名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴの特別採捕許可を巡り、最高裁は「許可せよ」との是正指示は適法と判断した。県は敗訴が確定したが、2人が反対意見を付ける「画期的」(玉城デニー知事)な判決ととらえ、沖縄防衛局の埋め立て変更承認申請を不承認とする理論構築に追い風としたい考え。国は勝訴は「既定路線」(政府関係者)と冷静に受け止めつつ、今後の県の出方をうかがう。(政経部・大城大輔、東京報道部・嘉良謙太朗)=1面参照

 今回の訴訟で争われているサンゴ群が位置する大浦湾側には、変更承認を得て改良工事をする必要がある軟弱地盤が存在する。

 だが、サンゴ群周辺には軟弱地盤はないため、沖縄防衛局はサンゴを移植できれば、埋め立て変更申請とは関係なく「N2護岸」の工事に着手できる。

 知事は今後、判決に従い採捕申請を許可するか、すぐには許可を出さず時間稼ぎを図るかの判断を迫られる。防衛省関係者は「県はいずれ変更承認申請を不承認とするだろう。その後にサンゴも不許可とするのでは」とみる。

 これに対して自民党関係者は「不許可とすれば国は代執行などに打って出る。採捕を認めれば工事が進み市民が反発する。どちらにせよ、県は追い込まれた」とほくそ笑んだ。

建設阻止の本丸

 一方で、判決を受けた知事会見に、敗訴による打ちひしがれた雰囲気はなかった。県にとって、新基地建設阻止の本丸となる変更申請の審査が大詰めを迎える中、県の主張に沿った2人の裁判官の反対意見が付いたためだ。

 宮崎裕子裁判官は、埋め立て承認の要件となる、公有水面埋立法4条1項の環境保全措置に関する「2号要件」の適合性について、埋め立て承認した仲井真弘多元知事による判断は「実質的に無意味になっている」と踏み込んだ。

 弁護団の一人は「前の判断にしばられることなく、フリーハンドで判断できるという法理論につなげることができる」と、知事が仮に不承認とする場合に、その後ろ盾になるとみる。

 一方で県側には、仮に不承認とした場合でも、今回の判決を後ろ盾に国が「承認せよ」という内容の是正勧告や指示を出すのではとの警戒感もある。

 県幹部は「今回反対意見がついたように、主張に正当性さえあれば強権的な是正の指示が全面的に認められるものではないはず」とみる。別の幹部も「踏み込んだ反対意見で、知事判断の追い風になる」と語気を強めた。

 ただ、ある県関係者は「反対意見が少数で負けたことも事実。変更承認申請の判断に向け、どれだけ県にとって好材料になるのか未知数な部分もある」と話した。

(写図説明)辺野古新基地建設を巡る国と県の訴訟