東京スカイ釣り~♪

釣りと煎餅とスカイツリー

中華製?パチモンってどうよ!? アピア エクスバンド風 フィッシュグリップ

2018年03月13日 03時20分06秒 | その他タックル
 さて、現在フィッシュグリップはスタジオオーシャンマークのOG2100を使っているわけですが、軽量コンパクトなわりにtactbassが釣る位の魚をホールドする力は十分あるし正直ほとんど不満はありません。もうちょっとグリップが長くても良かったかなと思う位です。かなり格好いいし気に入って使っています(≧▽≦)

 というわけで特別不満もないのですが、このOG2100をナマズ・シーバス・バス釣りで使い回しているわけで、いちいちその都度バッグに移し替えるのが面倒・・・というだけの理由でもう一つ欲しくなってしまったんですね^_^;特にシーバスは通勤電車で埼玉東京間を移動ですからね。って、大したことないんですがσ(^_^;

 でもフィッシュグリップって高いですよね^_^;使用頻度でいったら本当に低いので、安いやつで十分なんだけどな・・・と思って調べてみると、さすがは大国、有名メーカーのものをえげつない程ほぼ完コピして安く売っております^_^;実は本物と全く同じ、なんて噂もあったりなかったり^^;

 というわけでダメ元でアピアのエクスバンド風のものを買ってみました。本物のアピア エクスバンドを買えば2.8万円程ですが、ほぼ見た目は同じ感じのこのパチモンは3300円でした(^o^)う~ん、全然格好いいし・・・^_^;本物を触ったことがないので違いはわかりませんが、つかむ力もOG2100と比較しても遜色なさそうです。


う~ん、モノホンとほぼ同じなんて噂もありますが、あながちです。こりゃメーカーもたまりませんね^_^;

 まぁこればっかりは実際に魚をつかんでみないと何とも言えないので、使ってみたらインプレしてみたいと思います。安物買いの何とやらになるのか、それとも・・・早く使ってみたいと思います!って、その前に魚を釣らなきゃお話にならないんですた・・・σ(^_^;
  

まだ魚はつかんでいませんが、カチカチやってみた感じだと多分全く問題なさそうです(^o^)
コメント

中華製?パチモンってどうよ!? タモジョイント

2018年03月12日 02時27分59秒 | その他タックル
 バス釣りはオカッパリをしないtactbassですが、他の魚種ではオカッパリもやります。で、面倒なんですがやっぱりランディングネットはあった方が何かと心強いですよね。でもかさばるネットは正直かなりウザイ存在です(;´Д`)

 で、そんな不満を軽減するツールにシャフトと網の部分で折れるようにしたジョイントがあります。tactbassはToolの『フレックスアームVerⅡ ロックタイプ』を使っていますが確かにこれを付ければ釣りをしている時も、車や自転車に積み込む時にもコンパクトになるので非常に優れものなアイテムです。まぁ、こんなパーツがこんな値段するの!?って位高価なのが玉に瑕ですが^_^;


なんてことはないパーツですがこいつのおかげでネットを持ち歩く気にさせてくれる、もはやなくてはならない必需品です!

 が、昨年シーバスで使っていたフレックスアームVerⅡ ロックタイプをナマズ用のネットに移植してしまったのでシーバス釣りでは伸びきったままになってしまっており、やっぱりもう1つ欲しくなってしまったんですね。って、シーバス釣りは年間数回程度だし、ナマズに関しては昨年1年間で1匹もすくっていないのは内緒ですσ(^_^;

 というわてげ使用頻度は物凄く低いのですが、やっぱりないと不安・・・というわけで中華製の安いやつを買ってみました。とは言え2000円弱もしましたが^_^;実際にネットに装着してみるとなかなか良さげです♪普通に使用できますね!ちゃんとロック機能も付いているので今のところ特に不満もありません。

  
想像以上にしっかりとしたものでした。もちろんロック機能もちゃんとしてます!

 早く使ってみたいところですが、こればっかりは魚さん次第というわけで、一体いつになるんでしょうね~σ(^_^;最近は実家に泊まることもないので、こいつも出番があるのかわかりませんが、準備だけは用意周到tactbassですσ(^_^;

 
伸ばした状態ではかなりかさばります(^^;この状態でオカッパリのランガンは邪魔くさくて釣りに集中できません( 一一)

 
折りたたむとこんなにコンパクトに!これなら腰にぶら下げといてもなんとか妥協できるかな(^^;

コメント

釣り人社 秘密のクランクベイト

2018年02月24日 07時18分38秒 | その他タックル
 本や雑誌って買っても買ったことに満足してしまい、あまり読まずにそのまま本棚の肥やしになってしまいほとんど活用できていないんですよね^_^;まぁそんなことを言ったら1度もキャストされたことのないルアーがどんだけあることか・・・無駄遣い番長tactbassです(;´Д`)

 で、そんな哀れな本の1つ、昔買った釣り人社の『秘密のクランクベイト』というクランカーにとってバイブル的な本があるのですが、この本もまた読んでいるうちに眠くなってしまい何となく目を通したくらいで、少なくとも現状自分の釣りに活かされているかといえばそんなことはありません^_^;


もう15年も前の本ですが、今のtactbassには興味深い本でした(#^.^#)

 この本はアマケンさんが書かれており、かなりマニアックなアメリカのクランク事情などについて書かれていますが、別にクランカーでもハードベイターでもないtactbassからしたら何か小難しい内容に感じられ、それ程興味を持って見ることができなかったんでしょうね。

 そんなわけでこの本も断捨離の一環として売却する事にしたのですが、他の釣りの本が数百円の値段しか付かないのに対し、この秘密のクランクベイトはなんと購入時の1.5倍くらいの相場で取引されています!(;゚д゚)というわけで早速出品するとかなりな高値にも関わらずすぐに買い手がつきました(^o^)

 嬉しさと共になんか寂しさも感じ、久し振りにちょっと目を通してみると、昔はあまり関心がなかったような記事でも、最近のオールド物や海外物に興味津々な今のtactbassが見るとかなりそそられる内容が多く書かれています。今まさにネットで探し回っている情報がここで得られたりとか・・・。

 が、時すでに遅し、もう次のご主人様のもとに旅立っていくことが決まっているので、興味のあるところだけでも再度読み返してみました。うん、今なら頷けることが多いしほほ~ぅと思えることもチラホラ見受けられます。

 そんなわけでクランカーを自負している人、目指している人は一読の価値ありな本だと思います。まっ、だいぶ前に絶版となっており入手困難ですし、あっても高額な可能性が高いですがね( ´艸`)
コメント

クーラーボックスに中蓋設置 その2

2017年05月16日 01時28分06秒 | その他タックル
 さて、今回はずっと昔に書いたクーラーボックスの中蓋作製の続きですww前回は中蓋にタッパーを埋め込んで何かしらのものを入れられるようなセッティングにしましたが、ダイワの『クールラインα GU1000X』は上蓋に魚投入口が付いているのでそれを生かせるセッティングにしてみました。


小さいクーラーボックスは開け閉めによる冷気の漏れが大敵なので魚はここから投入です!

 魚の大きさによりますが、上蓋を開けずに小さな魚投入口から魚を入れたほうが冷気が逃げずにすむので、中蓋のタッパーを加工して魚投入口から魚を入れるとビニール袋の中に魚が収まるようにしてみました。

  
タッパーを加工してコンビニ袋をセットできるようにしました

 このタッパーはダイソーで3個セットのものだったので一つは小物入れ用にそのまま使い、もう一つは蓋と底面を切り抜きコンビニ袋を被せて魚投入口から魚を入れるとコンビニ袋に魚が溜まるようにしました。

 
カッターで蓋の上面とタッパーの底面をくり抜きました

 この2つのタッパーは入れ替えられるので、用途によって使い分けすることにより、より良い状態で使えます!


これでクーラーの汚れや臭いがだいぶ軽減され、洗う手間が最低限で済みます!
コメント

ロゴス 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード900

2016年12月11日 11時51分22秒 | その他タックル
 以前クーラーボックスを冷やすためにロゴスの保冷剤 倍速凍結氷点下パックLというものを買いました。これはダイワの『クールラインα GU1000X』という小さいクーラーボックスにピッタリの大きさで気に入っていました。ただこれ1つだけだと夏から初秋の暑い日においては夜中に家を出て夜遅くに帰ってくる自分のスタイルではちょっと役不足に感じていました。そこでもう一つ保冷剤を追加することにしました。

 今回も同じものを買ってもよかったのですが、より強烈な保冷力を誇る同じロゴスの保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハードというものにしました。こいつは完全に凍るまでに相当の時間が掛かるようですが、一度凍ってしまえばかなりの保冷力のようです。長い保冷時間もどっちにしろずっと冷凍庫の中に入れっぱなしな自分的には問題ないですし。

 実際の使用においては氷点下パックGTマイナス16度ハードを下に敷き、その上に倍速凍結氷点下パックを置きます。レビューを見てみると氷点下パックGTマイナス16度ハードは飲み物や食材を凍らせてしまうくらい強力なものらしいので。あとは実際に使用したらまたレビュー致します。


実際凍るまでに1週間位かかりました・・・( ̄▽ ̄;)週に2回は使えないかもですね


↓こちらからどうぞ!





コメント

ランディングシャフトの修復

2016年12月08日 22時46分48秒 | その他タックル
 ちょっと前になりますが、バス釣りをしていてルアーが根掛かってしまったので『cblm-s』を使って外していると、メジャークラフトのLS-600が折れてしまいました(゚Д゚;)それにしてもこのシャフト、トラブル多すぎ・・・ほとんど使ったことない割にもう3回も折れたり壊れたりしています。高いくせに!(怒)


軽くて振り出しもスムーズでなかなかいいメジャークラフトのシャフトですが、いかんせん折れやすい・・・

 というわけで直せば3240円掛かるので、もう折れた部分のパーツを購入することはやめました。ただやっぱり6mという長いシャフトはあれば便利で、全く使えないのもなんなので自分で適当に直すことにしました。


上が#1、下が折れてしまった#2

 ランディングシャフトは先に行くにしたがって先が細くなるテーパー形状をしているので、折れた部分を綺麗に整形し、そのシャフトに繋がる細いシャフトがすっぽ抜けないようにビニールテープを巻いて少し太くしてやりました。若干短くはなりましたが、ガタつきもほとんどなくすっぽ抜けもしなそうです。いつまた壊れてもおかしくないものなので、もうこれで十分です♪

 
ただテープを巻いただけですが、使用には何ら問題なさそうです


コメント

オーシャングリップ OG2100の延長

2016年12月07日 21時44分54秒 | その他タックル
 お気に入りで使っているスタジオオーシャンマークのオーシャングリップOG2100ですが、ひとつ不満な点があります。それは魚を掴んでから写真を撮るために持ち上げたり、リリースするべく水際まで運ぶ時やリリースする時に誤ってレバーを引いてしまいそうになることです。

 軽さや携帯性を重視したそのデザインはとても優れていてOG2100の最大の特徴でもあるのですが、やっぱりもう少ししっかりとグリップできた方がいいかなとは思っていました。そしたらOG2100用にグリップを延長する『ハンドルアシストHA80AL』なるパーツがオプションで販売されていることを知りました。

 スペックを見る限りそれ程邪魔にはならなそうだし、重さも17gなので気にならないレベルに思えました。レビューを見ても高評価なものが多かったのでポチろうとしたら…価格が3240円と高いので問答無用で断念しますた(-_-;)

 そこでなんか代わりになるものはないかとゴソゴソやっているとカラビナが出てきました。う~ん、取り敢えずこいつでも挟んどくか!?と挟んだら意外としっくりくる(笑)欲を言えばもう少しカラビナがデカイ方がいいんですがそうすると線径も太くなり挟み込めなくなってしまうので今のところはこれで我慢です。


手持ちのカラビナの線径がグリップの幅にピッタリと合ったので、カラビナは固定されて動きません!

 もし線径が細くて形がもっと良好なものがあればそれと入れ換えましょう。まぁでもこれでもノーマルのものよりはしっかり握れるようになったし安心感もでました。そしてちょうどワンタッチでセーフティーコードから外せるようにしたいと思っていたので一石二鳥であります(^o^ゞでもいつの日かモノホンのハンドルアシストに入れ替わっていることがあれば、泡銭を手に入れたか、よっぽど物欲に負けたと思って下さい(笑)


グリップ感は今ひとつですが、トリガーはだいぶ引きやすくなりました♪


↓こちらからどうぞ!










 
コメント

プロックス タモホルダーV3 アジャスタブル

2016年12月05日 20時37分58秒 | その他タックル
 要はランディングシャフト等に取り付けて腰や背中等に引っ掛けられるようにできるパーツですが、実はこれを買ったのはだいぶ前。でも取り付けようと思ったシャフトにははじめからフックが付いていたので使う機会がなくずっと眠ったままになっていました。


見た目はカーボン調&アルマイト加工でカッチョええですwww

 で、今回新たに買ったシャフトにはフックがついていなかったので、久し振りにタモホルダーV3 アジャスタブルを引っ張り出してきたのでした。シャフト径も32mmだったので問題なくがっちりと取り付けできました。価格は高いと思いますがまぁ仕方ないですね。

 
接続部分がちょっとゴツイ気がしますが、その分しっかりと固定できています。

↓こちらからどうぞ!





コメント

ベイシックジャパン ショートウェーブ 300

2016年12月04日 00時31分25秒 | その他タックル
 以前ナマズ用のランディングネットについて書きましたが、来季に向けてシャフトの準備をしました。今持っているシャフトは仕舞寸法が少し長いので、短くたためて全長も短いものを物色しました。あまり安い奴だと破損や重さ、使い勝手が気になるので、安いシャフトの中ではちょい高めな!?ベイシックジャパンのショートウェーブ 300というシャフトを選びました。


軽くて仕舞寸法が短いものを探していてこいつに出会いました。オカッパリでも邪魔になりにくそうなサイズです。ちなみに写真に写ってるタモホルダーは後付けしたもので付属してません

 これは全長3.0mで仕舞寸法が36cm、10本継で重さが295gというものです。まだ使っていないのでインプレはまた後日しますが、とりあえず試しで振り出してみた感じやっぱり今使っている何本かの高いシャフトと比べると伸びも収まりも悪いです。やっぱり価格相応といった感じですね。あと気になった点はねじのピッチが良くないのか締め込みが悪く、フレックスアームの取り付けがとても固くネジがナメそうです。


フレームよりも短いです!これなら腰にぶら下げても許せるサイズです。


↓こちらからどうぞ!

コメント (2)

アキシコ ラバーネット用スペアネット スモークカラー S/M用

2016年11月12日 00時04分32秒 | その他タックル
 先日購入したダイトウブクのファインフレームSにはモノフィラ製のネットが付属しています。シーバス用のネットでは軽さを重視してそのまま使っていますが、ことナマズに関してはこのままでは使いたくありません。


なかなか気に入っているファインフレームですが、今回の用途ではネット部は要交換です

 よく言われているように魚へのダメージ、フックの絡みづらさを考えれば当然ラバーネットにするべきでしょう。でも本当はラバーネットにしたい一番の理由はナマズのヌルヌルが網製だとがっつりと付いてしまい落とすのも大変そうなので、それをまた背負うなんてことはとても自分にはできません…。

 そんなわけでラバーネットに交換しましたが、今回はアキシコのラバーネット用スペアネット スモークカラー S/M用というものにしました。本当はもっと安いのもあったのですが、こちらのほうがラバーネットのネックである重量が軽いということから少し奮発しました。


ちょっと高めですが他のものとは違いとにかく軽い!

 フレームは違うメーカーのものですが、大体ほとんど同じスペックのフレームだったので問題なく装着することができました。これで一応ナマズを主体に考えたランディングネットシステムの完成です。ただ軽い分耐久性に関しては???ですがなかなかいい感じです!

 
ファインフレームSにもぴったり!深さも30㎝程と使いやすそうですが、本当にこのネットで大きなナマズが掬えるかはかなり微妙な感じです^_^;


ナマズに合うように、幅はいらないので長さを稼ぐためにフレームを曲げたらミシッと亀裂が入ってしまいました(゚Д゚;)


とりあえず手持ちの4mのシャフトフレックスアームVerⅡ ロックタイプにセットした感じです。フレームが小さめなのでもっと小継ぎのシャフトの方がしっくりきますね


↓こちらからどうぞ!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイトウブク ファインフレーム ブルー Sサイズ価格:2310円(税込、送料別) (2016/10/20時点)





コメント (4)