漂い(ただよい)人

田舎暮らしのキャリア・カウンセラーの漂い日記

D-Linxs通信【キャリアの扉】9月末号

2017年10月12日 10時08分12秒 | D-Linxs通信

10月に入りましたが、指宿は相変わらず暑い日が続いています。
そんな中でも、彼岸花が咲き、朝夕は秋の気配が感じられます。

毎月一回お送りさせていただいているメルマガ【キャリアの扉】ですが、
今回は自分自身が持っている物語を考えてみることについて書いてみました。
是非お読みください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

   D-Linxs 通信 ~キャリアの扉~ Vol.72

       2017年10月2日号【自分の物語】                                

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

企業や大学内におけるカウンセリングの場面では【自己理解】がカギを握っている場合が多いです。

一般的には、「自分のことは自分が一番よく分かっている」のでしょうが、自分自身が課題や悩みを抱え、
どのように対応していけばよいか迷っている状況では、自分の本当の気持ちが分からなくなったり、
決断することが難しくなったりします。


そんな状況で相談にいらっしゃる方のお話を聞いていると、自分自身で気づいていないことが、
その状況を乗り越えるためのカギとなっているのではないかなと感じることがあります。

そんな時、多くの場合は、相談者自身と一緒にこれまでのことを振り返りながら探っていくことになります。

これまで体験したことや、印象に残っていること、話しながら思い出したことをなど、
自由に思いつくまま話してもらう中で、その人が持っているパターンや価値基準が明確になってくることもあります。

 聴いていくうちに、目の前でその人の人生の物語が展開されていくような感覚です。

その物語を通して一緒に考えて行く中で、
相談者自身が自分のことに気づき自分の課題との向き合い方を発見することもあります。
自分自身の物語を考えることで、自分の本当の姿に気付き、自分の可能性にも気づけるのかもしれません。

 皆さんも、自分のことを振り返りながら、自分の物語を探してみませんか?

  D-Linxs代表 キャリアコンサルタント 池元正美


【D-Linxs通信の購読お申込み】(毎月最終日一回発行)

【これからの主な予定】
<指宿市内>
ファシリテーター養成講座<基本編>全4回
 10月12日26日、11月2日(木) 19:00~21:00

シビックカフェ「語る会」
 10月13日(木)19:00~21:00

キャリア開発読書会「生きるために大切なこと」
 10月17日(火)19:00~21:00

シビックカフェ「つながる扉」
 10月23日(月)14:00~18:00

◆協働カレッジ「今ある魅力を繋ぎ、広める~地域の魅力を活かすネットワークづくり」

    講師:村川美詠氏

 10月27日(金)19:00~21:00

 

☆☆9月から指宿市と協働で開催する、指宿市協働カレッジ事業がスタートしました!
詳しくは、協働カレッジページよりご覧ください。

来月11月は、長崎と福岡にもお伺いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【環境の変化を迎える前にで... | トップ | 365分の1Ver.9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

D-Linxs通信」カテゴリの最新記事