狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

知事を提訴!デニー・リマ談合糾弾訴訟!「癒着を疑われるのも当然だ」会食問題で識者 就任1年、デニー知事に火種

2020-03-24 09:09:35 | 未分類

 

狼魔人日記

 

 NO!残紙キャンペーンサイト 

 ⇒最初にクリックお願いします

■支援金のお願い■

 当日記管理人は、翁長知事(デニー知事)を相手取って複数の裁判を係争中です。 代理人弁護士には手弁当でご協力いただいていますが、訴訟費用の資金難で交通費、宿泊代などの実費支払いや、説明会場を借りるのも厳しい状態です。

直近では3月19日、デニー・リマ談合疑惑(会食癒着疑惑)でデニー知事を提訴しました。

皆様の支援金ご協力をお願いいたします。(事務整理上一口1000円以上をお願いしますが、勿論金額の多寡は問いません)

支援金お振込先

お振込先  ゆうちょ銀行から振り込む場合

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 記号:17010
  • 番号:19246121
  •  

ゆうちょ銀行以外からお振り込む場合の振込先 

  • 金融機関:ゆうちょ銀行
  • 金融機関コード:9900
  • 預金種目:普通
  • 名義:沖縄県政の刷新を求める会
  • 店名:708(ナナゼロハチ店)
  • 店番:708
  • 番号:1924612

 沖縄県政の刷新を求める会               ☆

 
去る3月19日、筆者と他3人の県民を原告として、デニー知事を相手取って「デニー・リマ談合糾弾訴訟」を那覇地裁に提訴した。
 
きょうの沖縄タイムス第二社会面(26面)トップの関連見出し紹介。
 
会食問題で県を提訴
 
県民4人 委託費返還求め
<header class="article-header">

会食問題で県を提訴/県民4人 委託費返還求め

2020年3月24日 05:00
</header>
 
 
デニー・リマ談合糾弾訴訟については23日放映のチャンネル桜沖縄の声で、代理人弁護士の徳永先生が詳しく解説します。
 
               ★
 
疑惑の発端はFNSに投稿された一枚の写真だった。
 
問題となった会食の写真

問題の写真(上記)は受託契約の発注者のデニー知事と契約受託業者の徳森リマ氏が契約の前日、親しそうに会食している光景を映している。

この写真を「業者との癒着の証拠写真だ」として県議会自民党が厳しく追及した。「受託(委託)契約の前日に宴会で盛り上がるとは癒着も甚だしい」というのが自民党側の主張である。

「受託業者」とは、デニー知事の諮問機関である「万国津梁会議」の支援業務(予算約2400万円)を受託した「子ども被災者支援基金」などを指す。

沖縄県の委託事業を沖縄では一件の業務実績もない山形県在のボランティア団体「子ども被災者支援基金」が中心になって受託するのは、きわめて大きな疑問を感じる。

疑惑は、それだけではない。

この「子ども被災者支援基金」代表である鈴木理恵氏は、デニー知事の基地政策に大きな影響力を有する新外交イニシアティブ(猿田佐世代表)の理事だ。

新外交イニシアティブには、評議員として元外務省の栁澤協二、ジョージワシントン大学のマイク・モチヅキ、今年4月に衆院議員(沖縄三区)補選で当選したジャーナリストの屋良朝博、法政大学の山口二郎、ジャーナリストの鳥越俊太郎、東京大学の藤原帰一の各氏が名を連ねている。

だが、驚いたことに、デニー知事を知事に立候補したころから支援しデニー氏の「私設秘書」といわれる徳森りま氏も新外交イニシアティブ創設時からの理事である。

この徳森氏が会食の写真にもデニー知事の左の席に写っている。

デニー知事は、同会食をプライベートな飲み会と弁明し、県も「沖縄県職員倫理規定」に照らして同席した県職員は契約に関わっていないし、知事は特別職なので県倫理規定の違反ではないと弁明している。(琉球新報は知事を例外扱いの特別職と規定している県の倫理規定の見直しを主張している。⇒文末の【おまけ】参照)

ところが徳森リマ氏とデニー知事の関係は単なる友人知人の領域を超えた間柄だ。

徳森リマ氏はデニー知事が県知事に立候補した時から「私設秘書」の役割を果たし、知事に当選後も知事の有力な支援者の一人である。

徳森リマ氏は知事当選後、フジロックへのデニー氏出演を手配し、全国遊説キャラバンも企画している。

繰返すが契約先業者は山形県在の「子ども被災者支援基金」である。

沖縄では一件の業務実績のない山形で設立されたボランティア団体が、なぜ沖縄の万国津梁会議に関わるのか不可解だが、この業者とジョイントして今回の仕事を取った沖縄の団体・全国トークキャラバンの代表は徳森りま氏だ。

つまり、契約金(血税)の還流先はデニー知事の実質的な私設秘書が代表を務めるボランティア団体ということになる。

しかも、当初は6社の希望者が存在し、競争入札という形式を取りながら他社は辞退して、実質的に随意契約となった委託案件だ。

「他社辞退」に疑いの視線が向けられても仕方がない。

デニー知事は、徳森リマ氏の私設秘書としての論功行賞の一環としてリマ氏の所属するボランティア団体との契約の成功祝賀会だからこそ参加したのであって、プライベートの懇親会などでは決してないことは明白だ。

この会合は、徳森リマ氏が契約というご褒美を得たことのお祝いなのである。

従って新聞報道が指摘する業者との癒着云々というレベルではない。

ボランティアで私設秘書として知事当選に頑張ってくれた徳森リマ氏に契約受諾の約2400万円のご褒美をあげるための前祝の祝宴がいわゆる「会食癒着」なのだ。

だが、実態は癒着など単純な問題ではな。

疑惑だらけで、正に疑惑のデパートである。

一連のデニー知事の行動は癒着どころか、公私混同、職権濫用、背任に近い重大な案件だ。

こんなあからさまなリマ氏に対する利益供与を認めた県庁役人の責任も重大である。

県議会与党や沖縄2紙が追及の手を緩めている以上、デニー知事と徳森リマ氏を法廷に引き釣り出し、糾弾するのが良識ある県民の務めである。

 
 
沖縄タイムス+プラス ニュース

「癒着を疑われるのも当然だ」会食問題で識者 就任1年、デニー知事に火種

沖縄タイムス 2019年10月3日 15:30

 玉城デニー知事の重要政策「万国津梁会議」の支援業務を受託した業者と知事の関係を巡り、野党の沖縄・自民が疑惑の追及を強めている。契約前日の業者との会食が県職員倫理規程に違反する疑いや、業者の関係者が知事の政治活動の支援者であることを指摘。知事は「問題ない」との認識を繰り返しているが、自民側は一般質問終了後も常任・特別の両委員会などで、追及を続ける構え。4日に就任1年を迎える玉城県政の火種となりかねない。(政経部・仲村時宇ラ)

 

業務委託の経緯

沖縄県の玉城デニー知事

 県は有識者の意見を聞く「万国津梁会議」で、会場設営、委員の日程調整などを担う業務の公募を4月12日に開始した。同17日の説明会に6社が参加。5月10日に締め切り、共同企業体1社から応札があった。

 県は5月17日に選定委員会を開き、同日に内定を通知、同24日に契約を締結した。問題の会食は前日の23日に開かれた。

 共同企業体は山形県の「子ども被災者支援基金」が代表で、県内の旅行代理店など3社と計4社で構成。この基金は1月に沖縄事務所を設置した。知事は事務所の女性職員から昨年9月の知事選で、支援を受けたことを認めている。

 知事は契約前日に、女性職員や基金代表との会食に、県職員3人と参加。自民県議は「山形から代表者が来て一緒に飲食し、万国津梁会議の話が出なかったとは信じられない」と批判する

◆沖縄事務所の住所が同じ

 業者の選定や契約の最終決裁者は文化観光スポーツ部の統括監で、知事に報告はなかったという。知事は「全く知らなかった。私的な会食だった」と否定した。

 県職員倫理規程は「県民の疑惑や不審を招くような行為の防止」を目的に、利害関係のある関係業者との会食などを禁じている。一方、職務に関係のない友人らとの会食を除外する。

 金城弘昌総務部長は、特別職の知事は倫理規程の適用対象でないとし「あくまで友人との私的な会食」と強調。職員3人も文化観光スポーツ部の所属でないため「職務と関係がない」と述べ、いずれも規程に抵触しないとの見解を示した

 自民側は、知事のもう一つの重要政策「全国トークキャラバン」の業務を新外交イニシアチブ(ND)に委託したことにも注目。NDの代表は玉城知事と面識があり、NDの沖縄事務所と、会食で問題になった基金の沖縄事務所は同じ住所だ。

 自民側は「知事が親しい関係者に委託したか、職員が知事の意向を忖度(そんたく)したか。公金支出の在り方として問題だ」と主張している。

◆疑われても仕方がない

 江上能義琉大・早大名誉教授の話 以前からの知り合いが県の業務を受注し、玉城デニー知事がその契約以前に会食していたとなれば、癒着を疑われるのは当然で、あまりに不用意だ。知事は行政の長として疑いを掛けられるような行動は避けるべきだ。

 事業には公金が使われている。知事と関わりがある業者に委託が集中していると疑われている以上、業者選定の経緯と理由を具体的に説明する必要がある。

 知事は会食時、契約について「知らなかった」と答弁しているが、親しい知り合いだ。翌日が県事業の受注契約だとすれば、会食中にその話が出たと考える方が自然で、疑われても仕方がない

 もちろん県の契約は膨大で、そのすべてを知事が把握しているわけではない。ただ、万国津梁会議は知事の重要政策でもあり、その契約について知らなかったでは済まされない。

訴状
https://www.okinawa-sassin.com/bankoku_sojyo.html

記者会見
https://youtu.be/0O5O__z7y-s?t=910

【おまけ】

<社説>知事が事業者と会食 県民への説明責任果たせ

 玉城デニー知事が「万国津梁(しんりょう)会議」の設置支援業務を受託した事業者と契約日前日に会食していたことが分かり、県議会野党が百条委員会の設置を主張する事態になった。知事は「私的な会食」と説明したが、疑惑を持たれること自体、あってはならない。

 玉城知事は、受託した事業者との関係、選定の理由と正当性、会食の経緯などについて、県民にきちんと説明すべきだ。
 会食があったのは5月23日。知事、受託業者、県職員らが出席したという。9月定例県議会で野党が指摘し発覚した。5月24日に事業者との契約が交わされている。受注額は2407万円だ。
 県職員の倫理規定は業者と県職員の会食を禁じる。ただし、知事など特別職にこの規定は適用されない。県職員であっても個人的な友人関係に基づく私生活の行為で、職務に関係のない会食などは認められるという。
 当初、玉城知事は問題ない―との認識を示していた。本当に問題はないのか。
 「瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず、李下(りか)に冠を正さず」ということわざがある。とりわけ公職にある者は人から疑いを受けるような行為は慎まなければならない。県民の代表である知事であればなおさらだ。
 県は、知事が職員倫理規定の対象外である点に言及した上で、私的な友人関係での会食だったこと、業者と利害関係のある職務に就く職員がいなかったこと、会食の対価は支払っていることを挙げ、倫理規定に抵触しないと説明している。
 たとえそうであったとしても、不適切と言わざるを得ない。公私混同や癒着を疑われかねないからだ
 玉城知事は10日の定例記者会見で「県議会や県民の皆さまに多大なご心配やご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げる」と謝罪した。遅きに失した印象は否めない。
 県が万国津梁会議支援業務の企画提案を公募した際、6事業者が説明会に参加した。だが実際に応募したのは委託が決まった1団体だけだ。
 野党の自民党は「最初から受託することが決まっていた出来レースではないか」と批判している。
 知事によると、会食した事業者は「個人的な友人の一人」だという。加計学園問題では安倍晋三首相の「お友達」優遇が批判を浴びた。沖縄県政でも取り巻き優先の「縁故主義」が頭をもたげつつあるのだとすれば由々しき事態だ。
 万国津梁会議は玉城知事が知事選で掲げた目玉政策である。その業務を巡って、疑いを招いたことは知事にとっても不本意であろう。
 知事に求められるのはガラス張りの県政を実現することだ。さまざまな疑念を払拭するには徹底して説明責任を果たす以外に方法はない。
 特別職を除外した倫理規定の在り方も、この際、抜本的に見直すべきだ。

 

玉城知事の諮問機関、万国津梁会議の会食、癒着、官製談合疑惑の住民訴訟。本日県庁で記者会見がありました。百条委員会も開けず隠蔽されている事実を解明して頂きたい。

 
<form id="u_0_1o" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{">
 
  •  
    浅村 泰生 江崎師匠いますね。
    •  
      Ichiro Kominato 岩上 充伸 さん、県議会で自民党が追求してもマスコミは書かない、過半数ないので百条委員会も開けない…プロレタリアート団結せよですね。
</form>

⇒最初にクリックお願いします

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 【速報】IOC委員「大会の... | トップ | 休校中にスペイン旅行で感染... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2020-03-24 10:51:40

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「自然の恵みから元気もらう」の那覇市・友寄賢二さん(68)は、1月28日、3月12日に続き今年3回目の掲載。
「UDフォント ワラビーにも」の読谷村・松田駿太さん(21)は、3月4日に続き今年2回目の掲載。
「首里城地下壕の真相究明を」の那覇市・宮里整さん(87)は、昨年10月16日以来の掲載。
「建設的な国会審議 国民切望」の糸満市・有馬光正さん(75)は、2月12日、3月3日に続き今年3回目の掲載。
「ネット通じ楽に海外と交流」のうるま市・伊波正博さん(76)は、1月22日に続き今年2回目の掲載。
「歌『しょんかね』考 歓迎と別離時の言葉か」のうるま市・上地安男さん(75)は、昨年5月15日以来の掲載。
「イムジン河」の千葉県・福山啓子さん(68)は、昨年8月6日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

玉城知事に委託費返還求める姿勢こそが義を見てせざるは勇無きなりだ (坂田)
2020-03-24 14:06:22
『自民党が言及した会食写真問題』、この言及には自民党ならではの真実味が在るから笑える。

予てから宴会好きの自民党が言うのだから、疑惑が事実なのだろう。

掲載の会食写真、左右に5人座りだから、左側が4名座りなので、一番手前の方が撮影者で在ることが判る。

それが県職員なのか、或いは知事特別秘書の娘婿(昨年元旦に県議会の承認が要らないから知事が採用した)なのかを曝して欲しいものです。

記事に『知事は県職員3人と参加』と在るから写真で座してるのも県職員が3人だ。ならば撮影者は誰なのだろうか、教えて下さいな。

玉城知事の娘婿秘書採用から、フジロック出演から、全国キャラバンからして昨年起こったことだ。同じミュージシャンとして注目を浴びたくても、玉城知事は福山雅治氏ではない。

それにしても、自民党の追求が弱過ぎる。ここは一気呵成に県議会で『リマたんと私的な会食ってさ、玉城知事が愛人関係に在ったからだろっ』と一発噛ませよ、揺さぶれっ。

甘いから知事選も国政選もなにもかも弱い。沖縄自民党のリーダーシップ無き不甲斐なさに失望する、県民も同じく御意に想うだろう。

決して、『沖縄で反基地を唱えると当選する』などの弱音を県民に吐くな、情けなくなる。

知事選で玉城立候補に敗れた前宜野湾市長
佐喜眞淳氏が今、雨の日にカッパ着て街頭演説をしている。

自民党県議会議員や市町村議員も佐喜真淳氏の爪の垢を煎じて飲む覚悟を持てよ。


なお不倫のきっかけは、会食の機会が多い。

玉城知事を動揺させて誘いを掛けよ、戦術だ。相手を怒らせてなんぼのものだ、そこでしか本心が掴めない。玉城知事はその実、自己規制力が薄い男と見るべきだ。

玉城知事に、この手の醜聞が又起きることが想像出来る。

なぜなら、どんなお偉いさんでも人格を構成する要件の中で1つが壊れている場合が在るから、『なぜあの方が…信じられない』ことが起きているからさ。その衝動を抑え切ることが出来ない方が上司に居たら最悪だ。

なお、琉球新報が『李下(りか)に冠を正さずと言う諺が在る』との李白の、春夜桃李の園で宴するの序の、実に美しい漢詩の中に『光陰矢の如し』の記述が在る。それで終わらない様にしてもらいたい。
Unknown (ズブズブの濃厚接触者が要請を無視し帰国!?)
2020-03-24 14:44:23
デニー恥児とズブズブの濃厚接触者が参考人招致要請を無視し帰国? 県内外から批判が相次いでいる。自民県連は「百条委員会」を開催するとしていた方針についても、リマ市の詳しい足取りなどを情報収集してから見直しの検討に入る見通しだ。

県内では、不要不急の「万国津梁会議」を控えるよう求め、知事のイベント自粛も検討すべきだとの声が上がる。

外務省によると、チャイナウイルスで、ペルーに足止めされている旅行者など約230人の中に徳森リマが潜んでいるかの検査結果はまだ出ていない。
Unknown (amai yookan)
2020-03-24 21:52:12

>(坂田)さん
2020-03-24 14:06:22
コメントより引用


>甘いから知事選も国政選もなにもかも弱い。沖縄自民党のリーダーシップ無き不甲斐なさに失望する、県民も同じく御意に想うだろう。


この自民の不甲斐なさには、「県民皆チルダイしている」ところだ・情けない

沖縄自民も脛に傷持つ身なのか?・これ以上やると自分の身が持たなくなるのか?・次の選挙でアウトになるのだろーか?

ほんと、気分が滅入る。

⭕️佐喜眞淳・前浦添市長や古謝 景春・前南城市長
は実績もあり人望もある・自民等党が再生?するには、このお二方の度量を仰がねば無理だろう

⭕️さよなら弱体自民・今日は最強自民党=これが県民の総意だ

⚫️ 沖縄県民は、もともとサヨク系ではない・共産党なんて尚更

先の知事選で共産党カラーを封じ込め、裏方に
→ これが自他共に認める「共産党では勝てない証拠」だ

横道に逸れてしまったが「デニー・リマ談合疑惑裁判」これって、もともと保守自民のやるべき仕事ではないのか

市井の老人たち(失礼)が立ち上がる・これは痛々しい現実である・

⭕️自民よエレクト(直立)せよ!
Unknown (<金口木舌>艦砲射撃の下で...)
2020-03-25 08:12:21
https://news.goo.ne.jp/article/ryukyu/region/ryukyu-20200325060001.html

▼論争の契機は琉球新報による「この昭和紙には日本人がいない」という批判だった。そして、「この憲法には人民がいない」という批判でもあった。日本共産党は、日本国憲法案が国会に提出された際、唯一反対した政党であった。憲法に反対した共産主義者らの人民の姿が見えないと断じたのである。

 亀井勝一郎は、はじめ左翼的政治運動に参加したが、のち転向し、仏教思想に関心を深めた人だ。彼は、大和古寺風物誌のあとがきで、こう記している。

 日本書紀、続日本紀等を夢中で読みはじめ、それが後に「聖徳太子」「親鸞」などの著作となってあらわれた。

 百田氏や有本氏による「日本国紀」、「日本国紀」の天皇論は、この本の発展したものと云ってもいいだろう。

 そんなわけで、この本は歴史書のようなところもあるし、宗教的でもあるし、美術として考えている個所もある。広い古典の世界に遊び、我々の遠い祖先達の苦闘の跡や遺品に接し、日本の深さに幾分なりともふれて貰もらえれば幸いである。

 この十数年間にも、大和古寺には二三の変化があった。たとえば法隆寺の壁画は焼けてしまったし、この集の法輪寺にかいてある三重塔も、昭和十九年雷火のため焼失して今はない。新薬師寺の香薬師像は盗難に遭ったまま、今もって発見されない。十年前の筆だから、その他にも今日と変っているところがあると思う。

 これからも何が崩壊するか、焼失するか、予測し難い。遺憾だが、これは古寺古仏の運命というものかもしれない。今のうちに出来るだけ見ておくことだ。ほんとうの美しさ深さは、とても筆や写真では伝え難いのである。

▼今日、静かなる侵略者である人民軍は尖閣や南の島々に艦砲弾を放つ。炸裂(さくれつ)音におびえる県民の姿を想像する。

「関連記事」
中国、沿岸に「尖閣」見据え地対艦ミサイル 領海侵入の公船と連携
https://mainichi.jp/articles/20200102/k00/00m/030/170000c

盗難から70年の時を経て発見!国宝「香薬師像の右手」のミステリー
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49935
自民党沖縄にリーダーがいない、烏合の衆だがカラスよりはマシなのだろうか (坂田)
2020-03-25 14:19:37
amai yookanさん  政治こそ政略が在り、なにを使っても権力を牛耳る覚悟を持たないと党や政治家の存続が出来ないと想ってます。

且つ、政治組織では規律とケジメを大事にしないと、自民党沖縄の様な不甲斐ない無為無策無責任の団体に陥ることになります。

その事例が、玉城立候補が当選同夜の那覇教育会館(左派巣窟)講堂での会見でした。

会見がネットで生中継された。その喜びの玉城新知事の奥の方で、一人のおっさんが創価学会の大きな三色旗を左右に振っていた。

後日、隣家(元公明党市議会議員、娘も市議)に、沖縄公明党の三色旗振りの反逆を糾した、自公同盟の破棄と見做しました。

知事選に向けて、投票1カ月半前から内地の公明党議員ら4000人が、紹介状をもらった沖縄の友達にオルグのために訪沖すると聞いていたからです。

その結果が、当選祝い会場の三色旗と来た。

この件に付いて、自民党沖縄の追及を聞いたことが在りません。

なお、公明沖縄に付いて、隣家の返事が『なにも判りません』だった。上部組織と意思疎通が出来ていない。

話を良く聴くと、創価学会らしく度重なる選挙応援動員態勢で、『選挙に厭戦気分』が蔓延していることだけが判った。

本来なら、沖縄では公明党に断交を通告すべき重要な規律違反なのです、今からやっても良いのです。そうしないと侮られる。

同盟の公明党が統治を出来ていないから、期限の利益を喪失したと告知すれば良いと想うのです。

公明党沖縄が組織のケジメを付ける機能すらも失せているのだから、処分は当然です。

この、自民沖縄のリーチ見逃しをした行為は許されざるを得ないものです。

それを不問にして沈黙した自民党沖縄の無責任の極みには驚きます。

こんな規律違反を見逃すなら、これからもどんどん沖縄で出て来るものと想います。


なお、ご指摘の古謝景春前南城市長に付いて、この方が将来の沖縄県知事立候補と期待を寄せています。

沖縄の右翼の象徴は実質上、仲井眞元知事だけと想っていましたが、古謝景春前南城市長も愛国愛郷主義では、中山石垣市長同様に負けていません。

その南城市で、福祉行政結果と言い計画の実現性と言い、少子化対策での市議会答弁に於いて、『自分は少子化対策をやったことがない。将来、子供たちが大人になった時、それを受け入れる産業基盤を構築するだけ』旨の議事録を読んだとき、南城に実に良い男がいたと感心したものです。


なお、政治でなくても、民業に於いても、多少の悪さと狡さを執らないと世渡りが出来ないのです。水清ければ魚棲まずの如しです。

この世に聖人君子などいません、例え聖人君子でも『お金』の前ではひれ伏す様にです。

イスラム教国では身代金要求が禁止ですが、代わりに寄付金と称すれば無限大の要求をするが如しです。

コメントを投稿