【台北共同】中国の習近平国家主席が軍幹部の非公開会議で沖縄県・尖閣諸島について「(中国の)権益を守る軍事行動」の推進を重視する発言をしていたことが2日、中国軍の内部文献で分かった。日本の実効支配を打破する狙い。直接的な衝突は慎重に回避する構えだが、現在は海警局の巡視船が中心の尖閣周辺海域のパトロールに加え、海軍艦船や空軍機が接近してくる可能性もある。

 中国人民解放軍の施設を視察し演説する習近平国家主席=11月、北京(新華社=共同)

 文献によると、2月20日に開催された軍の最高指導機関、中央軍事委員会の拡大会議で、同委トップを兼務する習氏は「わが軍は、東シナ海と釣魚島(尖閣諸島の中国名)の権益を守る軍事行動を深く推進した」と述べた。(共同通信)

                     ☆

 

 習近平の尖閣・軍事行動に対して「なぜ今この時期に?」という人がいる。

11月の共産党大会で習氏は毛沢東を超える決意をした。

毛沢東を超えるには毛氏が分裂させた二つの中国を一つにすること。

つまり台湾併合だ。

だが、その前に地政学上目障りな尖閣を自国領土にする必要がある。

それには北朝鮮問題で、紛争が始まり難民問題で海保・自衛隊の手が回らない時期を逃してはいけない。

ピンチはチャンスだ。

難民問題のどさくさまぎれに、尖閣上陸を図るのが中国の戦略。

いわゆる火事場泥棒だ。

 

半島有事、邦人退避に「韓国リスク」

 

 今年1月8日付の小欄は「北に侵食された韓国の闇」と題し、国内政治の都合で日本の安全保障も揺るがす韓国の一断面を指摘した…続きを読

 

それにもうひとつ。

安倍政権が憲法を改正する前の決行だ。

「平和憲法」の下で行動を起こせば「専守防衛」や「九条教」に凝り固まった日本など赤子の手を捻るようなもの。

特に沖縄は中国の工作員のような沖縄2紙が県民の内部分裂を図るだろう。

さらに中国の操り人形のような翁長知事が在任の間に軍事行動を決行する戦略だ。

「こわいなー」「こわいなー」

今年の流行語大賞はこれにすべきだった!

【おまけ】

 伊波洋介参議院議員が宜野湾市長時代の発言である。

 極左候補の主張!米国は脅威、中国・北朝鮮は脅威でない! - 狼魔人日記

伊波候補が共産党、社民党の支援を受ける極左活動家であることは、日米安保に反対し、米軍基地反対、自衛隊配備反対という政策を見ても明らかであるが、「中国、北朝鮮は脅威ではないが米国は脅威である」と公言するとは、信じれられない県民も多いだろう。

だが、伊波候補は海外特派員協会で記者会見をした際、外国人記者から

「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、

伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」、と答えている。

伊波候補は同盟国の米国を敵と看做し、尖閣はおろか沖縄の領有権も主張する中国や、無法国家の北朝鮮に親しみを感じる極左思想の人物である。

宜野湾市長「ノーと言い続けることが最大の抵抗」

2010年06月17日
 


伊波洋一・宜野湾市長。米軍再編の流れの中で普天間移転を考える必要性を説いた。【16日、海外特派員協会=東京・有楽町=。写真:筆者撮影】


 外国人記者から「北朝鮮と中国は脅威か?」と質問されると、伊波市長は「脅威ではない。脅威なのは米軍。中国とは何千年もの経済・文化の交流がある」。

 記者会見が終わった後、筆者は伊波市長に「誰が知事になっても辺野古の『埋め立て許可』のサインはできないでしょう?」と尋ねた。海面埋め立ての許認可権限は県知事が持つ。市長は「県民がノーと言い続けることが最大の抵抗」。基地の島に生まれ育ってきた闘士ならではの答えが返ってきた。
 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします