漂い(ただよい)人

田舎暮らしのキャリア・カウンセラーの漂い日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人は見た目が90%?

2006年10月23日 16時26分32秒 | 対話力

「人は見た目で判断する」
という考え方があります。
「人は見た目が9割」という本もベストセラーになりました。
私も、本当にそうだと思っています。

しかし、それでも『言葉の力』は大切だと考えます。
見た目でその人に魅力を感じて、惹きつけられることはあります。
初対面で好きになる人もいます。

でも、それから長く付き合っていくためには『言葉』によるコミュニケーションも大切です。
見た目がいくら良くても、
その人が話すことが空虚だと(つまり「生の声」でないと感じると)
なんだか白けた気分になることがあるような気がします。

その人と本当に付き合っていくとき、
言葉も含めてその人の人柄を信頼できるかが重要だと思います。

言葉から、相手の情報を沢山知ることも出来ます。
ですから、相手の話をしっかり聞くことも大切。
自分のこと(感情や想い)を言葉にして伝えることも大切。

身近な人との対話は、意外に難しい。
<夫婦、親子、同僚、仲間などなど>
だからなおさら、「言葉」で伝えることを意識していきたいと思っています。

《今週の漂い先》
☆ 10月24日~26日 ⇒ 長崎
☆ 10月27日、28日 ⇒ 福岡
<詳しくは、ドリームゲート九州ブログで>
☆ 10月29日 ⇒ PTAバザー(指宿市内)

《最近読んだお気に入りの本》

貧乏クジ世代―この時代に生まれて損をした!? 貧乏クジ世代―この時代に生まれて損をした!?
価格:¥ 735(税込)
発売日:2005-12
コメント

対話力について考えている

2006年05月30日 01時33分28秒 | 対話力

最近、自分自身のテーマにしていることは

「対話力」

どんなに時代が進んでも、どんな場面でも、
人との関係を作っていくとき、
自分の気持ちを伝えることは
とても大切だと思うようになりました。
そして、その力を自分で勝手に「対話力」と呼んでいます。

きっかけは
キャリア・コンサルタントになるための勉強を通じて
学んだ「人間の心」<心理学とは少し違います>
についての考え方。
主にNPO日本キャリア・カウンセリング研究会がまとめている
考え方や理論が大きく影響しています。
(私は、このNPOのメンバーでもあり、
可能な限り勉強会やセミナーに参加しています)

一つ紹介させていただくと、

《人との会話は、「事実」「感情」「計画」で成り立っている》
ということ。

会話の中に
「こんなことがあって(事実)」
「そのときこんなに感じて(感情)」
「こうしていきたいと思った(計画)」
ということを盛り込んでいくと、会話が広がりやすいような気がしています。

SOHOスタートアップ講座第3弾では>
<第二部に「対話力ミニセミナー」を予定しています。>
<講座の詳しいこと・参加申し込みはこちら

コメント