向を監視。違反者は摘発している。

 これに加え、モスクワ市は4月22日、車道に設置された2500台以上のカメラで、通行する車が許可証を取得しているか自動識別するシステムをスタートさせた。イタル・タス通信によると、この日だけで23万件の違反を確認。違反者は5千ルーブル(約7200円)の罰金が科せられるという。

 先端技術を使って住民の行動を制限している政権側に対し、住民側もITを利用した抗議を始めた。

 4月20日夕、露大手カーナビアプリの地図上で、露大統領府周辺が無数の丸印で取り囲まれる事態が起きた。このアプリには、利用者が地図上の特定地点を指定してコメントを書き込むと、そこに丸印が表示される機能がある。本来は事故情報などを共有するための機能だが、この日は政権を批判するコメントが多数書き込まれた。数千人が大統領府を取り囲んだかのような様子を、露メディアは「前代未聞のバーチャルデモ」と報道。デモは自然発生したとみられている。

 露政権の新型コロナ対策をめぐっては、企業や国民への経済支援が不十分だとの批判がある。書き込まれたコメントも「小規模ビジネスを支援しろ」「仕事に行かせてくれ」「公共料金を払い戻せ」といった切実なものが多かった。アプリ運営側は目的外使用だとして同日夜までにコメントを削除。しかしその後も「言論の自由を封じるな」などとのコメントが相次いだ。

 ⇒最初にクリックお願いします

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« ロックダウンでコロナ感染は... | トップ | それでも、はんこを押しますか »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新型コロナウイルス世界流行曲線が下降曲線を辿って来た (坂田)
2020-04-27 15:09:49
アメリカで、ロックダウン(都市封鎖)よる失業や倒産などの経済的被害が、新型コロナウイルス感染の被害以上に大きなものになってはならないと言う民の声に付いて、2時間前のトランプ大統領ツイートが『本当にその通りだ!』の一言。外出解除やる気が満々だ。

日本もと想いがちだが、アメリカの累計感染数が965000人で桁違いだ。感染死者累計が55000人で、遂に石垣市の人口を6000人も超えた。間違いなく、八重山諸島の人口を超えている、今後ともに。

アメリカの外出禁止規制解除の民の声も一理在るが、未だ時期早々と見る。

ただ、日本の物流の大切さの件を菅官房長官が昨日言及して来たから、検討になって来たのかも知れない。

なお、北米の新規感染数日足の伸びが4月2日から頭打ちになり、高止まり停滞からこの4日間で凸凹ジグザグ上下変動を見せて来た。それでも未だ低下局面に移行の明らかな兆候ではない。

また、アメリカの感染死者数が55000人に驚くが、実は致死率が5,7人で在り粉飾噂の中國と同じで在る。アメリカの高度医療態勢の凄さが偲ばれる。因みに、日本が2,6人で最大数がフランスの18,2人。

ここに至って、ロシアが8万人感染増加で突如感染大国に躍り出た。先週、プーチン大統領が政府高官と主要知事に訓示した様子をBS海外ニュースで観た。『これ以上、責任は諸君に在る』、粛清すると言う意味なのか。

プーチン大統領のことだからやりかねない。なにせ、首脳会食事に対座したオバマ大統領がプーチン大統領と終始目を合わせることが出来なかった眼力の男だ、怖いよ~っ。

なお、午後2時30分の世界の旅客機フライトレーダーで、コロナ渦中前の過密状態に中國が復帰した、欧州が1/4に落ち込みから8割に復帰、アメリカが西海岸ワシントン州~オレゴン州など北部が減少して全体が1割減だが、それでも過密状態だ。世界の空だけは外出自由って訳だ。

コメントを投稿