狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「集団自決」は、軍命ではない

2016-04-03 19:56:04 | ★集団自決
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 
 
 
●ボランティア募集●
 4月16日(土)櫻井よしこ沖縄講演会開催にあたり、ボランティアを募集しております。
当日ご協力いただける方は是非下記の連絡先までご連絡下さい。
よろしくお願い致します!
担当(090-2588-5051)
実行委員会準備会
 
 
チビチリガマの集団自決は民間人の主導であり、軍命ではない。

「集団自決」犠牲者に祈り 読谷チビチリガマ

 
祭壇に線香を手向け、手を合わせて犠牲者の冥福を祈る遺族ら=4日、読谷村波平のチビチリガマ

 【読谷】沖縄戦で米軍沖縄本島上陸直後の1945年4月2日、住民83人が「集団自決」(強制集団死)をした読谷村波平のチビチリガマで4日、慰霊祭(遺族会主催)が行われた。遺族や関係者ら約20人が集まり、70年前に起きた惨劇で犠牲となった肉親の冥福を祈り、平和を願った。

沖縄戦終結から70年たったいま、住民が体験した「戦争」の記憶の継承に危機感が募る一方で、「戦争のできる国」の流れが進む中、体験者や遺族らは「不戦」への思いを新たにしている。
 チビチリガマでは、米軍上陸に際して住民が避難していた。米兵が投降を呼び掛ける中、殺されると思い込んだ男がガマ内の布団などに火を付け、避難していた住民140人のうち83人が「集団死」した。そのほとんどが煙による窒息死だったが、注射や刃物で命を絶った人もいた。
 背景には、米兵に捕らえられれば残虐行為をされるとの考えが住民らの間に広まっていた状況がある。一方、チビチリガマにほど近いシムクガマでは、ハワイから帰国した英語を話せる住民がいたため、避難民ら約千人が投降して全員の命が助かっている。
 チビチリガマでの「集団自決」が起きた4月2日の時点で、大本営はすでに沖縄を見捨て「本土」襲来を想定していた。
 本島上陸に先立つ慶良間諸島での「集団自決」も合わせて、ガマでの犠牲は、米軍の侵攻に伴って住民を巻き込んだ沖縄戦の象徴的な出来事であり、「軍隊は住民を守らない」中で、南部戦線に拡大していく悲劇の幕開けの一つとも位置付けられる。
 慰霊祭で、遺族会の与那覇徳雄会長(60)は「戦後70年を迎え、当時を知る人が少なくなっている」と危惧を示しつつも、「チビチリガマから平和を発信するため、いろいろな形で子や孫に歴史を継承していきたい」と語った。

               

集団自決に軍の命令があったか否かの論争は、すでに決着が付いている。

軍の命令があったという客観的証言や証拠は皆無だ。

沖縄2紙は「軍命はあった」と印象操作に懸命だが、2005年に提訴された大江・岩波訴訟では被告の大江氏・岩波書店に対する名誉毀損請求は棄却されたが、原告である梅沢・赤松両氏の「軍命」は法廷で立証出来ず、事実上「軍命はなかった」と証明された。

2007年の「11万人集会」(「高校歴史教科書検定意見の撤回を求める県民大会」)でも、文科省は、集団自決を削除せよとの検定意見を現在でも撤回していない。

したがって教科書や新聞報道で「集団自決は軍の命令による」と記述することはできない。(ただ、当時の福田内閣が11万人のデタラメな数字に驚き、手榴弾による自決があったことを理由に「軍の関与」という曖昧な文言をを認めたことは残念である。)

沖縄2紙は、「軍の命令があった」とは記述できないので、「「集団自決」(強制集団死)」などと姑息な手段で印象操作している。

「軍命あり派」の論拠の一つに「集団自決にあったところには必ず日本兵がいた」という主張があるが、チビチリガマには日本兵はおらず、自決を主導したのは村の長老である。

また渡嘉敷島で、集団自決に手を貸した金城重明氏の傍に日本兵はいなかった。

したがって「集団自決にあったところには必ず日本兵がいた」という論拠は覆っている。

>チビチリガマでの「集団自決」が起きた4月2日の時点で、大本営はすでに沖縄を見捨て「本土」襲来を想定していた。

本土来襲は想定していたとしても、「沖縄を見捨てた」というのは嘘である。

座間味島や渡嘉敷島で集団自決が起きた丁度そのとき、慶良間諸島を取り巻く米艦船に決死の特攻攻撃を仕掛けたのは米軍を震撼させたカミカゼ特攻隊であった。

また大本営が沖縄救援のため沖縄に戦艦大和を派遣した事実は「見捨てていない」証拠ではないか。

 

こんなバカなことを書く沖縄の「識者」もいた。

参考ブログ⇒戦艦大和の目的は「住民虐殺」だった

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 

 

コメント (12)   トラックバック (1)

目取真容疑者、処分保留で釈放

2016-04-03 07:17:48 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
 
 
 
 
●ボランティア募集●
 4月16日(土)櫻井よしこ沖縄講演会開催にあたり、ボランティアを募集しております。
当日ご協力いただける方は是非下記の連絡先までご連絡下さい。
よろしくお願い致します!
担当(090-2588-5051)
実行委員会準備会
 
 ■本日の話題
 
1)目取真容疑者釈放
 
2)地球5周分のガソリン代!
 
「犯罪者を英雄に仕立て上げる捏造新聞」
を自認する沖縄タイムスが、目取真容疑者が
処分保留で釈放されたと報じた。 
 
まるで英雄のように「さん」付けで・・・。
 
関連見出しを拾ってみる。
 
一面中段
 
目取真さん釈放
 
辺野古沖拘束
 
逮捕の不当性強調
 
■社会面トップ
 
「大浦湾 元の姿に」
 
目取真さん釈放
 
国を痛烈批判
 
通常の抗議 標的に
 
【識者談話】
 
不当逮捕で運動弾圧 
池宮城由紀夫氏 弁護士
 
表現活動 憲法が保障 
高良鉄美 琉球大学教授 憲法学

目取真さん釈放 辺野古沖拘束逮捕の不当性強調

2016年4月3日 05:000時間前に更新
勾留中の状況を説明する芥川賞作家の目取真俊さん=2日午後8時14分、沖縄市海邦町の中城海上保安部前
 

勾留中の状況を説明する芥川賞作家の目取真俊さん=2日午後8時14分、沖縄市海邦町の中城海上保安部前

那覇地検は2日夜、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺の米軍提供水域内に許可なく入ったとして、刑事特別法違反の疑いで逮捕・送検された芥川賞作家の目取真俊さん(55)を釈放した。処分保留とみられる。

» 「仲間を返せ」 目取真俊さん釈放求め中城海保前で抗議

 中城海上保安部は同日昼、目取真さんを那覇地検に送検。午後7時7分に同保安部に身柄を移し、8分後に地検が釈放を通知した。

 目取真さんは1日朝、連日、抗議行動を行っている辺野古崎の浅瀬に仲間5人とカヌーで移動したところ、軍警備員が拘束。第11管区海上保安本部に引き渡され、緊急逮捕された。

 関係者によると、軍警備員は陸上からカメラで目取真さんらを撮影。岩場から別の人物を捕まえようとし、止めに入った目取真さんを拘束した。

 釈放後、目取真さんは「これまでは遠くで見ているだけだったが、浅瀬を走って来て陸上に引きずられた。基地への侵入や不法行動の意志はなかった」と逮捕の不当性を強調した。

 8時間に及ぶ米軍の拘束について「異常な事態だ」と訴えた。釈放前、同保安部前には支援者約150人が集まり、即時釈放を求めて職員と激しくもみ合うなど、一時、騒然とした。

                            ☆

釈放とはいっても、処分保留。 無罪放免ではない。

地検は任意で捜査を続け、処分を判断するとみられる。

>釈放後、目取真さんは「これまでは遠くで見ているだけだったが、浅瀬を走って来て陸上に引きずられた

昨年2月、侵入禁止区域内に侵入し逮捕された山城博司氏と同じような弁明をしている。

不法侵入はしていないのに「陸上(基地内)に引きずられた」のが事実なら、由々しき問題だ。

是非とも「不当逮捕」で刑事告訴してほしいものである。

ただ、毎度お馴染みの池宮城弁護士の「不当逮捕」は何時もの口癖のようなもの。

自身も普天間基地のゲート前の違法座り込みで、ごぼう抜きされ「告訴」するなどと喚いていた。

だが、実際に告訴したためしはない。(笑)

 【追記】

【沖縄サヨク】辺野古カヌー妨害部隊の担当者は元在日朝鮮人(日本国籍)と判明!抗議活動を指南 

 

 

■地球5周分のガソリン代!

なんと地球5周分!? 民進・山尾志桜里政調会長、驚愕の“ガソリン代疑惑”(産経新聞 3月31日)

待機児童問題で安倍晋三首相を厳しく攻め立て、民進党政調会長に大抜擢(ばってき)された山尾志桜里衆院議員(41)に“ガソリン代疑惑”が浮上した。山尾氏が支部長を務める政党支部で、1年間で約230万円分ものガソリン代が計上されていたのだ。「地球5周分に匹敵する距離を走った計算になる」との指摘もあり、説明が求められそうだ。(夕刊フジ)

民進・山尾氏、収支報告書訂正 本人が上限額超える寄付(朝日新聞 3月31日)

新党名で発足早々、フランケンもとんだ女を抜擢したものだ。

れは大泣き議員の政務活動費不正使用の野々村竜太郎被告とほぼ同じではないか。

野党だからと言って甘いメディアの二重基準を許してはいけない。 野党にはお目こぼしをするから、まともな野党が育たないのではないか。

以下、ネットの広いもの。

403: 日出づる処の名無し 2016/03/31(木) 20:37:41.00 ID:J7JSsAx1.net

BlogPaint

 

maido3:    【続報】民進党・山尾志桜里の政治資金疑惑、地球5周分相当のガソリン代(※新潮調べ)を収支報告書に記載wwwさらに入出金額に差異、貸借が合わない、帳簿上マイナスetc… / 正義の見方

maido3:

【続報】民進党・山尾志桜里の政治資金疑惑、地球5周分相当のガソリン代(※新潮調べ)を収支報告書に記載wwwさらに入出金額に差異、貸借が合わない、帳簿上マイナスetc… / 正義の見方

(toutiku-m44から)

113: エメラルドフロウジョン(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 15:20:49.77 ID:YSFeP8F80.net
夕刊フジ報道部@yukanfuji_hodo 

民進・山尾政調会長のガソリン代疑惑を週刊新潮が報道。1年間でなんと地球5周分? 本日3面。 
https://twitter.com/yukanfuji_hodo/status/715400414322012164

【画像】
Ce3PQdYUsAA5T4N


よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 
 

 

コメント (14)